青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カフェラミル/ハヤシライス
【20070531】
【メニュー】プレートランチ ハヤシライス
20070531120658.jpg

【お店】カフェラミル
【種別】eat in/ひとり
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
あまりに陽気がよく、なので何も考えずに外苑前方面に歩き出した。
きっと気分がいい時は、結果はおのずと付いてくる、そんなものなのだ。

結局、新規開拓でカフェラミルに入ってみた。
ランチメニューは2種類。
プレートランチとサンドランチ。
いずれも四角の大き目なプレートに、サラダとメインがのっている、まさにワンプレート。

プレートランチはハヤシライス、サンドランチはバジルチキンのサンドイッチ。
ボクはハヤシライスを選ぶ。

大きなお皿の半分がサラダ、半分がハヤシライス。
サラダの量が多いのがうれしい。
ドレッシングはフレンチ系だったが、塩気も酸味もいいバランスだった。

ハヤシライスも高評価。
多少味が濃い気もしたが、ホロホロにほぐれた牛肉と、形状を残しつつもトロリとしていて甘さを主張するたまねぎが全体を引き立てている。
味には満足。

しかし、食している途中で、はたしてこのお店で作っているのか、という疑問も。
ま、どこで作ろうが、おいしければそれでヨシではある。

☆4つにするか迷ったが、そこまでのインパクトはなかったので評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ユニマットビル裏にある喫茶店。

椅子は赤いビロード貼り、なかなか座りやすい形状であった。
長居したい人には適している。

テーブルは完全な円形。
食事には適さない。
なのでワンプレートなのだろう。

客層は、横の美術館から流れてきたのか、おば様が多く、近所のオフィスワーカーはほとんどいなかった。

会計を済ませてお店を出たときに、あらためて店外のメニューを見ると、さっきまでハヤシライスであったプレートランチが、ハンバーグになっていた。
ハヤシライスは昨日の残りだった!?などと余計な妄想を膨らませてしまったのであった。

スポンサーサイト

あおしま/豚しょうが焼
【20070530】
【メニュー】豚しょうが焼弁当
20070530120530.jpg

【お店】あおしま 青山店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規レポート
【コメント】
あおしまは久しぶりだ。
このblogを立ち上げてから一度も行っていないので、何年かぶりだろう。

ここのメニューでは煮込みハンバーグと豚のジュージュー焼きが好きだった。
行かなくなった理由。
それは他愛もないこと。

お店でコーヒー、紅茶、烏龍茶、オレンジジュースなどのドリンク飲み放題サービスを始めた。
それ自体は歓迎なのだが、ドリンク類が入り口にあって、座席から遠くかったので、面倒だったのだ。
面倒というより、座席を空けるので、「この席はボクんだ!」ということを主張するためのモノを置いておく必要があって、一人だと、そんなモノは持ち合わせていない。
もし席を空けている間に、他の人が座ったらどうしよう、なんて勝手にネガティヴな妄想をしていたら、お店自体に行くこともイヤになってしまった。
実にレベルの低い理由である。

くだらないことを長々と書いたが、本編である。

選んだ弁当のメインは豚のしょうが焼き。
豚肉、もやし、たまねぎを炒めたシンプルなおかずであるが、ご飯の進む味付けで、なかなかおいしかった。
以前食べていた、豚肉のジュージュー焼きメニューから、キャベツを抜いた料理なのかも知れない。

メインの他、クリームコロッケ、焼き鮭、鳥のから揚げ、ゆで卵と、こうやって文字面だけ見る豪華。
しかし、しょうが焼きと比較すると、相当レベルが低いといわざるを得ない。
この落差はナンなのか。

ライスの量が、おかずの味付けと量を想定すると少し少ないかも知れない。

評価は3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
北青山ビルの地下1階。
基本はステーキ屋。

お昼は店頭で弁当を販売しており、確認できたのは3種類。
今まで確認した限りでは、毎日同じ種類であるように思える。

店内の様子がどのようになっているのかが不明なので、ドリンクを取りに行く間留守番してくれる相手が見つかったら入ってみようと思う。
今も煮込みハンバーグは健在なのだろうか。


dindon/海老かつ
【20070529】
【メニュー】海老かつの卵とじ弁当
20070529121237.jpg

【お店】丸の内dindon
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年5月17日
【コメント】
今日は、前から気になっていたサブウエイのアスパラBLTというサンドイッチを試してみようと、ツィンビルに向かった。
アスパラは缶詰だろうか、生だろうか、アスパラ好きのボクには気になるところだ。

