青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


立田野/とんかつ
【20080430】
【メニュー】 かつ弁当
200804301214000.jpg

【お店】立田野
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】830円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年3月7日
【コメント】
オフィスを出たら、初夏の匂いがした。
いい季節だ。

最近、どうも食が細いので、ガツンと食べようと立田野のかつ弁当にした。
ガツンと、というと揚げ物を連想するのは安直だろうか。

今日の弁当のごはんは、粒が立っていておいしかった。
漬物とごはんだけでも、けっこういける感じ。

メインのミルフィーユ状のかつは、いつもよりも重なっている豚肉の枚数が多いように感じられ、それこそガツンとしていた。
ただ、ガツンとし過ぎていて、ちょっと食べ疲れ。
我ながら、わがままな胃袋だ。

今日の気分は☆3つ。
結局、全部食べられず。
こんなことではいけません。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルのB1階。


スポンサーサイト

SUBWAY/サンドイッチ
【20080428】
【メニュー】 アボカド&厚切りベーコンサンド
200804281209000.jpg

【お店】SUBWAY 青山一丁目店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】450円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年8月6日
【コメント】
アボカド気分。
そう言えば、サブウェイの新作の素材がアボカドだった記憶が。
ということで、ツインのサブウェイに向かう。

注文したのは、アボカド&厚切りベーコンサンド。
パンはウィートにして、トーストしてもらった。

オフィスに戻って包みを解くと、ちょっと違和感が。
ボクは、輪切りになったアボカドがゴロゴロと入っているのだ、と勝手に想像していたのだが、さにあらず。
アボカドソースのようなものが、申し訳程度に塗られていただけだった。
ちょっと、看板に偽りアリじゃないのか、
と思ったが、
思い込んでいたのはボク自身なので仕方がない。

気分は☆2つ。
味はそこそこだったが、アボカドへの欲求は満たされず。
残念だ。
それに....さすがにサンドイッチひとつでは足りなかった。
厚切りベーコンとゴロゴロのアボカドで、かなりのボリュームなのでは、と予想していたのだが。
ゆんたくのデザートであるちんすこうで満たす....

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルのB1にあるサンドイッチ屋さん。

Edyでの支払い、便利だ。



ゆんたく/沖縄そば
【20080425】
【メニュー】沖縄そば
200804251156000.jpg

【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年3月10日
【コメント】
なんだか空気がひんやりしているのだが、決して寒いわけではない。
寒いのはキライだが、こういう気候は好きだ。
さわやかな感じがして、足はそのままゆんたくへ。
今日の空気感がイメージさせた。

今日もしいたけのことを気にかけてくれた。
ありがとうございます。

チョイスはこんな感じ。
島豆腐とゴーヤのチャンプル、もずくちゃん、それにフルーツはグレープフルーツ。

炊き込みごはんの香ばしさ、沖縄そばの優しさ。
いつ行っても幸せな気分で帰ってこれるお店があるのは最上級にうれしい。

今日の気分は☆4つ。
沖縄そばには、なぜにこんなにポークが合うのだあろうか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCEビルの裏手にあるお店。

12時前には満席。
12時過ぎには外に列が。
人気店である。



Riso/スープ&ピッツァ
【20080424】
【メニュー】
野菜トマトクリームスープ(370円)
ハム・アンチョビ・エッグ・野菜のピッツァ(300円)
200804241202000.jpg

【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 670円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年4月7日
【コメント】
今日はriso。
スープだけでいいかな、と思ったが、さすがにそれだけでは足りないと思いピッツァもつけてみた。
パスタでは重いし、サラダ系は内臓が冷えそうでパス。
ということでピッツァを選んだのだ。

しかし、このピッツァ。
相当に重かった。
生地の厚みがまず重い、さらに具がたっぷり、チーズがたっぷり。
とどめはたまごだ。
美味しいのだが、あっさりといきたい気分だったので、選択ミスだったかも知れない。

メインのスープは、トマトの酸味が適度に効いていて、イメージ通り。
クルトンがカリカリのガーリックトースト風で、コクをプラスしていた。

今日の気分は☆3つ。
結局、ピッツァの生地を半分くらい残してしまった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

