青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アンカシェット/ハンバーグ
【20051229】
【メニュー】 週替わりのワンプレートランチ
煮込みハンバーグ
200512291735000ank.jpg

【お店】アンカシェット南青山
【種別】eat in/3人
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
煮込みハンバーグの前に「森のキノコ」といったような名前がついていた気がする。
ソースはデミグラス。
しめじ、マシュルームといったキノコがソースに絡まっている。
ハンバーグは、牛肉ではなく鶏肉と豚の合い挽き?のような感じ。
あっさりなのだが、ボリュームがある。
「煮込み」なのに、肉自体にソースがしみているわけではない。
サラダはわさびドレッシングのような風味。
ただ単にクレソンの辛さがそう思わせているだけかも知れない。
パンもつく。
これはフォカッチャ。
少し焼きが甘いか。
食後は紅茶、珈琲、エスプレッソ、ハーブティーから飲み物を選ぶ。
ボクはミルクティー。
ハンバーグはやはり肉汁がジュワッと出るのが好み。
そういう意味では、大きなつくねのようなハンバーグはあまり好みではない。
なので☆3つ。可もなく不可もなくだ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの西のブロックにあるフレンチレストラン。
テラス席がある。
日差しが心地よいが、この季節、足下は寒い。
女性客多し。
お店の写真を取り忘れた。
食事の写真も忘れそうになって、同行の美女に指摘されてあわてて撮った次第。
やはり、美女2人と食事を伴にすると、平静のようでどこか暴走しているのだろう。

※本日は仕事納めだったので、青山一丁目でのランチは今日が最後。
休暇中の番外編はあるかも知れないが、基本的には年明けは5日から。

来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

ミキータ/パスタ
【20051228】
【メニュー】Bランチ
■サラダ
200512281251000miki1.jpg

■本日のパスタとマカロニ盛り合わせ
NEC_0178miki2.jpg

■デザート
NEC_0179miki3.jpg

暴走して写真を撮る前に一口食べてしまった。
■珈琲か紅茶
【お店】トラットリア・ミキータ
【種別】eat in/ふたり
【お値段】1575円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
パスタはエビとニラのスパゲティー、マカロニは牛肉のボロネーゼ クリームソース。
これの2種類が一皿に盛ってある。
大期待のパスタ、はたして。
と期待値大でしたが、驚くほどのことはなかった。
エビニラはペペロンチーノベース。
パスタにニラとは珍しい素材を使うとは思ったが、違和感はなかった。
ベースが塩味、ニンニクベースだからであろう。
パスタはもう少しアルデンテの方が好き。
マカロニはエリケだろうか、螺旋状にねじれたショートパスタである。
これにコクのある牛肉のソースが絡まっている。
ワインが欲しい、しっかりした味である。
2種類のパスタ、けっこう量があった。
デザートはカボチャのプリン。
これはおいしかった。
甘み、コク、カラメルの苦みといいバランス。
やはりプリンはカラメルが命、であると思う。
これだけであれば☆4つ。
全体評価は☆3つとしたい。
期待値との乖離が理由ではないが、もっと「サプライズ」が欲しかった。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックにあるイタリア料理屋さん。
シェフの北見さんは神宮前「バスタ・パスタ」で腕を振るっていた方。
神宮前の「バスタ・パスタ」では一度だけパスタを食したことがあるが、確かにおいしかった。
お店の空間もなかなかよかったし。

つまりは表参道のパスタの名店リストランテ・ヒロの山田シェフ系列、ということか。
サプライズといえば、リストランテ・ヒロの手長エビのパスタや高知産フルーツトマトのカッペリーニを初めて食した時にはサプライズを感じた。

お昼は、ほぼ女性客のようである。
ランチはA、B、Cの3種類。
NEC_0180miki4.jpg

Aはパスタかマカロニのいずれかをチョイスして1260円。
CはBランチにメインディッシュがついて2940円。
お店の感じは悪くない。
ランチであったが、しっかり北見シェフも仕事をしていた。

