青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


805/カレー
■□■携帯水没のため、しばらく画像無しです■□■
【20051028】
【メニュー】ベジタブルカレー
【お店】805
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
先週に続き、きょうも805へ。
今回はベジタブルカレーを選択した。
少しオレンジかがった色合い。
名前の通り、肉系は入っていない。
固形物はエンドウ豆とにんじんくらい。
あとはトロトロに煮込まれていて、何が入っているかは不明。
とろみはジャガイモであろう。
野菜の甘みとスパイスの辛さが心地よい。
前回のマトンと同様、文句なしにおいしい。
きょうのサラダにはオリーブオイルと塩・胡椒というシンプルなドレッシング。
☆4つとひとつ減点したのは、ごはんが少し柔らかかったことと、デザートのカントリーマームがもそもそして食後感が悪くなったことが要素である。
カレーの食後はヨーグルトやフルーツがうれしい。
ベジタブルカレー単体では今回も5つ☆。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
12時を回った時間にお店に入ったが、お客さんはゼロ。
場所のせいか、それとも別に要因があるのか。
お昼の営業は続けてほしいのものである。
この、青山ツィンタワービルの南側のブロックには、小さくて個性的な店が増えた。
その代わり、前からあった店もなくなっていたり、出入りの動きが激しい場所である。
スポンサーサイト

武蔵/らーめん
■□■携帯水没のため、しばらく画像無しです■□■
【20051027】
【メニュー】味玉塩ら~麺(あっさり)
【お店】麺屋武蔵 青山
【種別】eat in/ひとり
【お値段】830円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
前回(9/27)の教訓を生かし、きょうはあっさりを選択した。
最初は納得の味で、きょうは☆4つか、とも思ったが、最後は結局味が濃かった。
考えてみると、「こってり」と、「濃い」とは似ているが意味は違うのだ。
濃い理由は、前回も書いた「鰹節などの乾物の粉末」だと思う。
これは不要なのではないか。
その他、麺、チャーシューはともに問題なし。
好きな味です。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
11時50分位の時間はすいていたが、12時過ぎると店外でも人が並び始めた。
やはり、気温が下がってくると、温かい食べ物が恋しくなるようだろう。
けっこう混み始めたのに、出前を受けていた。
おそらく、大家さんとか、特別なお客さんなのか。
ちょっと違和感があった。

【番外編:赤坂】赤坂ふきぬき/うなぎ
■□■携帯水没のため、しばらく画像無しです■□■
【20051026】
【メニュー】うな重
【お店】赤坂ふきぬき
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1500円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
うな重、吸い物、香の物がセット。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
2000円のひつまぶしと迷いましたが、携帯水没のショックでテンションあがらず。
本日はこれにて。

焼はまぐり青山八番/なめろう
【20051025】
【メニュー】なめろう御飯(数量限定)
hama3.jpg

あとで焼きたての蛤が奥の皿の上に供される。
hama2.jpg

【お店】焼はまぐり 青山八番
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
ごはんの上に豆腐、ほうれん草のナムル、細かく切ったたくわん、わけぎ、そしてなめろうがたっぷり乗っている一品。
ごはんには雑穀が。おそらく粟と思われる。
数量限定とあるが、何人分用意されているかは不明。
山芋とゴーヤの和風サラダ、大根の煮物、みそ汁が付く。
それと店名の焼はまぐり。
これはアツアツが供される。
貝の部分に洗濯ばさみが付いていて、これを持ってスープを飲み干す。
ちなみに、スープは後から加えている。
ちょっとハテナではある。
なめろう御飯の量が多い。
ボクには全部食べきれない。
量が多いせいもあるが、最後はあじが単調になる。
もっと漬け物を御飯に混ぜ込むかするなど、さっぱり系の味が欲しい。
1000円は少し高いか。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの真裏にあるお店。
hama1.jpg

