青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Muu Muu COFFEE/スパム丼
【20060531】
【メニュー】 スパム丼
200605311212000mu3.jpg

【お店】Muu Muu COFFEE
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
このblogへの書き込みでオススメしてもらったスパム丼を食しに、一路Muu Muu COFFEEへ。
ロコモコへの誘惑を断ち切り、予定通りスパム丼を注文。
飲み物はいつものハワイアンアイスティー。
200605311155000mu1.jpg


スパム丼という食べ物は生まれてはじめて。
メニューの画像でも正体がわからず。
だから、どんなモノが出てくるのか、非常に楽しみだった。
それに、お客さんが多く、なかなか出てこないところも、気分を盛り上げる要素となっていた。

スプーンで口に入れてみて、最初は味がわからなかった。
おそらくスパムの塩気がまずは来るのか、と予想したがそうでもない。
何がのっているのかを観察。
1センチ角のスパム、ダイストマト、たまご(オムレツ風)、レタス、海苔、わけぎ、ゴマ。
そこに照り焼きソースがうっすらとかかっている。
食べ進むと、香ばしい歯触り。
お茶漬けに入れるあられだ。
これがおもしろいアクセント。

これはロコモコよりも、さらにB級のメニューだ。
もう少しソースを多くかけたり、スパムの塩気を前面で強調させるとか、改良の余地はありそうだが、好きな系統のメニュー。
全体的に薄味の分、評価は☆3つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木のたもと。すこし裏手にあるお店。
今日は、12時前に2階はほぼ満席。
スーツを着ているのはボクだけである。

2階にはこんな装飾も。
200605311156000mu2.jpg


それから気になった紙ナプキンのプリント。
NEC_0218mu4.jpg

目玉おやじの奥さんだろうか。

次回は、納豆アボガド丼、そしてタコス丼とMuu Muu COFFEE制覇の道のりは続くのであった。
他のメニューはこのレポートで紹介。

スポンサーサイト

日比谷園/坦々麺
【20060530】
【メニュー】 坦々麺
200605301212000hi1.jpg

【お店】日比谷園
【種別】eat in/ふたり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
エレベータでいっしょになった会社の人とランチ同行することに。
何となく行き先は日比谷園に決定。
同行した人物は、日比谷園のランチメニューを全て制覇した、と以前豪語していたこともある。

ボクは結局定番の坦々麺。
どうも「この店はコレ」ってメニューを決めてしまう傾向があって、なかなか他を注文することができない。
同行の氏は、さすが、本日のオススメ麺、豚角煮麺なるものを注文していた。

感想は以前のレポートと同じなのでこちらを参照

今日も坦々麺はおいしかった。
付いてくるチャーハンが、微妙に鮭の味がしていた。
鮭の姿は見えなかったが。
鮭チャーハンは大好物のひとつである。

前回掲載しなかったデザートの画像。
200605301213000hi2.jpg

薬っぽいアンニン豆腐は苦手であるが、ここはどちらかというと牛乳プリンのような味わいで坦々麺のあとにはピッタリ。

評価は☆4つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ビルの地下1階。

もう一つの定番、麻婆豆腐もおいしい(最近食べていないので正確には「おいしかった」)が、量が多く、ひとりだと飽きてしまうのが難。
複数人で行って、おかずをシェアした方がいい。

とりや/サーモン
【20060529】
【メニュー】 サーモン塩焼
NEC_0220to4.jpg

【お店】とりや
【種別】eat in/ひとり
【お値段】800円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
焼き魚を食べたくていろいろと考えたが、、とりあえず歩き出すことに。
夜には入ったことが何度かあるが、ランチは未体験の焼鳥屋、「とりや」で焼き魚のメニューを見つけ、入ってみることに。
「鮭塩焼き」ではなく「サーモン」と呼ぶことに、何かこだわりがあるのか。
国産ではなくて、ノルウェー産ということなのか。
と思いながら、地下に向かう階段を降りていく。

