青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京菜/まぐろ丼と牛すじ大根
【20090227】
【メニュー】 京菜風(まぐろ丼小+牛すじ大根小)
200902271151000.jpg
【お店】京菜
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年1月13日
【コメント】
ゆ、雪!?
オフィスの窓から見る雪は美しいけど、
ランチで外に行く、ということになると別問題だ。
それにボタボタと降る雪は、
舞っている時ほど美しくない。

こういう時にはカラダの芯から温まる汁物、
というのが正しい選択だろう。
だから京菜の牛すじ大根。

いつもながらの出汁と、
なによりも桂むきされた大根が秀逸。
おかずとしても汁物としても素晴らしい。
内臓が温まって喜んでいるのだ。

今日の気分は☆4つ。
今度は別メニューもいただこうといつも思うが、
どうしてもまぐろ丼と牛すじ大根の最強タッグの前には勝負にならない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。






スポンサーサイト

dindon/メンチカツ目玉焼き添え弁当
【20090226】
【メニュー】 メンチカツ目玉焼き添え弁当
200902261204000.jpg
【お店】丸の内dindon
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年1月20日
【コメント】
バタバタしているので、
食べたものをあげるだけにしておく。

それにしても、
食べた気がしない。

今日の気分は☆3つ。

揚げたてが食べたい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツィンタワービルの地下1階。
常時10種類以上の弁当が店頭に並ぶ。



ゆんたく/沖縄そば
【20090224】
【メニュー】沖縄そば
200902241154000.jpg
【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年1月5日
【コメント】
今日の気分は沖縄そばか牛すじ大根。
いずれも青一を代表するランチメニューだ。
この二者択一は難い・・・

が、
外に出た瞬間、あまりの寒さに、
距離が近い沖縄そば:ゆんたくにあっさり決定。

今日の沖縄そばは、
ホントに美味しかった。
いや、美味しかったとしかいいようがない。
大満足。

その他のラインアップ。
もずくちゃん、ゴーヤチャンプルー、
お稲荷さん(久しぶり)、グレープフルーツ、
ピーナツクラッカー。

今日の気分は☆4つ。
明日も行こうかな。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCEビルの裏手にあるお店。

沖縄そばの大盛は1000円。

カウンターに置いてあったシーサー。
かわいいので撮ってきた。
200902241153000.jpg

もうひとつ。
こんな写真集が置いてあった。
gajumaru_.jpg

待っている間、パラパラと見させてもらったが、
がじゅまるの木の圧倒的な存在感に、
思わず引き込まれた。
がじゅまるには、妖精が住んでいるらしい。




豚富/石焼きユッケビビンパ
【20090223】
【メニュー】石焼きユッケビビンパ
200902231211000.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】980円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年1月27日
【コメント】
出遅れた。
雲雀やにしようか、
久々にネイチヤをのぞいてみようか、迷う。

ネイチヤに実際に入ってみたが、
どうもイメージがわかず。
うーんと唸りながら豚富をのぞいたらガラガラ。
ウインは雨の日が狙い目、
というセオリーは2009年も生きているようだ。

いつもはユッケジャンを頼むが、
今日は石焼きユッケビビンパを選ぶ。

もう少しまんべんなく石が熱々だとよかったが、
しかし味は申し分ない。

今日の気分は☆4つ。
豚富は何を食べても満足できるのではないか、
思える。
新メニューが加わったらしいので、
今度試してみよう。
といいながら、
ユッケジャンを注文してしまいそうだが。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。




rocket/タコライス
【20090220】
【メニュー】タコライス(大盛り)
200902201200000.jpg
【お店】rocket
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年8月8日
【コメント】
rocket!?
オフィスを出たら赤いワゴンが。
幻を見ているのか!?

