青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カフェロシア@吉祥寺/ボルシチ
吉祥寺のロシア料理。

ここのボルシチは最高だ。
ビーツを含め、
野菜の優しい味に癒される。
さらに、サワークリームを混ぜると、
完璧なバランス感だ。



メインはビーフストロガノフ。


満腹。

これにサラダとデザートがついて、
1000円ちょっと。
すばらしい。

今日は贅沢して、
薔薇のジャムのロシアンティーをいただいた。
薔薇の香りが美しい。
スポンサーサイト

昌月苑@八重洲/焼肉
八重洲で焼肉ランチ。
八重洲に焼肉のイメージはないが、
誘われるがままに行ってみた。

これが大ヒット!
最近、ボクが求めていた焼肉の姿がそこにあった。



画像は大盛り。
これで900円だ。
さらに月曜日サービスで10円引き。

いや、
ボクは安さやボリュームを求めているわけではない。
質だ、味だ。

甘めのタレにしっかりと漬け込んだ肉。
肉の焼ける香りと、
タレの焼ける香りが相まって、
それだけで食欲中枢が強力に刺激される。

上品さは求めない。
焼肉ワールドを求めるのだ。
そして、それがこの店にあった。

ただただ、旨かった。

花火/塩ら~麺
【20120612】
【メニュー】 特製塩ら~麺、中盛
20120612115913.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/一人
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年5月30日
【コメント】
ひんやりした陽気。
オフィス内はクールビス仕様のはずであるのに、
クーラーが効いていて寒い。
ひざ掛けを手放せない。

こういう日は「温かい汁物」という、
とても安直な発想に陥る。
雨も降り始めたので、
今日は「花火」。

注文したのは、特製塩ら~麺の中盛。
それほど空腹ではなかったにもかかわらず、
中盛にし、
さらに特製でチャーシュー増量とたまごを追加する選択は、
自分でも理解できない。
今日のような日は、
麺は普通にして、
その代りにスープを増量してほしい。

それはともかく、
今日も塩ら~麺はおいしかった。
とてもおいしかった。
麺の茹で加減も完璧。

あまりにも満足してしまったので、
帰りにサムアップ。
らーめん屋さんでサムアップはないだろう、
そう自分に突っ込みを入れつつ、
小雨の降る中、オフィスに戻ったのであった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。







美しゃぶ 伊志川/豚生姜焼き
【20111111】
【メニュー】 相模豚 生姜焼き定食
20120410115546.jpg
【お店】 美しゃぶ 伊志川
【種別】 eat in/ひとり
【お値段】 1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年11月11日
【コメント】
天気がよいので散歩気分。
少しだけ遠出をして、
「伊志川」で豚の生姜焼きを食べよう。

驚いたことに、前回行ったのが去年の11月11日。
まるまる一冬行かなかったことになる。
やはり寒さは人の行動範囲を狭まる。

注文したのは、もちろん豚の生姜焼き。
久々であったが、
ここの豚肉のおいしさ、
そして生姜焼きのタレの絶妙さは変わっていない。

噛みしめると、
甘みがジワリ。
雑穀米との相性もすばらしい。

大満足。

帰りに出会ったサクラ。
20120410121505.jpg

ホントにいい季節だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南ブロック方面にあるお店。

ランチタイムは全面禁煙。
すばらしい。







花火/塩ら~麺
【20120403】
【メニュー】 塩ら~麺、中盛
20120403120106.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/三人
【お値段】800円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年3月27日
【コメント】
先週も来たような気がするが、
人について行ったら花火だったので、
これは仕方がない。

今日も、最近安定した味を出している塩ら~麺を選択。
中太麺とスープとのバランスが秀逸。
お好みでゆず胡椒を投入すると、
さらに味が深まる仕組みだ。

月曜日から大量にビールを呑んで、
多少お疲れ気味ではあったが、
この一杯でカラダが温まって、
回復した(ように思う)。
文句なしの☆5つ気分だ。
ありがとう。

今日のデザートは、
チョイスのチョコ版。
20120403122921.jpg

チョイスが大好き、
かつ、チョコが大好きなので、
このコラボには大きな期待をもって臨んだ。
しかし、別々に食べた方がよいかもしれない。
ちなみに、チョイスには牛乳か豆乳がベストマッチ。
これ、間違いない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。







京菜/黒豚湯葉かつ、牛すじ大根、じゃこめし
【20120323】
【メニュー】 黒豚湯葉かつ、牛すじ大根、じゃこめし
20120323115847.jpg
【お店】京菜
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1200円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年1月17日
【コメント】
ガッツリ食べたい気分。
ただし、わさわさした店には行きたくはない。
さらに、確実においしい、というのも今日の条件。