本日のメニュー。
200804241156000.jpg





雲雀や/サバの干物、鶏そぼろ
【20080423】
【メニュー】 サバの干物、鶏そぼろ
200804231218000.jpg

【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年4月17日
【コメント】
会議が長引き、完全に出遅れ。
遠出をする余裕はないので、またまた雲雀や。

こうなったら、メインのおかず系を制覇しようと、サバの干物がメインの弁当を買ってみた。
しかも、久しぶりに高野豆腐に出会えた。
こういうチャンスは、しっかりとものにしないと、またいつで会えるかわからない。
雲雀やの高野豆腐LOVEだ。

サバは小ぶりだが、あぶらののりがいい。
少し大根おろしをかけて、銀シャリで食したい気分ではある。
その他のおかずもいつも通りの優しさで迎えてくれる。

そして、デザートとして残していた高野豆腐。
久しぶりではないか、元気だったか、と一口。
ん?
少し味が変わったか。
デザートというよりも、立派なおかずとして成長したようだ。
これはこれで。

今日の気分は☆4つ。
おかずの完全制覇まで、あと何種類なのか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるお弁当屋さん。



京菜/まぐろ丼
【20080422】
【メニュー】 まぐろ丼
200804221155000.jpg

【お店】京菜
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年3月18日
【コメント】
今日はまぐろ丼。
少し陽気もよくなってきたので、牛すじは封印してみた。

やはりここのまぐろ丼は、食べる人のことをよく考えている。
一口大になったまぐろ。
大きさも厚みも一箸にちょうどいいのだ。

これにゴマだれが絡み、さらにそのゴマだれは麦入りのごはんにしみ、絶品のまぐろ丼となるのだ。
久々にフル丼のまぐろ丼を食したが(最近はハーフサイズが多かった)、満足度はかなり高い。

今日の気分は☆4つ。
さすが殿堂入りにふさわしいメニューだ。
お店の雰囲気も落ち着いていて好きだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。

気持ちのいい陽気。
心も晴れる。



グルメ/サンドイッチ
【20080421】
【メニュー】 3種類のミックスサンド
200804211212000.jpg

【お店】サンドウィッチハウス グルメ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】800円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年6月25日
【コメント】
今日は高級サンドイッチ。
いや、サンドウィッチだ。
ツイン地下のサンドウィッチハウス グルメへ。

数種類の中から選んだのは、3種類のミックスサンド。
3種類とは、たまごサンドが2つと、ハムサンドと海老フライサンド。
4つで800円というのは、やはり高級だ。
おそらく男子には量も足りないと思われる。

しかし、今日選んだサンドイッチは、値段に見合うだけの味を出していた。
たまごはふっくらとしていたし、ハムはスモークされていてコクがあったし、海老かつとタルタルの組み合わせは、トーストしたパンによくマッチしている。

今日の気分は☆4つ。
サンドイッチの専門店だけあって、具材に合わせてパンを変えたり、トーストしてみたり。
ハムの味の強さをアボカドで調整したりと、相当に考えられている。
美味しくいただいた。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下にあるお店。

外でサンドイッチを食べるなら、家ではなかなか作れないモノがいいと思う。



ampm/サンドイッチ
【20080418】
【メニュー】
コールスローサラダサンド(240円)
パリジャンサンド(290円)
200804181202000.jpg

【お店】ampm 青山ビル店
【種別】持ち帰り/ひ
【お値段】530円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年12月12日
【コメント】
さすがに、この昼の状況は予測できた。
なので、今日は朝のコンビニでランチを調達。
それにしても、情けのない雨は、心が滅入る。

コールスローサンドは、ライ麦パンがおいしい。
ボンヌのパンも、こういうふっくら感があれば、無敵なのに、と思う。

パリジャンサンドは、マヨネーズの酸味と、粒マスタードの甘みがいいアクセントになっていて、想定以上に満足。
バゲットの湿気具合がちょうどいい。

今日の気分は☆3つ。
rocketは来ていたんだろうか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ビルの1階にあるampm。



