青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


rocket/タコライス
【20070427】
【メニュー】タコライス(大盛り)
200704271203000.jpg

【お店】rocket
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年4月4日
【コメント】
おかえり!rocket!!
先週からホンダ本社横での営業を再開したrocket。
直前まで営業しているか心配であったが、見慣れた赤いワゴンがボクを迎えてくれた。

もちろん注文は「タコライスの大盛、チーズはライスの上に」である。
見てほしい、タコライスの彩りを。
黄身の黄色、レタスの緑、トマトの赤、理想的な配色だ。

味ももちろん変わらず殿堂級を維持。
ジューシーさがたまらない。

前回、草月会館まで買いに行った時には、長い帰り道の途中でライスが水分を吸ってしまい、ふやけたタコライスになってしまっていた。
やはり、タコライスは作りたてを食べたい。
もちろん、たっぷりのスモークドタバスコを振りかけて。

評価は☆4つだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビル横に毎週金曜日に来るワゴン販売のお店。

メニューの画像。
200704271158000.jpg


※お店情報
danguriは4月27日から5月6日までお休み。
スポンサーサイト

北海屋/ばらちらし
【20070426】
【メニュー】 海鮮ばらちらし
200704261212000.jpg

【お店】北海屋
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年3月9日
【コメント】
やっと正しい春の姿になった。
ランチはmuu muuだ、と外苑前方面に歩き出したら、やけに気持ちがよくて、muu muuを通り過ぎてチェリー通りまで行ってしまった。

さて、どうするか、ということで選んだのが北海屋。
前回、殿堂入りしたばらちらしのおいしいお店だ。

もちろん選んだのは1日限定10食のばらちらし。
まずは茶碗蒸しが供される。
200704261210000.jpg

茶碗蒸しは滑らかで、舌触りがいい。
出汁も上品なので気に入っている。

ばらちらしと同時に、木のスプーンが出てきた。
おっ?箸だと食べづらいので、スプーンも出すようになったのか?
と思ったら、小皿に細かく切った大葉が!
画像の右側だ。
これはもしや、このblogを読んでる!?

ばらちらしはいつも通り、全体のバランスが非常によく、今日も満足させてくれた。
いろいろなネタが入っているので、一口食べるたびに味や食感が異なるのは、食べていてとても楽しい。
まさに「食べる宝石箱」。
こういうばらちらしを食べてしまうと、普通のちらしはどうも中途半端に思えてしまう。

今日は特にキンメ(だと思う)があぶらがのっていてとてもおいしかった。

評価は☆4つ。
画像には入っていないが、他に赤出汁の味噌汁とお新香が付く。
味、量、値段、どれも満足。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通り、チェリーに向かって左側、ローソンの隣くらいに位置するB1Fの寿司屋。
200704261211000.jpg


バイトの方がプリントアウトして、このblogを見ていただいたとのこと。
スプーンで食べやすかったし、ちぎった大葉の配慮はうれしかった。
感謝です。

そういえば、今日のBGMはSADEではなかった。
そうなったらなったで、さびしい気持ちがするのは、完全なわがままです。


直久/ラーメン
【20070425】
【メニュー】 とんさいらーめん(醤油味、太麺)
200704251225000.jpg

【お店】直久
【種別】eat in/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】2007年2月23日
【コメント】
すっきりしない。
気分はともかく、天気が、だ。
とりあえずツインに駆け込むパターン。
新規開拓の春であるが、パッとしない。

今日は直久。
といえば定番となっているとんさい。
ほぼタンメンであるとんさい塩味ではなく、今日は醤油味にしてみた。

まずはスープをレンゲで一口、などという優雅な儀式をスキップし、いきなり軽く胡椒を振りかけてから全体を混ぜ、麺をすする。
残念ながら柔らかい。
ここの麺は茹で過ぎ率が高いので、麺は固めで、とオーダーしたいのだが、「まずはスープを一口」的なお店ではないので、いつも放置だ。

