青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


実之和/かれー麺
【20090630】
【メニュー】 かれー麺 並盛 (半ライスサービス)
20090630115547.jpg
【お店】かれー麺 実之和
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年5月25日
【コメント】
オフィスを出たら雨も止み、
少し涼しかったので、遠出をしてみた。
目指したのは実之和。
最近、カレー比率が高いように思う。

注文はいつものかれー麺の並盛に、
サービスの半ライス。

今日もかれースープとプリプリとした太麺がよくマッチして、
おいしかった。
スープは少し和風テイストが勝っていたためか、
一瞬、古奈屋のかれーうどんを思い出した。
このスープに牛乳を投入すると、
似てくると思われる。

今日の気分は☆4つ。
今日は紙エプロンを使わなかったが、
さいわいにしてカレーの飛沫に襲われなかった。

大満足のかれー麺であるが、
やはり豚肉のクセと、
使いづらいスプーンがいつも気になる。
そう思っているのは、
きっとボクだけなのであろう。

今日のデザート。
20090630121634.jpg
コンビニで見つけたマンゴーのビスコ。
話のネタとしてはいいが、
やはりノーマルビスコにはかなわない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。


最近は新規開拓をサボっている。
大反省だ。
ロイヤルガーデンカフェにも、
ナディアにも、
FIATCafeにも、
魚がし日本一の後にできたカレー屋にも、
赤坂図書館の1階にできたレストランにも、
弁当屋フードコートにも、
行っていない。
これからさらに暑くなると、
さらに行動範囲が狭まる予感・・・




スポンサーサイト

ボンヌ/パン
【20090629】
【メニュー】 画像左上から時計回りに
20090629120510.jpg
コロッケサンドイッチ
キーマカレーパン
うす皮あんぱん
ホットサンド グラタン
【お店】ボンヌ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】550円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年6月5日
【コメント】
オフィスを出たら、
生温かい陽気が心地よかった。
オフィスが寒くて、
カラダが冷え切っていたみたいだ。
そのままチェリー通りまで歩き、
パン気分だったのでボンヌへ。

今日はいつもと少しだけ違う選択を。

ホットサンドはいつものハムキャベツではなく、
グラタン。
中がポテトとチーズのグラタンで、
まだ温かくてホッとした。
じゃがいも好きのボクには、
かなりのヒットだ。

今日のカレーパンはキーマ。
そしてデザートにうす皮のあんぱん。

今日の気分は☆3つ。
うす皮という名前なのに、
あまりうす皮ではないところはご愛嬌。

食後は甘いものが欲しくなるのはなぜだろう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ボンヌはチェリー通りにある小さな街のパン屋さん。





rocket/タコライス
【20090626】
【メニュー】タコライス(大盛り)
20090626120306.jpg
【お店】rocket
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年4月10日
【コメント】
久々のrocket。
最近は2カ月周期になってしまっている。

注文したのはもちろん、
「タコライスの大盛り」。
大盛りにするか迷ったが、
大盛りを平らげられてこそ、
カラダも完全回復、というものだ。

今日のタコライスは、
またまた味が変わっていた。
だいぶ試行錯誤をしている様子だ。
王道系タコライスの味に多少近くなったように思う。

味が変わった影響で、
いつもたっぷりかけているスモークドタバスコが全然合わなくなった。
世界が完結している、
からなのか。

今日の気分は☆3つ。
今回の味付けはキライではない。
いやむしろスキなのだが、
rocketに初めてであった頃の味が懐かしい。
単なるわがままだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビル横に来る赤いワゴン車のお店。

本日のメニューはタコライスとスリランカカレー、
それにナスカレーの3種類。
全てにチーズソースがかかっている。
いずれも大盛無料だ。

固形のチーズは100円でトッピング可能。



龍府/肉団子チャーハン弁当
【20090625】
【メニュー】 肉団子チャーハン弁当
20090625120213.jpg
【お店】龍府(ロンフー)
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年2月12日
【コメント】
今日は龍府の弁当。
以前は、雨の日も風の日も、
いつもおばさまが外で弁当を売っていたのだが、
春先に代替わりしてしまった。

久々であったが、
選んだのはいつも通りの肉団子弁当。
相変わらず、
甘酸っぱいソースが食欲をそそる。

弁当の容器が変わっていた。
これでもか、と詰め込まれていたチャーハンは、
そのエリアが多少縮小した。

今日の気分は☆3つ。
エリア縮小とはいえ、
全体量は多いのには変わりない。
満腹だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り、銀杏並木入り口あたりの南側。
地下1階の中華料理屋。
弁当は1階の青山通り沿いで売られている。





キーマ屋(旧:Qunoogies)/豚ばらキーマカレー
【20090624】
【メニュー】 豚ばらキーマカレー ・ライス
20090624115311.jpg
20090624115127.jpg
【お店】キーマ屋(旧:Curry Diner Qunoogies)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年5月8日
【コメント】
桃太郎か実之和か。
歩道橋を渡りながら考えていたが、
目に飛び込んできたキーマ屋にも惹かれ、
そのまま店に入った。

注文はいつもの豚ばらキーマ。
他のカレーはどうなんだろう。
やはりコストパフォーマンスとしては・・・
などどさびしいことを考えてみたりもする。

ドリンクとサラダ付。
ドリンクはコーヒー、紅茶、オレンジジュース、
ヨーグルトドリンクから選べる。
今日はヨーグルトドリンクにしてみた。

今日の気分は☆3つ。
キーマカレーがたっぷりなので、
ライスだけが残ってしまうようなことはない。

毎回味が少しずつ違っているように感じる。
今日のカレーは、
とても丸い味であった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルのの南側ブロック、外苑東通り沿いの2階。

