青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


805/マトンカレー
【20060228】
【メニュー】マトンカレー
200602281212000805.jpg

輝度が足りなく、わかりづらい写真になってしまった。
【お店】805
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【コメント】
寒い日は、温かい汁物かカレーである。
今日のチョイスはカレー。
といっても、麺屋武蔵が並んでたので計画変更、805のマトンカレーに。

今回で3回目だが、味にぶれナシ。
カレーのコク、マトンの柔らかさ、そしてごはんの炊きあがり。
安定している。
ごはんなどはツヤツヤしている。
ということで、本ブログ3品目の殿堂入りとする。

しかし、ホントにこのお店のマスターが作っているカレーなのか。
おいしければいいので、聞くつもりはないが、これだけ安定した味を提供するには、それなりの手間がかかるはず。
OEM供給(という言葉が当てはまるかどうか)という気もする。
でも、誰が作っていようとおいしければそれでいい。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側のブロック、路地裏にあるお店。
12時過ぎても客はボクひとりであったが、その後徐々に来店。
あまり混むのも困るが、ランチをやめられるのはもっと困る。
スポンサーサイト

rocket/タコライス
【20060227】
【メニュー】タコライス(大盛り)
200602271222000ro2.jpg

【お店】rocket
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円(大盛りでも値段は変わらず)
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
rocketのタコライスを食べるのは約3カ月ぶり。
しかも最近はワゴン車の車検でしばらく青山一丁目にも来ていなかったので、もう食べられなくなるのでは、とも思っていた。
肝心のタコライス、今日も総合評価は☆4つ。
さすが殿堂入りしたメニューだけあって、安定した味です。
ただし1点だけ。
基本レタスの野菜に今日はキャベツが混じっていたのが残念。
やはりキャベツの味と食感はこのメニューには合わないと思う。
野菜高騰の時期は、キャベツ100%のこともあったようである。
コストを考えていろいろとがんばっているのだろう。
少し遅い時間に行ったせいか、超大盛りであった
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社の横の路に月曜日と木曜日に来るワゴン車。
無事車検が終わったというワゴン車を斜め後ろから撮ってみた。
200602271221000ro1.jpg

以前はなかったが、タコライスを注文すると、タバスコをかけますか?と聞かれるようになった。
かけると答えると、蓋をする前のタコライスを目の前に差し出され、自分で好きなだけかけることができる。
新サービスだ。

Riso/パスタ
【20060224】
【メニュー】

200602241200000riso2.jpg



【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】680円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
久しぶりにRisoのパスタ。
今日はツナのトマトクリームパスタ(480円)だったが、いつになくソースのバランスがよかった。
ツナのコクとトマトの酸味、それとかかっているチーズの塩気。
さすがにパスタは作り置きなので多くは期待できないが、味には満足した。
サイドでオーダーしたのはにしんのマリネ(270円)。
これまたちょうどいいマリネ具合。
ただ、青魚が苦手な人は厳しいかも知れない。
見た目、主張の強いにしんがむき出しでけっこうな量入っているので。
この店は、パスタの料金に200円を追加すると、270円のサイドメニューとハーフのフォカッチャがセットになる。
これはお得。
フォカッチャがいつもと味が変わったような気がする。
色合いも違う。
総合点は少し甘めで☆4つ。
やはりパスタソースとマリネを評価しないわけにはいかない。
ここの店のは、いろいろとメニューを変えているので仕方がないが、日によって微妙に味のレベルが変わるのが難ではある。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。
200602241200000riso1.jpg

最近、並んでいる人の数が減った気がする。

Crazy Tacos/タコス
【20060223】
【メニュー】タコス2コ+スープ
200602231204000tac.jpg

【お店】Crazy Tacos
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
ここのタコスはおいしい。
記載しようと思った内容が前回とほぼ同様なので、レポートはこちらをクリック
スープも同じ。

前回は感じなかったが、タコスが食べづらかった。
これは具の量が増えたためでは、と推察。
食べづらいが、そこはタコスなので仕方がない。
マイナス評価にはならない。
箸を使って食べることで食べづらさを克服。
箸でタコスなんて、、、