スープだが、味が少し濃かった。
しかし、とんさいは野菜が多いので、全体のバランスとしてはこれでいいのだろう。
スープを最後まで飲み干すと後でつらくなる可能性あり。

全体的にはそこそこ満足。
評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの地下1階にあるラーメン屋。
午後2時まで禁煙。

今日も雨のため、ツインビルのお店はどこも列ができていた。
お昼の大切な時間を並ぶことで費やしてしまうのはもったいない、と思う。


堂島/冷やしうどん、鰻丼
【20070424】
【メニュー】冷やしうどんセット 鰻丼付
200704241214000.jpg

【お店】堂島
【種別】eat in/ひとり
【お値段】980円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2006年11月24日
【コメント】
オフィスでお弁当を食べようと思っていたが、堂島の「ミニ鰻丼」という文字に惹かれてしまい、吸い込まれるように店内に入ってしまった。
予定としては、グルメのサンドイッチだったのだが。

注文してから、もう安っぽい鰻を食することを止めようと自分に誓ったことを今さらのように思い出した。
ときすでに遅しだ。
ハズレの鰻ほど悲惨なものはない。

セットになっているのは冷やしうどんとミニ鰻丼と漬物。
鰻丼はもちろんミニだが、うどんまでミニなのには驚いた。
器は通常サイズだが。

冷やしうどんには白髪ねぎ、みょうが、みず菜、揚げ玉がのっている。
なかなかコシのあるうどんだったが、最近の冷凍うどんでも十分にこのレベルのモノは再現できるので、それほど感慨はない。

さて心配だった鰻。
思った以上に肉厚、柔らかく、あぶらがのっていた。
専門店ではないお店で出す鰻としては、まあまあいける。
が、タレがいけない。
ドロリとしていて、味が濃いのだ。
ただ、タレの完成度を求めるのは酷というもの。
居酒屋ランチとしては十分かもしれない。

評価は☆3つ。
温かいモノを食べたかった、と少しだけ後悔。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルB1にあるお店。

基本はうどんであるが、ランチタイムの丼物メニューがこれ。
200704241159001.jpg



くろ麦/にしんそば
【20070423】
【メニュー】にしんそば
200704231204000.jpg

【お店】くろ麦
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1400円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年1月11日
【コメント】
週末の暴飲暴食のせいか、おなかがパンパン状態。
何か消化のいいものを、とうことで選んだのがくろ麦のおそば。

季節のおそばはたけのこそば。
前シーズンも食さなかったので、一瞬気持ちがいったが、今日注文したのはにしんそば。

夕べ、某テレビ番組でにしんの一夜干しが登場していたので、ボクの脳に刷り込まれたのだった、おそらく。

いつも通りの安定した味。
にしんのあぶらのノリがいまひとつだったのが残念だが、基本的にはこんなものだろう。
いずれにしても、本日の体調にはマッチしていて満足。

評価は☆3つ。
隣の方の天ぷらせいろに若干気持ちがいってしまい、集中力を欠いたのも事実。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお蕎麦屋さん。


【番外編:銀座】あさみ/和食コース
【20070420】
【メニュー】コース
【お店】銀座 あさみ
【種別】eat in
【お値段】12600円のコース
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【コメント】
2日早い誕生日。
今年は木挽町の和食、あさみに行ってみた。
コースは12600円。