Riso/ハンバーグ
【20051227】
【メニュー】 荒挽ハンバーグ弁当
200512271203000riso2.jpg

【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
「荒挽」という言葉に弱いので、これを選択。
ハンバーグはトマトソースの日が多いが、今日はデミグラスソース。
ハンバーグとのバランスがとてもいいソースだった。
いつも思うが、ここのお弁当は彩りがキレイ。
赤、オレンジ、みどり、などなど。
やはり色彩も食欲には重要な要素であると思う。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、人気の持ち帰り専門店。
200512271156000riso1.jpg

とてつもなく寒い。
ここのように、外でお弁当を売っている人はつらいだろう。
売り子の女子も首に厳重にマフラーを巻き付けていたし、注文するボクの声も震えていた。
寒いとごはんも冷え冷えのお店が多いが、ここはおかずとごはんが別パックになっていて、さらにごはんは保温容器に入れてあるのでほのかに温かい。
この気づかいはうれしいです。
ちなみみに大盛りでも同一料金です。

寒いので、だんだん遠くに行かなくなりそう。

くわい家/まぐろユッケ丼
【20051226】
【メニュー】 まぐろユッケどんと信州蕎麦セット
NEC_0176kuwai3.jpg

【お店】くわい家
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
文字通りまぐろのユッケ丼。
ごはんに海苔、シソ、白髪ネギがのり、そこにまぐろ、たまごの黄身が。
上からしょうゆたれをかける。
まぐろが淡泊なので、味としてはコチュジャン丼っていう感じである。
まぐろはミンチ状ではなく、細切りくらいにして食感を残した方がいいのではないか。
この丼の他にそばがつく。
冷たいかと思ったら温かかった。
右手前はアイスクリームではなく、ポテトサラダ。
全体にB級感が漂うメニューであった。
これはこれで☆3つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
プレジデントホテルの地下1階にある、夜は炭火焼きの居酒屋。
200512261157001kuwai1.jpg

昼間はあまり行ったことがなかったが、夜はそこそこ繁盛している。
けっこうお座敷のキャパものあるので重宝されているということか。
ランチメニューは写真の通り。
200512261158000kuwai2.jpg

ボクが頼んだメニューは出てくるまで10分以上かかっていた。
横のお客さんも注文する前に、ここって出るの遅いんだよな、と言っていたので、おそらく恒常的なのであろう。
ボクが食べ終えた12:15位でも8人ほど並んでいた。

銀座ライオン/カキフライ
【20051222】
【メニュー】カキフライランチ
200512221223000lion.jpg

【お店】ブラッスリー銀座ライオン青山一丁目店
【種別】eat in/3人
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
今日は何を食べるかを考えるのが面倒だったので、同僚についていったらライオンだった。
確か前回食べたカキフライに高評価をした記憶があり、本日もカキフライランチをオーダーする。
前回は「揚げたてのジューシーなカキフライ」ということで☆4つをつけたが、残念ながら今回は普通のカキフライだった。
牡蠣自体も小ぶりだったし、やはり揚げたてとそうでないとはかなり味に差が出る。
なので☆3つ。
ごはんが冷たく、固めなのが気になった。
揚げ物も、ごはんの盛りつけも、相当前倒しで作業をしたのかも知れない。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルのB1階にある。
相変わらず、12時を過ぎると男性サラリーマンが列をなしている。