評価は前回同様☆4つ。
現在、殿堂入り審査中である。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社脇の道にワゴン車で来るタコスとタコライスのお店。
来るのは毎週木曜日。

ここ2週間ほど殿堂入りしたrocket(左側参照)が来ていない。
話によると、車検のため?とのこと。
早期復帰が臨まれる。

246CAFE/パスタ
【20060221】
【メニュー】 レンズ豆と豚挽き肉のミートソースパスタ
2006022212080002463.jpg

【お店】246CAFE
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
久々の☆4つ。
4種類のランチメニューからチョイスしたのはレンズ豆と豚挽き肉のミートソースパスタ。
ソースが非常に濃厚ではあるが、レンズ豆の滑らかさが全体を優しく仕上げている。
スパイスも適度にきき、最後にかけた黒胡椒とスライスしたパルミジャーノチーズもいいアクセントになっている。
量的にもちょうどいい。
サラダとドリンクが付く。
サラダはレタス、ルッコラ、ベビーリーフ。
ドレッシングもおいしかった。
ドリンクはコーヒー、紅茶の他、ジンジャエールなど、数種類からチョイスできるのもうれしい。
ボクはアイスティーを選んだ。
大きなグラスにたっぷりとアールグレーが注がれている。
満足のランチであった。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの真南。
2006022212070002462.jpg

オープンキッチンのおしゃれなカフェ。
カフェといってもコテコテの装飾はなく、すっきりとした雰囲気。
雰囲気のためか、ボクのいた時間帯にはスーツ姿のサラリーマンはほとんどいなかった。
ランチメニューはこんな感じ。
2006022211550002461.jpg

スタッフは全員若い。
テキパキと仕事をこなしていて気持ちがいい。
分煙もされていてうれしい。
カウンターに座ったが、居心地がいいのでゆっくりできそうである。

直久/チャーハン
【20060221】
【メニュー】 直久弁当
200602211214000nao.jpg

【お店】直久
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】500円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
その名も店名を冠した直久弁当。
チャーハン/餃子のお弁当だ。
通常は550円のお弁当が、本日はお弁当全品が50円引きということで500円。
チャーハンが食べやすいように、スプーンを付けてくれるのがうれしい。
画像を見ると、彩りのせいか、やけにおいしそうに写ってる。
実態は☆3つ。
食べてみると、メインがチャーハンとはいえ、おかずが餃子だけなのは少し寂しい。
ただ、最近は自分の中で人生初のチャーハンブームが到来しているので、とりあえずこれはこれで。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの地下1階にあるラーメン屋。
このお弁当の他、カツ丼弁当など、どんぶり系弁当も数種類ある。


ユーマート/カツ丼
【20060220】
【メニュー】
ロースカツ丼
豚汁
200602201206000yu.jpg

【お店】ユーマート
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】680円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
雨が降り始めていたにもかかわらず傘を持たずに出たため、傘に入れてもらった同僚に同行。
行き先はユーマートであった。
しばし悩んだが、ロースカツ丼(530円)を手に取ったところ、すぐさま出来立てが出てきたのですぐに交換。
さすがに温かいお弁当はそれだけでおいしい。
ここのロースカツ、脂身が少なく、あっさり、それでいて柔らかいので好きである。
出汁も濃からず、薄からず、ちょうどいい加減。
汁物も欲しかったので、150円の豚汁を注文。
値段のわりには、具がたくさん入っている。
残念ながら、豚汁としてのコクが今ひとつ欠けている気はするが。
おそらく、生姜と揚げが入っていないせいだろう。
評価は☆3つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にある、持ち帰り弁当の専門店。
混んでくると、レジに並ぶ列でお弁当をじっくり選べないのが不満。

生活彩家/パン
【20060216】
【メニュー】
カレーコロッケサンド
ヤマザキ ソフトツナポテト
クノール 濃厚ポタージュ Pota
パスコ ガトーショコラ
200602161203000.jpg

