青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スパゲティDEN/さけとほうれん草のクリームパスタ
【20090529】
【メニュー】 さけとほうれん草のクリームパスタ
200905291157000.jpg
【お店】スパゲティDEN
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年4月13日
【コメント】
雨だ。
気圧のせいか、
気が滅入る。
とはいえ、
容赦なくオナカは減るので、
気力を振り絞ってオフィスを出る。

なんとなくパスタ気分だったので、
DENへ。
雨の日に地下の店に入るのは、
少しばかりドキドキするのだが、
他の選択肢を考えるのも面倒なので、
今日はここで。

一瞬、自分のメガネが曇ったのではないかと錯覚するほど、
店内はもくもく状態。
換気が悪いのか。

注文したのは、
さけとほうれん草のクリームパスタ。
今日のクリームソースは、
まるでスープパスタのようだった。
出来上がりの直前に生クリームを足していたからだが
(カウンター席にいると、いろいろみえる・・・)、
これはこれで悪くない。
微妙にパスタへのソースの絡みが悪いのは仕方ないが。

今日の気分は☆3つ。
湯で具合の加減だったのか、
いつもはあまり感じない生パスタのもちもち感が楽しめた。
しかし、それは初めだけ。
やはり生パスタは水分吸収効率が高いのだろう。

12時を過ぎると階段に長蛇の列ができるのだが、
雨のせいか、
客足は遅かった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木のふもと、青山通り沿いの地下にある生パスタ専門店。
人気店で、12時前から長い列ができる。

大盛は150円増しでパスタが1.5倍。


昨日のみなと亭に続き、
今日もスーツにたっぷりと旨みがしみこんだ・・・



スポンサーサイト

横濱みなと亭/ハンバーグ
【20090528】
【メニュー】みなと亭和風ハンバーグ
200905281153000.jpg
【お店】横濱みなと亭
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年1月30日
【コメント】
「雨の日のウインは出足が遅い」。
肉が食べたかったので、
ウインのみなと亭へ。
いつもは12時前にも関わらず列ができているのだが、
予想通りにすんなり入れることができた。

注文したのは和風ハンバーグ。
大根おろしがたっぷりだ。
テーブルに備え付けのタレをかけて食べる。

今日のハンバーグは、
少しだけ火を通し過ぎていた。
試したことはないが、
焼き加減は指定できるのだろうか。

ハンバーグと、
大根おろしと、
タレと、
ほどよく火が通って甘みが引き出されたたまねぎ。
このコラボとライスの相性は抜群だ。

今日の気分は☆3つ。
デミグラスソースや塩コショウもいいが、
大根おろしだとガッツリ食べても大丈夫。
重い肉も多少ライトになる。
そんな気がするのだ。
思い込みだろうか・・・

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの南側、ウィン青山の1階にあるお店。

12時前には満席になる人気店。

メガネにたっぷりとアブラの飛沫が。
ということは、
アタマにもスーツにも旨みが染み込んでいるという事だ。





さかゑ/おれんじ丼
【20090527】
【メニュー】 おれんじ丼
200905271211000.jpg
200905271209000.jpg
【お店】鮨処 さかゑ
【種別】Eat i/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年1月7日
【コメント】
さかゑのおれんじ丼が以前から気になっていて、
一路ウインへ。
12時前にも関わらず人であふれかえっているウイン。
さかゑにもそこそこ人が入っていた。

もちろん注文したのはおれんじ丼。
サーモンといくらとうに。
豪華な丼ではないか。

思った以上にサーモンがたくさん配置されていて、
そして思った以上にいくらも散りばめられていて、
うには想定通りであったが、
悪くない。
丼に煮物とサラダと味噌汁がついて1000円。
味には満足。

今日の気分は☆3つ。

しかし、このお店、
ホール係りが全然機能していなくて、
先入れ後出し、
品物の出し忘れ、出し遅れ、
そんなことのオンパレード。
こういうことにいらつく人は要注意だ。

