青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SAKUNA/グリーンカレー ガパオ
【20081031】
【メニュー】 オリジナルグリーンカレー ガパオセット
200810311204000.jpg
【お店】SAKUNA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
また見慣れぬワゴン車が。
近づいてみると、
グリーンカレーの弁当のようだ。

スタッフの説明を聞いて選んだのが、
ガパオセット。
これがなかなか楽しかった。

画像の通り、
グリーンカレーは別容器となっている。
説明によれば、
ライスをひたして食べてもよし、
スープとしても飲んでよし、
とのことだった。

メインの容器はガパオごはん。
敷き詰めたごはんの上に豚のひき肉炒め。
しかし、それだけではない。
マッシュドポテト、きゅうりとにんじんのピクルス。
それに鶏ひき肉とセロリのサラダがたっぷり。

特にセロリのサラダがおいしかった。
ヌクマムとパクチーの風味がなんともいえなくエスニカンで、
大好きな味だ。
個性の強い素材がいいバランスで同居しているのがいい。

グリーンカレーは、独特の甘みと辛さがよく出ていた。
ローリエの葉が一枚入っていたが、
具は入っていない。
たしかにスープとしてもOKであるが、
やはりごはん、
できればスティッキーライスがあれば、
というのは贅沢か。

今日の気分は☆4つ。
なかなか楽しめた。
定期的に来て欲しい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社横に来ていたワゴン車での弁当販売。
200810311158000.jpg

青山通り沿いにこんな小さな看板を出していた。
200810311159000.jpg

メニューはこんな感じ。
200810311157000.jpg
メニューは全部で3種類。



スポンサーサイト

雲雀や/ハンバーグ、鶏そぼろ
【20081030】
【メニュー】 ハンバーグ、鶏そぼろ弁当
200810301202000.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年10月21日
【コメント】
少し出遅れた。
アタマの中でオーロラソースをたっぷりつけた雲雀やのコロッケが浮かぶ。
とりあえず行ってみる。

しかし、世の中はそううまくはいかないものだ。
今日のラインアップにコロッケはなし。
代わりに見つけたのが高野豆腐。
迷わずゲット。

それにしても、
今日のおかずは全てが秀逸、白眉だった。
すさまじいまでに魂が込められているように思えた。
ひと噛みひと噛みを大事にいただいた。
敬意を表して、
一品一品紹介したいくらいだ。

今日の気分は☆4つ。
メインのハンバーグはボクには完璧な食感と味付けだった。
焼き具合も素晴らしい。
メインとはいえ小さいので、
できればみなと亭くらいの大きさで食してみたい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるお弁当屋さん。




サンマルク・カフェ/パン
【20081029】
【メニュー】
ビーフシチューとポテトのピザ(220円)
ビーフパストラミ&サラダサンド(280円)
チョコクロ(160円)
200810291208000.jpg
【お店】サンマルク・カフェ 青山一丁目駅前店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】660円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年8月14日
【コメント】
ツナサンドが食べたくなった。
たっぷりとツナが入ったサンドイッチ。
しかし、このニーズを満たしてくれそうな店が思い浮かばない。

で、久々にサンマルクに行ってみた。
思った以上に満足。

ビーフパストラミ&サラダサンドは以前にも食したが、
前回レポートでは350円になっている。
この時勢に、なんと70円も値下げ。
逆に、350円が高かったともいえるか。

値下げに関わらず、
味はアップ。
コールスローはポテトを混ぜることでまろやかさがでて、
パンといいバランス。
このパンも耳付きのエコ仕様で好感だ。

最近は柔らかいものばかり食べているなぁ、と思っていたので、
ピザ台のモチモチ感はいい刺激になった。
人間、アゴは大切である。

今日の気分は☆4つ。
ここまで書いて☆3つにしようと思ってた。
でも、一口チョコクロを食べたらいきなり☆4つの気分に。
やっぱりウマイ、チョコクロ。
モチモチ、サクサクのクロワッサンにたっぷりのチョコ。
サンマルクのパンはボクに合っているようだ。
もっとランチに使うことにしよう。