今週、rocketのタコライスってもう一生食べることできないのかなぁ、
っていう話をしていた矢先。
しかも今朝、
引き出しに入れてるタバスコを見て、
そろそろ持って帰った方がいいかな、
と思っていた矢先。

そんな流れの中で赤いワゴンを見たので驚いた。
たしかにrocketだ。
これは食べないわけにはいかない。

ということでタコライスの大盛を注文。
実は、
早めにオフィスを出ていたので、
タコライスを買って12時に戻れるように、
外をうろついて時間調整をしてしまった。
このチャンスを逃すと、
次があるかどうかわからないので。

味は・・・
以前とはだいぶ違う気がする。
チーズはクリーム、
ゆでたまごはなし。
それに不思議な香辛料の味。
なんだろう。

しかし、rocketなのだ。
スモークドタバスコをこれでもか、とふりかけていただく。

今日の気分は☆4つ。
また会えたので☆4つだ。

やはり取締りが厳しくて、
この場所を避けていたらしい。
半年経ったので復活。
また定期的に来てほしいものだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビル横に来る赤いワゴン車のお店。

メニューはタコライスとスリランカカレーの2種類。
いずれも大盛無料だ。

固形のチーズは100円でトッピング可能。




LA VERDE/アラビアータ
【20090219】
【メニュー】アラビアータ
200902191157000.jpg
200902191148000.jpg
【お店】trattoria LA VERDE
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年3月20日
【コメント】
今日はパスタかな。
そこから店探しがアタマの中で始まるわけであるが、
久々にLA VERDEにでも行ってみるか、という気持ちになった。

たまにしか行かない店であるが、
いつも巨大ベーコンが鎮座しているカルボナーラを注文している。
量も多く、
味も濃厚なので、
相当な健康体でないと重い。

今日はアラビアータにしてみた。
アラビアータといえば、
パブロフの犬のように「ペンネ」という言葉がセットになっているが、
ここのアラビアータはストレートのパスタだ。

出てきたアラビアータを見て、
少しがっかりした。
トマトソースの量は少なく、
ベーコンは少しだけ。
見た目、かなりさびしいのだ。

がっかり感を補うために、
チーズをたくさんかけて食した。

今日の気分は☆2つ。
1050円でサラダとドリンク付き。
安くはないが、
決して高くもない。
ただ、
なんだか満足感が得られなかった。
やはり、
カルボナーラと戦うべきだったか!?

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ビル地下1階にイタリア料理屋さん。

店名は「みどり」。
しかし、テーブルクロスは真っ赤。

相席が基本である。
しかし禁煙ではないので、
相席の相手がタバコを取り出すと緊張する。
食事をしている横でタバコを吸われるのはいい気持ちがしない。






Riso/まぐろカツ
【20090218】
【メニュー】 まぐろカツ タルタルソース弁当
200902181202000.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年1月19日
【コメント】
やはりrisoのタルタルソースはうまい。
それに、こういうソースは申し訳程度にしか入っていないことが多いが、
この弁当は違う。
まぐろカツの一口一口にたっぷりとソースをつけてもおつりがくる。
ペース配分を気にしながら食べる必要がないのがうれしい。

他のおかずも秀逸。
ごぼうのサラダやおからが美味しい。
しっかりとした味付けで存在感を示している。

今日の気分は☆4つ。
ボリュームにも味にも満足。
特に大きな梅干がのったごはんは、
直前まで保温されていたのでホカホカ。
ココロも温まる。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

本日のメニュー。
200902181157000.jpg




雲雀や/豚肉とクレソン
【20090217】
【メニュー】 豚肉とクレソンのマスタード風味、鶏そぼろ
200902171202001.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年1月9日
【コメント】
ガマンしきれず、
2順目に・・・
雲雀やの弁当に対する禁断症状には抗いがたかった。

ひとつひとつのおかずを噛みしめながら食する。
この行為が楽しい、と思わせてくれるところが素晴らしいのだ。
だから食べるのに時間がかかる。
楽しいことは、
1秒でも長く味わっていたい。

今日の気分は☆4つ。
やはり、
何事も「ガマン」はよくない。
食べたモノを食べる。
基本だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるお弁当屋さん。




生活彩家/おにぎり など
【20090216】
【メニュー】
おにぎりとパンとスープ

【お店】生活彩家 青山2丁目店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】550円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年9月19日
【コメント】
花粉症!?
超長いこと発症していなかったので、
ショック。
なのでやる気がでない・・・