ウインの他の店が軒並み人気店になっていて、
その余波でさかゑにもお客さんが入ってきているように思える。
さばけるキャパを完全に超えてしまっているのだ。

まずは役割分担を明確にしよう。

オレンジ丼は気に入ったので、
精神状態がいい時に、
また食べに行くことにしよう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山にある寿司屋。

持ち帰りもあり。


※お店情報
ツインビルの東館1階に「お弁当フードコート」なるエリアが5/28にオープンする。
今朝、交差点で受け取ったチラシの情報だ。
チラシによると、
4店舗の弁当が売られるようだ。
いずれも500円以下の値段設定。
どんな感じなのだろうか。

消えるお店があれば、
オープンするお店あり。
青一も新陳代謝が激しくなってきた。







雲雀や/キーマカレー
【20090526】
【メニュー】 キーマカレーBowl
200905261205000.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】500円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年5月13日
【コメント】
閉店になるネイチヤに行こうと思ったが、
どうもガッツリ気分ではなかったので、
結局は雲雀やに。

久しぶりにキーマカレーBowlを選んでみた。
Bowlは見た目にも美しい。
たまごの黄色、
かぼちゃのオレンジ、
クレソンのみどり、
パプリカの赤、
なすの紺。
やはり、
見た目は重要だ。

食べていると、
コリッとした食感が。
なんだろうと思い確認してみると、
たくあん(たくわん?)だ。
なるほど、
福神漬け的な役割と、
食感の意外性を狙っているのか。

今日の気分は☆4つ。
雲雀やといえば玄米だ。
このBowlにももちろん玄米が使われている。
これをゆっくりとゆっくりと噛みしめながらいただくのだ。
味わうことの大切さをあらためて教えてくれる。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるお弁当屋さん。





実之和/かれー麺
【20090525】
【メニュー】 かれー麺 並盛
200905251159000.jpg
【お店】かれー麺 実之和
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年3月26日
【コメント】
王様のブランチで、
外苑/青一地域のランチ事情が紹介されたとのこと。
情報、ありがとうございます。
こんな青一のような辺境の地が選ばれるとは、
不思議なこともあるものだ。

これによって、
青一のランチタイムが混みあう、
などということはあり得ない・・・はず。

それとは関係なく、
今日の少しばかり涼しい陽気もあって、
かれー麺を食べに実之和へ。

注文はいつも通りに、
かれー麺の並盛に半ライス。
それに今日は紙エプロンをつけてみた。

いつもカレーがスーツにはねそうで、
ひやひやしながら食しているわけなのだが、
紙エプロンをくれることを知ったので、
今日は装着してみたのだ。

ここのかれー麺は、
食べるたびにボクの好みにフィットしてきているような気がする。
それはまさに気がするだけで、
そんなことはあり得ない事は承知。
ボクの舌がかれー麺に慣れた、ということだ。

それでも、
好みのメニューが増えるのは喜ばしいこと。
スープもほぼ飲み干し、
ライスも完食。
満足、満腹である。

今日の気分は☆4つ。
少しクセのある豚肉は、
青ネギを巻いて食べるのがオススメ。
青ネギを豚しゃぶの肉で巻いて、
カレーに浸し、
口へ。

紙エプロンを確認したが、
飛沫はなし。
今日は不用だったみたいだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。



※お店情報
ネイチヤが5/29をもって閉店とのこと。
今週いっぱいだ。
青一のランチ戦線は厳しいようだ。





Muu Muu COFFEE【本日閉店】/ロコモコ
【20090522】
【メニュー】 ロコモコ
200905221155000.jpg
200905221149000.jpg
【お店】Muu Muu COFFEE
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年4月15日
【コメント】
Muu Muuが本日を持って閉店するという情報をメールでいただいた。
大好きなお店だっただけに、
驚きと悲しみが一度に襲ってきた。
そのメールをいただいたのが昨日。
となると、
今日がMuu Muuに行くことができるラストチャンスなのだ。