全てに満足。

<赤飯>
 誕生日のお祝いのサービス

<れんこん豆腐>

<たらのめ、あわふ、いもがらのごま合え>

<このわたのたま蒸し>

<鯛と鯛の焼き〆のお造り>
 この焼き〆には感涙

<あいなめの葛たたき椀>
 あいなめに施された仕事に職人の技を感じた。

<干しこ、ほたるいか沖漬け、海老のちまき寿司、煮穴子、空豆蜜煮>

<スズキのたで焼き>

<鯛の子、ふき、たけのこ炊き合わせ>

<鯛茶漬け>
 ごまだれの鯛のお刺身がお茶漬けにベストマッチ。
200704202021000.jpg


<葛切り>
 生まれて初めて黒蜜がうまいと思った。
 まさに上質な黒砂糖の味。

評価は☆5つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
木挽町にひっそりと佇む和食のお店。


First Kitchen/ハンバーガー
【20070420】
【メニュー】
ベーコンエッグバーガー(280円)
200704201215000.jpg


サルサドッグ(260円)
200704201214000.jpg


フライドポテトM BBQ(250円)
200704201212000.jpg


【お店】First Kitchen外苑前店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】790円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 -
【コメント】
久々にrocketがホンダ横に登場。
感涙だ、と思いながらも、昨日タコライスを食べたし、実はとてつもなくベーコンエッグバーガーが食べたい気分だったので、後ろ髪を引かれながらも外苑方面に歩き出す。

途中、蟹漁師のカニチャーハンにひかれながらも、初志貫徹でFKへ。

FKに入るのは何年ぶりだろうか。
これほどメニューが豊富になってからは初めてかも知れない。
なので、ベーコンエッグバーガーは決定していたが、あと一品はカウンターで自分の番になってから検討開始。

ピザが目に付いたので注文したら、出来上がるまでに10分かかるといわれ断念。
サルサドッグに落ち着いた。
それにしても、フライドポテトの味付けのバリエーションの多さには驚かされる。
10種類近くのあるのではないか。
無難に(?)BBQ味にする。

久しぶりのベーコンエッグバーガー。
以前に比べて味がボヤっとしたような印象もあるが、いっしょに食べていたサルサやBBQのせいであろう。

サルサドッグはいまひとつ。
パンをトーストし、ソーセージも焼きを入れるともっとよくなる。
ドトールの方が好みだ。

所詮ファーストフードなので、ベーコンエッグが食べたい!と思った時の高揚感と食後の満足感の落差は否めないが、評価としては☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
銀座線外苑前駅上にある。

※お店情報
前述のとおり、rocketが帰ってきた。
草月会館前での会話で、金曜日あたりをねらってるという話を聞いていたので、予定の行動なのであろう。
また来れなくなるかも知れない、といった不安ももらしているようだが、ぜひとも継続的に殿堂入りメニューが食べられるよう、がんばってもらいたい。

EXPRESS246/タコライス
【20070419】
【メニュー】 メキシカンタコライスBOX(大盛)
200704191207000.jpg

【お店】EXPRESS246
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】700円(大盛100円増)
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 -
【コメント】
「寒い」という文字を入力するのに、いい加減あきた。
空模様もよくなってきたし、そろそろ暖かくなってくれてもいいのでは、と思いながら、まだまだ寒い空の下、ランチを求めてオフィスを出たのであった。

なんとなくタコライス気分。
muu muuに行くか、246CAFEに行くか迷ったが、たまには246CAFEの持ち帰り店にでもと思い、行ってみることに。

以前よりメニューが増えていたが、迷い始めるとキリがないので、タコライスを注文。
ここのお弁当は量が少ないという記憶があったので、大盛にしてみた。
100円増である。

ランチボックスの右半分強にタコライス、左半分には...レタス(のような野菜)が数枚と漬物。
なんというバランスの悪さ。
ボックスを持ち帰っている途中でも、片側が空なのでは?と思っていた。
ちょっと首を傾げてしまう。

メインのタコライス。
チリ味、というよりは辛味のあるミートソースに近いひき肉がのり、少しだけダイストマト、半熟卵という構成。
レタスもチーズもなし。
それに、大盛にしたせいか、ひき肉とライスのバランスが非常に悪い。
なので、ライスの残量を気にしながらの食べなければならない。
以前ここで買った弁当も同様バランスが悪かったことを思い出した。