12時過ぎにはいっぱいになる。
メニューはなめろう御飯と焼魚、煮魚、御膳の4種類。
焼魚、煮魚は1200円、御膳にいたっては1800円だ。
ランチにしては高い料金設定だと思う。
今日の焼魚はめかじきの幽庵焼、煮魚はたらだった。
夜は焼はまぐりがお通しになっていて、客がストップというまで出し続ける。
きちんと半生の焼き加減で出してくれるとおいしいが、焼きすぎてパサパサになると興ざめである。

ony/おにぎり
【20051024】
【メニュー】おにぎり3個セット
ony3.jpg

【お店】ony
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】550円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
3個のおにぎりの内訳は「オクラ明太子」、「薫りおかか」、「辛し高菜」。
これに岩海苔のみそ汁が付いてセットになる。
セットのおにぎりの種類は日替わり。
ここのおにぎりは温かいのが特長。
おにぎりといえば、最近ではコンビニで買ったものしか食べないので、温かいとドキリとする。
食後は炭水化物をたくさん摂った、という気持ちになる。
おにぎり3個は、ボクには少し量が多い。
おにぎりの替わりにおかずが欲しいところ。
以前は、コロッケか鶏の唐揚げが選べるセットがあったと思う。
おにぎりの具材自体にそれほど工夫があるわけではない。
明太子にぎりが海苔を巻く替わりにまわりにゴマがまぶしてあったことくらいか。
ごはんにもう少し塩気が欲しい。
ちょっと3点は甘いか。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
伊藤忠の目の前にあるおにぎり専門店。
ony2.jpg

店名のonyは"original nature yard"の略のようです。
もちろんおにぎりにもひっかけてあるのでしょう。
ony1.jpg

一階は注文と品物出しのカウンターのみ。
2階席でeat inも可能。


奈加山/刺身
【20051021】
【メニュー】さんま刺身
naka3.jpg

ごはんばかり目立ってますが、奥にさんまがいます。
【お店】奈加山
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
小ぶりなさんまの半身分くらいありました。
アブラがのって感動、というレベルではないが、鮮度がそこそこなので味に問題なし。
最近はさんまの刺身を出す店が増えていますが、正直鮮度に疑問ありのケースの方が多い。
あとはポテトサラダ、香の物、みそ汁のセット。
みそ汁は白菜(とろとろ)とお揚げでした。
家庭的な味。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りの一本南裏手、ポーラビルの裏にある。
テーブルが4つとカウンターのこじんまりした店。
naka1.jpg

魚料理が基本です。
今日のお昼のメニューは刺身の他、さんま塩焼き、あじ竜田揚げ、ぶり照焼、おでん。
950円から1000円の間の値づけ。
玉子や納豆、お浸し等のオプションもあるが、玉子が100円、お浸しが250円と値段設定が高い。
この店の特長は、注文をポストイットで行うこと。
naka2.jpg

客はひとり一枚ずつ注文を書き入れて渡す。
帰りはそれを持って会計。
最後にどう伝票処理してるのだろうか。

805/カレー
【20051020】
【メニュー】マトンカレー
8054.jpg

【お店】805
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【コメント】
おいしかった。☆5つ。
何を食べるかイメージがわかないまま路地裏をウロウロしていて、何気なく入ったお店で5つ☆は超ラッキー。
カレーはインド風。
マトンは柔らかく煮込んであり、カレーと混ざって何ともいえない甘みを感じる。
ライスもパラッと。
食後のデザートに巨峰が二粒。これも締めにはマッチしていた。
カレーは適度な辛さ。
カレーというと辛いかどうか、ということがまずあがるが、辛くなくてもしっかり香辛料や具材の旨み、香りがバランスよく混ざり合って、相乗効果を醸し出している、それが「カレー」である。
まさに今日のカレーは◎。
その他ゴマドレッシングのかかったサラダが付いてくる。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側のブロック、路地裏にあるお店。
8052.jpg