しかし途中で、今宵は仕事が遅くまでなので、夕食の時間がだいぶ遅くなることを思い出し、路線変更してガッツリ食べることに。
結局dindonへ。

ガッツリといえば揚げ物。
海老かつの卵とじを選択した。

前回食した時にはなかった、味噌汁が。
20070529121115.jpg

料金は変わらず、サービスが向上、という構図は喜ばしい。

この味噌汁、オフィスに戻って気が付いたのだが、すでに味噌汁になっているのではなく、生タイプのインスタント。
自分でお湯を入れるタイプのモノだった。
持って帰ると途中に気が付かなかったのもどうかと思うが、袋から出したときの、あまりの軽さに驚く。
味噌汁の容器に目安のメモリが付いていないので、どれくらいのお湯を入れればいいのか、迷った。
このあたりは改善の余地アリ。
会計時に、お湯は容器の半分弱が標準ですよ、とレクチャしてくれるとか。

メインの海老かつだが、今日の海老はプリプリ感があまりなかった。
おかげで歯ごたえがないところが少し残念。
お店としては誤差の範囲ではあるだろう。

評価は3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツィンタワービルの地下1階。

ツィンの地下はワゴンセールの真っ最中だった。


レストラン・オルト/甘鯛
【20070528】
【メニュー】お魚の和膳
甘鯛のから揚げ 甘酢おろしソース
20070528125310.jpg

【お店】レストラン・オルト
【種別】eat in/三人
【お値段】1300円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年1月19日
【コメント】
今月末で会社を去る女子とランチ。
毎日のように送別会で夜食べ歩いていたら、内臓が疲れてしまったとのことなので、カラダに優しいオルトの食事にしてみた。
雑穀米って、カラダによさそうなイメージありなので。

いつも食べてるお魚の和膳。
メインの魚はホンの少しで、あとは大量の野菜、というのが定番だったのだが、今日は何故か甘鯛のから揚げがたっぷり。
それにソースの味が濃かった。

ボクの中では、このお店でのメインは雑穀米と味噌汁なので、それを邪魔する濃い味は不要なのである。
慎ましやかに、薄味のおかず。
究極にはおかずは漬物だけ、で充分。

それにしても、ずっとランチは一人だったので、今日みたいに3人で会話をしながらの食事のなんて楽しいこと。
もちろん、お気に入りの女子だったという要素も多分にあるが、何より、会話は素晴らしいスパイスだ。

あしたから、また孤独な戦いが始まる。

評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホテルプレジデント青山の1階にあるレストラン。
店内は禁煙、だと思う。


rocket/タコライス
【20070525】
【メニュー】タコライス(大盛り)
20070525120306.jpg

【お店】rocket
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年4月27日
【コメント】
雨だ。
それも、それなりに降っている。
朝のうちに、ランチを調達しておこうかとも思ったが、朝に予想した食欲と昼を迎えたときの食欲がイコールとは限らないし、ということで見送った。
気が付けば金曜日だったので、自然の流れでrocketのタコライスに落ち着く。

今日のタコライスはボリューム感があった。
いつも通り注文は「タコライスの大盛、チーズはライスの上に」。
見た目でも全体的な量の多さを感じたが、のせてくれたひき肉の量と、上からものせてくれたチーズががっつり感を醸し出していたのだ。
いつものようにマイ・スモークドタバスコをふりかけたが、タバスコによる味のアクセント付けは、今日に限っては単に味が濃くなるだけで、不要だった。

がっつり食べたい気分だったので、ちょうどいい巡り会わせ。
このタコライスをまた定期的に食べることができるようになったのはうれしい。

評価は☆4つだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビル横に毎週金曜日に来るワゴン販売のお店。