メインのサーモンはこんな感じ。
NEC_0221to3.jpg

部位は腹より尾の方であると思うが、意外と脂がのっている。
たしかに、鮭、というよりはサーモン、という味であった。

その他、冷や奴、味付け海苔、香の物、みそ汁がついて800円。
そこそこの満足感。
これで値段が600円台だったら文句なく☆4つだが、今回は☆3つということで。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
出光ステーションの横。青山通り沿いにある地下の焼鳥屋さん。
NEC_0218to1.jpg


夜は焼き鳥中心で、焼酎や日本酒の数がある。
久々にお店に入ったが、真ん中の大きなカウンターは以前と変わらず。
奥のテーブル席が全てお座敷になっていた。

ランチメニューは3種類。
NEC_0219to2.jpg

とりや御膳は相当ボリュームがありそうだったし、豚バラも山盛りであった。

12時前にお店に入ったが、すでに10人近くお客さんがいる状態。
ほとんど男性客であったが。

【番外編】韓国で食べたもの
韓国で食したモノをとりあえず画像で残しておく。
今回の訪韓は仕事だったので、全て人任せの食事であった。
自分では何も事前準備なく、何も主張なく、という展開。
はじめての場所では、それもいいのかも知れない。

■初日(5月23日)
仁川(インチョル)国際空港に着いたのが夕方。
ホテルでチェックインしてから、ホテルの目の前の中華料理屋(!)で中華のフルコース。
うーん、韓国の最初の食事が中華というのもいかがなモノか、と思いつつも、流れに任せる。
当然、画像はない。

中華料理をいただき、メドックのワインをガブガブした後、なぜかあさりうどん(カルグクス)を食すことに。
これはうれしい展開。
というのも、韓国のあさりうどんが相当旨いという情報を得ていたため、うどん好きとしては、ぜひとも味わいたいと思っていたから。

ホテルから歩いてすぐのお店に入る。
床が斜めになっていて、不安感たっぷりではあったが、途中から同行してくれた韓国の方が手際よくオーダー。
まずは餃子。
IMG_2217.jpg

韓国の餃子は水餃子のようだ。
中はほとんどいつも食べている餃子と同じだが、香りのある野菜が入っているように思える。おそらくセリではないか。
けっこう大きい。
2つも食べるとおなかいっぱいになる。
ビールが呑みたくなったが、この店には置いていない。
ただ、床が斜めの店でアルコールを摂取すると悪酔いしそう。

さて、これがあさりうどん。
画像は2人前。
洗面器のような器で出てくる。
これをみんなで自分の器に取って食べるのだ。
具はあさりと長ネギのみでシンプル。
これがあっさりしていて非常に旨い。
うどんもコシがあって、日本のうどんに似ている。
IMG_2218.jpg

いきなり中華ではじまった一日目であったが、しっかり当初の目的であったあさりうどんを食することができたので、まずは満足。

■2日目(5月25日)
朝食に豆腐チゲ!
ホテルの目の前にあるチゲ専門店にて、豆腐チゲを食す。
「豆腐チゲ」と注文するとそのまま通じる。
まず出てきたキムチ達。
IMG_2220.jpg

韓国では、主食と関係なくキムチが出てくるのがうれしい。

そしてこれが豆腐チゲ。
IMG_2221.jpg

いやいや、これは絶品であった。
何が入っているのか、詳細は不明。
確認できたのは、当然に「豆腐」、それと「牡蠣」。
日本で食べる豆腐チゲとは比較にならないほどの奥深い味。
辛さよりもコクのある甘さが口に残る。
完全に脱帽。
朝の8時であったが、完食した。
これで5000ウォン。500円くらいとは驚き。
いまだに思い出すとよだれが出そう。

お昼はまたもあさりうどん。
あさりうどんなら、毎日でもOK。
場所はインサドン。
ここでも餃子を注文。
IMG_2235.jpg

形は違うが、前日食したのと味は全く同じ。

そしてあさりうどん。
画像は2人前。やはりたらいのような器で出てくる。
IMG_2237.jpg

この街は観光地ということもあり、観光客も利用しているようだ。
ガイドにも載っている有名店とのこと。
店の名前は確認し忘れたが。
それでも値段は5000ウォン。
味は前夜のうどんよりもおいしかった。