ちなみにチョコクロは前回よりも20円値上がりしていた。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山一丁目交差点にあるパン系コーヒー屋さん。
その場でパンを焼いている。

suicaが使えて便利だ。




Riso/カキフライ
【20081028】
【メニュー】 広島産カキフライタルタルソース弁当
200810281201000.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年10月2日
【コメント】
今シーズン初のカキフライだ。
risoに行ったらおいしそうに並んでたのでゲット。

カキフライは多少衣が厚いような気もしたが、
大ぶりで濃厚な味わいだった。
それにタルタルソースをたっぷりとつけて食べる。

ライスが冷えてはいたが、
モチッとした食感が絶妙だった。
おにぎりにして食べるには最適な炊き加減だ。

今日の気分は☆4つ。
やはり弁当はごはんがおいしいの一番。
弁当の場合は冷めることが前提なので、
扱いは難しいと思うが。
今日は大満足だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

本日のメニュー。
200810281156000.jpg







ホルモサ/チンジャオロースと焼きそば
【20081024】
【メニュー】チンジャオロースと焼きそば弁当
200810241208000.jpg
【お店】元祖紙やき ホルモサ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年9月10日
【コメント】
財布にほとんどお札が残っていないことを思い出した。
メシよりも、まずは金だ。
ということでツインの銀行に。
帰りにホルモサで弁当を調達してきた。

選んだのは、
なんとなくお得感のあるチンジャオロースと焼きそばがセットになった弁当。

味付けや麺のパリパリ感が前回と少し違うように思えた。
空腹感が強く、
今日はどちらかというと量重視だったので誤差の範囲か。
それでもごはんを残してしまったほど、
量が多い弁当だ。

今日の気分は☆3つ。
満腹であるが、
ビスコは別腹。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお店。

店外でお弁当を販売している。
そこに電子レンジがおいてあって、
自由に使えるようになっている。
これから寒い季節に向かう中で、
なかなかいいサービスだ。






ナタラジ/カレー
【20071023】
【メニュー】
本日のスペシャルカレー(中辛)
 アルマタールパニール
200810231156000.jpg
【お店】ナタラジ
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年10月11日
【コメント】
和食が食べたかった。
でも正統派ではなく、ちょっとひねった。
ということでカツオの刺身を求めて104へ。

ところが今日は休みの日だった。
いつになっても104の営業日が覚えられない。
仕方なく戻ることになったのだが、
途中にあるナタラジへ久々に入ることに。

ナンは大好きなのだが、
手がアブラでギトギトになるのがイヤで避けていた。
気がついたら1年ぶりだ。

注文したのはアルマタールパニールという中辛のカレー。
説明によれば、
カッテージチーズとグリーンピース、じゃがいものカレーだ。

あとはナンとターメリックライス半分(選べる)、サラダ、ドリンクがついて1000円。
リーズナブルな値段設定だと思う。

カレーであるが、
少し物足りなかった。
ここのカレーはベジタリアンなカレーなので、
コクが足りないと思うメニューもあり、
このあたりは「インドカレー」を求めると期待はずれのこともある。

が、それがわかっていれば優しい味で美味しいのだ。
今日の気分は☆3つ。
前回のレポートを読むと大絶賛している。
なかなか難しいところだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
伊藤忠の目の前、地下に降りていく。
店内は結構広く、ゆったりとできる。
テイクアウトもできる。
カレーを2種類選べるダブルカレーセット(1300円)や3種類選べるトリプルカレーセット(1600円)もある。

さぁ、手を洗ってこなきゃ。




BERO KITCHEN/ミートソース
【20081022】
【メニュー】 ミートソース
200810221204000.jpg
【お店】BERO KITCHEN
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
オフィスを出たら、
見慣れぬワゴン車が。
もしやCrazyTacosが車を変えたのか、
と思ったがさにあらず。
オムライスとミートソースの店だった。
何を食べるかイメージがわいてなかったので、
試してみることにした。