ホンダ本社ビル横でのワゴン販売の栄枯盛衰を見てきたが、今はまだ冬の時代を抜けられない状態だ。
rocketは帰ってきてくれたが、その他はCrazy Tacosのみ。
ワゴン車による食品の販売にはいろいろとクリアしなければいけない問題はあるだろうが、単純にランチの選択肢が多くなることは歓迎だ。





Natural LAWSON/30品目弁当
【20070524】
【メニュー】
30品目のバランス弁当(550円)
スープ春雨 豆乳と白味噌Knorr(163円)
20070524120604.jpg

【お店】Natural LAWSON都営地下鉄青山一丁目店
【種別】eat in/ひとり
【お値段】713円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
ダイエットに励んでいる隣の女子。
その女子が昨日食べていたお弁当がやけにおいしそうだったので、今日は真似をしてみた。
お店は最近できたNatural LAWSONだ。

目的のお弁当はすぐに見つかった。
味噌汁代わりに、クノールのスープ春雨を手に取り、迷い始めるとキリがないのですぐにレジへ。

レジで温めますか?と聞かれて一瞬戸惑った。
そういえば、コンビニでサンドイッチやおにぎり以外のお弁当を買うことがめっきり減ったので、お店で温めてくれる、という意識が欠落していたようだ。
雑穀米なので、冷たくてもいいかなと思いながらも、ボクの口からは勢いよく「はい!」という言葉が飛び出していた。

このお弁当、確かに品数が多いだけに、見た目は美しい。
435kcalと低カロリーなので、ヘルシー志向の人にはいいかも知れない。
しかし、正直物足りない。
味ではなく、量とカロリーだ。

今回は、そんなことも見越してスープ春雨を購入していたが、食後に煎餅やらちんすこうやら、手当たり次第にお菓子を食べることに。

スープ春雨は、さすがクノールだけあって、味が薄すぎる、と思わせるギリギリのラインでの味付け。
春雨もプリプリしていておいしい。

評価は☆3つ。
温めない方が好みだったかも知れない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山一丁目の駅構内のあるコンビニ。
ローソンの自然・ヘルシーライン。

まだできて日が浅いからか、場所のせいか、お昼を過ぎてもあまり人が入っていない、らしい。

店内も近くのam/pmと比較すると棚間が狭く、一度のたくさんのお客さんを受け入れることは難しいだろう。
商品は自然志向とのことなので、そのあたりを気にする人向きかも知れない。

自然志向と関連があるのか、割り箸がはじめから割れていたのと、箸の先がこんな形状になっていた。
20070524120753.jpg

「木づかい運動」という運動の一環らしい。


ナタラジ/カレー
【20070523】
【メニュー】
本日のスペシャルカレー(中辛)
 チャナ パラック
20070523120823.jpg

【お店】ナタラジ
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2006年5月22日
【コメント】
驚いたことに、ナタラジはちょうど一年ぶり。
ぴったり同じ日とは、これは何かの暗示か、運命か。

前回食したナタラジカレーという、大豆グルテンのカレーがあまり気に入っていなかった。
このお店はベジタリアンなカレーで、大豆グルテンの塊が肉の代用ということだった。
でも残念ながら肉のコクを補うことができていないと感じて、やはりカレーには何らかの肉が必要なのだ、という結論を出してしまったのだ。
それ以来1年ぶり。

今日はナタラジカレーではなく、本日のスペシャルカレーを選んでみた。
本日のカレーはチャナパラックという、ほうれん草とひよこ豆、じゃがいも、なすのカレー。
これがおいしかった。
前回感じたコクの足りなさを全く感じさせず、具材全体でなかなかの調和。
味も適度な辛さがあって、インドカレーの王道系の風格だ。

ここのランチは、ナンかライスを選択でき、ナンを選ぶと半ライスをつけることもできる。
ライスはさらにターメリックライスか玄米のどちらか。
ボクはナン+ターメリックライスにしてみた。
20070523120855.jpg


ナンはもう少し肉厚でモチモチしていた方が好みだ。
ターメリックライスは初めて食べたが、色はサフランライスと同じ。
味はターメリックが強く主張しているわけではなく、上品でカレーとよく合う配合だ。

