青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


横濱みなと亭/ハンバーグ
【20090130】
【メニュー】みなと亭和風ハンバーグ
200901301155000.jpg
【お店】横濱みなと亭
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年12月22日
【コメント】
「雨の日のウインは出足が遅い」というジンクスを頼り、
ウインに行ってみた。
いつもは12時前から長い列ができているみなと亭も、
今日は空席あり。
すかさず入店。

注文したのは和風ハンバーグ。
大根おろしをたっぷりとのせた一品だ。
テーブルに備え付けのタレをかけて食べる。

今日のハンバーグは肉汁があふれ出すほどジューシーだった。
そこに大根おろしと鉄板で熱の通ったたまねぎ、タレを絡めて口に入れる。
少し味わったあとに、
白いごはんで追いかける。
ガッツリではあるが、
和風テイストが爽やかさも醸し出し、
いいバランスの中で食事が進む。

今日の気分は☆4つ。
日によって焼き加減が異なるのだが、
今日はジャストだったように思う。
おいしかった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの南側、ウィン青山の1階にあるお店。

12時前には満席。

今日もスーツにはたっぷりと店の匂いが染み付いた・・・




スポンサーサイト

直久/らーめん
【20090129】
【メニュー】 とんさい味噌らーめん(手打風味麺)
200901291150000.jpg
※現物はこんなに赤くない。
【お店】直久
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】670円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年11月13日
【コメント】
らーめん気分。
日比谷園の坦々麺と迷ったが、
今日は直久。

注文はいつものとんさい。
しかし、
いつもいつも同じでは、と思い、
今日は味噌味を選んでみた。
これまであまり美味しい味噌らーめんに行き当たったことがないので、
少しばかりの冒険だ。
味噌汁を濃くしたような味噌らーめんに当たるとがっかりする。

麺は太麺で、
固めオーダー。
今日はかなり固めだった。

今日の気分は☆3つ。
心配された濃い目の味噌汁ではなかった。
他のとんさいと違ってひき肉が入っているなど、
単にスープに味噌を溶いた安易な仕様でなく、
好感が持てた。
たまに食べたくなるかも知れない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの地下1階にあるラーメン屋。
午後2時まで禁煙なのはポイントが高い。



ボンヌ x riso/パン + スープ
【20090128】
【メニュー】
<ボンヌ> 320円
 コロッケサンドイッチ
 カレーパン
<riso> 390円
 クラムチャウダー
200901281201000.jpg
【お店】ボンヌ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】710円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年12月1日
【コメント】
以前より考えていたコラボ企画「ボンヌ x riso」。
今日それを実現してみた。
ボンヌでパンを買い、
帰りにrisoでスープを購入する。

パンはいつもより少なめに調達。
紙袋で持った重さはいつもの半分くらいか。
そしてクラムチャウダー。
パン2個とスープをカップに1杯では、
日本男子としては物足りないのでは、
などという懸念もあったが、
しかし重めのパンを選んだことと、
スープの具の多さで完全にカバー。
いや、逆にかなりの満腹となった。

今日の気分は☆3つ。
スープのある食卓は楽しい。
特に今日のような寒い日には格別だ。

このコラボ、
なかなか気に入ったが、
思った以上に高かったのが残念。

ただ、
risoの具だくさんスープは390円の価値はあった思う。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ボンヌはチェリー通りにある小さな街のパン屋さん。

※お店情報
チェリー通りの入り口ふきんにフレッシュネスバーガーが開店するようだ。
青一のランチ生活に何かインパクトを与えるのだろうか。





豚富/ユッケジャン
【20090127】
【メニュー】ユッケジャン
200901271148000.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年11月11日
【コメント】
今日はユッケジャン気分。
足早に豚富に向かった。
12時にはまだだいぶあるのに、
横濱みなと亭には長い列が。
もしや豚富も、と思ったが、
なんとか最後のひと席を確保。

注文したのはもちろんユッケジャン。
他にも魅惑的なメニューが満載であるが、
今日はこれなのだ。

説明をするまでもなく、うまい。
辛さの中に野菜や牛肉のコクがぎっしり。
具もたくさんあり、
スープとしても、
ごはんをひたして食してもしあわせになれる。

見た目通りに辛さはあるが、
逃げ場のない辛さではなく、
やさしい辛さだ。

今日の気分は☆4つ。
味も安定していて、
いつでも安心して食べることができる。

そういえば最近は「殿堂入り」制度の運用を怠けていたが、
このユッケジャンは充分にその価値あり、だと思う。
よって久々の「殿堂入り」決定。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。