夜はバーで、昼間だけカレーを出している。
カレーの種類は、マトン、チキン、ベジタブルの3種類。
8053.jpg

それぞれベースを変えているそうだ。
お店自体はバーカウンターに6席。入り口当たりにもカウンターが4席。
それに居心地がよさそうなソファセット。
夜だと寝てしまいそう。
8051.jpg

基本的にこじんまりとしたバーである。
マスターがひとりで切り盛りしていた。

さくらさくら/秋しゃけ
【20051019】
【メニュー】秋しゃけ
sakura4.jpg

写真だとわかりづらいが、結構大きな切り身である。
【お店】さくらさくら
【種別】eat in/ひとり
【お値段】980円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
大きなしゃけ。
まずは鉄板で皮を下にして焼き、次に網にのせて続けて皮を焼く。
また鉄板に戻して蓋をして蒸し焼き。
最後に身の方を焼いて完成。
発注してから15分はかかる。
おかげでいい塩味のきいたパリパリのしゃけの皮を食べることができた。
隣のお客さんは皮を残していたが、信じられない。
しゃけは皮がおいしいのだ。
ボクのしゃけの部位はしっぽの方であった。
ランチ用に半身を仕入れて、腹の方からお客に出しているようだ。
しゃけはボクで最後であった。
ちなみにお店に入ったのは12時前。
次回はもう少し早く行って、ハラミの部分をいただきたい。
写真の他、小さなデザート(ブルーベリーヨーグルト)が付く。
また、注文すれば目玉焼きも。
白い食器が清潔で、気持ちよく食事ができた。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りの1本南の通り。チェリー通りから入って少しのところ。
sakura3.jpg

お昼は魚のみ。
本日は秋しゃけ、あじ、さんま、たい、いしもち。
sakura1.jpg

しゃけ以外は丸ごと1ひきを焼いてくれる。
sakura2.jpg

厨房には3人入っていて、ぜひカウンターに座って、てきぱきとした仕事を見ることをお勧めする。

DANGURI/健康食
【20051018】
【メニュー】50% VAGE RICE(スープ付き)
dangu1.jpg

【お店】DANGURI
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円(500円+150円)
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
内容物の50%が野菜で構成されているという焼きめしのお弁当。
じゃこや豚肉のほか、乾燥野菜がふんだんに使われている。
でも、ボリュームはあるし、半分が野菜とはとても思えない。
ごはんをパリッと仕上げた高菜チャーハンという表現が近いか。
付け合わせとして、野菜のコロッケ、冬瓜とキノコの煮物、生キャベツ、漬け物、そしてナシゴレンのように目玉焼きがのっている
以前はコロッケや煮物は付いていなかった気がする。
これに150円プラスすると、ほのかなチーズ味のスープがつけられる。
全体的に優しい味。それでいて量もしっかりあるので食べ応えあり。
ごはんの粒がしっかりしていて噛み応えがあり、それも気に入っている。
毎日食べると健康になるかも。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの裏のブロック。
ウィン青山の1階にある。
dangu2.jpg

基本は食堂で、テイクアウトも行っているという形態。
添加物、保存料を使わない、安全でカラダにいいごはん、というコンセプトとのこと。
旬の野菜や乾燥野菜にこだわっているようです。
たしかに、食後の内臓の負担が少ないと思うのは気のせい?
スタンプカードあり。500円で1つ、10個たまると石焼きライスが食せるそうである。
今はまだ3つ。