龍府/五目焼きそば
【20051221】
【メニュー】 五目焼きそば
200512211217000ron3.jpg

【お店】龍府(ロンフー)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆
【コメント】
あんかけ焼きそばというのはなぜか突然に食べたくなるものらしい。
少し遠征して外苑前の中華料理屋に行ってみたが、焼きそばがなかったので戻ってこのメニューを食した。
それが完全に裏目。
前回の評価では、☆3つながらもそこそこのコメントは残していたと思う。
しかし、今回はいろんな意味で全くダメだ。
目の前に出された焼きそばを見て、まず彩りがおかしい。
箸をつけると、麺はポロポロ、あんが少ない、ぬるい、片栗粉のダマがある。
どうなってしまったのか。
また、前回は春巻きがついていたが、これはなくなったらしい。
料理人が変わったのか、非常に残念な結果だ。
最初に感じた「彩り」の違和感の謎が、となりの人に同じ料理が運ばれてきたときに解けた。
青物とキクラゲが入っていなかったのだ。
しかも熱々状態を思わせる湯気が。
半切れです。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り、銀杏並木入り口あたりの南側。
地下1階の中華料理屋。
メニューはこんな感じ。
200512211214000ron1.jpg

お店の中はこんな感じ。
200512211215000ron2.jpg

写ってる部分の3倍はある。

前回「店員の感じがとてもよい店」とコメントしたが、これは撤回する。
横の人が食べている途中で席をずれてくれと店員に。
満員で人が待っている状態なら百歩譲って仕方ないと思うが、まだまだ他の席に余裕がある状態。
ボクの価値観ではあり得ないので、料理とトータルでみて、本日の評価は☆1つ。


ゆんたく/沖縄そば
【20051220】
【メニュー】沖縄そば
200512201203000yun2.jpg

ちょっと配置を直せばよかった。
【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
今日の小鉢はジーマミー豆腐とごぼうとミミガーのピーナツ和え、もずく酢から一品を選ぶ。
ボクはジーマミー豆腐を選択。
濃厚であった。
その他はメインの沖縄そば、稲荷、煮物、漬け物、フルーツ、ちんすこう。
フルーツはリンゴかバナナから選ぶのだが、バナナを選択したら丸ごと一本。
食べきれず、持ち帰った。
沖縄そばは安定した味。
沖縄かまぼことポーク、それに沖縄そば独特の麺とスープが絶妙。
この冬、たくさんお世話になりそうだ。
ということで、青山ランチ殿堂入り決定。
第2号認定である。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCSビルの裏手にあるお店。
200512201201000yun1.jpg

黙々と沖縄そばを作り続けるおばさまととても愛想のいいおばさまの二人で切り盛りしている。
温まります。

レストラン・オルト/ハヤシライス
【20051219】
【メニュー】ハッシュドビーフオムレツ
orto2.jpg

【お店】レストラン・オルト
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1200円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
ディリーランチスペシャル、つまりは日替わりのメニュー。
名前の通り、ハッシュドビーフとオムレツがメインの料理。
型に入れたごはんにプレーンのオムレツが乗っていて、まわりにハッシュドビーフがかかっている。
付け合わせに、軽くバジルの風味がするカブとにんじん、ブロッコリー。
オムレツがごはんに乗っている状態だったので、もしかしたらタンポポオムレツのように、真ん中を割るととろ~りと両側に分かれるのかと思ったら、そんなことはなかった。
型に入れたごはんは詰めすぎて堅い、オムレツもふんわり感がないなど、マイナス面が先にくる。
というのも、1200円とのコストパフォーマンスを考えてしまうからだ。
980円なら☆3つ。
だいぶ迷ったが、今回は味よりもコストパフォーマンスの点で☆2つ。
ハッシュドビーフ自体は特に味の特長なし。
おいしい!ということもないし、まずいわけでもない。
☆は2つだが、お店自体は混んでないし落ち着くので、行ってみる価値はある。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホテルプレジデント青山の1階にあるレストラン。
orto3.jpg

かつては、ホテルロビーの暗い雰囲気の喫茶レストランだったが、いつの間にか改装したらしい。
orto1.jpg

ハロゲンを使って、明るい感じのお店になった。
内装もコロニアル風であか抜けた。
お店のネームカードにはorto New Organic Diningと記載してある。
どの部分がオーガニックかは不明だが、響きとしては悪くない。