もちろん駆けつけた。
いちょう並木の信号は変わるまでに時間がかかるので、
タイミングを合わせるために、
ホントに走った。

注文を何にするか、
とても迷った。
走っている途中から迷っていた。
長考の末に出した結論が「ロコモコ」。

このお店に入って初めて食べたのがロコモコだった。
その頃とは見た目も味も全く違うが、
ハワイといえば、ロコモコなのだ。

今日のロコモコはいつも以上に超がつくB級感だった。
おそらく、
味のレベルでは他のメニューの方が上であろう。
でも、
このB級感がたまらないのだ。

今日の気分は☆4つ。
もうスパム丼も納豆アボカド丼もタコス丼も食べることができないかと思うと、
ホントにさびしい。
ここの紅茶も好きだった。

ありがとう。

これが初めてMuu Muuに入った時のレポートだ。
懐かしい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木のたもと。すこし裏手にあるお店。

本日をもって完全に閉店。
上の階のオフィスが移転しまうので、
それに伴う閉店とのことだ。


情報メール、ありがとうございました。
メールがなければ、
知らずに涙に暮れているところでした。




ユーマート/のり弁
【20090521】
【メニュー】
のり弁 (380円)
ほうれん草のごま和え (120円)
帆立クリームコロッケ (100円)
200905211204000.jpg
【お店】ユーマート
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年8月19日
【コメント】
今日は寿司気分だったが、
会議が長くて気力が失せたので、
近場のユーマートへ。

選択肢の多いユーマートではあるが、
やはりここはのり弁だろう。
380円という価格設定はうれしい。

今日はこののり弁にほうれん草のごま和えと
帆立クリームコロッケを追加して、
豪華版にしてみた。
これでも600円。

かなり満足。
ちなみに、
帆立クリームコロッケに、
帆立の姿を見つけることができなかったのはご愛嬌だ。

今日の気分は☆3つ。
白身魚のフライを食べていたら、
急にフィッシュ&チップスが食べたくなった。
キルケニーで流し込むのだ。
うしし!

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの裏手、ウィン青山ビルの1階にあるお弁当屋さん。
メニューの豊富さと、値段設定のバラエティーさがウリだ。





サンマルク・カフェ/パン
【20090520】
【メニュー】
ベーコンポテトピザ(220円)
ハムチーズ&サラダサンド(290円)
チョコクロ(160円)
200905201205000.jpg
【お店】サンマルク・カフェ 青山一丁目駅前店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】670円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年2月10日
【コメント】
チョコクロが食べたくなった。
ということで、
ランチはサンマルク。

選んだピザパンもチョコクロも焼きたて。
これがサンマルクの最大の魅力だろう。
パン好きにはたまらない。

ここのサンドイッチのパンには耳がしっかりと付いているのだが、
考えてみると、
トーストしていないパンの耳を食べるのは、
サンマルクでだけな気がする。

今日の気分は☆3つ。
チョコクロのバリエーションが出始めている。
今は抹茶チョコクロ。
食べないうちから断言するのもいかがなものかと思うが、
やはり王道でいくべきだろう。
「これはこれでおいしんだけど・・・」的な雰囲気がするのだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山一丁目交差点にあるパン系コーヒー屋さん。
その場でパンを焼いている。

suicaが使える。





ゆんたく/沖縄そば
【20090519】
【メニュー】沖縄そば
200905191152000.jpg
【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年4月17日
【コメント】
やばい、
うますぎ。
ゆんたくの沖縄そば。
強烈にしあわせな気分だ。