【お店】生活彩家 青山2丁目店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】619円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
近場ですます。
といいながら実はユーマートとネイチヤをのぞいたが、イメージが湧かなかったため、コンビニに流れた。
カレーコロッケサンド(230円)はコロッケのボリュームが威圧的。
パンがフワッとしていて、カレー味のコロッケもB級でよし。
気がつくとソフトツナポテト(105円)もポテトであった。
濃厚ポタージュ Pota(158円)はその名の通り、濃厚なコーンスープ。
さすが味の素系は味の水準が高い。
デザートはガトーショコラ(126円)。
ココアパウダーをまぶしてあるのに気がつかず、机の上にまき散らしてしまった。
おいしいけど食べづらい。
評価は☆3つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山ビルの1階にあるコンビニ。
今まで青山一丁目店であるとばかり思っていたが、実は青山2丁目店であった。
何の影響もないが。

トゥール・カフェ/オムライス
【20060215】
【メニュー】オムライス(トマトソース)
200602151218000to3.jpg

【お店】トゥール・カフェ(TOURS cafe)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】630円
【満足度(5段階)】 ☆
【コメント】
何を食べるか迷い歩いているうちにチェリー通りを墓地の手前あたりまで行ってしまった。
そこで目に付いた店に入ってみる。
店外にディスプレイされていた大きなオムライス(本物)が気になったのだ。
店にはいるとメニューを指定してまずは会計。
オムライスをオーダーすると、トマトソースかデミグラスソースかを聞かれる。
トマトソースを選択。
トレーにのったサラダとスプーンと番号を札をもらって奥へ。
禁煙エリアに席を構えてしばらくすると、遠くから番号を呼ぶ声が。
番号札を確認すると、呼ばれたらカウンターまで取りに行くシステムと書いてある。
受け取ったオムライス。
ディスプレイされてたオムライスと大きさが全然違う。
大食いではないので量的には問題ないが、「誇大」気味なところは気になる。
さてオムライスの味。
オムライスの中身といえば,,,ケチャップライスというが定番であろう。
しかし、こともあろうに白いごはんであった。
トマトソースも想像したイメージとは違うもの。
ざくっとしたトマトがのっているとばかり思っていた。
味はといえば、、、最悪。
結局1/3ほど残す。
ちなみに食後も返却口に戻す必要がある。
セルフサービスで効率化するのはかまわないが、食べ物のレベルも効率化されては困る。
評価はもちろん☆1つ。
帰りにローソンでサンドイッチを買って欲求不満を解消した。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りを墓地に向かって右側。
かなり墓地よりに位置する。
200602151216000to1.jpg

スタッフは女性二人。
店内はこんな感じ。
200602151217000to2.jpg

禁煙席もあり、喫茶店として使うのはいいかも知れない。
メニューはオムライスの他、ドライカレー、ハンバーグ、ドリアなど。
値段は630円か700円。
よく見なかったが、ケーキも置いてあったと思う。
12時過ぎてもガラガラだった。

さがみ/北海親子丼、うどん
【20060214】
【メニュー】温うどん膳
200602141217000sa2.jpg

【お店】旬 さがみ
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1300円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
1300円のお膳である。
正式名称は温うどん膳(北海親子丼)という。
北海親子とは、鮭の親子。
この親子丼と海老天うどん、小鉢(水菜のお浸し)、香の物、果物(オレンジ)がセット。
親子丼は、ゴマだれに漬けた刺身といくら、鮭フレーク。
鮭にゴマだれ?1300円のメニューで鮭フレーク?と疑問満載であった。
いくらの味も濃く、後でのどが渇きそう。
うどんはモチモチしていたが、おそらく冷凍。
最近の冷凍技術は発達しているので、冷凍うどんも侮れない。
辛口ではあったが、評価は☆3つ。
値ごろ感でいくと1000円といったところか。
かなり高めの値段設定である。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお店。
200602141218000sa3.jpg

ニュートーキヨー系列。
ランチは1200円から2500円と、かなり割高。
200602141216001sa1.jpg

高級感を追求する、アピールする意図があるのかも知れない。
高級(値段)なのか、そうでない(内装が微妙)のか、中途半端という印象。
表現すると、成田空港にある和食屋さんという雰囲気か。
目には魅力的なセットで、値段が少し高く、内装が田舎臭い(失礼)。
わかりますかね、この感じ。