夜は大人数で焼肉屋に。
結論的には、「日本のほうがおいしかった」である。
画像を掲載しておく。
IMG_2243.jpg

IMG_2245.jpg

IMG_2246.jpg

IMG_2247.jpg

IMG_2248.jpg

IMG_2249.jpg

IMG_2250.jpg

IMG_2251.jpg

IMG_2252.jpg

IMG_2253.jpg

IMG_2254.jpg

IMG_2255.jpg

IMG_2256.jpg

IMG_2266.jpg

IMG_2267.jpg


■3日目(5月26日)
朝食は豆腐チゲに誘われたが、前夜の韓国焼酎の暴飲により辞退。
未だに後悔している。
あれはホントにおいしかった。

今回の出張は往復アシアナ航空のビジネスクラスであった。
そのビジネスクラスでは、1時間半ほどのフライトであるにも関わらず、機内食が出る。
往復ともひれステーキかビビンバからの選択。

帰りは胃袋が崩壊していたが、ビビンバを頼んでみた。
それがこの画像。
IMG_2271.jpg

器が陶器というだけでビックリする。
自分の好きなように混ぜ混ぜして食する。
こんな感じで混ぜた。
IMG_2272.jpg

これがおいしかった。
機内食でおいしいと思ったのは生まれて初めてだ。
さすが韓国料理なのか、さすがアシアナなのか、さすがビジネスクラスなのかは不明だが。

短い時間であったが、そこそこ韓国の食文化に触れることができた。
何度も書くが、豆腐チゲが最高。
また行く機会があれば、絶対に毎日食べたい。

ユーマート/ぶり
【20060523】
【メニュー】 特撰 ぶり照り焼き弁当
200605231204000yu.jpg

【お店】ユーマート
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
明日から韓国出張なので、今日は和食。
しかし、ランチに出る時間が遅くなってしまったので、ユーマートで。
「特撰」って手書きされていたぶりの照り焼きを選んでみた。
普通のメニューでも、こういった文字が心を動かす。
それにしても、彩りの悪いお弁当だ。

ぶりの照り焼きとあるが、食してみると、どう考えても煮付けだ。
味がしっかりしていて、もう少し煮ると、佃煮になりそう。
逆にそれが食欲を増進する要素でもあった。

ぶりにばかり目がいってしまっていたが、おかずの品目の多いお弁当だ。
シューマイ、かき揚げ、かまぼこ、煮物、タマゴ巻き、ポテトサラダ、高菜、豆。
ごはんがおかわりできるくらい。
おかずの多さが「特撰」だったのかも知れない。
期待値が低かった分、満足度が高かった。
評価は☆3つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にある、持ち帰り弁当の専門店。
またスタンプカードをもらったが、500円でスタンプひとつ、それを20貯めるのは、、、無理だ。


☆明日から今週いっぱい韓国(ソウル)出張のため、青山一丁目でのランチはまた来週☆

ナタラジ/カレー
【20060522】
【メニュー】 ナタラジカレー
200605221213000na3.jpg

【お店】ナタラジ
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
当blogへの書き込みで推薦していただいたお店に行ってみた。

はじめてのお店では、メニューの一番上か、店名が付けられた料理を注文する、というのが鉄則(ボクが決めた)。
ということで、メニューの一番上、かつ店名の付けられたナタラジカレーを注文。
自然派ランチセットというセット名で、カレー、ナンまたはライス、サラダ、珈琲または紅茶という組み合わせ。
ナン、アイスティーを注文した。

運ばれてきたナタラジカレーを食してみて、はじめて気がついた。
この肉のように見える固まりは実は肉ではない。
メニューによれば、「肉の食感 大豆グルテン」らしい。
他のメニューも、ベジタブル、パンプキンとあって、そうなのかぁ、ここは菜食のカレー屋さんだったのだ。
帰りにお店の外にあったチラシを見ると「肉、魚、一切不使用」とあった。
まったく想定外だったので、ちょっとビックリ。