雲雀や/チキンカツ、鶏そぼろ
【20080417】
【メニュー】 チキンカツ、鶏そぼろ
200804171202000.jpg

【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年4月8日
【コメント】
今週のランチは、残念ながら満足度がいまひとつ。
となると、確実に満足感を得られるモノを食べたくなる。
アタマの中に浮かぶのは雲雀や。
迷う必要はない。

今日は珍しくチキンカツを選んだ。
弁当屋さんの鶏肉は、ハズレる確率が高い、と勝手に思っているので、まず買わないのだ。

買った理由のもうひとつ。
ついていたおろしポン酢にそそられた。
200804171202001.jpg


チキンは、ささみだった。
そのためか、ジューシーさにかけるのは否めず。
そこはおろしポン酢で補完だ。

今日の気分は☆3つ。
起死回生、とまではいかなかったが、負の流れは断ち切れたのではないか、と思う。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるお弁当屋さん。




くろ麦/にしんそば
【20080416】
【メニュー】天重
200804161201000.jpg


【お店】くろ麦
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1400円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年4月1日
【コメント】
オナカの調子がすぐれないので、優しさを求めてくろ麦へ。
そば=優しい、とは単純すぎたかも知れない。

注文したのはにしんそば。
温かいそばが食べたかったのと、何となく魚気分だったので選んだ。

しかし、カラダが弱っているせいか、今日のにしんはボクにはきつかった。
味が濃いのである。
そうなると、汁まで濃い感じがして、だんだん逃げ場がなくなってきてしまった。

いつもなら、汁まで飲み干す勢いではあるのだが、今日はそばとにしんを食べるので精一杯。
選択ミスだった。

今日の気分は☆3つ。
ホントはあまり動きたくなかったので、CrazyTacosにしようと思っていたのだが、12時前から長い列ができていて購入意欲が減退してしまっていた。
麺を食べるのであれば、ゆんたくに行けばよかった、と少しだけ後悔。
歯車が少しズレてきているので、修正が必要そうだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお蕎麦屋さん。

目の前に板わさと豆腐で日本酒のおばさまが。
冷たそうな豆腐がやけに美味しそうだった。



ボンヌ/パン
【20080415】
【メニュー】画像の左上から時計回りに
やきそばミックスサンドイッチ
ホットサンド
トマトカレーパン
薄皮あんぱん
200804151205001.jpg

【お店】ボンヌ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】515円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年3月25日
【コメント】
完全にローテーション入りしたボンヌ。
今日は、先日食べ損ねたかぼちゃカレーパンはあるだろうか。

それにしても陽気が心地よい。
ホントは、こういう日こそ新規開拓なのではあるが、昨日の失敗もあり、安心、安全を優先だ。

今日の限定のカレーパンはトマトだった。
トマトの酸味がカレーによくマッチし、いつも通りのモチモチとした揚げパンとの相性は絶妙だ。
これが105円というのは、なんだか申し訳ない気もする。

サンドイッチ系はこれまでコロッケを選んでいたが、最近は焼きそばに少しばかり傾倒している。
おいしいのか、と問われると即答はできないが、また食べたいか、と問われれば、ハイ!と答える、そんな感じ。

デザートに薄皮のあんぱん。
これは初だ。
あんぱんというよりも、饅頭といった方が近いかも知れない。
たっぷりのつぶ餡が入っていて、すでに満腹に近かったボクには食べ切れなかった。
残りは夜の部へ。

今日の気分は☆3つ。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにある小さな街のパン屋さん。

※お店情報
寿司屋の美松のビルが解体中だった。
再び寿司屋としての営業はあるのだろうか。



一番どり/オムカレーライス
【20080414】
【メニュー】 オムカレーライス
200804141208000.jpg

【お店】産地直送 一番どり
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】640円
【満足度(5段階)】 ☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2006年8月7日
【コメント】
前から気になっていた弁当を、意を決して買ってみた。
それはツインにある一番どりのオムカレーライス。
意を決して、と書いたのは、以前この店があまり相性がよくなかったから。

画像の通り、見た目はオムライス。
しかし、そこにネーミングの秘密があった。
つまり、カレーライスの上からたまごをかぶせているのだ。
だから、オムライスカレーではなく、オムカレーライスなのだ。