萩/とんかつ弁当
【20060213】
【メニュー】やわらかトンカツ弁当
200602131203000ha2.jpg

【お店】萩
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
メインのとんかつの他、鳥の唐揚げ、小がんも、にんじん、たけのこ、ごぼうの煮物、いんげんのゴマ和えなどが付く。
またみそ汁が標準装備なのはうれしい。
具はほとんど入っていないが、豚汁フレーバーのみそ汁である。
つまり大根やごぼうの味と香りがする。
お弁当の名前に「やわらか」と付いているとおり、たしかに柔らかいお肉であった。
ひれではなく、ロース肉。
ごはんが冷たい。
それは持ち帰りなので仕方ないが、炊き加減が固めなので少し食べづらい。
冷たい状態で食べることを想定した炊飯が必要だ。
欲を言えば、すぐ後ろにジャーに入った温かいごはんがあるのならば、注文を受けてからごはんを詰めてくれると喜ばれる。
業務効率を考えると難しいか。
お弁当を詰めている容器に明るい模様が付いているので、一瞬、彩りのいいお弁当だな、と思ってしまった。
技あり。
700円というのはみそ汁付きとはいえ、少し高い。
値ごろ感的には600円だ妥当か。
評価は☆3つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお店。
200602131157000ha1.jpg

店舗を構えているが、持ち帰り用のお弁当も5種類ほど店外に置いている。
雑穀米のお弁当も気になったが、おかずが少し寂しかったので今回は見送り。

くろ麦/牡蠣そば
【20060210】
【メニュー】牡蠣そば
200602101208000kuro1.jpg

【お店】くろ麦
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1500円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【コメント】
今シーズン2回目の牡蠣蕎麦。
季節限定、2月いっぱいまでのメニューということで、残り少ない牡蠣の季節の賜物を堪能してきた。
やはりおいしい。
前回レポートの写真をみてもらいたい。(←クリック)
前回は大ぶりの牡蠣が4つ。
今回は中位の大きさの牡蠣が6つ。
目の前に蕎麦がきた時には牡蠣の大きさが気になったが、そこは量でカバーということだろう。
しかし、この牡蠣、侮ってはいけない。
ミルク感たっぷりのプリッとした食感。
大きい牡蠣4つよりも、この牡蠣6つの方が幸せレベルは高い。
今日も汁を最後まで飲み干した。
その証拠写真。
200602101208001kuro2.jpg

蕎麦ももちろんおいしいが、蕎麦を味わいたいのであれば、せいろ系をお薦めする。
残り少ない牡蠣の季節を惜しんで☆5つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお蕎麦屋さん。
ひとりで入っても、店員さんが他のお客さんとの距離とかをうまく配慮してくれるのでストレスがない。

日比谷園/坦々麺
【20060209】
【メニュー】 坦々麺
200602091209000hi2.jpg

【お店】日比谷園
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
一時は味が落ちたという評を聞いて足が遠のいていた。
同じ方から持ち直したとの情報を得て久々に訪れる。
ここの坦々麺はやはりおいしい。満足した。
非常に柔らかい味の坦々麺。
以前はかなり辛みが強調されていたので、そのあたりは変化がみられる。
具は基本の肉味噌とちんげん菜。
肉味噌は、まず八角の香りが口から鼻に抜け、食べ進むうちに山椒の辛みが舌に絡みつく。
辛い坦々麺も好きだが、柔らかい味で、香辛料がきちんと香る坦々麺も好きだ。
あまり辛いとランチには不向き。
麺が少し柔らかいかなと感じたが、後半にはスープと絡むには丁度いいゆで加減であると思い始める。
麺以外に、たまごチャーハンと食後に杏仁豆腐がつく。
ポットのウーロン茶も、口をさっぱりさせる効果あり。
評価は☆4つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ビルの地下1階。
200602091151000hi1.jpg