Muu Muu COFFEE/タコス丼
【20090126】
【メニュー】 タコス丼
200901261152000.jpg
【お店】Muu Muu COFFEE
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年8月26日
【コメント】
ずいぶんと間が空いてしまった、Muu Muu。
メニューは変わらず。
壁にかかっている写真が変わったくらいか。

注文したのはタコス。
メニューにはタコスと書いてあるが、
まさしくタコライスのことだ。

ライスにチリ味のひき肉、レタス、チーズ、サルサソース。
よく見ると、
普通のダイストマトも入っていた。

このタコス丼を食するのは2年半ぶり。
なんだか量が多くなったような。
その他の構成は変わっていないか。

と思って食べ進むうちに、
チーズがものすごく大量に使われていることがわかった。
途中からどういう食べ方をしてもチーズが追いかけてくる。
チーズ好きのボクでも、
最後は少し食傷気味。
でもタコライスはB級料理なので、
こういうところがあってもOKなのだ。

今日の気分は☆3つ。
チーズのくどさは、
アイスティーで解消。
これほど紅茶とチーズの相性がよかったとは。
初めて知った。
タコライスにアボカドをトッピングできれば最強なのだが。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木のたもと。すこし裏手にあるお店。

ドリンクセットで選べるホットなドリンクはコーヒーのみ。
この季節、
やぱり冷たいドリンクはカラダが冷える。






Open Kitchen 104/煮込みハンバーグ
【20090123】
【メニュー】 煮込みハンバーグ定食
200901231157000.jpg
【お店】Open Kitchen 104
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年11月4日
【コメント】
食べたい気持ちはあるんだけど、
オナカが空いていない状態でランチタイムを迎えてしまった。
抜くのはさびしいので、
とりあえず外に出る。

雨が止み、
寒さもそれほど厳しくはなかったので、
246を渋谷方面に向かって歩く。
結局入ったのは104。

選んだのは煮込みハンバーグ。
トマト系のソースで煮込んだハンバーグにトロトロ半熟たまごをポトリ。
その他、
根菜の煮物、とろろ、なめこの味噌汁、
そしておかわり自由の六穀米。
なかなか食べ応えがある。

トマトソースの優しい味に少し癒される。
お店を出たらお日様も出ていて、
いろんなことの歯車が合い始めたような、
そんな気がした。

今日の気分は☆3つ。
残さず食べて、満腹だ。
満腹は思考を鈍らせる。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り沿い、外苑前駅近くのお店。

店内は大きなカウンターと、奥にテーブル席。
キュートな女性スタッフがふたりで切り盛りしていたのだが、
今日は男性スタッフがひとり増えていた。
彼の役割は・・・

とろろが苦手な人には、高菜かキムチを選べるようになっている。
六穀米はお替り自由だ。

人気店で、
12時前には満席であった。




スパゲティDEN/さけとほうれん草のクリームパスタ
【20090122】
【メニュー】 さけとほうれん草のクリームパスタ
200901221158000.jpg
※いつもこのメニューはうまく写せない・・・
【お店】スパゲティDEN
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年11月19日
【コメント】
雨の日のツインは混んでる。
ということで渋谷方面に少し歩き、
スパゲティDENに入る。

カウンターに座ると、
ホールスタッフから「先日は失礼しました」と言われる。
一瞬なんのことかわからなかったが、
ちょうど2週間前、
いったん並びながらも、
時間がかかるかも知れないということで店を後にしたことを思い出した。
スゴイ記憶力だ。
この人は間違いなく接客業に向いている。

注文はさけとほうれん草のクリームパスタ。
いちおうメニューは見ているのだが、
どうしてもこれを注文してしまう。

1000円を超えると少しばかり注文に躊躇するのと、
1000円以下のメニューの中では、
これが一番惹かれるから、
といった単純な理由だ。

何度も同じメニューを食していると、
その時々の微妙な違いに気がつく。
今日はクリームの量が多く、
さけのごろごろ感が若干少なめ。

今日の気分は☆3つ。
カルボナーラに刻み海苔がかかっていたが、
このメニューにも海苔が合いそう、
と思ってしまった。
さけと海苔。
おにぎり界では実証されている黄金コンビではないか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木のふもと、青山通り沿いの地下にある生パスタ専門店。
人気店で、12時前から長い列ができる。