どうも満たされぬ思いでランチが終わった。
タコライスを食したければ、CAFEの方に入ることを強くおススメする。

評価は辛めで☆2つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの真南。

定番は週替わりのカレー、ガッパオ、タコライス。
それに日替わりのメニューが2種類といったランチ構成。
CAFEとの共通点はタコライスのみか。

メニューの画像。
200704191159000.jpg

200704191158000.jpg


スプーンが立派なので驚いた。
画像で伝わるかどうかわからないが、かなりしっかりとしたプラスティックで、使い捨てにはもったいない。
200704191205000.jpg

なので、洗って再利用することに。
小さなことからこつこつと、です。


ホルモサ/豚と卵の炒め物
【20070418】
【メニュー】日替わり弁当
200704181208000hor1.jpg

【お店】元祖紙やき ホルモサ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】500円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年2月13日
【コメント】
寒いにもほどがある。
本来であれば、ランチの新規開拓に最も適した季節であるにも関わらず残念な状態だ。
おかげでテンションが低い。

だから、というわけではないが、今日はホルモサのワンコインランチ。
日替わりのお弁当を選択した。
メインは豚肉とたまごの炒め物。
スープ付きで500円なら合格だろう。

欲をいえば、おかずもごはんも冷えていたので、保温の工夫があるとうれしい。

評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお店。

12時前にもかかわらず、店内に入ろうとするお客さんが列をなしていた。
どこかで紹介されたのか、それともキラーメニューがリリースされたのか、理由は不明だ。

※お店情報
Crazy Tacosのスタッフが変わった情報をもらっていたが、本日肉眼にて確認できた。
2名体制である。
器が小さくなった、との情報もあるが、こちらは未確認。


Riso/パスタ
【20070417】
【メニュー】
ツナとフルーツトマトのクリームスパゲティ
フレッシュトマトのパルミジャーノチーズ合え
フォカッチャ
200704171205000riso2.jpg

【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】710円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年3月27日
【コメント】
オフィスを出た瞬間に木枯らしの匂い。
一瞬、季節感を見失ってしまった。
どこかで枯れ葉が舞っているのだろうか。

今宵は、魚介系呑み→らーめん、すでにコースが決まっている。
だからランチはそれ以外。
それ以外、それ以外.....面倒だ、Risoへ。

いつも通り、いろいろと心惹かれるメニューが並んでいたが、ちょっと珍しかったツナとフルーツトマトのクリームパスタを選んでみた。
セットにするか、それとも先日絶賛したミネストローネにするか迷ったが、同じメニューではつまらないので、フレッシュトマトのパルミジャーノチーズ合えを選んでセットとする。

しかし、今日の選択は今ひとつだった。
Risoのクリーム系パスタは外れ率が高いことを完全に失念。
それも、肝心のツナのクリームソースとフルーツトマトが全然噛み合っていない。
せめて、クリームソースをあらかじめパスタに絡ませておいてくれれば、もう少しは評価できたかも知れない。
なにしろ、冷めつつあるパスタは固まってくるので、うまくソースを混ぜることができないのだ。
挙げ句の果てにはソースが飛んでスーツに付きそうに。
相当神経を使いながらのランチとなった。

サラダの方は、パルミジャーノの文字に惹かれて選んだが、残念ながらチーズが全く活かされていなかった。
残念である。

評価は☆3つ。
ミネストローネにしておけばよかった、と少し後悔。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

本日のメニュー。
200704171158000riso1.jpg


ミネストローネが温玉入りと、なしとを選べれるようになっていた。
それにしても20円の差とは。


紫金/タンメン
【20070416】
【メニュー】 タンメン
200704161217000shi1.jpg

【お店】中華料理 紫金
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年1月25日
【コメント】
雨だし、肌寒いし、パワーが出ない。
いや、パワーが出ない理由を探しているだけ、というのが正しいか。

今日は紫金。
にら玉丼も気になったが、結局タンメンを注文。
どうも、最初に頼んだメニューを続けて頼む傾向がある。
冒険を避けたいタイプなのかも。

このタンメンは、麺の量と野菜の量が同じくらい。
そう聞くと、一瞬健康的な食べ物、と思うかも知れないが、塩分が相当強い。
デスクワークのボクには加摂取だと思うが、この塩っ気が人気の秘密のなのだろう。
半分以上のお客さんがタンメンを注文していた。