805/マトンカレー
【20051216】
【メニュー】マトンカレー
805_1.jpg

今回から画像はサムネイルではなく、元の大きさで表示することとした。
こちらの方が見栄えがいい。
【お店】805
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【コメント】
前回に続き、☆5つ。
このマトンカレーは、ほんとうにおいしい。
今日は、前回よりも少し辛さが強かったように思う。
殿堂入り第2弾の最有力候補だが、もう一度食してから判断する予定。
マトンは今回も柔らかい。
そしてごはんの堅さ加減が丁度いいのである。
少し固めで、弾力がある感触。
この弾力感がカレーと絶妙にマッチする。
サラダと食後にチョコが出たが、これは評価対象外にする。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側のブロック、路地裏にあるお店。
805_2.jpg

夜はバーで、昼間だけカレーを出している。
カレーの種類は、マトン、チキン、ベジタブルの3種類。
場所はわかりづらいが、行く価値あり。
マスターによれば、一番人気はチキンとのこと。
でもマスターはマトンが一番お気に入りらしい。

Crazy Tacos/タコス
【20051215】
【メニュー】タコス2コ+スープ
ct3.jpg

【お店】Crazy Tacos
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
ビーフのタコスとチキンのタコス。
ビーフはひき肉でチリ味、チキンはささみ。
その他はチェダーチーズと大量のレタス。お好みでサルサソースをかけていただく。
サルサソースは別容器。
タコスシェルはソフトの方。
目の前で温めてくれるので、全体的に温かい感じを受ける。
ビーフもチキンもおいしかった。
タコシェルと具材のバランスがよくて、さらっと食べられる。
チェダーチーズのコクもバランスに貢献。
タコス2コだと600円。
これにスープをプラスすると150円増しになる。
本日のスープはコーンチャウダースープ。
たまねぎ、じゃがいも、ベーコン、コーンといった具が入っていて、これも優しい味。
特に今日は寒いので、カラダが温まる。
久々の☆4つ。
満足した。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り沿い、会社のまさに目の前に最近大きなワゴン車で来るようになったタコスとタコライスのお店。
ct1.jpg

来るのは毎週木曜日。
殿堂入りしたrocket(左側参照)のライバルである。
12時前だったのに、すでに女子達が列を作っていた。
ct2.jpg

スタッフは若い男子がひとり、手際よく調理している。
「寒い中ありがとうございます」と何気なく発せられる言葉がうれしい。
次回はぜひタコライスを食してみたい。
といっても、今日のチリ味ひき肉で味の予想はつくが。
ひとつだけ、タコスを巻く紙をホチキスで留めるのは少し気になった。

直久/幕の内弁当
【20051214】
【メニュー】鮭まぶし幕の内弁当
nao2.jpg

【お店】直久
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
蓋を閉じたところ。
nao1.jpg

まるで、駅弁のようである。
内容は、鮭を混ぜ込んだごはんに一口かつ、いか、大根、にんじん、ちくわの煮物、トマト、ブロッコリー、たまご焼き、漬け物。
駅弁としては600円なので満足。
鮭は、鮭フレークではなく、ほぐした鮭を使っているところが好感。
大きな特長はないので☆3つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの地下でワゴンセールをやっており、このお弁当は直久が出しているワゴンで購入した。
店舗では普段扱っていないお弁当である。
内容を考えても、直久で調理していないことは明らか。
ワゴンではその他、定番の餃子/チャーハン弁当などを販売している。

ネイチヤ/幕の内弁当
【20051213】
【メニュー】ザ・幕の内
ne.jpg

【お店】ネイチヤ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】680円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
1週間の間に2度も食したザ・幕の内。
気に入ったから、というわけではなく、仕事がバタバタしていたので、人にお願いしやすいお弁当、ということでこれになった。
ザ・幕の内、覚え易さ、インパクトともに○。
きょうのおかずは、しゅうまい、牛肉炒め、ちくわ煮、たまご焼き、ポテトコロッケ、さわらの西京焼、ひじき、きんぴらごぼう、漬け物。
あいかわらずおかずは豊富。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの裏手、ウィン青山ビルの1階にあるお弁当屋さん。
店の名前を「ネイチャヤ」と勘違いしている人がけっこう多く、正しくは「ネイチヤ」。