直久/ラーメン
【20051017】
【メニュー】とんさいラーメン(しょうゆ、太麺)
nao92.jpg

【お店】直久
【種別】eat in/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【コメント】
半年に一度位この店にはいるが、いつも頼むのはとんさいしょうゆ。
太麺と細麺が選べるが、細麺を頼んだことがない。
とんさいを選ぶのはキャベツが大量に入っているので、野菜を摂取した気になるのと、寒いときにはカラダが温まるから。
特にこれといった特長があるわけではなく、普通の中華屋さんのラーメン。
日によって味にムラがあるので、バランスをとるためにお酢を加えたりする。
今日も少量のお酢でバランスを取った。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いつもは12時前にオフィスを出て、混む前にお店に入れるのだが、今日は12時を回ってしまった。
何も考えずに青山ツインタワービルに行ったら、雨のせいか、どこのお店にも行列。
唯一並んでなかったのが直久。
ご存じチェーンのらーめん屋。
看板に「本場の味」とあるが、なんの「本場」なのかは不明。
nao91.jpg

12時15分頃にはガラガラだった。

【番外編:渋谷】櫻坂/ラーメン
【20051014】
【メニュー】櫻塩ソバ
20051014220113.jpg

【お店】櫻坂
【種別】eat in
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
塩系のラーメンではあるけど、スープは鶏の味がきつい。
ボクは鶏が苦手なので、一口目は厳しいが、大量にのっている白髪ネギといっしょだと鶏の自己主張が中和されてちょうどいい。
トウモロコシの絞り汁が入ったスープはちょっぴり甘くて濃厚である。
トッピングは、煮玉子半分、メンマ、白髪ネギ、お麩それにチャーシュー。
ここのチャーシューは柔らかく、とろりとして、甘みがあっておいしい。
麺は太めで、スープとのバランスがいい。
点数が☆3つなのは、食べ飽きたから。
おいしいけど、もうひとつ飛び抜けた何かが欲しい。
それは欲張りなのか。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
渋谷の桜ヶ丘にあるラーメン屋。
20051014221421.jpg

塩ソバの他、醤油系とつけ麺がある。
どっちもかつおの粉末が大量に入っていて、正直最後は味が濃くてきつい。
食べるなら塩ソバがお勧め。
いつ行っても満席な場面に出くわしたことがない。
最高ではないが、そこそこの店である。


なでしこ/ラーメン&丼
【20051014】
【メニュー】天麩羅らーめん&海鮮丼セット
nade1.jpg

海鮮丼が後からきたので食べかけのラーメンと。
nade2.jpg

【お店】旬菜 なでしこ
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆
【コメント】
限定10食のこのセット。
ラーメンと丼がセットでこの値段はパフォーマンスがいいと判断してお店に入ってみた。
ラーメンは冷や麦を太くしたような柔な麺に塩味のスープ。
その上にごぼうとにんじんのかき揚げがのっている。
特にどうということはない。
海鮮丼は〆サバ、タコ、カツオ、タマゴ、いくら、きゅうりがのっている。
ごはんに味がついています、といわれ確認したら、何かの漬け物を混ぜ込んだごはんにいくらのしょうゆ漬けの残りのような汁がたっぷりかかっている。
いくら好きでも、ちょっとこれはきつい。
さらに刺身の活きの悪いこと。
量が多いせいもあるが、食べられなかった。
奥の方にカウンターがあり、その裏で立派な板前さんが調理をしていたが、この味にはがっかりである。
本日の昼食選択は完全に失敗。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
CIプラザの滝の裏にある和食屋さん。
nade3.jpg

メニューには天麩羅らーめんの他、1500円を超えるセット。
値段は高級なお店である。
nade4.jpg

店員のサービスは問題なし。
余談ではあるが、CIプラザの食べ物屋さん(とんかつ屋、天ぷら屋、韓国料理屋)がいくつか消えていた。

長寿庵/そば
【20051013】
【メニュー】大たぬきそば
soba1.jpg

【お店】長寿庵
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【コメント】
正式にはたぬきそばの大盛り。
大盛りといってもビックリするほど量が多いわけではない。
食欲がない時にササッと流し込みたいときに選ぶ。
揚げ玉はもちろん、そのほか南蛮、ほうれん草、わかめ、かまぼこがのる。
つゆは濃い。さすがに飲めない。
麺は一般的なそばより細目。
これで腰があればいいが、ヤワなので、すぐに伸びてしまう。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
長寿庵と名の付くそば屋の関係性はよくわからないので、このお店がどのあたりに位置するのか(味ではなく)不明。
暖簾には「あおやま 渡邊」というクレジットが入っている。
soba2.jpg