評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインビルの南側ブロックにある中華料理屋。

料理人はふたり。
このふたりの息がピッタリだ。
どこでどうタイミングを取っているのかまったくわからないが、片方が麺を茹で、一方がタンメンの野菜を炒める。
そして出来上がりがジャスト。

また、お店の中向けよりも、出前向けの調理の方が多く、どんどん料理ができあがっていく様は壮観だ。

それらをカウンターに座って観察するのも、このお店での楽しみ方だ。


龍府/肉団子弁当
【20070413】
【メニュー】 肉団子弁当
200704131204000ron1.jpg

【お店】龍府(ロンフー)
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年1月22日
【コメント】
今週はお弁当率が高い週であったと思う。
というこで〆の金曜日もお弁当で。
Risoで珍しくイメージがわかなかったので、龍府で調達。

お弁当の中身は、肉団子の甘酢あんかけ、豚肉の味噌炒め、チャーハン。
なかなかそれぞれがグッとくる味付けで、強い空腹感を覚えていた今日の気分にピッタリであった。

前回も食したが、肉団子も、かかっている甘酢あんも、ごはんが進むいいおかずだ。
豚肉、キャベツ、たけのこを味噌で炒めたおはずは、ラー油のピリッと感がマッチしていなさそうで、何故か引き込まれるB級的なノリが好印象。
こちらもごはんがたくさん食べられるおかずだ。

チャーハンを、付いてきた箸で食べてたら、パラパラしているために、スーツの上にまき散らすというちょっとした惨事が。
そこで、先日dindonでつけてくれた先割れスプーンを使うことに。
やはりチャーハンはスプーン系(レンゲがベストか?)だろう。

評価は☆3つ。
重く食べたいときにはオススメ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り、銀杏並木入り口あたりの南側。
地下1階の中華料理屋。

※お店情報
書き込みをもらっていたが、 Cable Car Cafeのランチ休止の貼り紙を確認した。
「しばらく」とあったので、再会の可能性もあるのだろう。

ネイチヤ/海老フライ、アジフライ
【20070412】
【メニュー】本日限定ランチ
200704121217000nei1.jpg

【お店】ネイチヤ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】630円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年3月14日
【コメント】
会議が12時過ぎまでかかると、どうしてもランチは弁当になる。
今週はすでに必殺のり弁を繰り出してしまっていたので、ネイチヤへ。
相変わらずイメージがわかない品揃えだが、「本日限定ランチ」を選択。
海老フライ、アジフライだ。

特に感想もなく、ただ黙々と食べ終えた。
あえていえば、可もなく不可もなく、というのが感想だろうか。

評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの裏手、ウィン青山ビルの1階にあるお弁当屋さん。

ユーマートの前には人だかりができていたが、ネイチヤはガラガラ。
お弁当を選んでいたときに感じたのだが、スペシャルランチ1とか本日限定とか、内容を表現するメニュー名になっていない。
気になったスペシャルランチ5(5まである!)を手に取ったが、形状はハンバーグ。
しかし、色が白っぽいので鳥肉?それとも魚系?などと疑問がわくが、スペシャルランチという命名では全くわからない。
ボクのイメージがいつもわかない原因はここにあると思う。
やはり、メニュー名は、内容を的確に表現している方が好ましい。
例えば「粗挽きジューシーハンバーグ」と書かれていたら、名前だけで食欲がわくというものだ。
どうだろうか。

※お店情報
自分の目では未確認であるが、昨日ちょっと触れた「満月」が休業中との情報をいただいた。

てんぷら石原/天丼
【20070411】
【メニュー】 よくばり天丼
200704111214000iso1.jpg

【お店】てんぷら石原(磯美家)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1575円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年1月24日
【コメント】
今週懸案だった天ぷらにまっしぐら。
石原か満月か迷ったが、やはり総合点では勝る石原を選択。