大豆グルテンの食感は不思議だったけど、辛口とメニューに書いてあるわりには食べやすい味であった。
肉を使っていない分、後味がさっぱりしている。

ナンは大判。
もう少し甘みがあってもいいかな、と思ったが、これは野菜中心のカレーとのバランスを考慮しているのだと思う。

評価としては☆3つ。
たまにはこういうカレーもいいが、食後感がさっぱりし過ぎて、やはり肉や魚が欲しいと思った。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
伊藤忠の目の前、おにぎり屋さんのonyの隣。
地下に降りていく。
200605221211000na1.jpg


店内は結構広い。
12時過ぎると女子がどんどん入店してくる。
テイクアウトもできる。

メニューはこんな感じ。
200605221212000na2.jpg


ナタラジカレーの他、定番ではベジタブルカレー、パンプキンカレー、それとスペシャルカレーという日替わり?のカレーもある。
他のお客さんの食べていた野菜たっぷりのスペシャルカレーがおいしそうだった。
カレーを2種類選べるダブルカレーセット(1300円)や3種類選べるトリプルカレーセット(1600円)もある。
ライスはターメリックライスか玄米を選択する。
ナン+半ライスも同じ値段でOK。
また、追加料金で辛さの調整も可能。

てんぷら石原/上天丼
【20060519】
【メニュー】 上天丼
200605191213000iso2.jpg

【お店】てんぷら石原(磯美家)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1207円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
いつものように上天丼を注文。
小えびかき揚げ、海老×2、キスで1207円。
結論から。
評価は☆4つ。
これで3回連続で☆4つ(前回のレポート)だが、このまま「殿堂入り」という感じでもない。
なぜかは自分でも不明。
あるとすれば、値段のせいかも知れない。
やはり1207円という値段では、毎日気軽に食べるという対象ではないし。
1207円出すのであれば、☆4つ程度の満足感は味わいたいし。

今回もごはんが秀逸だった。
ホカホカのごはんと丼つゆのハーモニーは一口目からうなってしまう。
ハラッと炊きあがったごはんに、サラッとした丼つゆがキレイに絡み合っている。
この表現で伝わるだろうか。

ただ、今回残念だったのはキス。
揚げ方は申し分ないが、味がやけに淡泊だった。
季節の問題なのか。
キスが食べたくて高い上天丼を頼んでいるようなものなので、凹む。
キスが不要であれば、小えびかき揚げ、海老、いかの天ぷらがのった普通の天丼で十分だろう。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
銀杏並木の入り口近くにある。
200605191153000iso1.jpg


メニューをながめていて、天重が気になった。
1500円を超えるが、小えびかき揚げ、海老×2、キス、いか、野菜天3種がのっている。
コストパフォーマンス的がいいように思えるが、どうだろうか。

今日はいちょう並木が新緑で美しかったので画像を掲載してみる。
さすがに携帯のカメラでは伝わりづらい。
NEC_0218iso3.jpg


246CAFE/タコライス
【20060518】
【メニュー】 メキシカンタコライス
200605181216000.jpg

【お店】246CAFE
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
今日はrocketをふって、246CAFEのタコライスを選択。
ひとりで禁煙だと、PCを使える席か、キッチンが見えるカウンターになるが、きびきび調理するスタッフを見るのが好きなので、カウンター席に座る。
ここの若いスタッフは動きにムダがないので見ていて気持ちがいい。

タコライスは、青山で食すどの店ともまた違うタイプ。
画像では、一見サラダのようである。
周りに野菜が配置され、ドレッシングがかかっている。
真ん中には半熟タマゴ。
もちろん、メキシカンなスパイスで味付けされているひき肉、チェダーチーズがごはんにのっている。
その他、酸味を演出するきゅうりの浅漬けピクルスも。
ドレッシングとこのピクルスがスパイスの辛みに酸味を加えて、複雑な味になっている。
ひき肉は粗挽きで、歯ごたえも楽しめる。
けっこうなボリュームあり。
満腹かつ満足である。

味が一本調子になりがちなところに、アイスティーが心地良い。
トールタイプのグラスにたっぷりと注がれている。
200605181215000.jpg


評価は☆3つ。
やはりタコライスはrocketの方が好きかな。
参考に前回のレポートはこちら
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの真南。
本日のメニュー。
NEC_0225.jpg