その他、ヨーグルトドレッシングのサラダ、飲み物が付く。
飲み物はコーヒーか紅茶のホットかアイス。
ボクはもちろんアイスティー。
20070523120944.jpg

料金追加でチャイやラッシーにも変えられる。

最後は少しナンを残してしまった。
ナンが大きいので、かなり満腹になる。
しかし、オフィスに戻ってしばらくすると、なぜか消化が急激に行われているようで、すぐに満腹感は去るのだ。
これが野菜の力か。

評価は☆4つ。
今日のカレーは特に気に入った。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
伊藤忠の目の前、おにぎり屋さんのonyの隣。
地下に降りていく。

20070523121555.jpg


店内は結構広く、ゆったりとできる。
テイクアウトもできる。

カレーを2種類選べるダブルカレーセット(1300円)や3種類選べるトリプルカレーセット(1600円)もある。



ロワール/パン
【20070522】
【メニュー】
コロッケコッペ(180円)
ツナサンド(270円)
カレーパン()150円
20070522120318.jpg

【お店】ロワール LOIRE
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
地味ながらも新規開拓。
ツインビルの地下の喫茶店ロワールでサンドイッチや惣菜パンを売っていることを見つけ、入ってみた。
前から売られていたかは、記憶が定かではない。
今日はグルメでサンドイッチを買うつもりだったので、大きな軌道修正ではない。

選んだパンは3種類。
あまり多くの選択肢がないので、消去法で残った、という感じだ。

正直言って、味のレベルは高くない。
惣菜パンとサンドイッチは作っている会社が違うが、どちらも味が濃くて、飲み物なしではつらい。
揚げ物2種類とツナを選んだ選択ミス、といえばそれまでだが、残念だ。

評価は辛めだが☆2つ。
自社ブランドである必要はないが、どうも片手間感があるように思えた。
一つ一つが大きいからか、値段設定も高いと思う。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にある喫茶店。

だいぶ前に利用したことがあるが、タバコの煙がモウモウとしていて鬱陶しかった記憶しかない。
禁煙席ができたという貼り紙が。
喜ばしいことである。


ゆんたく/沖縄そば
【20070522】
【メニュー】沖縄そば
20070521120402.jpg

【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年4月6日
【コメント】
なんて気持ちのいい陽気なんだろう。
暑すぎず、寒すぎず、湿気は少ないし、何よりも青空が美しい。
そんな青空につられてゆんたくへ。

今日の選択肢は、ミミガーのピーナツ和え、島豆腐、もずくちゃん。
酢の物気分だったのでもずくちゃんを選択。
フルーツはグレープフルーツ。
お菓子もちんすこうとマジックフレークスと選べたが、ちんすこうを選択。

ごぼうの炊き込みご飯がおいしい。
ごぼうのアクも硬さも感じない。
柔らかく炊き込んでいるので、フワッとした感覚が不思議だ。

そして沖縄そば。
いつもながらの味で満足。
胃にスープが流れていくと、優しさに包まれた気分になるのは何故だろうか。

評価はもちろん☆4つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCEビルの裏手にあるお店。

隣に座った方が、たっぷりのフーチバをちぎってそばにのせ、島唐辛子をこれでもかとかけていた。
間違いなく、ボクの食した味とは全く違うモノになっていたと思う。
優しさを求めるボクとは異なる生き方だ。


ホルモサ/中華弁当
【20070518】
【メニュー】中華彩り弁当
20070518121734.jpg

【お店】元祖紙やき ホルモサ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年4月18日
【コメント】
今日もツインへ。
rocketのタコライスにしようとも思ったが、出遅れたためにすでに長蛇の列。

ホルモサで弁当を購入。
何人か並んでいたが、意外にすんなり買うことができた。
会計を担当しているおば様は、動きは遅いのに、あっという間に処理を進めるという、不思議な感じの方であった。