何を迷ったかというと、穴子の存在だ。
穴子を食したい気分であったが、石原の穴子天丼は、穴子2つ以外、何もネタがのっていない。
ここは穴子を取るか、味を取るか。
その結果、味を取って石原と選択したのだ。

お店に入って驚く。
なんと4パターンも天丼が増えているではないか。
それも穴子絡みがいくつか。
やはり、ボクのようなニーズが他にもあったということだ。

選んだのは新メニューのよくばり天丼。
よくばりと言い切られてしまうのは多少心外だが、ボクの欲張りな気持ちに応えたメニューであることは否定できない。

ネタはえび、穴子、キス、茄子、ししとうと理想的。
これにアスパラがのれば、ほぼパーフェクト。

このお店で穴子を食すのは初めて。
もう少し衣のパリッと感と、穴子のフワッと感の対比が楽しめるとよかったが、味は充分に期待に応えてくれている。

えびにも満足。
プリプリの身と、香ばしいしっぽ。
上品な天つゆとのバランスもよく、いつまでも味わっていたい気分。

評価は☆4つ。
これで穴子が食べたければよくばり天丼、かき揚げをはじめとするいろいろなネタを楽しみたければ天重という構図ができあがった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の入り口近くにある。

12時前から店外に列ができていた。
どこかのメディアで紹介されたのか。

新メニューは追加されたが、今までのメニューも価格変更なく残っているのは評価できる。
ただ新メニューはどれも価格設定は高めだ。

dindon/海老カツ
【20070410】
【メニュー】海老カツの卵とじ弁当
200704101205000din1.jpg

【お店】丸の内dindon
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年3月16日
【コメント】
ホントはオフィスを出て左に曲がるはずだったのが、いっしょに出た人がそちら方面に向かったので、思わず右に曲がってしまった。
左方面で天ぷらを食べる予定だったのだが、人間の行動は不思議だ。

そのおかげで、イメージのわくランチを求めて、青一を半周してしまった。
ポカポカ陽気でいい散歩だが、頭の中はランチのことでいっぱいなので、楽しむ余裕なし。
最近のランチ生活は、スランプに陥っているようだ。

結局たどり着いたのはdindon。
newの文字に目がいって選んだのが「海老カツの卵とじ弁当」というわけだ。

余談だが、このblogでは、お店でつけている名前でそのまま表記している。
たまごは「タマゴ」、「たまご」、「玉子」、「卵」と4種類あるが、個人的には「たまご」が一番ピンとくる。
「卵」という文字列を見ると、スーパーのパック状態の卵を想起してしまうのだ。

横道にそれた。
この海老カツ。
調理としては、まさにかつ丼の海老版。
まぁ、味は想像できる範囲だろうと思っていたら、意外に(失礼)おいしかった。
豚肉にはない食感と、味のまろやかさがたまご、たまねぎ、出汁と合わさっていいバランスなのだ。

B級感はなくなったが、このメニューの前身であるソースやマヨネーズのかかったかつ丼よりも好みだ。
青一を徘徊したわりには、満足のいくランチにありつけてよかった。
これでスランプは脱出か!?

今日の評価は☆3つ。
4つまでのインパクトはない。
それと、自己主張の強い絹さやは不要だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツィンタワービルの地下1階。

そこそこメニュー数もあり、またレジさばきの効率もいいので、最近はよく利用している。

箸と先割れスプーンの両方がついてきた。
ボクには箸で十分だ。


ユーマート/のり弁当
【20070409】
【メニュー】のり弁当
200704091210000yu1.jpg

【お店】ユーマート
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】380円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年3月14日
【コメント】
あれこれ食べたいものが思い浮かんだが、想いと現実がうまくリンクできなかった。
特に、雑誌Precious付録に載っていた銀座の天ぷら屋さんの画像にかなり心ひかれていたので、ランチは天ぷら!、と思っていたが、モロモロあって、結局はのり弁。
ユーマートののり弁は好きなので問題はないが、なんとなく満たされないモノが残った。