12時前にも関わらず、
すでに10人ほどが列を作っていた。
待っている間に注文の様子を見ていると、
オムライスとミートソースの注文の割合は半々くらい。

ボクはメニューでミートソースの方が上にあったので、
そちらを選択。

容器に作り置きのパスタを盛り、
そこにミートソースをかける。
チーズとタバスコをかけるかと確認され、
フタをして完了。
早くて簡単でよい。

メニューに書いてあったが、
ミートソースは相当のこだわりを持って作っているらしい。
15時間煮込むとか。

数量限定でサービスというサラダがついてきた。
小さなコールスローサラダだ。

パスタがもそもそしている、という印象。
ソースはシチュー系。
最近は、これ系のミートソースが多いように思う。
プチブームなのだろうか。

個人的には、どちらかというとトマトの酸味がある程度効いた、
サラリとしたミートソースの方が好みだ。

今日の気分は☆3つ。
次回はオムライスを食してみたい。
タマゴがフワッと仕上がっていて、
そこにストロガノフソースがかかっている。
美味しそうだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社横に来ていたワゴン車での弁当販売。
200810221201000.jpg

漏れ聞こえたところによると、
警察に追われてここに来たらしいので、
定期的にここで営業するわけではないのかも知れない。

メニューはこんな感じ。
200810221155000.jpg

200810221200000.jpg




雲雀や/しゃけ高菜Bowl
【20081021】
【メニュー】 しゃけ高菜Bowl
200810211202000.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】580円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年10月8日
【コメント】
カラダが優しさを求めている。
優しい、といえば雲雀や。

今日はしゃけ高菜Bowl。
これは初だ。

玄米の上におぼろ昆布がのり、その上に海苔。
具はメインのしゃけと高菜。
それに大根、きゅうり、ふわりとした炒りたまご、カイワレ大根。
彩りにプチトマト。

しょう油がついてきたが、
しゃけと高菜の味がしっかりしているので、
使う局面はなかった。

よく噛んで食べると、
ひとつひとつの素材の味が際立ってきて、
楽しいBowlだ。

今日の気分は☆4つ。
それにしても、
脂ののったしゃけがたまらない。
塩気が口内炎にしみたが気にしない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるお弁当屋さん。




dindon/ハンバーグ
【20081017】
【メニュー】 洋食屋さんハンバーグ弁当
200810171204000.jpg
【お店】丸の内dindon
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年8月25日
【コメント】
今日はハンバーグかな。
ハンバーグであれば青一でも選択肢は多いが、
お手軽にdindonへ。

並んでいる弁当を見ていたら、
メンチカツが気になってしまった。
しかし、
最近は体脂肪率が急上昇中なので、
気を使ってハンバーグにしておいた。
週明けに検討診断ということもあり。
守りに入ったかなぁ。

弁当の内容はその名の通り。
目玉焼きあり、ケチャップパスタあり。
大変オーソドックスだ。

今日の気分は☆3つ。
野菜が、というよりビタミンを補給したい気分になるのは何故だろう。
といいながら、
ビスコを頬張るのであった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツィンタワービルの地下1階。
常時10種類以上の弁当が店頭に並ぶ。




わさび/ゴボウかき揚げせいろそば
【20081016】
【メニュー】 ゴボウかき揚げせいろそば
200810161159000.jpg
【お店】十割そば わさび
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】980円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
体調悪し。
でも食事は摂らないと。
ということで、
あっさり系のそばを食することに。

今日も新規開拓。
わさびだ。
開店してからそこそこの日数が経っているが、
やっと入ることができた。

注文したのはゴボウかき揚げのせいろそば。
ホントは冷たいとろろのそばが食べたかったが、
温かいそばしかないとのことだったので注文できなかった。
きっとこだわりがあるのだろう。

ごぼうのかき揚げはボクのイメージとは少し違っていた。
パリパリ感のあるかき揚げと思っていたら、
肉厚さを感じる切り方で、
どちらかというとモチッとした歯ごたえ。

ゆで玉子の天ぷらは初めてだ。
できれば塩が欲しかった。

今日の気分は☆3つ。
体調が悪いせいか、どうも味がよくわからなかった。
香りもよくわからなかった。
出直しが必要かも知れない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木のたもとにあるそば屋。

外からはもっと広い店内を想像していたが、
意外にこじんまりとした空間だった。
奥は立ち食いそば屋の椅子席風である。

メニュー。
200810161151000.jpg









やまと/ロースとんかつ
【20081015】
【メニュー】 特撰ロースとんかつ定食(100g)
200810151156000.jpg
【お店】豚肉創作料理 やまと
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】1100円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
久々の新規開拓。
最近は同じところをぐるぐると回っていたので、
そろそろと思ってはいたのだが。