作り手がいつものおばさまに戻り、
微妙な違いなのだが、
なんだかホッとする味だった。
少しだけ味付けが濃いのだが、
その塩梅が絶妙。
ホント、おいしかった。

今日の組み合わせ。
沖縄そば、お稲荷さん、島豆腐、
もずくちゃん、グレープフルーツ、
ピーナツクラッカー(ピーちゃん)。

定番の煮物にはしいたけの姿はなかったが、
戻し汁で煮ているからと、
島豆腐に変えてくれた。
気をつかっていただき、
感謝。
そんな優しさも、
このお店がステキなところなのだ。

今日の気分は☆5つ。
かまぼこもスパムも紅生姜も、
沖縄そばを構成している何もかもがおいしかった。
よほど今日のボクの細胞が、
沖縄そばとフィットしていたということなのだろう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCEビルの裏手にあるお店。

沖縄そばの大盛は1000円。




豚富/ユッケジャン
【20090518】
【メニュー】ユッケジャン
200905181150000.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年3月23日
【コメント】
オフィスがあまりにも寒く、
カラダが冷え切った。
この冷えた体を温めるランチにしよう。
候補は実之和のかれー麺か豚富のユッケジャン。

オフィスを出たら、
外が意外に暖かだったので、
近場の豚富に決定。

今日のユッケジャンは味が濃かった。
辛いというよりも、
濃い!という感じだ。
だからごはんがススム。

キライな濃さではないのだが、
やはり素材やスープの味を楽しみたいので、
もう少し抑え気味の方がうれしい。

今日の気分は☆3つ。
カラダが温まるを超えて、
うっすら汗をかいてしまった。
これで午後の仕事に向けてのエンジンはかかった・・・はず。

相席になった女性が同じくユッケジャンを食べていたのだが、
驚くべきことに、
ごはんをまったく汚さずに食べていた。
普通は箸やスプーンに付いたスープで、
白いごはんが赤くなっていくのだが。
美しさに、感激した。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。




長寿庵/カツ丼
【20090515】
【メニュー】カツ丼
200905151155000.jpg
【お店】長寿庵(あおやま 渡邊)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年12月29日
【コメント】
週の半ばに発症したカツ丼渇望症。
まだ引きずっていたので、
今日はけりをつけてきた。

いろいろと迷ったが、
長寿庵のカツ丼を選択。
ここのカツ丼はしいたけ入りなので、
注文時にはしいたけ抜き、というのが常。
お手数かけます。

今日のカツ丼@長寿庵は、
いつもと少し感じが違っていた。
ここの最大の特長が、
つゆがひたひたなところなのだ。
それが妙に気にいっていたりする。

しかし、
それがなかった。
カツの衣にすこし焦げたようなところがあり、
そこから推測するに、
火にかける時間が長かった、
ということか。

カツ丼の他、
サラダ、お新香、味噌汁。
ごはんの量が多く、
少し残してしまった。
満腹。

今日の気分は☆3つ。
これでしばらくはカツ丼を食べずに人生を送れるだろう。

それにしても、
オナカに納めた食べ物たちを、
ちゃんと消化できるのだろうか。
胃薬の出動?

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCEビルのすぐ横。

昼過ぎには列ができる人気店。






桃太郎/モモタロウメン
【20090514】
【メニュー】 特製モモタロウメン
200905141157000.jpg
【お店】 中華 桃太郎
【種別】eat in/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
タンメンが食べたくなった。
外は気持ちがいいので、
新規開拓をしてみることに。
中華の「桃太郎」だ。
新規開拓といっても、
このあたりでは古くからある店なので、
いまさら感はあるが。

タンメンを注文しようとメニューを見たら、
一番初めに書いてあった「特製モモタロウメン」が気になった。
そこに書いてあるということは、
オススメなんだろう。
しかも「特製」だ。
迷わず注文。

これがおいしかった。
あんかけのラーメンだ。
この料理の一般的な名称はわからないが、
横浜のご当地麺である「サンマーメン」のもやしを白菜に変えた版、
といえば伝わるだろうか。