大盛は150円増しでパスタが1.5倍。

他の方が食していたナポリタンが気になった。
950円。
射程圏内だ。





奈加山/さわら竜田揚
【20090121】
【メニュー】さわら竜田揚
200901211156000.jpg
【お店】奈加山
【種別】eat in/ひとり
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年6月4日
【コメント】
久々の奈加山。
ちょっと足が遠のいてしまっていた。

注文は定番の竜田揚げ。
今日の魚はさわらだ。
竜田揚げは、
魚の持ち味を活かせる調理法とは思えないのだが、
なぜかいつもこれを注文してしまう。

今日の一押しは味噌汁。
大根と大根の葉の味噌汁が、
なんとも家庭的で、
懐かしい感じがした。

ここはごはんの量が多い。
そのわりにはおかずの量が少ないので、
いつもごはんが残る。
卓上にふりかけが置いてあるのだが、
ごはんがすすむ類の味ではなく、
そうであったとしてもふりかけでごはんを食べるというもの、
ちょっと違うような気もする。

今日の気分は☆3つ。
結局ごはんを残してしまった。
ごはんを残すとさびしい気持ちになる。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りの一本南裏手、ポーラビルの裏にある。
ランチタイムは禁煙となる。

付箋にメニュー名を書いてスタッフに渡す独特の注文法。
会計時にも使われる。



dindon/メンチカツ目玉焼き添え弁当
【20090120】
【メニュー】 メンチカツ目玉焼き添え弁当
200901201201000.jpg
【お店】丸の内dindon
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年12月17日
【コメント】
「力のつくもの=脂っこいもの」ではない。
メンチカツを買ってからそのことに気がついた。
体力の回復が思わしくなく、
食べ物でまかなおうとしてみたのだが、
思考が単純過ぎたようだ。

しかし、
カロリーはしっかりと摂取完了。
少しは戦えるか。

それにしても今日のメンチカツは大きかった。
以前よりも大きく感じた。
そこに、これでもかとソースがかかっている。
このソースがライスによく合うので、
大きなメンチカツも苦もなく完食。
戦う人にはいいメニューだ。

今日の気分は☆3つ。
では、
何を食べるのが正解だったのか。
豚富のサムゲタンあたりか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツィンタワービルの地下1階。
常時10種類以上の弁当が店頭に並ぶ。




Riso/ピザとスープ
【20090119】
【メニュー】 
アンチョビ&野菜MIX ピザ (300円)
ミネストローネ (370円)
200901191202000.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 670円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年12月24日
【コメント】
インフルエンザであった。
処方されたタミフルを飲みきり、
本日より復帰。

こんな時はオフィスで食べたいので、
risoまで買出しに。
ホントは弁当を食したかったがイメージがわくおかずがなかったので、
ピザ+スープという組み合わせに方針変換。
こういう変わり身にも対応できるのがrisoの懐の深さ(?)だ。

ミネストローネは具沢山。
スプーンを底まで入れて持ち上げると、
野菜系の具材がどっさり。
370円とそこそこの値段はするが、
このスープとフォカッチャだけでも、
充分ランチになるのでは、と思える。

ピザにも野菜がたっぷり。
生地が厚いので、
これもボリューム感あり。

今日の気分は☆3つ。
スープがホント熱々で、
カラダが中から温まった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

本日のメニュー。
200901191156000.jpg

※お店情報
ホンダ本社横に、久々のBERO KITCHENが。
ミートソースとオムライスのワゴン販売である。
この場所は最近さびしい限りなので、
ぜひとも定着してもらいたい。






キーマ屋(旧:Qunoogies)/豚ばらキーマカレー
【20090114】
【メニュー】 豚ばらキーマカレー ・ライス
200901141156000.jpg
200901141151000.jpg
【お店】キーマ屋(旧:Curry Diner Qunoogies)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓 (2008年11月14日
【コメント】
青一ランチ特派員より、
Qunoogiesが営業内容をキーマカレー一本の店に変えた、
という情報をもらった。
なんでもメニューはキーマカレーしかなく、
レポートは「もう豚バラブロックは食せないのでしょうか。残念です。」と締めくくられていた。