選んだのは中華彩り弁当。
彩りというだけあって、海老チリ、チンジャオロース、春巻き、シューマイと、なかなか楽しい組み合わせのお弁当。

ごはんが、夜明けくらいに作ったのでは、と思うほど冷たくなっていたが、口に入れても意外にそれほど違和感がなかった。

おかずはそれぞれにしっかりと調理されている。
海老チリの海老にはもっとプリプリ感がほしい、などと一瞬思ったりもしたが、このお弁当がたまごスープ付きで600円であること考えると、十二分だ。

評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお店。

店外でお弁当を販売している。
20070518121131.jpg


おば様とおつりを受け取る時に見つめ合い、一瞬時間が止まってしまったかのようだった。
あれは何だったんだろうか。


dindon/生姜焼き
【20070517】
【メニュー】那覇豚の生姜焼き弁当
20070517122046.jpg

【お店】丸の内dindon
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年4月10日
【コメント】
12時を回っていたし、雨なのでツインビルへ。
予想はしていたものの、同じことを考える人がたくさんいたようで、主要なお店はどこも列ができていた。
あまり迷っても、昼休みの時間が減るだけなので、最初に頭に浮かんだdindonへ。
ここも列ができていたが、レジ捌きが効率的なので、すぐに順番がくる。

選んだのは那覇豚の生姜焼き。
那覇豚がどれほどのものなのかは不明だが、濃い味系ではお気に入りのお弁当である。

しかし、今日の生姜焼きは少し残念だった。
明らかに焼き過ぎのため、せっかくの豚肉が硬くなってしまっている。
いつもより豚肉の色が濃いな、とは思ったが、それは生姜焼きのタレのせいだと思っていた。
まだまだ修行が足りない。

前回評価は☆4つであったが、今日の評価は☆3つ。
焼き加減は重要である。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツィンタワービルの地下1階。

外に並んでるお弁当たち。
手前はどんぶり系が中心。
20070517121508.jpg



雲雀や/鮭塩焼き
【20070516】
【メニュー】 サケの塩焼き
20070516121758.jpg

【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】800円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
最近は、会議が昼休みに食い込むことが多発。
今後も増えることが予想される。
そのため、今後のお弁当ライフを想定し、当blogへの書き込みで情報を提供してもらった、新規開店のお弁当屋に早速行ってみる。

12時を回り、ウィン青山の各店舗は軒並み行列。
しかし、その一角に開店した雲雀やにはほとんど人がいなかった。
同時にお弁当の数も少なかったので、もうすでに波が去った後だったのか。

選んだのは、鮭の塩焼き。
豆腐ハンバーグと迷ったが、鮭がとてもおいしそうに見えたので選択。

この鮭、多少塩分が強かったが、焼き加減とアブラののりがとてもよかった。
この時点でかなりの好印象。

また、メインの鮭以外に、小さなおかずが6種類入っていて、目でも舌でも楽しめる。

評価は☆3つ。
内容的には満足だが、800円というのは、周辺相場と比較して100円ほど高いのではないか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山の1階にあるお弁当屋さん。

お弁当の種類はあまり多くないが、おかずの数が多く、いろいろなモノを少しずつ食べたいボクにはピッタリだ。
また、店内の陳列では、全てのおかずの名前が掲示されている。
これは、一切名前を開示しないネイチヤと真逆の思想だ。

それにしても、ウイン青山でのお客さん争奪戦が激化が予想される。
お互いに食い合うのではなく、お店のビジネス発展と、食べ手の満足度向上の両方の実現が理想ではあるが、どうなることか。

くわい家/煮込みハンバーグ
【20070515】
【メニュー】 デミグラスソースの煮込みハンバーグ
20070515120342.jpg

【お店】くわい家
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2006年7月26日
【コメント】
新規店舗(店名は忘れた)をチェックし、サイコロステーキだったのでパス。
武蔵に向かったが、店外まで列ができていたので、ここもパス。
雨とともに雷鳴も轟きはじめたので、久々にくわい家に飛び込む。

最近は1年に一回行くかどうかのお店だが、メニューを見るかぎり、ここ2年以上、全く変わっていないように思える。
一貫性は詳細に値するが、人は変化を求めるモノである、というのも真理。
大きなお世話であるが。