オフィスに戻り、容器のフタを開けた瞬間に、ちょっとイヤな予感がした。
たまごから甘い匂いしたのだ。
この甘さはカレーに合うのか、という疑問。

たまごをめくると、こんな感じでカレーが登場する。
200804141208001.jpg


スプーンを入れて、まず一口。
イヤな予感が的中した。
このカレー、レトルトだ。
たまごの味付けが甘くて濃い。
味がバラバラ。
どうしたらいいのか。
全くボクの口に合わない。

今日の気分は☆1つ。
食べないと午後にパワー不足になるので何とか完食を試みたが、ダメだった。
やはりこの店はボクとの相性が悪いみたいだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインビルの地下1階にある鶏系呑み屋。
ランチタイムは、鶏を中心とした丼を各種。



さかゑ/鉄火丼
【20080411】
【メニュー】 鉄火丼
200804111149000.jpg

【お店】鮨処 さかゑ
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年3月5日
【コメント】
鉄火丼を求め、さかゑへ。
前回にぎりを食した時にまぐろがおいしく、鉄火丼で食べたい願望を書いた。
そのせいではないと思うが、正式メニューとして登場。
これは食べないわけにはいかない。

鉄火丼にサラダ、味噌汁、そしてデザートがついて950円。
青山一丁目の値ごろ感としてはいい感じの設定だと思う。

しかし、肝心のまぐろは期待ほどではなかった。
いや、期待値が高すぎたのかも知れない。
前回と、明らかに鮮度が違うのだ。

もうひとつ、まぐろの切り身が大きく、その大きさのペースで食べ進むと、間違いなくごはんが残る。
だから、まぐろを一口大にしたくなるわけだが、まさか前歯で食いちぎるわけにもいかず。
丼の中で箸を使ってチマチマ切っていた。
こういうところは、客の立場で食べてみないとわからない。
その点、京菜のまぐろ丼は、食べる大きさまで配慮しているように思えるところが素晴らしいのだ。

デザートとして残していたたまご焼きは、相変わらず味なし。
ホントのデザートは抹茶のムース。
200804111201000.jpg

これは冷たくておいしい。
ただ、スプーンではなく、フォークだったのが不思議。
ムースはフォークの方が食べやすい、というのが定説なのだろうか。

今日の気分は☆2つ。
ちょっと気になったことがあって、気分的にはこんな感じ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山にある寿司屋。
(カウンターは)禁煙なのがうれしい。

開店当初から比べると、メニューの数が倍になっていた。
選択肢が増えるのはうれしいことだ。

前回はほとんど女性客ばかりであったが、今日は50歳以上の男性客が多数。
はたして、マーケットの読みは当たっていたのだろうか。



ホルモサ/回鍋肉と麻婆豆腐丼
【20080409】
【メニュー】回鍋肉と麻婆豆腐丼
200804091207000.jpg

【お店】元祖紙やき ホルモサ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】500円 ワンコイン
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年1月29日
【コメント】
今日はツインへ。
行こうと思っていた店が混んでたので、待ち人のいなかったホルモサで弁当を調達することに。

選んだのは回鍋肉と麻婆豆腐がハーフになっている丼。
強く惹かれたわけではないが、二つの料理がのった丼が珍しかったので選んでみた。

弁当を渡された時に、その重さに驚く。
ごはんが圧縮されているのか!?
もうその時点で胃もたれしてしまう柔な男なのでした。

料理の方は、正直いってリピートはしないだろうという感想だ。
麻婆豆腐は甘め。
回鍋肉の味付けは麻婆豆腐とほとんどいっしょだった。
とはいえ、500円で量は充分という点を考えると、安くたくさん食べたい、という人にはいいのかも知れない。

今日の気分は☆3つ。
ごはん食べ切れず。
味が単調だった、ということも理由だ。
ついてくる玉子スープが清涼剤だった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお店。
店外でお弁当を販売している。