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山ビルの1階にあるコンビニ。



まそほ/さば
【20090213】
【メニュー】 まそほ ランチ(さば)
200902131200000.jpg
【お店】まそほ
【種別】eat in/ひとり
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年12月18日
【コメント】
何を食べるかイメージがわかないまま、
まそほの前まで行ってしまった。
ふと見ると、
店の雰囲気とは異なるこんな看板が。
200902131216000.jpg

「Special Day いつもの味噌汁が豚汁に」
なんと、
豚汁Loveのボクにとって、
食いつかずには入られない情報だ。
そのまま店内へ。

今日の魚はさば、かます、えぼ鯛。
ボクはさばを注文した。

出てきました豚汁。
何をさておいても、
まずは豚汁だ。

美味い。
ボクの理想とする豚汁に近い。
しかもこれでもかというくらい、
たっぷりと具も入っている。

いや、この味はナンだ?
濃い目の味噌であるが、
日本の味噌と少し趣が違う味がする。
そう、まるで中国の甜麺醤のようだ。
これは面白い。

今日の気分は☆4つ。
豚汁につきる。

あ、次のSpecial Dayを確認するのを忘れた・・・

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにある京都が本店のお店。
内装がおしゃれだ。

メニューの画像。
200902131151000.jpg

オプションとして明太子(200円)、納豆(150円)、生卵(50円)が用意されている。
生卵の50円は吉野家並の価格設定だ。

カウンターに座っていて、
横に喫煙者が来たらイヤだな、
といつも思ってしまう。
ランチタイムだけでも、
さらにカウンターだけでも禁煙になるとうれしい。




龍府/肉団子チャーハン弁当
【20090212】
【メニュー】 肉団子チャーハン弁当
200902121201000.jpg
【お店】龍府(ロンフー)
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年12月8日
【コメント】
年明けから「同じ店に行かないキャンペーン」はいまだに続いているのだが、
めんどくささ度合いがかなり高まっている。
一応このキャンペーンにも意味がある。
青一のランチにはどんな店があるのかを、
あらためて洗い直す、
という目的だ。

ということで、
今日は龍府へ。
注文はもちろん肉団子。

肉団子はいつも通りの甘だれ。
食欲を増進してくれる。
今日はレンコンのシャキシャキとした食感が復活し、
満足。

もうひとつのおかずは春巻き。
春巻きに対する強い愛情を持っているわけではないが、
具を炒め、皮に包み、さらにそれを揚げるという、
面倒なので最初の炒めたモノを食べてしまいそうな気持ちをグッと抑え、
さらに一手間、二手間をかける、その意気込みに惹かれる。

今日の気分は☆3つ。
それほど空腹感が強いわけではなかったので、
正直、満腹でつらい。
残してしまったのも申し訳ない。

ガッツリと腹持ち、という観点では、
上位にランクされる弁当だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り、銀杏並木入り口あたりの南側。
地下1階の中華料理屋。
弁当は1階の青山通り沿いでおばちゃんが売っている。

そろそろキャンペーンも・・・




サンマルク・カフェ/パン
【20090210】
【メニュー】
カルボナーラポテトピザ(220円)
ハムチーズ&サラダサンド(290円)
チョコクロ(160円)
200902101203000.jpg
【お店】サンマルク・カフェ 青山一丁目駅前店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】670円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年11月25日
【コメント】
朝、青一の交差点での信号待ち。
パンを焼くいい香りにつられてサンマルクの店内をのぞいたら、
スタッフがパン焼きの真っ最中。
あまりに美味しそうだったので、
今日のランチはこれに決まり。

カルボナーラポテトとは、
なんとも魅惑的な響き。
何の迷いもなくゲット。
ここのピザ系は、
台が薄く、
それでいてモチモチしているところが気に入っている。

サンドイッチは、
はさんでいる具の量が減った。
いや、減らしてもかまわないのだが、
全体に均等に具が挟まるように配置してほしい。

今日の気分は☆3つ。
焼きたてのパンが食べられるのはうれしい。
そのあたりがサンマルクの最大の特徴だろう。
温かなチョコクロはおいしい。

実はチョコクロを2つ買おうと思っていたのだが、
トレーが小さく、
ひとつしかのせられなかった。
無理してでも、
と少し後悔・・・

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山一丁目交差点にあるパン系コーヒー屋さん。
その場でパンを焼いている。

suicaが使えて便利だ。




もっつあれら7/アボカドまぐろ丼
【20090209】
【メニュー】 アボカドまぐろ丼(大盛)
200902091207000.jpg
【お店】もっつあれら7
【種別】eat in/ひとり
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年9月9日
【コメント】
今日はもっつあれら7へ。
この店のランチは12時からとちょっと遅めのスタートのなので、
少し出遅れて、かつ外で食べたい日にはちょうどいい。