注文したのは煮込みハンバーグ。
出てきた料理を見て、一瞬Opne Kitchen 104を思い出した。
デミグラスソースがたっぷりかかったハンバーグに温泉たまご、ブロッコリー、にんじんと見た目は秀逸。
生クリームがソースの上にかけられている様も、なかなかそそられる。
画像だけ見ると、理想的な煮込みハンバーグである。

しかし、ハンバーグに箸を入れようとして、強い抵抗を受けた。
箸で割れないのだ、硬くて。
お膳に金属のスプーンが付いていたが、これで納得した。
このスプーンで切り分けるということだ。

「煮込み」という言葉から、「フワッと柔らかい」という印象を勝手に持ってしまう自分に問題ありだが、それにしても、もう少しソフトさがほしかった。

評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
プレジデントホテルの地下1階にある、夜は炭火焼きの居酒屋。

外にあるメニュー。
20070515121231.jpg


一人客はカウンターに通される。
このカウンター、二人掛けのシートが4つで構成されていて、この二人掛けに一人で座ることができる。
だから、隣の人との距離があり、余計なストレスを感じずに済む点は評価できる。
特に、隣でタバコを吸われても、なんとか耐えられる距離感だ。
もちろん、混んでくると相席を言い渡される、とは思うが。

奈加山/ぶり竜田揚
【20070514】
【メニュー】ぶり竜田揚
20070514120740.jpg

【お店】奈加山
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年3月26日
【コメント】
最近、ごはん、味噌汁、魚、漬物っていう、和の定食を食していないと感じ、奈加山へ。
注文はいつも通り、竜田揚げ。

今日はぶりだ、と思って注文したら、注文したあと、すぐにメニューがさわらの竜田揚げと入れ替わった。
ボクの竜田はどっちなんだ!?
ま、食べればわかるだろう、と放置。

結論、身の見た目も味もさわらのように思えたが、最初の一切れはぶりのようにも。
お店の人に聞けばいい話ではあるが。
考えているうちにわからなくなり、なんともモヤモヤしたランチとなってしまった。

今日の味噌汁の具はなんとも家庭的。
キャベツ、わかめ、豆腐、揚げ、大根の葉、ほうれんそうなどなどが脈略もなく混在。
全て何日も煮込まれていたかのようにトロトロ。
嫌いではない。

評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りの一本南裏手、ポーラビルの裏にある。

付箋にメニュー名を書いてスタッフに渡す独特の注文法。
会計時にも使われる。

ネイチヤ/お弁当
【20070511】
【メニュー】スペシャルランチ5
20070511121745.jpg

【お店】ネイチヤ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】680円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年4月12日
【コメント】
12時過ぎまで会議が長引く日が増えそうな予感。
お弁当も嫌いじゃないけど、やっぱり選択肢が少ないのが寂しい。

今日はそんな選択肢のひとつ、ネイチヤへ。
ホントはdanguriに行ったのだが、すでにお弁当がなさそうな気配だったので。

選んだのはスペシャルランチ5。
何がスペシャルなのかが相変わらず不明だが、たくさんのおかずが詰まったお弁当にしてみた。
ハンバーグ、コロッケ、シューマイ、サバのみりん干し、小がんもの煮物といったラインアップ。
悪くはない。

ライスを容器に詰めたてのお弁当をゲットできたので、ライスが熱々ホカホカ。
やはり「冷たい」より「温かい」がいい。

評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの裏手、ウィン青山ビルの1階にあるお弁当屋さん。


ボンヌ/パン
【20070510】
【メニュー】画像の左上、時計回りに
じゃがいもチーズパン
コロッケミックスサンドイッチ
ホットサンド
カレーパン
20070510120854.jpg

【お店】ボンヌ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】555円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年2月27日
【コメント】
突然やってくる「ボンヌ」欲求。
今日襲ってきた。

パンを選んで会計すると555円。
Go!Go!Go!だ!!と単純にテンションがあがる。
で、オフィスに戻って前回レポートを見たら、なんとその時も555円。
よく見ると、まったく同じパンを選んでいる。
自分の好みの一貫性には驚かされる。