雨の中、その条件を満たす店を考えながら歩いていると、
思いついたのは「京菜」。
たしか、黒豚湯葉かつと牛すじ大根のセットがあったはず。

そうと決まれば、話は早い。
あとは店に入り、注文して、食べるだけ。

画像では臨場感が伝わってこないかもしれないが、
黒豚湯葉かつと、
牛すじ大根と、
じゃこめし等が並べられた食卓は、
壮観、そして豪華だった。
今日、ボクが求めていたのは、
まさにこの光景だ。

そして、どれもおいしくて、
大満足。
(間違いなく)世界一の牛すじ大根はもちろんのこと、
かつに付いている大根のサラダまでおいしかった。
久々に、☆5つの気分。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。

12時過ぎには列ができる人気店。







くろ麦/かきそば
【20120202】
【メニュー】かきそば
20120202120025.jpg
【お店】くろ麦
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1500円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年8月9日
【コメント】
何を食べるか、完全にノーアイデア。
あまりの寒さに追われるようにツインビルに入る。
地下のレストラン街を半周して決めたのが「くろ麦」。
そういえば、
ずいぶんとご無沙汰であった。

この季節、
マストで食せねばならないのが「かきそば」。
かきと海苔の潮の香りが、
そばやつゆによくマッチしている。

特につゆ。
関東風で色は濃厚であるのに、
味はやさしい。
最後の一滴まで飲み干してしまう。
おいしかった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお蕎麦屋さん。

2時までは禁煙。







豚富/ユッケジャン
【20120120】
【メニュー】ユッケジャン
20120120120359.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/二人
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年12月8日
【コメント】
ユッケジャンを求めて、
友人が訪ねてきてくれた。
会話を交わしながらの食事は、楽しい。
それが、おいしいモノを食べながらなら、
なおさらだ。

気に入ってもらえたようで、
店の人でもないのに、
ボクもとてもうれしい。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。






桃太郎/ソース焼きそば
【20120119】
【メニュー】 ソース焼きそば
20120119115609.jpg
【お店】 中華 桃太郎
【種別】eat in/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年11月27日
【コメント】
なんだか食欲がない、
なのにオナカはものスゴく空いている。
そんな二律背反の状態に陥ってしまった。

「満腹は敵」だが、
「ハラが減っては戦えない」ので、
この状態を解消するには何が最適なのかを思案。
富徳でお粥、とも考えたが、
結論として出したのが、桃太郎の「ソース焼きそば」。

中華料理屋さん特有の「ソース」の味が、
食欲を戻してくれるとにらんだのだ。
絶妙の酸味を思い出すだけでも唾液があふれてきて、
そして内臓を刺激してくれる。

はたして、
ボクの予想通り、食べているうちに、
どんどんと食欲が回復してきた。
途中から、大盛りにしなかったことを後悔し始めたくらいだ。
(実際には大盛りは食べられないと思うが・・)

今日のソース焼きそばは、
いつも以上にボクの五感に響いた。
特に、豚肉の下準備が完璧。
大満足。

帰りに、図書館の1階にあるスーパーマーケットに寄ってみた。
「まいばすけっと」だ。
ランチをターゲットにした弁当がたくさん並んでいる。
しかも、安い。
弁当にしよう、と思った日には選択肢に入れてもいいかも知れない。

ちなみに、毎日ボクが飲んでいる紀文の豆乳が安かった。
今朝も飲んだにもかかわらず、
またワンパック購入。
オフィスでチョコレートといっしょに一杯。
うまい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側にある街の中華屋。

11:30~14:00まで禁煙。
安心できる。






長寿庵/鍋焼きうどん+もち
【20111229】
【メニュー】
鍋焼きうどん (1300円)
もち (300円)
20111229121157.jpg
【お店】長寿庵(あおやま 渡邊)
【種別】eat in/二人
【お値段】1600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年12月20日
【コメント】
今日は最終営業日。
それにしても、寒い。

ということで、
カラダの温めと同時にプチ贅沢を求めて、
長寿庵の鍋焼きうどんをチョイス。
今回はさらに「もち」をトッピングした。

もちを注文すると2個入ってくる。
さらに揚げてあるので、
豪華さと同時に満腹度も高い。

年末らしいランチとなった。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCEビルのすぐ横。

昼過ぎには列ができる人気店。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 多少、仕事のリズムが変わったので、
 アップがまばらになったりしましたが、
 細く長く続けていくつもりです。

☆☆ 本年もありがとうございました ☆☆












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。