のり弁なので、解説は省略。
しかし、新兵器を投入したことは書いておこう。

それはコレ。
200704091212000yu2.jpg


丸美屋のソフトふりかけ「ちりめん山椒」だ。
これがなかなかいい味であった。
やはり、しっとりしているので、ごはんとの相性が抜群なのだ。
ドライのタイプと比較すると違いは歴然。
ちりめん山椒以外もゲットしてストックすることにしよう。

評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの裏手、ウィン青山ビルの1階にあるお弁当屋さん。

実はとなりのネイチヤものぞいたが、イメージがわかずに出てしまった。
イメージがわかないと同時に、一見して鳥なのか、豚なのか、はたまたというのがメニュー名ではよくわからない、というのは課題だと思う。
いちいち聞くのは面倒であるし。


ゆんたく/沖縄そば
【20070406】
【メニュー】沖縄そば
200704061206000yun1.jpg

【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年3月12日
【コメント】
やけに胃が重い。
となると...
最近の定番の展開だが、ゆんたくだ。

今日の小鉢は4種類!
ゴーヤサラダ、もずく、ミミガー、そしてフーチャンプルー。
ボクはフーチャンプルーを選択。
お麩を炒めという考え方はとても面白い。
味付けもやさしく、食感も含めて、とても好きな料理だ。

今日のごはんはお稲荷さん。
お酢の具合が何とも食欲を増す。
あと2コくらい食べたい気分だ。

そして沖縄そばはいつも通り、ボクを満足させてくれる。
ふだんはほとんど入れないが、久々に島とうがらしをふりかける。
やはり、入れない方が好きかな。

今日のお菓子はコレ。
200704061210000yun2.jpg


評価は☆4つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCEビルの裏手にあるお店。

お店は盛況であった。
めでたい。


New England Cafe/パスタ
【20070405】
【メニュー】ソーセージとオリーブのトマトソースパスタ
200704051208000new2.jpg

【お店】New England Cafe
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】2006年8月1日
【コメント】
久々に入ってみた。
昨年末にオーナーが変わった、という情報も。
確かめていないので、真偽は不明だ。

以前はオムライスのみであったが、今はオムライスとサンドイッチと日替わりメニューの3種類。
ボクは日替わりメニューのパスタを選択した。

食事にはサラダとドリンクが付く。
200704051207001new1.jpg

ドリンクはコーヒー、紅茶のホット、アイスからそれぞれ選べる。
アイスティーを選択。

パスタは、とても家庭的な感じ。
全体的に薄味なのだ。
チーズをもらって味を調整しながら食した。
もう少し、トマトソースをしっかりと作った方がいいのでは、と思う。

また、お皿の中央が多少盛り上がっていて、スープ状のトマトソースが周りに流れてしまい、うまくパスタと絡まない。
改善の余地ありだ。

評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り沿い、いちょう並木の端あたり。地下1階である。

表に看板メニュー。
200704051210000new3.jpg


カウンターが狭く、横の人のタバコの煙がモロに流れてくるので、できれば禁煙にして欲しい。

rocket/タコライス
【20070404】
【メニュー】タコライス(大盛り)
200704041218000ro3.jpg

【お店】rocket
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2006年11月27日
【コメント】
再会。
まさにそんな感じだ。
blogへのコメントで、草月会館方面でrocketが水曜日に営業していたという情報を得ていて、やっと今日行くことができた。

歩けども歩けども見つからないのであきらめかけた時、まさに草月会館の目の前、青山通り沿いで見慣れた赤いワーゲンのワゴン車を発見。
うれしかったぁ。

しかし、11:50で、すでに10人以上が列を作っている。
結局15分近く待って、待望のタコライスを買うことができた。
もちろん大盛り。
チーズはライスの上にのせてもらった。

なんだか懐かしい、という感じるほど間があいてしまったが、rocketのタコライスの味だ。
うれしい。
この日のために、引き出しに潜ませておいたスモークドタバスコをふりかけていただく。