12時前には満席。
店を出た12時10分頃には表に10人以上並んでいた。
ランチメニューはそこそこ揃えている。
200602091215000hi3.jpg

以前は「やってらんねぇよ~」と叫びながら厨房から料理人が飛び出してきたり、感じの悪い店主がいたり、お店自体にあまりいい印象がなかったが、久しぶりに行ってみたら、普通の雰囲気のお店になっていた。
料理以外の要素で客が躊躇するのは料理店にとって致命的であるので、その点は改善されているようだ。
MEMBER'S CARDのシステムがあって、1050円につきスタンプひとつ。
いくつか貯まると(数は忘れた)1050円分の金券になるらしい。
貯まるペースで行くとは思えないが、とりあえずスタンプを押してもらった。

dindon/オムライス
【20060208】
【メニュー】 ハンバーグ&オムライス
200602081203000din1.jpg

【お店】丸の内dindon
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
今日は朝からなぜか脳裏にチラッチラッとオムライスが浮かんでいた。
小ぶりのハンバーグがのったオムライスを選択。
チキンライスのオムライスに小ぶりのハンバーグが2コ。
デミグラスソースがかかっている。
付け合わせにフレンチフライドポテトとにんじんのグラッセ。
デミグラスソースはいつもより多くかかっていたように思う。
ハンバーグはジューシータイプではなく、肉がギュッと詰まった感じ。
だから噛み応えがある。
大きいとうんざりするかも知れないが、適度な大きさなのでじっくり噛みしめて食することができる。
チキンライスも悪くない。
オムライスを食べたくなったらここ。
それでも飛び抜けているモノがあるわけではないので、評価は☆3つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツィンタワービルの地下1階。

京菜/まぐろ丼
【20060207】
【メニュー】 まぐろ丼
200602071213000kyo.jpg

【お店】京菜
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
前回のコメントにほぼ近い。
ここのまぐろ丼はやはりお勧めである。
ゴマだれで漬けにされたまぐろがたっぷり。
ゴマの味漬けだと味が濃いお店が多いが、ここはからくもなく、さりとて薄口でもなく、まぐろの風味をしっかりと残して、とてもバランスがいい。
それにまぐろの一切れ一切れが一口の大きさに揃えられていて、とても食べやすい。
これはポイント。
一切れが大きいと、まぐろの大きさとごはんの量のバランスが悪くなって、ペース配分が難しいのだ。
まぐろを噛み切って大きさを調整するなどという愚行におよぶことも。
その点をよく考慮された大きさ。高評価である。
ごはんは麦入り。
このごはんにゴマだれが混ざり、まぐろ、わさび、あさつきと一体となっていいバランスとなる。
赤出し(お揚げとわかめ)と小鉢(生海苔)がつく。
評価は☆4つ。
殿堂入りも近いか。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りの銀杏並木の南側あたり。
ランチタイムは禁煙。すばらしい。
牛すじ大根もお薦めだが、今日はたくさん作れなかったらしく、単品では提供されていなかった。
焼き魚を注文するお客さんもけっこう多く、日替わりの焼き魚におでんがついていて、冬にはいいメニューかも知れない。

ユーマート/炊き込み御飯
【20060206】
【メニュー】 本ずわい蟹ごはん弁当
200602061215000yu.jpg

【お店】ユーマート
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
メインはずわい蟹の炊き込みごはん。
冷たくなっているのは残念だが、味は悪くない。
蟹の身もそこそこ入っている。
メニューには「本」ずわい蟹とあったが、あえて「本」を強調する必要はあるのだろうか。
次回以降「本」が付いていないときは「偽」と判断する。
おかずがいろいろあって楽しい。
ハンバーグ、鳥ささみの串カツ、豚のシソ・チーズ巻き揚げ、たまご焼き、ほうれん草ゴマ和え等々。
あきらかに冷凍のモノはそれなりの味であるが、お店で作ったと思われるおかず:串カツ、豚の巻き揚げはなかなかいい出来。
評価は☆3つ。総合的には普通です。
やはり冷え切ったお弁当は食べたくないです。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にある持ち帰り弁当の専門店。
今日は12時過ぎにオフィスを出たため、あたりはどこも人でいっぱいだった。
この店にも人がたくさんいて、ゆっくりお弁当を選べない状態。
こういう時は、結局目についたお弁当を手に取ることになる。
優雅なランチを目指す身にはイタイ状況である。