立田野/とんかつ
【20051212】
【メニュー】 かつ弁当
NEC_0190.jpg

写真のコップは、会社の無料の緑茶。
【お店】立田野
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】830円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
今日はソースをどばどばかけて食べた。
キャベツとごはんにしみいるくらいに。
ソースごはんのかつ乗せという感じ。
今日はあっさりしたものを食べようと思っていたので、正直言って胃がもたれた。
初志貫徹は重要。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルのB1にお店がある。
他にも数種類のお弁当を置いているが、あまり食指が動かない。


生活彩家/パン
【20051209】
【メニュー】
クノール濃厚ポタージュスィートコーン
パリジャン
スーパーサンド フォッシュ&ハムカツ
200512091218000.jpg

【お店】生活彩家 青山一丁目店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】610円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
久々のコンビニのカップスープ気分。
3品合わせて921kcalと揚げ物のおかげでカロリー高摂取になった。
サンドイッチが冷たいので、少し後悔。
ピザマンにすればよかったか。
ビタミンが足りないように思うが、そこはサプリメントで。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山ビルの1階にあるコンビニ。
最近会計がEdy対応になったので、これはうれしい。

rocket/タコライス
【20051201】
【メニュー】タコライス(大盛り)
ro.jpg

今日は、蓋付き状態の画像にしてみた。
タコライスの画像はこちら
【お店】rocket
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円(大盛りでも値段は変わらず)
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
木曜日ということでタコライス。
昨夜は夕食を摂らなかったため、早くからタコライス大盛り!と注文する練習をしていた。
もう定番ということで、今回新設した「青一ランチ殿堂入り」第一号とする。
その殿堂はどこにあるのかや、「入り」の基準は何かと問われても答えはない。
今日も大満足のタコライスだった。
もう1食いけるかも知れない
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビル横にいつものワゴン車で。
すぐ近くにタコスやタコライスを売る大型のワゴン車が最近登場するようになり、スタッフに「ライバルですね」って言ったら、存在を知らなかった。
ちょうど、お互いが大きな柱の陰になっているためか。
ライバルのせいか、それとも週2回来るようになったせいか、本日の行列は短かった。

ネイチヤ/幕の内弁当
【20051207】
【メニュー】ザ・幕の内
nei2.jpg

【お店】ネイチヤ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】680円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
揚げ餃子、鶏団子、練り揚げ、オムレツ、ポテトコロッケ、サバ塩焼き、ひじき、きんぴらごぼう、漬け物とおかずの種類が多い。
おかずの豊富さはまさに「ザ」を冠するに相応しい。
それぞれも、突出するものはないが、合格点。
ごはんが温かいのがうれしい。
この季節、冷や飯を食べるのはなるべく避けたい。
大満足!のわりには☆3つだが。
一説によるとこのお弁当、かつては「ドカベン」と呼ばれていたらしい。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの裏手、ウィン青山ビルの1階にあるお弁当屋さん。
nei1.jpg

「こだわり素材の手づくりお弁当」というのがお店のウリだ。
開店当初は、他の冷凍食品的お弁当屋さんと一線を画すイメージがあってよく利用していた。
しかし、1種類のおかずでごはんを食べる的な構成のお弁当が多く、少し不満を持っていたところ、まわりに多少高いがいろんなおかずを楽しめるお弁当を売る店が増えて、ネイチヤからは足が遠ざかっていた。
久々に行ってみると、こういうおかずの多いお弁当も増えているようだ。
ネイチヤが青山一丁目のお弁当事情を変え、その変化がさらにネイチヤに変化をもたらした、そんな構図だ。
なんにしろ、進化は歓迎。