お昼過ぎにはお店はいっぱいになっていた。
やはり日本人にそば屋は人気なのか。
ボク自身にパワーがあるときは、カツ丼やカレーそば、ニラ卵とじうどんなどを食する。
そば屋の丼ものやカレーは、独特の出汁の和風感があって好きである。

Champ de Chou/キッシュ
【20051012】
【メニュー】
キッシュランチボックス
06.jpg

パリジェンヌ
05.jpg

【お店】Champ de Chou(シャン・ド・シュー)
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】810円(550円+260円)
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
キッシュを6種類の中から選べるランチボックスセット。
レタス、水菜、にんじんなどの小さなサラダとガスパチョがセットになっている。
スープの替わりにコーヒーを選ぶことも可能。
キッシュは定番のキッシュロレーヌを試してみた。
チーズのコクとベーコンの塩気がバランスよく、またタマゴのふっくら感が心地よい。
キッシュは温めてくれるので、温めてふっくらしたタマゴの感触を楽しむ方がよいだろう。
その代わり、温める間、5分以上待つ。
男子には少ない量である。
プラスαがついた男子向けセットがあってもいいかも。
デザートしてシュークリームを一つ。
シューにはナッツがトッピングしてあり、香ばしい。
クリームは、カスタードと生クリームを交ぜていて、しつこく感じる直前の濃厚さと甘さである。
温かい紅茶がないのが残念だ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
かねてより気になっていたシュークリーム、タルト、キッシュの専門店。
シェフは「フランス国家最優秀職人:M.O.F.」という資格を持つ美ノ谷さんという方。
01.jpg

お店の中のショーケースには、タルト5種類、キッシュ6種類、シュークリーム5種類、プチシュー6種類がずらっと並んでいる。
どれもおいしそう。
タルトとキッシュは550円、シュークリームは260円といった値段。
安くはない。
ランチタイム(11:00~14:00)の間はキッシュが同じ値段でランチボックスセットになる。
03.jpg

場所は青山通り沿い、銀杏並木のふもと南側です。





生活彩家/パン
【20051011】
【メニュー】
クノール濃厚ポタージュスィートコーン
パリジャン
ソフトツナポテト(ヤマザキ)
プロビオヨーグルトLG21(明治)
comvi1.jpg

【お店】生活彩家 青山一丁目店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】631円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
あまり食欲がなく、お昼抜きにしようと思っていたが、暖かいものを胃に入れたくなり、とりあえずコンビニに行ってみる。
選択したポタージュスープは、コピー通り味が濃厚で、カラダが暖まった。
味の素系の食品はまじめに仕事をしていると思う。
今日は、とりあえず胃に食べ物を詰め込んだ感じ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダビルの裏手にあるコンビニ。
comvi2.jpg

近くにはam/pmが複数店舗進出してきており、競争が激しい。
店舗面積も小さいので、品揃えにも限界がある。
もっと特長を出さないと。

【番外編:新宿】中本/ラーメン
【20051009】
【メニュー】 蒙古タンメン(野菜大盛り)
20051009193836.jpg

【お店】中本 新宿店
【種別】eat in
【お値段】770円(720円+50円)
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
味噌ラーメンに麻婆豆腐がのっている。
麻婆豆腐といっても、中華の挽肉の入ったモノではなく、豆腐を豆板醤系の辛いとろみスープで煮た料理、といった方が正しい。
スープの基本は味噌。
よくあるみそ汁を濃くしたような味噌スープではなく、しっかりとコクのあるスープだ。
この味がクセになる。
このスープにキャベツやタマネギ、豚肉などの炒め煮がのる。
チャーシューやメンマなどの一般具材はいっさいない。
麺はチャンポン麺に似ている。
中太のストーレート麺で、具やスープによく合う。
今日は野菜を大盛りにしてみた。
相当な量のキャベツを食することになった。
この蒙古タンメンは、ある日突然に、無性に食べたくなる、麻薬性のあるラーメンである。
汗をかきたい人はぜひ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
味噌ラーメンに麻婆豆腐がのった蒙古タンメンで有名。
20051009195549.jpg