いつも通り、ホッとする味。
しかし、そんな中にもこれまでと違う、微妙に洗練された要素が感じられる。
前回レポートでも、「いつもより味のパランスがよかった」と書いたが、今回もその感が強い。
たとえばカレーパンの生地がモチモチっとしてレベルが上がってるし、コロッケパンにはマスタードがいいアクセントになってるし、食べる側もいつまでもホッとばかりはしていられない、ということか。

相当甘いが、☆4つの評価とする。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにある小さな街のパン屋さん。

※お店情報
ユニマット裏のカフェラミルでランチを始めていることを発見した。
近々レポート予定。


JANOJA/パスタ
【20070509】
【メニュー】 生ハムとアボガドのクリームソース
20070509115931.jpg

【お店】青山 JANOJA
【種別】eat in/ひとり
【お値段】990円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】2007年1月29日
【コメント】
今日はパスタ気分。
陽気に誘われてチェリー通りまで。
お店はJANOJAを選択。

いつもはトマトソース系なので、たまには、と、クリームソース系を選んでみた。
というより、メニュー表が変わって、赤いカルボナーラとアボガドのミートソースと生ハムとアボガドのクリームソースの3種類が一段と大きな画像となっていたので、まだ食していないパスタを選んだ、ということだ。
20070509120850.jpg

以前のメニューを詳細に記憶しているわけではないので、パスタの種類が増えたのか減ったのかは不明だ。

クリームソースとアボガドがなかなかいいコンビで、まろやかな味わいを作り出していた。
そこにグリーンアスパラの爽やかさと生ハムの塩気が全体を引き立てている。
たまねぎの甘さがちょっと気になった。
半生が1本あり、そこだけ辛味も。
このあたりにこのお店の庶民的な部分を感じ、それも悪くないと思わせる、とは少しフォローしすぎか。

セットのスープとサラダ。
20070509115529.jpg

サラダのドレッシングは、エキストラバージンのオリーブオイルをかけただけのシンプルさ。

評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにあるイタリア料理屋さん。地下1階である。
13:30まで店内禁煙。

※お店情報
ホンダ本社横に見慣れないワゴン車。
長い列ができていたので近寄ってみたら、なんとCrazy Tacos。
いままでの白い大型のワゴンから、軽のワゴンに大変身。
しかも、あたかも車体が錆びているかのようなペインティングには驚かされる。
ほんとに錆びていたら、絶対に買わないだろう。
携帯の電池が切れて、画像を撮れなかったのは残念。

携帯といえば、新しい携帯で撮影した画像が暗いので不本意だ。
何とかしないと...

サン/洋風弁当
【20070508】
【メニュー】
20070508122206.jpg

【お店】サン sun coffee
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】新規開拓
【コメント】
打ち合わせが長引いて、完全に出遅れたため、ツインにで適当に。
そんな気分であったが、せっかくなので新規開拓を。

少し前から店頭での弁当販売を始めた喫茶店「サン」に行ってみた。
ボクの記憶では、いつもアルバイト風の女子が店頭で販売していたが、今日はコック風の男性。
見た目で期待を持たせる作戦はいいと思う。
お昼時にコックさんが職場放棄しているわけもないけど...

購入したのは洋風弁当。
なんとも昭和なネーミング。

おかずは白身魚のフライ、ハンバーグ、ポテトサラダ、きんぴらごぼうなど。
普通に満足できる味であった。
フライとハンバーグの下に、ケチャップで味付けした細身のパスタが大量に。
これがまさに昭和の洋風テイストでお勧め。
味付けが絶妙なのだ。
この味付けを「いちょう」にも持ち込みたい、というのは大きなお世話である。

デザートのグレープフルーツ付き。
それにお手ふきも付いているのがうれしい。
次回は違う弁当も試そうという気にさせてくれた。

評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの地下1階にある喫茶店。

以前に中でパスタを食したことを思い出した。
まさに喫茶店のパスタ。
それはそれでアリ。

Muu Muu COFFEE/スパム丼
【20070507】
【メニュー】 スパム丼
20070507120207.jpg

ちょっとアップ過ぎた...
【お店】Muu Muu COFFEE
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年2月9日
【コメント】
連休明けの頭の中で、なぜかスパムがチラチラ。
なので、本日のランチは久々のMuu Muuへ。
もちろん、注文は迷いなくスパム丼。