はーびあんず/カジキマグロ
【20051206】
【メニュー】カジキマグロのステーキ(おかず大)
ha1.jpg

【お店】はーびあんず
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【コメント】
ランチボックスを開けてビックリ。
白っぽいごはんと黒っぽいごはんの小山が二つ。
付属していた説明下記によれば「白米になる前のぬか(胚芽)ついてる玄米」と「黒米」とのこと。
それぞれに市販(?)のふりかけがかかっている。
おかずはカジキマグロの味噌ソースと鶏肉と野菜の蒸しもの。
どちらもいただけなかった。
特に鶏肉は匂いが厳しい。
あとはサラダが少々。
一番おいしかったのはシソ風味のたくあん。
ヘルシー指向なのはわかるが、もう少し味にもこだわって欲しい。
通常は600円だが、おかず大だと650円。
鶏肉の分が増えたのだと思う。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り、第一法規ビル裏手のワゴン車販売。
最近、青山の数カ所で見かけるようになり、気になっていた。
ha2.jpg

こんな感じのメニューで、ワゴン販売では珍しくカロリー表示までされている。
ha3.jpg

つまり、ヘルシー指向のお店なのだ。
お店自体は渋谷道玄坂にあるとのこと。


くろ麦/やまかけそば
【20051205】
【メニュー】やまかけそば
kuro2.jpg

【お店】くろ麦
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1150円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
週末の不摂生のため、内臓が弱り、さらにカラダが冷えているので、優しく、温かいものを食そうということで本日はやまかけそば。
この季節、ホントは蕎麦の香りを楽しむには冷たい方がいいのかも知れないが、冷えた内臓に冷たい蕎麦はきつい。
温かいお蕎麦に、大和芋のとろろがかかった、まさに温かいやまかけそばなのだが、出汁の優しいこと。
汁を全部飲みきってしまいました。
下に沈んだとろろも全部胃の中に。
蕎麦のゆで具合、舌触り、(わずかな)香りも○。
少し甘めだが、本日の体調とのベストマッチということで☆4つ。
うずらの卵は別盛りだったので、そのまま飲んでしまった。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお蕎麦屋さん。
入り口では、職人が常に蕎麦打ちをしている。
kuro1.jpg

いろいろな薬味で食すぶっかけを頼むお客さんが多い。
牡蠣蕎麦が気になったので、今シーズン気が向いたら試すことに。
ただ1500円と高価だ。

エルグレコ/カレー
【20051202】
【メニュー】エルグレコのカレーライス
gure2.jpg

【お店】エルグレコ
【種別】eat in/ふたり
【お値段】950円(ごちそうさま)
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
にんじんゴロゴロ、じゃがいもゴロゴロ、牛肉の普通のカレーライス。
少し欧風か。
合宿カレーを豪華にした感じだ。
牛肉は柔らかい。
デザートとしてヨーグルト。
それに飲み物が付く。
ボクはアイスティー。
950円はボクの価値観では高いと思う。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの地下1階にある喫茶店。
最新の雑誌が揃っているようだ。
メニューは写真の通り、和食からパスタ、カレーとバラエティに富んでいる。
gure1.jpg

喫茶店に行く習慣がないのでボクには落ち着かない。
ボクの価値観では高いと書いたが、食事をして、食後の飲み物を飲んで、雑誌を読んで、煙草を吸うという人にはいい店だし、いい雰囲気なのだろう。

rocket/タコライス
【20051201】
【メニュー】タコライス(大盛り)
taco2.jpg

【お店】rocket
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円(大盛りでも値段は変わらず)
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
やはり木曜日はタコライスの日。
ライスの上でとけるチーズ。
レタス、ダイストマト、ひき肉、ゆで卵のハーフ。
毎回、肉やトマトの量が微妙に違うが、全体バランスはいつも安定している。
大盛りなのにいつまでも食べ続けていたい味。
中毒要素があるのか?
永遠の☆4つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
最近は木曜日のみならず月曜日にも登場するようになった。
タコライスフリークとしては悩ましい展開。
月曜はスリランカカレー、木曜はタコライスという手はあるが。
場所はホンダ本社ビル横は変わらず。
きょうはワゴン車の写真を撮ってみた。
taco1.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。