今日のお店は、
豚肉をメインに扱ったお店「やまと」。
セドナ管理人さんのblogですでに紹介されている。
チェリー通りに7月にオープンしていたらしい。
管理人さんのblogを見なければ気がつかなかった。

やまと豚というブランドの豚肉がウリのお店。
ランチタイムはメニューを見ると、
とんかつ、しょうが焼き、かつ丼などなど、
ほぼとんかつ屋の様相。

店内はダークな配色で、
おしゃれ目な雰囲気。
夜メニューはそんな雰囲気にあった内容のようだ。

メニューは10種類位あって、
かなり迷う。
こういう時には、
一番上にあるモノを選ぶのが鉄則。
ということで特撰ロースかつ定食を注文した。
ロースかつは100gと150gと、量を選べる。
もちろん値段も異なる。
ボクは100g。

注文すると,
テーブルにごまの入った小さなすり鉢とソース、
それに小皿に盛られた塩が運ばれてくる。
200810151154000.jpg

すり鉢にソースを入れてごますったり、
塩でかつを食べさせる趣向らしい。
なかなか楽しい。

ロースかつは柔らかく、
上品な味がした。
脂身もそれほどなく、
あっても口の中で溶ける感じ。
とても軽いとんかつであった。

ごまソースは辛くなく、
ちゃんととんかつの味を引き立てている。
塩はボクには辛すぎた。

この定食は、ごはん、お椀、キャベツがおかわり自由となっている。
キャベツをおかわりした。

今日の気分は☆3つ。
青山にとんかつ屋がなくなっていたので、
この店ができたのはうれしい。

ただ、空気の流れの問題なのか、
横のテーブルの人が吸ってるタバコの煙が流れてくるのには参った。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りの中ほど。
青山通りから墓地を見て左側にある豚肉メインのお店。

表のメニュー看板。
200810151213000.jpg

次回はかつ丼をいただく予定。




ボンヌ/パン
【20081014】
【メニュー】画像の左上から時計回りに
明太ポテトサンドイッチ
チーズトライアングル
大辛カレーパン
ハムタマゴロール
200810141207000.jpg
【お店】ボンヌ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】520円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年9月25日
【コメント】
火曜日ではあるけど、
週始めには変わりない。
こういう日は結局ダラダラ歩いて、
その結果ボンヌになったりする。
案の定だ。
最近ボンヌ回数が増えたのは、
ボンヌの素朴な魅力にひきつけられている、
という理由と同時に、
イメージがわかずにダラダラ歩くケースが増えているからだ、きっと。

今日は、以前よく買っていたチーズトライアングルを買ってみた。
メニューの紙には「定番」の文字が。
お店的にはこれがウリなのかも知れない。
食パンにクリームチーズとカスタードクリームを挟んで焼いた、
なんとも素朴なパンだ。
甘いのでデザート感覚。
焼き立てだったのか、ホカホカしていた。
子供が好きそうだ、コレ。

その他はいつもの感じ。

今日の気分は☆3つ。
明日こそはもっと活動的になろう。

余談だが、
夏の初めにセブンで買ったポテトサンドが美味しくて、
一時はまっていた。
しばらく見ないと思っていたら、
最近、復活。
でも、少し感じが違っていて、残念。
あまり具の入っていない、
シンプルなポテトサンドが好みだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにある小さな街のパン屋さん。




ゆで太郎/かき揚げそば
【20081010】
【メニュー】かき揚げそば
200810101154000.jpg
【お店】ゆで太郎
【種別】eat in/ひとり
【お値段】380円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
無性に立ち食いそばが食べたくなる時がある。
そんな時のために(!?)今日はゆで太郎チェック。
途中Cafe246のナポリタンにつかまりそうになったが、
初志貫徹だ。

店外の券売機で食券を購入する。
お目当ては立ち食いそばの定番、温かいかき揚げそばだ。

店内でおばさまに食券を渡し、待つこと1分あまりか。
このスピード感が立ち食いそばの真髄だ。

どんぶりに箸を入れてみて驚いた。
麺の量が多い。
それにかき揚げも大きい。

しかし、しかしだ。
うーん・・・
立ち食いそばって、こんなものだったっけ、
と思ってしまう。
多くは語るまい。

満たされない気持ちはデザートで。
200810101212000.jpg

今日の気分は☆2つ。
他のお客さんはごはんモノ比率が高かった。
ここはそばよりもごはん系なのかも知れない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインビルの南ブロックにある立ち食いそば屋。