隣は246BOOK。
NEC_0226.jpg

狭い本屋だが、「旅」をテーマにした品揃えで楽しめる。

表には持ち帰り専門のワゴンも。
こちらのメニューにもタコライスがある。
ちなみに600円。

hoppe cafe/チャーハン
【20060517】
【メニュー】イェンタフォーチャーハン+オプションのおかず
NEC_0222ho3.jpg

【お店】hoppe cafe
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
水曜日なのにhoppe cafeのワゴンがいた。
何を食べるか決めてなかったし、すいてたので先週に続いて今週もここで。

なにやら新しいアジアン系チャーハンらしい。
説明書きを読んだが、よくわからなかった。
その名も、イェンタフォーチャーハン。
このようにピンク色である。
NEC_0223ho4.jpg

「エビ」とか「発酵」っていう文字が目に入ったが、詳細不明。
味は、それほどパンチが効いているわけではなく、単体で食べるというよりも、おかずが必要という感じ。
付け合わせに甘辛く煮たエビと目玉焼き。
エビは佃煮のよう。
上の写真の右側に写っている黒いが陰がそれ。
画像では怪しいが、肉眼では怪しくない。
これでごはんが進むという取り合わせだろうか。

オプションで春雨サラダをつけた。100円。
NEC_0224ho5.jpg


デザートは今回もゼリーとパイナップル。

全体的にもう一息かな。
今回は☆は3つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビル横に毎週火曜日にくるアジアン系ワゴン。
今日は水曜日だったが。

ワゴンの外で接客する女性スタッフ。
NEC_0221ho2.jpg

メニューの一部。
NEC_0220ho1.jpg



Riso/カレー
【20060516】
【メニュー】
なすのキーマカレーライス
ジャーマンポテトクリームスープ
200605161206000ri2.jpg

【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
内臓を温めたかったのでスープにしようと思った。
でも、コンビニのインスタントは避けたいし、ということで便利なRisoへ。
ただし、ここのスープは1種類のみなので、行ってみるまで自分の好みのスープかどうかはわからない。

雨が降り出してきて少しblueになったが、気を取り直してお店でメニューを確認。
ジャーマンポテトクリームスープ?
やけに重そうなネーミング。
初志貫徹でこれを注文。

メインはオムライスにするかカレーにするか迷ったが、久しぶりにカレーを試してみることに。
だいぶ前に一度食したことがあったが、感想としてはコクがなく、今ひとつ。
だからずっと避けてきたのだが、再評価ということで。

まずはジャーマンポテトクリームスープ(350円)。
画像の上にのっているモノは、チーズを塗ったパン。
NEC_0219ri4.jpg

これはベーコンのクリームシチューであった。
とてもコクがあって、満足。
このスープとパン+サラダだけでもランチとしては充分かも知れない。

カレーはなすのキーマカレーライス(500円)。
NEC_0218ri3.jpg

これはトマトがよく効いたまろやかな味だった。
具はひき肉となす、それにじゃがいも。
家庭的なカレーである。
前回感じたコクのなさはなく、トマトがポイントになってよくまとまった味となっていた。
しかし、ライスの量に比べてルーが少ないため、ペース配分が難しいかも知れない。
ボクは始めからごはんを全部食べる気はなかったので、問題なかったが。

さっぱりしたモノとか胃腸に優しいモノを食べたいと思いながら、どうも目が欲するがままにメニューを選んでしまう傾向あり。
でも、今日のランチは思ったよりもヘビーではなかった。
評価は☆4つに近い☆3つ。
この辺、微妙なこだわりアリだ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。
本日のメニュー。
200605161204000ri1.jpg



LAWSON/サンド
【20060515】
【メニュー】
どんかつ&メンチカツサンド
ツナとチーズのサンド
オクラとめかぶのねばねばサラダ
明治美容ヨーグルト 美しいあした
200605151206001la1.jpg