よくテレビでも紹介される。
お店の中にも張り紙があるが、初めての人は「味噌タンメン」から試した方がいい。
さらに辛い「北極タンメン」というメニューもあるが、試す予定はない。

龍府/五目焼きそば
【20051007】
【メニュー】 五目焼きそば
long1.jpg

今日の写真もいまいち。
【お店】龍府(ロンフー)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
無性にあんかけ焼きそばが食べたくなり、今日はこの店に。
焼きそばに、小さな春巻き、杏仁豆腐がついている。
麺はパリパリに焼いてあって香ばしい。
やはりあんかけ焼きそばの麺はこんがり焼くのが基本。
あんは、上海風の塩味ではなく、広東風のしょうゆ系の味。
ちょっと味が濃いと感じた。
あんかけ焼きそばは、たっぷりのお酢とからしをつけて食するのが好き。
五目の具材は、海老、いか、豚肉、白菜、ふくろ茸、うずら、たけのこ、きくらげなどなど、定番のもの。
豚肉などはしっかり下処理がされていて、ちゃんと(普通に?)仕事がされている。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り、銀杏並木入り口あたりの南側。
地下1階の中華料理屋。
long4.jpg

お店はけっこうな広さがあるのだが、12時を過ぎると一気に混んだ。
数人が並ぶほど。
入り口にごはん、おかず、デザートやお茶を乗せたお盆が置いてあった。
long3.jpg

日本の盛り塩みたいなものか。
いっしょにお香も。
ランチメニューは全部で12種類。
机の模様が綺麗。
long2.jpg

店員の感じがとてもよい店。

Walkin'/カレー
【20051006】
【メニュー】 コンビーフカレー(ボイルエッグ)
walkin3.jpg

【お店】Walkin'
【種別】eat in/ひとり
【お値段】735円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
コンビーフカレー(680円)にゆでタマゴをトッピングした。
少し酸味のあるカレールーが食べながらも食欲をそそる。
いくらでも食べられそう。
ルーがいっぱいかかっているのはうれしい。
最後にライスだけ残ってしまうことほど哀しいものはありません。
この店はライスの量が少ないことをすっかり忘れていて、大盛りにするのを忘れてしまったが、案の定足りず。
食後にコンビニでこんなデザートを。
walkin4.jpg

かぼちゃプリンである。
えびすかぼちゃ使用と書いてあったので買ってみたが、そもそもそれが何ものなのかを知らない。
クリーミーなプリンでした。
もう少し固めが好き。
でもそれはかぼちゃのパンプディングなのかも知れない。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
場所はSCEビルの裏手。
walkin1.jpg

お昼はコンビーフカレーの他、タイカレー、キーマカレーのメニューがある。
タイカレーもおいしい。
walkin2.jpg

以前は、壁にジャンコクトーの版画(ポスター?)が飾ってあったが、今は日本人の版画になっていた。
枠の下に値段が付いていたので、展示販売なのだろう。
おしゃれな音楽がよくかかっていて、Wong WIng Tsanを教えてもらったのはこの店。
今日は普通のR&Bだったが。