豚ばらファンとしては一大事。
本日も続く体調不良をおして行ってきた。
やはり自分の目、自分の耳、自分の舌で確認しないと。

お店の近くに行ってみると、
確かに情報どおり「キーマ屋」という屋号に変わっていた。
看板には「終日ランチ」の文字が。
どういうことなのだ。
その謎はあとで解けた。

店内に入り、メニューを見ると、
キーマカレーのほかに豚ばらキーマカレー、南国キーマカレーの文字が。
キーマ屋だけあって、
基本はキーマカレー。
しかし、特派員が行った以降に豚ばらバージョンと南国バージョンが追加になった模様だ。
ボクはもちろん豚ばらキーマカレー・ライスを注文。

カレーはサラダとドリンクがセットになっているのだが、
出てきたサラダは以前と全く同じ。
ドリンクはオレンジジュースとヨーグルトドリンクが加わっていた。

運ばれてきたカレー。
キーマカレーに豚ばらが2つのっている。
豚肉ととり肉のひき肉ににんじん、トマトなどで作られたキーマ。
味はそれほど辛くはない。
一口目はボヤッとした味だと思ったが、
食べ進むうちにバランスがよくなってきた。
豚ばらの脂身もいいアクセントだ。

今日の気分は☆3つ。
以前のバラエティーに富んだメニューも捨てがたいが、
キーマ一本という潔さもよい。
ちなみに営業内容が変わったのは年明けから。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルのの南側ブロック、外苑東通り沿いの2階。

14:00まで禁煙。
すばらしい。

メニュー。
200901141150000.jpg

ランチタイムが一日3回ある。
昼ランチ、夕方ランチ、それに夜ランチ。
だから終日ランチ、ということなのだ。
しかし、ランチは昼、というのは、
ボクの固定概念だったのか・・・

50円割引券をくれたが、
前のお店の券も引き続き使えるとのこと。




京菜/まぐろ丼と牛すじ大根
【20090113】
【メニュー】 京菜風(まぐろ丼小+牛すじ大根小)
200901131151000.jpg
【お店】京菜
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年11月28日
【コメント】
残念なことに風邪をひいてしまった。

となると、
体の芯から温まる食べ物だ。
候補は豚富のユッケジャンかゆんたくの沖縄そば、
あるいは京菜の牛すじ大根。
今日は内臓に優しそうでいて、
力もつきそうな牛すじ大根を選択。

もう何も言葉はない。
やっぱりこの牛すじ大根はうまい。

関節が痛いにも関わらず、
今日の気分は☆5つだ。

100円増しで「大」になるとメニューに書いてあった。
確認し忘れたのだが、
もしかしたら、
愛しの牛すじ大根が「大」になるのだろうか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。

他のメニューも美味しそうなんだが、
結局このメニューを選んでしまう。




雲雀や/しゃけ高菜Bowl
【20090109】
【メニュー】
しゃけ高菜Bow(580円l
本日の味噌汁(140円)
200901091202000.jpg
200901091202001.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】720円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年12月19日
【コメント】
積雪で厳しいランチになると予想していたのだが、
意外にも普通の小雨。
ただ、寒さのために移動は困難。
近くの雲雀やへ。
近場で美味しい弁当が手に入るのは恵まれている。

選んだのはしゃけ高菜Bowl。
Bowlの中はこういう構成だ。
玄米の上におぼろ昆布。
その上に海苔。
具はしゃけと高菜とたまご。
それに脇役として大根おろし、きゅうり、カイワレ大根。
彩りにプチトマト。