【お店】LAWSON 南青山二丁目店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】816円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
ちょっと散歩をしたかったので足をのばし、でもランチはオフィスで食べたかったので珍しくローソンへ。

・どんかつ&メンチカツサンド(新発売,280円,360kcal)
胃腸が疲れてるのであっさりした食事にしようと思っていたのに、こんな重そうなサンドイッチを選んでしまった。
めったにおいしいメンチには出会わないが。メンチカツという言葉に反応してしまう。
食べてみたら、意外に優しい味だった。
ソースが甘いのが今ひとつ。

・ツナとチーズのサンド(新発売,210円,348kcal)
逆にこれは軽目と思って食べたら、結構おなかにもたれるサンドであった。

・オクラとめかぶのねばねばサラダ(200円,38kcal)
200605151208000la2.jpg

さすがにこれはあっさり。
和風ドレッシング(ポン酢風)も付いている。

・明治美容ヨーグルト 美しいあした(126円,57kcal)
どれが商品名なのか、ぱっと見にはわかりづらいデザイン。
クスリのイメージなのだろうか。
LB81乳酸菌+コラーゲン+セラミドという、美容オタクには夢の組み合わせ。
サラッとした薄いヨーグルトドリンクといった感じ。

しかし、今日のランチはメニューの選択ミス。
想定外に重かった。
純粋に味だけを評価すると☆3つ。
ただし、気分的には☆1つ。
今日のランチをやり直したいくらいだ。
そんな日はいくらでもあるが、胃腸が弱ってる今日であって欲しくなかった。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにあるLAWSON。
店内が狭く、レジに並びづらいのであまり利用しない。

ちばや/ロールキャベツ
【20060512】
【メニュー】 ロールキャベツ
NEC_0236.jpg

【お店】ちばや
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
少し涼しかったのでロールキャベツを食べに。
といってもこのお店は、存在は以前から知っていたが、入るのははじめて。

できてきたのは、ボクのイメージしていたロールキャベツとは全く違うモノだった。
コンソメ系で煮込んだロールキャベツにポテトフライをのせ、さらにこれでもかというくらいのチーズをトッピングしてオーブンで焼いてある。
器はグラタン皿だ。
これにお皿にのったライスが付いてくる。
事前に想像したモノとは違っていたが、これ自体は見た目通りの味。
特にコンソメ、たまねぎ、チーズが絡み合って、口の中でオニオングラタンスープとなっていた。
オニオングラタンライスである。
これはこれでB級好きのボクには容認できる展開。

飲み物はセルフサービス。
入り口にお茶(中国茶)、コーヒー、スープの魔法瓶が置いてある。
スープは異様にしょっぱかった。
おしんこもセルフで、これに気がついたのが会計の時。
なので、おしんこを食べそびれた。
ナプキンなども、いろいろなモノが入り口に置いてあるので、よく確認しよう。

評価は☆3つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
とにかく場所がわかりづらい。
青山墓地入り口の消防署を墓地に向かって左に曲がって少し行った角。
青山墓地に面している。
200605121210000.jpg

画像のように、植物で覆われていて不思議な雰囲気。
お店のネームプレートも半分隠れていて、ヘタすると一生店名がわからない。
オープンのテラスもあり、青山墓地を眺めながら食事ができる。
何しろ、墓石がすぐ目の前だ。

店内はログハウスのようなイメージか。
BGMは鳥のさえずりだ。

先入観で、若い女子がたくさん食べに来るのかと思っていたが、客層は年輩のサラリーマンが多かった。
スタッフは全員、年輩の女性。

メニューはボードに書かれたロールキャベツ、石焼きビビンパ(ともに1050円)とカレー(840円)、ボードには記載されていなかったが煮込みハンバーグもあるとのこと。
意外にB級なお店でした。

もっつあれら/お茶漬け
【20060511】
【メニュー】 もっつあれらお茶漬けセット
NEC_0230mo8.jpg

【お店】もっつあれら7
【種別】eat in/ひとり
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
最近オープンした青山通り沿いの気になるお店に行ってみた。
夜は最近また人気が復活しているモツ鍋屋だが、昼はお茶漬けのランチをやっていることを配っていたチラシで知った。