野菜の絶妙なしゃきしゃき感。
辛すぎず、麺によく絡む旨味たっぷりのスープ。
そして何よりも麺がおいしかった。
細めの縮れ麺。
少しモソッとした食感が好みだ。

今日の気分は☆4つ。
今まで桃太郎に行かなかったことを後悔した。
店内がわさわさして、
タバコの煙がもうもうとしているイメージを勝手に持っていたのだ。

それがさにあれず。
11:30から14:00まで禁煙だし。
店内はそこそこゆったりしているし。
それに店員の感じがよい。

今後は確実にランチのローテーション入り。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

11:30~14:00まで禁煙がうれしい。

※お店情報
魚がし日本一の後(紫金の隣)はカレー専門店になる模様。
5月下旬オープンとのことだ。
これで1階も2階もカレー専門店になる。





雲雀や/鮭塩焼き
【20090513】
【メニュー】 鮭塩焼き、鶏そぼろ
200905131203000.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年4月28日
【コメント】
昨日、
ウチのチームの青年が、
おいしそうにユーマートのかつ丼を食べていたので、
気持ちがそちらの方にいきかけていた。

念のために、と、
雲雀やものぞいてみる。
いやー、
やはり雲雀やの弁当を見てしまうと、
後には戻れない。

選んだのはメインが鮭の塩焼きの弁当であるが、
メインもさることながら、
高野豆腐やオーロラソースのかかったオムレツが、
とてつもなく美味しそうに見えたのだ。
しかも、事実おいしかったから恐れ入る。

今日の気分は☆4つ。
まだかつ丼を食べたい気分は収まっていないが、
今日のランチに関しては満足した。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるお弁当屋さん。

ウィンは今日も人であふれていた。





生活彩家/おにぎり など
【20090512】
【メニュー】
赤飯 おにぎり
紅鮭 おにぎり
根菜の黒胡麻サラダ
「冷え知らず」さんの生姜とん汁(永谷園)

【お店】生活彩家 青山2丁目店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】608円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年2月16日
【コメント】
赤飯のおにぎりが食べたくなったのでコンビニへ。
無性に赤飯が食べたくなることがある。
しかし、
赤飯ほどコンビニによって味が違うモノはないように思う。
どこも、まじめに研究しているとは思えない。

永谷園の生姜とん汁は気に入った。
これでもか!
と生姜が入っていて、
かなりグッとくる。
生姜好きにはたまらない。

今日の気分は☆3つ。
おにぎりはいいのだが、
やはりおかずも欲しい。
そのニーズを満たすには、
コンビにでは不十分なのだ。
雲雀やのおかずセットとコンビニのおにぎりというコラボはどうだろう。
と、ふと思った。
機会があれば実行しよう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山ビルの1階にあるコンビニ。



Riso/アマトリチャーナ
【20090511】
【メニュー】 パスタAセット
スパゲッティ アマトリチャーナ
いかと明太子のサラダ
フォカッチャ
200905111202000.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年4月21日
【コメント】
risoのパスタだ。
そう決まれば早い。
青山の裏通りを一目散。

注文したのはアマトリチャーナ。
risoのパスタはトマトソース系であればハズレはない。
しっかりと濃厚に作られているので、
好みなのだ。

容器に残ったソースも、
フォカッチャでしっかりとすくって食べ干す。
濃厚なトマトソースと、
ベーコンのコクが、
フォカッチャによく合う。

今日の気分は☆3つ。
blogを読み返したら、
risoのパスタは久々だった。
単品で500円ワンコイン。
味もそこそこなので、
オフィスで食べたい時には、
いい選択だ。

ただ、容器が深いせいか、
フォークの使い方のせいか、
トマトソースが飛び散るのをケアしながら食べるのは、
ちょっと神経を使う。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。