【番外編:下北沢】あさの/らーめん
【20051005】
【メニュー】 あさの旬菜めん (塩味)
20051005192430.jpg

【お店】ラーメンキッチン あさの
【種別】eat in/ひとり
【お値段】800円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
干し貝柱・干し海老・昆布・鶏などを基本とした透き通ったスープ。
麺は細く縮れた玉子麺。
具はチャーシュー、煮玉子、水菜。
基本的に優しい味である。
最近気に入っているラーメンのベスト5に入る。
スープの清涼感が清々しい。
特に干し海老の香り、だしがいい味を醸し出している。
ただし、日によって作る人が変わるため、味にムラがある。
本来であれば☆5つであるが、今日はバランスが今ひとつ。
ラーメンの残ったスープに、干し海老などがはいった特製かやくごはんを入れて食べるのがまたおいしい。
干し海老の香ばしい味がポイント。
ちなみに麺大盛りでも同じ値段。
だから麺大盛りにするか、普通盛りにしてかやくごはん(100円)を追加するかいつも迷う。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ラーメン不毛の地、下北沢にある小林カツ代さんプロデュースのお店。
20051005193840.jpg

あいかわらず写真がうまく撮れず、申し訳ない。
外観も内装も、白を基調として清潔感がある。
豆乳坦々めん、タイ風カレーらーめんなど、変わったメニューもある。
20051005192240.jpg

禁煙席と喫煙席が分かれているが、できれば全席禁煙にして欲しいところ。
ラーメン一筋のお店とは違い、健康料理の店といった雰囲気。
店員もあまり緊張感がない。なので客にも緊張感がない。


銀座ライオン/カキフライ
【20051005】
【メニュー】カキフライランチ
lion4.jpg

【お店】ブラッスリー銀座ライオン青山一丁目店
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
牡蠣フライの季節になった。
この店のメニューにはあまり期待していなかったが、意外にも揚げたてでジューシーな牡蠣を食べることができた。
とはいいながらも油ものを食べると口の中をさっぱりさせたくなるということでハーゲンダッツのグリーンティーアイスをいただく。
ホンダ本社ビルのウエルカムプラザで買った。
lion3.jpg

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェーン店。
lion2.jpg

青山ツインタワービルのB1Fにある。
スタッフの接客がストレスレスだったので、その分評価をアップした。
ランチメニューはそこそこの種類を用意している。
lion1.jpg

お昼時はサラリーマンが並んでいる。
ほとんど男性。
ハンバーグやカツカレー、オムライス&海老フライなど、重めの洋食が中心だからか。
ランチビールもあるが、さすがに仕事中はNG。

ゆんたく/沖縄そば
【20051004】
【メニュー】名前なし
yuntaku3.jpg

【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
メニューはひとつだけ。だから名前はない。
沖縄そばとかやく御飯、煮物、小鉢、漬け物、フルーツ、ちんすこう。
この中で小鉢は日替わりで2種類から選べる。
今日はゴーヤサラダかジーマミー豆腐。
ボクはゴーヤサラダを選択。
お店にはいると、そばを大盛りにするか普通かをまず聞かれ、それから小鉢を選ぶことになる。
ここの沖縄そばはオーソドックスで美味しい。
沖縄かまぼこ、ポークがのっているシンプルな作り。
このかまぼことポークの塩気がまたいいバランスとなっている。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
お昼はこのメニューひとつ。
yuntaku2.jpg

女性二人で切り盛りしている。
カウンターに5人、テーブルに10人ほどでいっぱい。
女性の温かさを感じる、居心地のいいお店である。
yuntaku1.jpg



ユーマート/松茸御飯
【20051003】
【メニュー】 松茸御飯弁当
matsutake.jpg

【お店】ユーマート
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
松茸御飯にハンバーグ(鶏肉)、クリームコロッケ、海老フライ等々、おかずの種類も多くてそこそこ満足。
味は普通とわかっているので、多くは望まない。
にんじんのもみじがかわいい。
値ごろ感としては550円あたりか。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの南側ブロック。ウィン青山の1階にある普通のお弁当屋さん。
最近はけっこうメニューに工夫を凝らしていて、繁盛している。
ずっとコーマートだと思ってた人がいるが、ユーマートである。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。