まずは出汁を選ぶ。
白だしかとんこつ。
それから具を9種類から3つ選ぶ。
最後におかずを3種類からひとつを選ぶ。
これだけでワクワクする。

出汁は白だしを選択。
具は明太子、しゃけ、葉わさび。
おかずは豚しゃぶ。

具はこんな感じで出てくる。
NEC_0231mo7.jpg

3cmほどの小さな器だ。
でもお茶漬けなのでこれで十分。
ごはん茶碗におひつからごはんをよそう。
ごはんには粟が混じっているように見えた。
出汁をかけ、具をのせるとこんな感じ。
NEC_0232mo6.jpg


テーブル、カウンターにはあられと海苔も用意されている。
NEC_0229mo3.jpg


あとは自分の好きなように具材を組み合わせてお茶漬けを作って食べる。
ごはんと出汁はおかわり自由だ。

それぞれの具材は普通だが、自分でいろいろと試せるところが非常に楽しい。
良いアイデアだと思う。
評価は☆4つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りに4月25日にオープンしたばかりのモツ鍋屋さん。
200605111154000mo1.jpg

お昼はお茶漬けのみ、という潔さ。
開店したてということもあってか、店内はキレイ。
内装も黒を基調としてシックである。

お店のカードは中が油取紙になっているのが面白い。
メニューといい、油取紙といい、オーナーはアイデアマンとみた。

お昼のメニュー。
はじめのは店内の、次がお店の外に出ている写真付き。
NEC_0228mo2.jpg

NEC_0234mo4.jpg


ちなみに、以前レトルトカルボナーラを出していたフランス人がスタッフのお店bandolがあった場所である。

Muu Muu COFFEE/ロコモコ
【20060510】
【メニュー】 ロコモコ丼
200605101200000m2.jpg

【お店】Muu Muu COFFEE
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
ロコモコを食べに一路Muu Muu COFFEEへ。
しかし、青山通り沿いにいつも出ている看板が見あたらない。
さらにお店の扉になにやら張り紙が見える。
これはお休み?と不安になりながらも店内をのぞくとスタッフが。
営業していた。
看板のあるなしで営業しているか否かを判断してはいけないようだ。

ロコモコ丼を注文。
ホントはスパム丼や納豆アボガド丼、タコス丼も食してみたいのだが、フロンティア精神が希薄なので、いつも同じモノを注文してしまう傾向あり。

ロコモコ丼の詳細はこの日のレポート参照

前回の画像と比較してわかる通り、木の器に変わった。
パイナップルの形をした器である。

ロコモコの濃い味付けに、ハワイアンアイスティーが爽やかだ。
NEC_0227m1.jpg


ロコモコやタコライスはまさにB級メニューの王様だ。
評価は☆4つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木のたもと。すこし裏手にあるお店。

はじめて2階席に行ってみた。
ハワイ系の音楽も流れ、ゆったりとした空間である。
テラス風に作られたソファ席もあり、その席ならマッタリも可能。
今日も12時過ぎには女子で席が埋まっていた。

hoppe cafe/ナシゴレン
【20060509】
【メニュー】
ナシゴレン+オプションのおかず
NEC_0224ho3.jpg

【お店】hoppe cafe
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
2カ月前に食べたナシゴレンと全然違う。
スタッフの方もかなり味を改良していると言っていたが、たしかに。
前回のレポートはこちら

焼きめし自体は前回と同様、タイ米特有のパラパラ感が出ていて変わりないが、味は前回の和のテイストからかなりアジアンテイストが深まった。
それにおかずで乗っているチキンも甘辛ソースが絡み、いい具合。
前回薄焼きだったタマゴは、今回しっかりと定番の目玉焼きに。
ただし、目玉焼きは少し焦げていたのが残念。
油をひかずに焼いて油断するとこうなる。

オプションでおかずをつけた。プラス100円。
えびと水菜の生春巻き。
100円という値段設定は微妙だが、ソースがピリ辛でこれもおいしい。
NEC_0226ho5.jpg