北海屋/ばらちらし
【20060203】
【メニュー】 海鮮ばらちらし
200602031220000ho3.jpg

【お店】北海屋
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
「限定」という言葉に弱い。
限定20食という海鮮ばらちらしを食した。
入っている具材をわかった範囲で書き出すと、まぐろ、こはだ、たこ、いか、たまご、とびこ、いくら、金目鯛。
寿司屋なので、基本具材は以外は余ったネタではあると思うが、いろいろな味が混ざり合い、まさにばらちらしである。
あとは赤出しのみそ汁(インスタントか?)、茶碗蒸し、お新香がセットになっている。
茶碗蒸しは、サラダとどちらかを選ぶようになっている。
実は、始めの一口でばらちらしの味の濃さを確認してはいたのだが、しょうゆが必要と判断して、しょうゆにわさびを溶かして上からかけてしまった。
後で気がついたのだが、このちらしは「特製のたれ」で仕上げてあったようだ。
そのため、途中から味が濃くなってしまった。
したがって、今日のところは☆3つとし、後日あらためて、お店が本来味わって欲しいであろう味に接することにする。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通り、チェリーに向かって左側、ローソンの隣くらいに位置するB1Fの寿司屋。
200602031219000ho2.jpg

確か以前はゆうき丸という海鮮系のお店であった。
店内は非常にキレイで、雰囲気も申し分ない。
お昼の席の予約もできる。
ただ、カウンターでも喫煙できるのは考えものだ。
メニューはこんな感じ。
200602031218000ho1.jpg

「まかない松花堂弁当」というメニューも気になった。
テーブルやカウンターにはふりかけがおいてある。

銀座ライオン/生姜焼きと海老フライ
【20060202】
【メニュー】生姜焼きと有頭海老のフライ
200602021254000lion.jpg

【お店】ブラッスリー銀座ライオン青山一丁目店
【種別】eat in/ふたり
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
会社の人とふたりで食べることになり、ライオンが選ばれた。
外のディスプレイにあった有頭海老のフライの強いインパクトでこのメニューを選択。
海老フライも生姜焼きも洋食屋さんの雰囲気でおいしかった。
海老が大きさのわりにぷりぷり感がなく、その分減点。
でも洋食を食べたければいいメニューである。
評価は☆3つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルのB1Fにある。
今日も満席。
しかも、店を出た1時少し前までサラリーマンが並んでいた。

ampm/サンドイッチ
【20060201】
【メニュー】
海老カツサンド
ポテトサラダサンド
クラムチャウダー
明治プロピオヨーグルトLG21
200602011201001.jpg

【お店】ampm 青山ビル店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】778円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
今日は朝から冷たい雨が降っていたので、ランチをあらかじめ買っておいた。
サンドイッチ2コとスープ、それにヨーグルトといったラインアップ。
まずは海老カツサンド(295円)。
パンがふわふわ。揚げ物なのに上品な仕上がりで満足。
トマトソースとタルタルソースがいい味付けを加えている。
何ともいえない香ばしさもあり。
コンビニのサンドイッチとしては上位ランク。
次はポテトサラダサンド(168円)。
これもパンがふわふわ。
ポテトサラダ自体は普通。
スープは、味の素(クノール)のクラムチャウダー(189円)。
「たっぷりミルクと貝のうまみ」というコピー。
具の量は少ないが、味はしっかりしていてさすが味の素。
デザートに明治プロピオヨーグルトLG21(126円)。
コピーは「リスクと戦う乳酸菌」。
さて、どんなリスクと戦ってくるのでしょうか。
評価は☆3つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山一丁目地域に3店、外苑前に行く途中のお店も入れると4店舗もあるampm。
その中の青山ビル店にて購入。
コンビニのランクはやはりお弁当系で差が付く。
ampmは結構ランチそのあたりに重点をおいていると思う。
そのわりにはランチであまり利用しないのは、結構混んでるから。
ごはん系、麺系はそこそこの品揃えがあって楽しい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。