ボクの頭の中で、スパム丼と納豆・アボガト丼が混然としていたようだ。
出てきたとき、記憶との違いに多少戸惑う。
しかも、携帯の充電が切れて、さらに戸惑う。

一応、スパム丼を構成している食べ物たちを紹介しておく。
ライス、たまご、スパム、あられ、刻み海苔、あさつき、ダイストマト、レタス、マヨネーズ、そして味付けのベースが照り焼きソース。
なんとB級なメニュー。
そして、味もB級なのである。

ドリンクはいつものハワイアンアイスティー。
20070507115714.jpg

スパム丼の、いや、照り焼きソースの濃さを中和する、いい脇役を演じている。

評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木のたもと。すこし裏手にあるお店。

12時過ぎには1階も2階も満席となり、外には列ができる。

今日から新しい携帯電話での画像アップ。
操作性はリハーサル済なので問題はなかったが、前機種よりもシャッター音がとてつもなく大きく、周りが気になる。
それにリハーサルを重ねすぎたせいか、本番で電池切れを起こし、「カメラが使えません」というメッセージが。
あきらめて一度スパム丼を崩してしまったが、一度電源を入れなおしてみようと思い立ち、実行。
何とか最低限の行為は完遂できた。
食べる前に疲れた。


ユーマート/かつ丼
【20070502】
【メニュー】こだわり ロースかつ丼
200705021216000.jpg

【お店】ユーマート
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】550円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年4月9日
【コメント】
もろもろあって、出遅れた。
CrazyTacosが来ていれば、と思ったが、世の中そううまくはいかない。
気分的には、仕方なくユーマートへ(失礼)。

そんな気持ちだったのでターゲットが定まらず、お店の中で長考。
と、そこに作りたてで~す、という声とともにかつ丼が登場した。

やはり、作りたてに勝る味付けはない!ということで、「こだわり」という名を冠したかつ丼をレジへ。

持ち帰り弁当でやけどしそうになったのは初めてだ。
それほど作りたて。
という意味では、冷めると表れる粗が完全に隠れる。

豚肉は柔らかく、脂身もほとんどないので好みではあるが、かつとしては「こだわり」がよく見えない。
今日は作りたてが全てだった、ということだ。

評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの裏手、ウィン青山ビルの1階にあるお弁当屋さん。

連休明けには少しランチで遠出をしたい気分だ。
今日みたいな天気が続くか、その気持ちが持続できるか、それがポイントだが。

生活彩家/おにぎり
【20070501】
【メニュー】
紅鮭ハラスおにぎり(170円)
赤飯おにぎり(120円)
白菜漬 ほんのり梅酢仕立て(195円)
龍口春雨 坦々麺(166円)
200705011209000.jpg

【お店】生活彩家 青山2丁目店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】651円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年1月29日
【コメント】
連休のはざまのせいか、降り出した雨のせいか、ランチに対する意欲が欠如。
なので今日はコンビニだ。

こういう時にコンビニは便利。
便利だからコンビニなのではあるが。

春雨系の麺とおにぎり2個、それに漬物。
紅鮭ハラスは大きな塊だったし、お赤飯は大好物だし、坦々麺は想像以上にコクがあったし、こういうランチも「たまには」いいかも知れない、と思う。
やはりコンビニのいいところは、自分の好きな組み合わせで選べることだろう。
だから品揃えは重要。
生活彩家は、売り場面積の割りに、がんばっている方なのではないかと思う。
Edyが使えるのもうれしい。

評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山ビルの1階にあるコンビニ。

コンビニで買うといつも、カロリー表示を見てしまうクセがあるが、今日買ったおにぎりと漬物には表示がなかった。
もともと、表示は義務付けられているのか、という基本知識すらもっていないが。
カロリー制限をしているわけではないので、表示を見て足し算をしているだけではあるが、マストではないが、あったほうが楽しい。

明日も連休の中日か。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。