店内奥には席もあり。




カフェラミル/ハンバーグカレー
【20081009】
【メニュー】プレートランチ ハンバーグカレー
200810091157000.jpg
【お店】カフェラミル
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年5月31日
【コメント】
104でかつおの刺身を食べようと店の前まで行ったが、
なんとお休み。
そういえば、毎日営業ではなかったのだった。
不覚。

すっかり意気消沈し、
チェリー通りを彷徨う。
結局入ったのはカフェラミル。
久しぶりだ。
決め手となったのが、
店外のメニューにあったハンバーグカレーの文字にひかれたのだ。
好みがガキっぽくて恥ずかしい。
でも好きなものは好きなのだ。

四角の大き目なプレートに、
サラダとライスとハンバーグカレー。
いかにも美味しそうな様相だ。

カレーはハンバーグのソースである、
という位置づけらしく、
濃い目の味付けになっている。

今日の気分は☆3つ。
もっとカレーライス然としたモノを食べたかったが、
これはこれで満足できた。

でも、気分的にはやっぱり薬味たっぷりでかつおの刺身が食べたかった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ユニマットビル裏にある喫茶店。

椅子は赤いビロード貼り、テーブルは完全な円形。

飲み物は350円。
飲み物をつけると1300円になってしまうので、
単品で頼んでしまう。



雲雀や/なすと豚肉の味噌炒め、鶏そぼろ
【20081008】
【メニュー】 なすと豚肉の味噌炒め、鶏そぼろ
200810081201000.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年9月19日
【コメント】
最近、雲雀やに行ってないことに気がついた。
もしCrazyTacosが来ていなければ、
雲雀やと決めた。
結果は.....

今日選んだのは、
なすと豚肉の味噌炒めがメインの弁当。
このメインは想像通りの味であったが、
その周りを彩っているおかずたちが素晴らしい。
それぞれがシンプルながらも、
一口食べると思わず笑顔にさせられる品々。

特にうなってしまったのが、
じゃがいものケチャップソース。
あまりにも単純な料理ではあるが、
忘れていたナニカ、を思い出させてくれるような。
ここまでくると、
美味しいかどうかの問題ではなく、
ボクの思い出のナニカに引っかかったのではないかと思う。
そんな不思議な感覚だ。

今日の気分は☆4つ。
よく噛んで食べた。
玄米は噛むことで味が引き出される。
ありがとう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるお弁当屋さん。




実之和/かれー麺
【20081007】
【メニュー】 かれー麺 並盛
200810071156000.jpg
【お店】かれー麺 実之和
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年6月16日
【コメント】
ジャンルは違えど、
昨日と同じようなメニューだ。
辛い系の汁系の麺系。
今日は実之和でかれー麺。
なんとなく食べたくなって、
目指して行った確信犯だ。

注文はカレー麺の普通盛。
それにサービスの半ライスをつける。

太目の麺がプリプリしていて食感がいい。
これにカレーが絡んで、
実にいい感じのバランスだ。
以前からこんなにもバランスがよかったか、
などと記憶をたどるが思い出せない。

カレースープの濃度も、
しっかりと麺に絡みつつ、
それでいて飲むにもよい濃さ。
これからの季節にはいいメニューだ。

今日の気分は☆3つ。
ちょうど体調や気分にマッチしていたみたいで、
満足した。
ライスもモチモチしていて美味しかった。

ただ、カレーがはねそうで、
オドオドしながら食べなければいけないのがタマにキズ。
食べ方がヘタなだけなのだが。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

※お店情報
久しぶりにこの一角に行った。
なので、ゆで太郎の店舗を初確認。
12時を過ぎても余裕で入れそうだったので、
今度行ってみよう。




日比谷園/坦々麺
【20081006】
【メニュー】 坦々麺
200810061158000.jpg
200810061207000.jpg
【お店】日比谷園
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年3月14日
【コメント】
寒いのと、
口内炎が治りかけてきたので、
今日は辛い系の汁系だ。
ということで、半年ぶりの日比谷園へ。
注文したのはもちろん坦々麺。