それにしても、青一時代の大盛りよりもライスの量が多くなっている。
満腹、満足である。

評価は☆4つだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
草月会館の目の前、水曜日にくるワゴン車。

メニューの画像。
200704041216000ro2.jpg


長い列だ。
200704041153001ro1.jpg

並んでいる人でスーツなのはボクだけ。
場所柄なのか。

スタッフの女性がボクのことを覚えてくれていて、少しお話をした。
草月会館の前は、毎週水曜日の営業とのこと。
少ししたら、またホンダに行ってみようかな、とも。
曜日は聞いたが、決定情報ではなさそうなのでまだナイショだ。

武蔵/らーめん
【20070403】
【メニュー】塩ら~麺(あっさり)
200704031209000mu1.jpg

【お店】麺屋武蔵 青山
【種別】eat in/ひとり
【お値段】730円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年2月8日
【コメント】
昨日はめずらしく会社に遅くまで残っていたため、夕食は夜中の12時過ぎに地元のコンビニで買ったサンドイッチを缶チューハイで流し込む、という味気ない展開。
そのため、「食」に対する欲は微妙に高揚していた。

にもかかわらず、今日のランチはらーめん。
オフィスをでたら雨であったし、意外に肌寒かったから。

注文したのは塩ら~めんのあっさり。
武蔵では、ずっとこのメニューだ。
ここのしょう油系は、とてつもなく濃いときがあって、午後に激しい胸焼けを起こした経験が多々あるから。

今日のあっさりは、いつも以上のあっさり。
なので、麺の味、出汁の味が良く伝わってくる。
しかし、全体のバランスはとてつもなく悪い。

それでも、チャーシューや麺、出汁単体の味にすくわれ、何とからーめんとしての体面を保っている感じ。

毎回味が異なるのは、このお店の特長なのか。

とはいいながら、スープは全部の干し、評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社の南の方角、墓地の手前。

雨のせいか、並ばずに座れる。

オープンキッチンなので、こちらからはスタッフの動きが丸見えの状態。
スタッフが、何度も茹でている麺をあげて指で弾力を確かめていたが、茹で上がり間際の行為なら理解できるが、始めの方から何回も。
始めは不思議だったが、途中からやめてくれ、と言いたくなる。
完璧は茹で具合でお客に出すことを目指しているに違いないので、なるべく見て見ぬフリ。


長寿庵/かつ丼
【20070402】
【メニュー】かつ丼
200704021210000tyo2.jpg

【お店】長寿庵
【種別】eat in/ひとり
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2006年6月26日
【コメント】
先週懸案となっていた長寿庵のかつ丼を食しに、一路お店へ。
今日は幸い客足が鈍く、余裕で会場入り、いや、お店に入ることができた。

もちろん注文はかつ丼。
ただし、ここのかつ丼は高級感を狙っているのか、しいたけが入っているので注意。
もちろん抜いてもらう。

画像の通り、かつ丼の上には、さらに生の黄身がのっている。
かなりのカロリーが予想される。
この黄身をつぶして食す。

ここのかつ丼は、関東の蕎麦屋の濃い出汁が使われているというイメージがあったが、今回はとても上品な味わい。
出汁とたまごの黄身で、ごはんに白い部分は全く残っていなかったにもかかわらず、食べ終わった後も、くどく舌に残るようなことはなかった。
これは進化か!?

もうひとつ変わったこと。
かつはひれ肉だった記憶があるが、今回はロースだった。
これはこれで悪くないが、このレベルであればひれかつの方が好みだ。

かつ丼の他、揚げとわかめのみそ汁、豆もやしのサラダ、お新香がついて900円。
妥当な値段設定だろう。

評価は☆3つ。
それにしても量が多い。
満腹だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCEビルのすぐ横。
200704021151000tyo1.jpg


誰も店内ではタバコを吸っていなかったので、禁煙化か!?
としばし喜んでいたが、お店を出る直前に近くに座った人が灰皿を要求、おもむろに吸い始めた。
残念。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。