注文したのはアボカドまぐろ丼。
外のメニューには「アボまぐ丼」と表記されていた。

丼の他には、
キャベツのごま油合え、
それと豚汁(!)がつく。

運ばれてきた丼をのぞきこんだ第一印象。
あれ?アボカドの量が減っているかも。
それでも、
まぐろとアボカドとコチュジャン風味のタレで、
ごはんがススムので問題なし。

今日の気分は☆4つ。
ピリ辛の味付けが食欲を刺激する。
月曜日の怠惰な内臓を目覚めさせるにはいい。

アボカドは不思議な食べ物だ。
いろいろな姿を見せてくれるにくいヤツ。


【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の入り口近く、青山通り沿いにある九州料理ともつ鍋の店。

お昼のメニュー。
200902091204000.jpg

大盛は無料。
味付けがしっかりしているので、
男子は大盛にすることをオススメする。
おそらく、
大盛で他の店の普通盛とほとんど量が変わらないのでは、
と思われる。




実之和/かれー麺
【20090206】
【メニュー】 かれー麺 並盛
200902061155000.jpg
【お店】かれー麺 実之和
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年12月16日
【コメント】
何を食べるかだいぶ迷ったが、
結局、実之和でかれー麺を食することに。

注文はいつものかれー麺とサービスの半ライス。
味は最近の高評価を維持。
プリプリ、つるつるの太麺も、
コクのあるかれースープも、
もちもちのライスも、
どれも好みだ。

かれー麺が運ばれてくると、
まずは青ネギを熱いかれースープに浸して、
熱を通す。
少ししんなりとしたねぎを豚しゃぶ肉で巻いて食べるのだ。

という感じで、
食べるパターンも決まってきた。

今日の気分は☆4つ。
値段もリーズナブル。
味もよし。
量も充分。
はじめて食した時の感想とは大違いだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

今日はほとんどが男性客だった。





てんぷら石原/天丼
【20090205】
【メニュー】 よくばり天丼
200902051201000.jpg
【お店】てんぷら石原(磯美家)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1628円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年11月26日
【コメント】
うーん、1628円。
前回はなぜかすんなり受け入れていたが、
今回はあらためて高さに躊躇してしまった。

品質と値段設定のバランスが、
なんてことを思っているわけではなく、
はたしてランチに1628円も出していいのか、
という話だ。

だったらもっと安い丼(普通の天丼は840円也)を注文すればいいとも思うのだが、
しかし、
ボクは穴子とキスの天ぷらを食べたいのだ。
そんなこんなをメニューを見ながら考え、
躊躇していたのだ。
結局はいつもの「よくばり天丼」を注文することになるのだが。

よくばり天丼のネタは、
穴子、えび、キス、茄子、ししとう。
野菜は茄子かしいたけから選ぶことができる。

ごはんの炊き加減がちょうどよく、
サラッとしたつゆと天ぷらによくマッチしていた。
まさに丼仕様の炊き上がり。

穴子はいつもなら恥ずかしいくらいに丼からはみ出しているのだが、
今日は小ぶり。
海老がプリプリで大満足。
もちろん尻尾まで平らげる。

今日の気分は☆3つ。
一番注文が入る丼は、
メニューの一番始めに掲載されている「えび野菜天丼」だ。
1200円台。
次回からこれにするか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の入り口近くにある。

通常の天丼は840円。
ごはんの中盛までは無料。
味噌汁は別料金となる。




Bright Cafe/カレー
【20090204】
【メニュー】 豚ひき肉のミルクカレーライスSet
200902041157000.jpg
200902041206000.jpg
【お店】 Bright Cafe
【種別】eat in/ひとり
【お値段】980円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
ツインの立田野跡に開店したお店に行ってみた。
Bright Cafe。