ここの坦々麺は以前ほど辛さはなくなり、
その代わりにコクを感じるようになっている。
スープと麺と具のバランスがとてもよくなっていた。
少し前まで坦々麺の専門店が流行っていたが、
ここは奇をてらった部分がない、正統派だと思う。

プチチャーハンがつく。
たまごチャーハンだ。
今日はこちらも塩加減が絶妙で○。

デザートにつく杏仁豆腐。
以前はどちらかというと杏仁の香りが薄く、
牛乳プリンに近い味わいだったと思うが、
今回はしっかりと杏仁豆腐であった。

今日の気分は☆4つ。
久々に食べたら美味しかったので気分よし。
やはり寒くなってくると、
食べるものの幅が広がる。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ビルヂングの地下1階。

ここの麻婆豆腐も好きだ。
ピリリとした山椒の舌触りと香りが刺激的。
ただ量が多いので、
人とシェアした方が楽しいように思う。




スパゲティDEN/たらこといかのパスタ
【20081003】
【メニュー】 たらこといかのパスタ
200810031154000.jpg
【お店】スパゲティDEN
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年8月7日
【コメント】
今日はパスタ。
パスタしかない店なので、
目移りしようもない。
スパゲティDEN。

最近はサーモンとほうれん草のクリームパスタが定番化しているが、
今日は別のメニューを注文してみた。
たらこといかだ。

ホントは明太子のパスタが食べたかったのであるが、
メニューにないためたらこに。

ちなみにたらこ単独だと900円。
ここにいかを加えると1050円。
なんだか1050円がとても高いような気がしてきて迷い始めたが、
たらこだけだと食感がさびしいと思い、
いかにこ参加してもらった。
突然に思考が貧乏くさくなる。

生パスタの食感と、
たらこといかのソースがよくマッチしている。
乾燥パスタよりもソースが馴染むのだろうか。
またパスタの量とソースの量のバランスもよかった。
もっとたっぷりと刻み海苔がかかっているとさらにうれしい。
(あらためて画像を見ると、かなりのっていた....)

今日の気分は☆3つ。
たらこ系のパスタを食べたくなったら、
またここにしよう。
ただ、しつこいようだが、
他の手間のかかるメニューと比較すると、
混ぜるだけのこれで1050円は高いような気がする。
いや、きっと気のせいだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木のふもと、青山通り沿いの地下にある生パスタ専門店。

大盛は150円増しでパスタが1.5倍。

人気店で、12時前から長い列ができる。




Riso/ピザとスープ
【20081002】
【メニュー】 
野菜とアンチョビのピザ(300円)
ジャーマンポテトクリームスープ(370円)
200810021201000.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 670円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年9月17日
【コメント】
カレーが食べたかったのだが、
口内炎が痛くて断念。
なのでパスタでも買おうとrisoに向かう。
しかしそこで、アンチョビという文字とジャーマンポテトという文字が目に入り、
こんなチョイスに。
アンチョビ好き、じゃがいも好き、スープ好きなのである。

ピザは野菜がゴロゴロ、
そしてアンチョビが明確に自己主張していてうれしい。
なぜかコロナビールが呑みたい気分に。

ジャーマンポテトスープはその名の通り、
じゃがいもとベーコンとたまねぎのスープ。
具がこれでもかと入っている。
さらに少しガーリックを効かせたクルトンがのっていて、
食べ応えあり。
味は濃い目であるが、
涼しい日にはこれくらいの加減がちょうどいい。

今日の気分は☆4つ。
スープで温まった。
満腹。

しかし、食後に今日もビスコ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

本日のメニュー。
200810021156000.jpg

※お店情報
青山一丁目駅構内のSubwayが10/1に開店した。






直久/らーめん
【20081001】
【メニュー】 とんさい醤油らーめん(手打ち風麺)
200810011200000.jpg
【お店】直久
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年8月6日
【コメント】
今日はらーめんだ。
そんな気分。
それも普通の東京らーめんが食べたかったので直久へ。

注文したのは定番化しているどんさいらーめん。
今日はしょう油バージョン。

らーめん専門店ではなく、
街の中華屋さんのらーめんの風情。
これが無性に食べたくなる時がある。

今日の気分は☆3つ。
もう少し麺を固めにゆでてくれるとうれしい。
そういうオーダーは可能なのだろうか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの地下1階にあるラーメン屋。
午後2時まで禁煙なのはポイントが高い。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。