キーマ屋(旧:Qunoogies)/豚ばらキーマカレー
【20090508】
【メニュー】 豚ばらキーマカレー ・ライス
200905081159000.jpg
200905081153000.jpg
【お店】キーマ屋(旧:Curry Diner Qunoogies)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年3月19日
【コメント】
今日はカレーだ。
降り続いていた雨があがったので、
歩道橋をわたってキーマ屋に行ってきた。

注文はいつもの豚ばらキーマ。
店のカレーバリエーションは増えているのだが、
結局は同じものを注文してしまう。

今日のカレーは少し辛め。
カイエンペッパーの出番はなし。
豚バラはカレーとの一体感が少し足りなかったが、
カレー自体はコクがあって、
味が進化している。

ドリンクとサラダ付。
ドリンクはコーヒー、紅茶、オレンジジュース、
ヨーグルトドリンクから選べる。

サラダのドレッシングがまた変わっていた。
定期的に変えているのかも知れない。

今日の気分は☆3つ。
ライスの替わりに野菜がのるというベジというメニューがある。
隣のテーブルの方々が注文していて、
初めて見たのだが、
とても美味しそう。
しかも健康そう。
注文したい気もするが、
カレーはライスとの相性の方がいいように思えてならないので、
どうなのだろうか。

今日も満腹で、
少しライスを残してしまった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルのの南側ブロック、外苑東通り沿いの2階。

14:00まで禁煙。
すばらしい。

Qunoogiesの50円割引券は引き続き使える。



奈加山/いわし竜田揚
【20090507】
【メニュー】いわし竜田揚
200905071156000.jpg
【お店】奈加山
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年1月21日
【コメント】
さかな気分。
そして白いごはん。
行き先は奈加山だ。

注文は竜田揚げ。
今日の魚はいわし。

今日は全体的に味付けが濃かった。
竜田揚げも味噌汁も、
小鉢も漬物も。
おかげで、
いつもは残り気味なごはんも、
逆に足りないのでは、
と思えるほどのハイペースで胃に収まっていった。

味付けが濃いといっても、
塩辛いわけではないので、
カラダに負担がかかるという濃さではなく、
いい塩梅でごはんがススム感じだ。

いわしの竜田揚げは、
外がカリッと、
そして中はフワッと揚がっていて、
理想的な具合だ。
いいタイミングで揚げている。
じゃがいもの竜田揚げもホクホクだった。

今日の気分は☆3つ。
揚げ物とはいえ、
やはり魚は優しい。
今日はごはんを食べるペース配分も問題なし。
満足。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りの一本南裏手、ポーラビルの裏にある。
ランチタイムは禁煙となる。

付箋にメニュー名を書いてスタッフに渡す独特の注文法。
会計時にも使われる。




もっつあれら7/アボカドまぐろ丼
【20090501】
【メニュー】 アボカドまぐろ丼(大盛)
200905011204000.jpg
【お店】もっつあれら7
【種別】eat in/ひとり
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年2月9日
【コメント】
アボカドが無性に食べたくなった。
どこで食べようか。
で選んだのがもっつあれら7。

もちろん注文はアボカドまぐろ丼だ。
キャベツのごま油合え、
豚肉がたっぷりの豚汁がつく。

キャベツも豚汁にも、
ごはんにピッタリな丼の韓国風ピリ辛のソースにも満足。
しかし、
ひとつ致命的なことが。
なんとアボカドがまだ熟れていなかった。
熟れていないアボカドほど哀しいモノはない。
残念だ。

今日の気分は☆3つ。
とはいえ、
ここのアボまぐ丼は味付けが好きだ。
次回のアボカドは熟れていますように、
と祈りつつ、
食べ終わった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の入り口近く、青山通り沿いにある九州料理ともつ鍋の店。

お昼のメニュー。
200905011201000.jpg

大盛は無料。
味付けがしっかりしているので、
男子は大盛にすることをオススメする。
おそらく、
大盛で他の店の普通盛とほとんど量が変わらないのでは、
と思われる。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。