今日は、全品500円だったように思う。




雲雀や/コロッケ、鶏そぼろ
【20080408】
【メニュー】 コロッケ、鶏そぼろ
200804081203000.jpg


【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年3月31日
【コメント】
こんな嵐の日には、通常のランチ活動は不可能だ。
朝のうちにランチを買っておくという周到さもなく、昼を迎えてしまった。

なるべく風雨にさらされずに美味しいランチにありつきたい。
さらにあまり人と関わりあいたくないのでオフィスで、ということで迷いなく雲雀やに。

選んだのはコロッケの弁当。
もちろんごはんは鶏そぼろ。

いも好き、特にじゃがいも命のボクにとって、美味しいいもコロッケは、存在自体が奇跡だ。
雲雀やのころっけは、何もつけなくても美味しいのだが、今日はオーロラソースをたっぷりとつけて食す。
200804081203001.jpg

ボクのプアな表現力では、「しあわせ」という言葉しか出てこない。

また今日の副食たちも、それぞれが素晴らしい味付け。
昨日のrisoの弁当の「大胆さ」と比較すると、「繊細さ」、「優しさ」を感じる。
これが雲雀やの弁当だ。

玄米にのっているタマゴのふんわり感にも、思わずうなずいてしまった。
今日の気分は☆4つ。
午前中は雨のせいもあってかちょっと気分がモヤモヤしていたが、雲雀やの弁当を食べて、少しだけ気分が晴れた。
食べモノには癒しの力があるのだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるお弁当屋さん。

※お店情報
ウイン青山に新規開店した寿司屋さかゑに新メニューがいくつか。
先日書いた鉄火丼が登場していたのがうれしい。
早速食べに行こう。
それに持ち帰りを始めていた。



Riso/銀むつの西京焼き
【20080407】
【メニュー】銀むつの西京焼き弁当
200804071204000.jpg

【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年3月21日
【コメント】
「銀むつの西京焼き」。
銀むつは好きな魚の上位にランクされているのだが、西京焼きとなると少し躊躇してしまう。
ハズレに当たる確立が高く、魚の持ち味を活かせない調理方法だというイメージを持ってしまっているのだ。
だからrisoの弁当でもよく見かけたが、避けていた。

今日は、そんな西京焼きにチャレンジ。
チャレンジなどという言葉を使ってる時点でダメではあるが、パサパサの銀むつに出会うことほど哀しいことはないので。

risoの弁当は相変わらずおかずの品数が多く、楽しめる。
200804071204001.jpg

200804071204002.jpg

ただ、雲雀やと比べると、全体的に味が少し濃い。

さて、チャレンジの銀むつ西京焼き。
想像以上においしかった。
銀むつの持つ上品なアブラを残しつつ、味噌の風味が素材を殺さない程度に香っている。
いいバランスだと思う。

今日の気分は☆3つ。
この西京焼きならリピートしてもいいと思う。

ただ、大根煮の味の濃さは限界を超えていた。
こちらは残念。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

本日のメニュー。
200804071157000.jpg




豚富/カルビクッパ
【20080404】
【メニュー】カルビクッパ
200804041150000.jpg

【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年2月25日
【コメント】
やけにカラダの芯が冷える。
何か温まるものを。
で思いついたのが天下一の味噌タンメン。
一度も食したことはないが、気になっていた。

しかし、ウイン青山の通路を抜けて天下一に入る直前、豚富に吸い込まれてしまった。
アタマの中で「味噌タンメン<カルビクッパ」の構図が浮かんできたのだ。

もちろん注文はカルビクッパ。
日本の焼肉屋とは違い、ごはんは別の器で供される。
このごはんをひたして食べようが、はじめからスープに全部投入しようが、自由だ。

ボクは前半ひたし食い、そして後半は投入食いだ。
おいしい。
カラダが温まるのがわかる。
いろいろな具材が入っているが、それぞれがスープにコクを与え、そして全体が一体感をもった料理として完結している。

今日の気分は☆4つ。
吸い込まれてよかった。
カルビクッパの選択は大正解だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOKのようだ。



Qunoogies/豚ばらブロックカレー
【20080403】
【メニュー】 豚ばらブロックカレー
200804031152000.jpg

【お店】Curry Diner Qunoogies
【種別】eat in/ひとり
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年2月1日
【コメント】
カレーが食べたい気分だった。
インド風ではない、欧風のカレーを。
思いついたのがQunoogies。