全体的に辛みと甘みでマッタリもするが、デザートのゼリーとパイナップルでさっぱり。
NEC_0225ho4.jpg

ゼリーは普段あまり食べないが、こういうバランスなのかと少し感心。

研究熱心分も加味して、☆は4つ。
ちょっと甘め。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビル横に毎週火曜日にくるアジアン系ワゴン。
NEC_0222ho1.jpg

スタッフは調理の男性と説明、会計、包装、笑顔の女性の二人。
HOPPE CAFE通信というペーパーもあり。
NEC_0223ho2.jpg


さらに研究を進めて、いろんなアジアンを青山に届けてほしい。

Riso/パスタ
【20060508】
【メニュー】 パスタセット
NEC_0219ri2.jpg

【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
連休明け初日はどうしてもいろいろなことがスロースタートになってしまう。
ランチを考えるのもすっきりまとまらず。
とりあえず、オフィスで食べることだけを決めたが、ここ青山一丁目界隈は、以前に比べて飛躍的に食べ物屋さんの数は増えたものの、持ち帰り系が少ないことに気づく。
ということで、いつものRisoに行ってしまう。

メインはスパゲティペスカトーレを選択。
たこ、いか、ホタテなどがトマトソースとうまくマッチしていて、今日のパスタは○であった。
写真写りは悪いが。
NEC_0221ri4.jpg


しかし、セットで選んだ姫茸とベーコンの?(忘れた)はイマひとつ。
NEC_0220r3.jpg

和風なのか、それでもベーコンも入っているし、どうにも説明のできない味。
しょっぱいので、味に逃げ道がなく厳しい。
何味だったのだろうか。
セットのフォカッチャもガチガチに固まっていた。

マイナスもあったが、ペスカトーレに満足したので、評価は☆3つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。
本日のメニュー。
200605081205000ri1.jpg



ampm/サンドイッチ
【20060502】
【メニュー】
エビとツナのサンド
パリジャンサンド
彩りイタリアンサラダ
オニオングラタンスープ
NEC_0212.jpg

【お店】ampm 青山ツインビル店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】925円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【コメント】
何かパン関係を食べようと青山ツインビルに行ったが、カフェクロもsubwayも並んでいたので気持ちが萎え、逆にサンドイッチハウスグルメは閑散としていて敬遠してしまった。
結局、こんな時には便利なコンビニ。
ホント、コンビニとはよく言ったもんだ。

・エビとツナのサンド(290円,321kcal)
黒ごま食パンでおいしかった。

・パリジャンサンド(270円,291kcal)
ハム、レタス、チーズをフランスパンにはさんだシンプルなサンド。
よっぽどのことがない限りハズレはないので、コンビニでは結構重宝している。

・彩りイタリアンサラダ(210円,123kcal)
ニンニクの香りが強い。

・オニオングラタンスープ(155円,36kcal)
グリュイエールチーズを塗った乾燥したフランスパン付き。
始めは砂糖を塗ったラスクのようだが、次第にスープを含んで巨大化する。

今日は簡単ではあるがここまで。
評価は☆3つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインビルの1階にあるampm。
青山一丁目に数あるampmの中で、一番床面積が大きい。
品数が多いかどうかは不明。

rocket/タコライス
【20060501】
【メニュー】タコライス(大盛り)
NEC_0210.jpg

【お店】rocket
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円(大盛りでも値段は変わらず)
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【コメント】
連休の谷間なので、お店に行ってお休みだとイヤだなと思いオフィスを出たら、いつものところにrocketの赤いワゴン車が停まっていたので、迷いなくタコライスに。

前回、スモークのタバスコをかけたら☆ひとつ分うまさが向上したので、今日は自主的にたっぷりと。
この味は中毒性があると思う。

本日の画像、いつもと同じメニューのはずだが、具材ののり方で雰囲気が違う。
黄色、赤、緑、白など、今日の天気のように初夏の彩りだ。
ちなみにチーズは今回も肉の上になっていた。
☆5つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社の横の路に月曜日と木曜日に来るワゴン車。
殿堂入りメニューを食べさせてくれる素敵なワゴン車だ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。