青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たけちゃんにぼしらーめん@調布/醤油らーめん
右も左もわからない街、調布。
昼どきだったので、
評判のいいらーめん屋さんでもあれば、と思い、
食べログで検索。

気になったのが、「たけちゃんにぼしらーめん」。
にぼしらーめんの響きに惹かれた。

期待に胸ふくらませて、
いざお店へ。
点数が高い上に、昼時なので、
長蛇の列を覚悟していたら、
席は半分も埋まっておらず、
拍子抜け。

とりあえず、一番シンプルな醤油ラーメンの食券を買う。

こんな感じだ。


たしかに煮干しの香りはするが、
期待したほどのインパクトはなく、
ただただ食後に苦みが口内に広がっていた。

丁寧に出汁を取らないと、
こういう苦みが出るのだが、
もともとこういう味にしているのかもしれない。

麺はおいしかった。
スポンサーサイト

アップが滞っていますが・・
後日、まとめてアップします。








お店情報のみ<ちばや>
お店情報のみ掲載。

青山墓地に面し、
コアなランチを提供していたちばや。
惜しまれつつも閉店していたが、
先ほど前を通ったところ、
お花見期間限定で持ち帰り弁当を販売していた。
メニューはカレーとおいなり。

墓地のさくらはこの陽気で、
急激に緑色に変わってきている。

本日はコンビニランチのため、
特筆すべき事項なし。

ひとつだけ。
クノールのかた焼きそばのあんかけスープは、
アイデアが面白い。







【番外編】韓国で食べたもの
韓国で食したモノをとりあえず画像で残しておく。
今回の訪韓は仕事だったので、全て人任せの食事であった。
自分では何も事前準備なく、何も主張なく、という展開。
はじめての場所では、それもいいのかも知れない。

■初日(5月23日)
仁川(インチョル)国際空港に着いたのが夕方。
ホテルでチェックインしてから、ホテルの目の前の中華料理屋(!)で中華のフルコース。
うーん、韓国の最初の食事が中華というのもいかがなモノか、と思いつつも、流れに任せる。
当然、画像はない。

中華料理をいただき、メドックのワインをガブガブした後、なぜかあさりうどん(カルグクス)を食すことに。
これはうれしい展開。
というのも、韓国のあさりうどんが相当旨いという情報を得ていたため、うどん好きとしては、ぜひとも味わいたいと思っていたから。

ホテルから歩いてすぐのお店に入る。
床が斜めになっていて、不安感たっぷりではあったが、途中から同行してくれた韓国の方が手際よくオーダー。
まずは餃子。
IMG_2217.jpg

韓国の餃子は水餃子のようだ。
中はほとんどいつも食べている餃子と同じだが、香りのある野菜が入っているように思える。おそらくセリではないか。
けっこう大きい。
2つも食べるとおなかいっぱいになる。
ビールが呑みたくなったが、この店には置いていない。
ただ、床が斜めの店でアルコールを摂取すると悪酔いしそう。

さて、これがあさりうどん。
画像は2人前。
洗面器のような器で出てくる。
これをみんなで自分の器に取って食べるのだ。
具はあさりと長ネギのみでシンプル。
これがあっさりしていて非常に旨い。
うどんもコシがあって、日本のうどんに似ている。
IMG_2218.jpg

いきなり中華ではじまった一日目であったが、しっかり当初の目的であったあさりうどんを食することができたので、まずは満足。

■2日目(5月25日)
朝食に豆腐チゲ!
ホテルの目の前にあるチゲ専門店にて、豆腐チゲを食す。
「豆腐チゲ」と注文するとそのまま通じる。
まず出てきたキムチ達。
IMG_2220.jpg

韓国では、主食と関係なくキムチが出てくるのがうれしい。

そしてこれが豆腐チゲ。
IMG_2221.jpg

いやいや、これは絶品であった。
何が入っているのか、詳細は不明。
確認できたのは、当然に「豆腐」、それと「牡蠣」。
日本で食べる豆腐チゲとは比較にならないほどの奥深い味。
辛さよりもコクのある甘さが口に残る。
完全に脱帽。
朝の8時であったが、完食した。
これで5000ウォン。500円くらいとは驚き。
いまだに思い出すとよだれが出そう。

お昼はまたもあさりうどん。
あさりうどんなら、毎日でもOK。
場所はインサドン。
ここでも餃子を注文。
IMG_2235.jpg

形は違うが、前日食したのと味は全く同じ。

そしてあさりうどん。
画像は2人前。やはりたらいのような器で出てくる。
IMG_2237.jpg

この街は観光地ということもあり、観光客も利用しているようだ。
ガイドにも載っている有名店とのこと。
店の名前は確認し忘れたが。
それでも値段は5000ウォン。
味は前夜のうどんよりもおいしかった。

夜は大人数で焼肉屋に。
結論的には、「日本のほうがおいしかった」である。
画像を掲載しておく。
IMG_2243.jpg

IMG_2245.jpg

IMG_2246.jpg

IMG_2247.jpg

IMG_2248.jpg

IMG_2249.jpg

IMG_2250.jpg

IMG_2251.jpg

IMG_2252.jpg

IMG_2253.jpg

IMG_2254.jpg

IMG_2255.jpg

IMG_2256.jpg

IMG_2266.jpg

IMG_2267.jpg


■3日目(5月26日)
朝食は豆腐チゲに誘われたが、前夜の韓国焼酎の暴飲により辞退。
未だに後悔している。
あれはホントにおいしかった。

今回の出張は往復アシアナ航空のビジネスクラスであった。
そのビジネスクラスでは、1時間半ほどのフライトであるにも関わらず、機内食が出る。
往復ともひれステーキかビビンバからの選択。

帰りは胃袋が崩壊していたが、ビビンバを頼んでみた。
それがこの画像。
IMG_2271.jpg

器が陶器というだけでビックリする。
自分の好きなように混ぜ混ぜして食する。
こんな感じで混ぜた。
IMG_2272.jpg

これがおいしかった。
機内食でおいしいと思ったのは生まれて初めてだ。
さすが韓国料理なのか、さすがアシアナなのか、さすがビジネスクラスなのかは不明だが。

短い時間であったが、そこそこ韓国の食文化に触れることができた。
何度も書くが、豆腐チゲが最高。
また行く機会があれば、絶対に毎日食べたい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。