注文したのは豚ばらブロックのカレー。
ランチタイムは、メインのカレーにサラダとドリンクがつく。
ドリンクはコーヒー、紅茶のそれぞれホットかアイス。
ボクはもちろん、アイスティー。
200804031148000.jpg

サラダにかかっているシーザードレッシングのチーズ味が濃い。
カレーに負けないように、なのかも知れない。

出てきたカレーを一口。
うん、まさに今日のボクが求めていた味だ。
欧風系だけど、家庭的な安心感のある味、とでも表現してみる。

豚ばらはトロトロではなく、どちらかというとホロホロといった食感。
ただし、脂身の部分はトロトロなのでいいバランスだ。
そんな豚ばらのブロックがゴロゴロと入っている。

上品に食べる、というよりも、がつがつとかき込みたい感じのカレーだ。
今日の気分は☆3つ。
満足した。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルのの南側ブロック、外苑東通り沿いの2階。
(フレンチレストラン「フルフル」の跡。)

表のメニュー看板。
200804031206000.jpg

ランチタイムはカレー専門で15種類ある。
ライスとクスクスが選べる。

大盛りは200円増し。
大盛りは想像以上に量が多いので注意だ。
持ち帰りも可能。

企業努力である。
200804031150001.jpg


50円割引券をもらった。
カレーが食べたくなったら、また行こう。



ネイチヤ/白身魚としめじの黒酢ソース
【20080402】
【メニュー】 白身魚としめじの黒酢ソース
200804021202000.jpg

【お店】ネイチヤ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年10月23日
【コメント】
夕べの呑み会で、ソース焼きそばを少し食べただけだったことを思い出した。
だからランチはガッツリ食べなければ。
ガッツリといえば、ネイチヤ。
そういえば、最近ネイチヤに行っていない。

お店は変わらずにあった。
そんな表現をしてしまうほど、ボクの中ではウィン青山の中での影が薄くなっている。
他に人気店がいくつも入っているためか。

以前は、おかず単品の弁当が主流だった品揃えも、今では全てが複数のおかずが盛り合わさった弁当になっている。
他店との競争激化で、店も工夫をしている。

さすがに揚げ物中心の弁当はキツイので、白身魚の黒酢ソースを選ぶ。
黒酢という言葉に、そして味と香りに反応してしまう。
好きなのだ。

ネイチヤの弁当は、ごはんが温かいのがうれしい。
春とはいえ、内臓は温めたい。

肝心の黒酢だが、ソースを煮詰めすぎていて、味がとても濃かった。
白身の魚も、黒酢の風味もよかっただけに、残念だ。
ソースの繊細があれば、☆4つつけてもいいかも知れない、と思ったほど。

今日の気分は☆3つ。
このソースの濃さが、お店の狙った味である、とは思いたくない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの裏手、ウィン青山ビルの1階にある弁当屋。
ガッツリ系の弁当が多い。

今日の厨房は穏やかだった。



くろ麦/天重
【20080401】
【メニュー】天重
200804011156001.jpg

【お店】くろ麦
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1500円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年1月28日
【コメント】
銀行に行く道すがら、くろ麦へ。
もうかき蕎麦はシーズンオフ。
久しぶりに天重を食すことに。
一度味にがっかりして以来、約半年ぶり。
美味しい!と思っていたモノの味が変わるのは寂しかったので、避けていたのだ。

今日の天重はこんな感じで登場した。
200804011156000.jpg


尻尾が飛び出る演出は、絵的にはかなり食欲を刺激する。
味を構成する要素として、「映像」は重要だ。

この演出に負けず劣らず、今日の天重は美味しかった。
揚げ油を感じるのだが、いやな油の感じが残らない。
そして、なんといっても海老のプリプリ感。
食感がたまらない。

なめこと豆腐の味噌汁もよし。
今日の気分は☆4つ。
日によって味が大きくぶれるのは困るが、美味しい方にぶれるのは歓迎だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお蕎麦屋さん。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。