しゃけと高菜の塩気が強いのだが、
名脇役たちが見事に全体のバランスを整えている。
お気に入りのBowlだ。

本日の味噌汁の具は、
大根、かぼちゃ、豚肉、豆腐。
少しだけ割高感があるように思える。
ただ、
この季節に味噌汁はうれしい。

今日の気分は☆4つ。
大満足だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるお弁当屋さん。

どんどんスタッフが増えている。
営業が軌道に乗っているのか、
ファンとしてもうれしい限りだ。
雲雀やには、
今年もたくさんお世話になる予定。




JANOJA/アボカドのミートソース
【20090108】
【メニュー】 アボカドのミートソース
200901081203000.jpg
200901081152000.jpg
【お店】青山 JANOJA
【種別】eat in/ひとり
【お値段】990円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】2008年12月10日
【コメント】
たらこといかのパスタを食べようとDENに。
しかし、最速で会社を出たにも関わらず、
すでに満席。
一瞬並んだが10分かかると言われたので断念。
貴重なランチタイムを並ぶことでムダにはしたくないのだ。

その足で向かったのはJANOJA 。
和風のパスタはないが、
パスタには変わりない。

注文したのはアボカドのミートソース。
少しグッとくるパスタにしてみた。

今日のミートソースは以前食べた時と比べて、
あっさりした味に変わっていた。
厨房に女性が入った影響なのだろうか。

にんにくたっぷりで、
食後の心配をしていたこのメニューも、
これならランチにもOKかも知れない。
ただ、もう少しミートソースがかかっていた方が、
まんべんなく味がいきわたるように思う。

今日の気分は☆3つ。
ひとまずパスタが食せたので結果よしとしよう。
それにしても、
ボクを含めてみんな麺類がスキだなぁ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにあるイタリア料理屋さん。地下1階である。
13:30まで店内禁煙。

店内の床が滑りやすいので要注意。




さかゑ/ねばり丼
【20090107】
【メニュー】 ねばり丼
200901071219000.jpg
【お店】鮨処 さかゑ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年4月11日
【コメント】
会議が長引き出遅れ。
雲雀やなら、と思っていってみたが、
なんと店内で長蛇の列。
さらにネイチヤにまで列が。

ウインで唯一列のなかったさかゑへ。
テイクアウトを始めたのを知っていたので、
注文してみた。
その名もねばり丼。

注文を受けてから作り始めるので、
店内でお茶を飲みながらしばし待つ。

ねばり丼の構成要素は、
まぐろの赤身、山芋、めかぶ、オクラ、納豆、刻んだたくあん、
そこにたまごの黄身がのる。
まさに粘り気満載の具材たちだ。

醤油と醤油受けの小皿がついてくる。
つまり、
味付けは自分でやるということだ。
これが面倒だった。

上から醤油をかけ、
全体を混ぜようと思ったのだが、
容器いっぱいにごはんや具材がのっているため、
外にこぼれ落ちてしまう。

少し食べ進んでから全体を混ぜた。
思いっきり。
やはりこの手のどんぶりは、
まぜまぜが原則。
おかげで美味しく食べられた。
特に、刻んだたくあんがいい味のアクセントになっていた。

今日の気分は☆3つ。
650円ならまずまず。
あとは、はじめから味付けをしておいてくれるとうれしい。

それにしても周りの店に比べて客の入りがさびしかった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山にある寿司屋。




くろ麦/かきそば
【20090106】
【メニュー】かきそば
200901061157000.jpg
【お店】くろ麦
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1500円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年12月2日
【コメント】
かきそばだ。
朝からそういう気分。

今日のかきそばも文句なし。
いつもは大きさが揃っているかきだが、
今日は大粒、小粒が混ざって5つ。
それぞれが違ったプリプリ感を出している。

出汁も濃くなく、薄くもなく、
かきとのバランスが絶妙。
完璧だ。

今日の気分は☆4つ。
季節モノ、というところがまたいい。
今シーズンは何回食すことができるだろうか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお蕎麦屋さん。

※お店情報
ツインの立田野跡の店はBright Cafe。
パスタやカレー、それにパンを使った料理がメイン。




ゆんたく/沖縄そば
【20090105】
【メニュー】沖縄そば
200901051153000.jpg
【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年11月10日
【コメント】

☆☆ あけましておめでとうございます ☆☆

さて、2009年初の青一ランチは・・・
もちろん!「ゆんたく」だ。
ゆんたくで身も心も温まろう。

ママの笑顔で迎えられ、
早くも心が温まる。
それに絶品沖縄そばで身もホカホカ。

炊き込みごはんもよし。
つまり、
ゆんたくは最高なのだ。

今日の気分は☆5つ。
いい一年になりそう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCEビルの裏手にあるお店。

本年もよろしくおねがいします。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。