お店に入るとタバコを吸うかを確認される。
分煙だ。
よろこばしい。

メニューは和風生パスタ系とカレー。
今日は多少ガッツリ食べたかったので、
カレーを注文してみた。
それにしても、
ミルクカレーライス、とは。

セットとうたっていて、
カレーの他、
自然野菜のサラダ
スイーツ(レモンゼリー)、
ハーブティ(ルイボス茶)がついてくる。

カレーはその名の通り、
ひき肉のカレー。
これといって特徴はないが、
家庭的で好きな味だ。

980円という値段設定だが、
スイーツもハーブティもなしで800円くらいになると、
リピート率も上がるとか上がらないとか。
ちなみに持ち帰りもあり、
そちらのカレーは700円だ。

今日の気分は☆3つ。
結局、ミルクカレーのミルクの意味はわからずじまい・・・

変な咳を連発しているフロアスタッフがいて、
口元に手をあてずにするものだから、
気になってしまった。
咳で腹筋がついた、
などと客の雑談している姿は美しくない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインビルの地下一階にある。

メニュー。
200902041152000.jpg

次回は和風生パスタを試してみたい。




美松/寿司
【20090203】
【メニュー】 にぎり1.5人前
200902031151000.jpg
【お店】すし 美松
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年12月4日
【コメント】
さかな気分。
焼きか煮物か、はたまた刺身か。
結局選んだのは寿司。
美松へ。

美松はボク的には青一で一番安心して食べることのできる寿司屋だ。
特に奇をてらったネタが出てくるわけでもなく、
高級なネタがのってくるわけでもなく、
とてもオーソドックスなランチの寿司なのだ。

だからなのか、
寿司屋というとアウエイ感があるのだが、
美松は不思議とホーム。

移転してキレイになって、
板前さんたちの挨拶にも活気が出て、
お客さんも増えて、
いいこと尽くめだ。
それでもホーム感は変わらず。

今日も注文は「てんご、えびぬき」。
にぎりの1.5人前で蒸海老を抜いてもらった。
ネタはいつも通りだが、
たまごが絶品だった。
寿司屋のたまごはなぜウマイのか。
ほんのりとした甘みがたまらない。

今日の気分は☆4つ。
アラ汁の味噌汁もおいしい。
おかわりをしたい気分だ。
(小心者なので言い出せない・・・)。

店に入ってから食べ終わって出るまで、
10分くらいしか経過していないと思う。
寿司はサッとつまんで、
パッと帰る。
粋だねぇ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの南側。外苑東通り沿いの寿司屋。

ランチのメニューは、
にぎりの1人前と1.5人前、
ちらしの1人前と1.5人前の4種類。




日比谷園/坦々麺
【20090202】
【メニュー】 坦々麺
200902021158000.jpg
【お店】日比谷園
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年10月6日
【コメント】
今日は日比谷園。
年が明けたのを機に、
どこまで同じ店に行かずに青山ランチを過ごせるかチャレンジ中。
店の数からして3カ月は大丈夫とふんでいるが、
その前に違う理由で挫折しそう。
そろそろ面倒になってきたのだ・・・

注文は坦々麺。
この店での定番である。
同じ値段で高菜坦々麺もあるが、
やはり基本はシンプルな坦々麺だ。

トロッとしたスープに絡みつく、
モソっとした麺。
この麺が普通のらーめんに使われていても、
まったく合わないと思う。
やはり坦々の濃厚で絡みつく感じのスープ仕様なのだ。

かすかに八角のきいたひき肉と青梗菜。
まさに坦々麺の王道といえよう。

麺のほか、チャーハンとデザートの杏仁豆腐がつく。

今日の気分は☆3つ。
味だけなら☆4つの気分。
しかし、
店に入った時からタバコの匂いが気になってしまった。
その場で吸ってる人のけむりの匂いではなく、
壁などにしみついた匂いだ。
苦手である。

坦々麺はおいしいので、
そのあたりを改善してくれるとうれしい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ビルヂングの地下1階。

店頭で弁当も販売している。
量が多く、
ワンコインなので人気が高いため、
12時にはほとんどなくなる。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。