14:00まで禁煙。
ランチタイム禁煙の店が増えてきているように思う。
よろこばしいことだ。

Qunoogiesの50円割引券は引き続き使える。



Riso/ハンバーグ
【20090623】
【メニュー】 ハンバーグ ハヤシソース弁当
20090623120149.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年6月2日
【コメント】
夏だ。
オフィスを出ると、すっかり夏だった。
SCEビルの裏は、
芝生のいい香り。

オフィスで食べたいので、
今日はrisoへ。
内臓もすっかり回復したので、
肉の塊を食してみることに。
ハンバーグだ。

さも粗挽き然としたハンバーグに、
ハヤシソースという魅惑的な言葉が絡まる。
定番となってきたまぐろカツを押しのけ、
本日のランチとなった。

このハンバーグ、
思っていた以上に美味。
過去にrisoのハンバーグを食べたことがないはずがない。
しかし、記憶にないほどの出来だ。

今日の気分は☆4つ。
やはり、健康が一番。
食べたいモノを食べられないのは、つらいよね。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

メニューの一部。
20090623115540.jpg






ゆんたく/沖縄そば
【20090622】
【メニュー】沖縄そば
200906221156000.jpg
【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年5月19日
【コメント】
もうコメントがない。
ホント、うますぎ。

沖縄そばのスープを一口すすったら、
やはり今回も濃さを一瞬感じのだが、
これが絶妙なので、
最後の方になってもイヤミがまったくない。

今日のジューシーの味付けも柔らかく、
そしてやさしい。

食べるたびにしあわせな気分にさせてくれる店は、
そうないと思う。
よほどボクの舌との相性がいいのだろう。

今日の組み合わせ。
沖縄そば、ジューシー、ゴーヤチャンプル、
もずくちゃん、グレープフルーツ、
ピーナツクラッカー(ピーちゃん)。

今日の気分は☆5つ。
お店に入ったら、
おばさまがまかないでタコライスを食べていたのだが、
これがまたおいしそうだった。
アレが食べたい!

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCEビルの裏手にあるお店。

沖縄そばの大盛は1000円。




雲雀や/とろろ豚生姜Bowl
【20090619】
【メニュー】 
とろろ豚生姜Bowl (500円)
本日の味噌汁 (140円)
200906191201000.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】640円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年6月11日
【コメント】
お昼は何を食べるのか、悩んだ。
胃腸にやさしくて、
それでいてパワーのつくモノ。
周囲を巻き込んでの検討も結論が出ず、
「やさしさ」というキーワードを頼りに、
雲雀やへ。

選んだのは、
一番やさしそうだったとろろ豚生姜Bowl。

これ以前に食したことがあったが、
だいぶ変わっていた。

構成は玄米、そぼろタマゴ、さいの目の山芋、豚生姜、かいわれ、
塩昆布。
と、ここまでは同じ。
別容器だったとろろが玄米の上にかかっていた。
増量されたかいわれに絡んだかつお節が味にアクセント。
さらにレタス、水菜、きゅーりの青ものが加わる。

ボリュームたっぷりで、
これで500円とは、
相当にコストパフォーマンスが高い。

味噌汁の具は、
豆腐とお揚げ。
揚げ物は久々。
やはりアブラも摂取しないと、
元気が出ないのは、気のせいか?

今日の気分は☆4つ。
バランスのいい食事が摂れた。
雲雀やに、
感謝。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるお弁当屋さん。

そろそろピザが食べたい。
・・・まだムリか・・・





生活彩家/ゼリー飲料 など
【20090618】
【メニュー】
こんがりパンの入ったコーンポタージュ
パーフェクトプラス 速攻元気
200906181206000.jpg
【お店】生活彩家 青山2丁目店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】372円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年5月12日
【コメント】
39度台の熱が丸一日続いて、
二日間を棒に振ってしまった。
オナカの調子も悪く、
寝ていてもつらい。
何の楽しみもない時間だ。

だから、今日はふらふらになりながらも、
会社に来れてうれしかった。
内容はないけど、
またこのblogをあげることができて、
うれしかった。

まだ本調子ではないため、
不本意ながら流動食系。
外に出かける元気があれば、
富徳でお粥を食べたかったところだが、
今日はあきらめる。

今回一番お世話になったのはゼリー飲料。
この飲料のおかげで、
内臓に負担が少なく、
手っ取り早く栄養素を補給できるので、
本当に助かった。
味もキライではないのが幸いだ。

ということで、
きょうも引き続きゼリー飲料にお世話になった。
あとは内臓を温めるためのスープ。

今日の気分は☆3つ。
元気でいることのありがたさ。
病気になるといつもそれを感じる。
それも治るから言えることであるし、
そもそも自分の生命力の向上を図ることも、
もっと考えるべきなのだろう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山ビルの1階にあるコンビニ。







くろ麦/そばとろ
【20090615】
【メニュー】 そばとろ
200906151153000.jpg
【お店】くろ麦
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1150円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年4月20日
【コメント】
内臓が弱っているので、
何を食べようかしばし悩む。
体に優しくて、かつ体力がつくもの。

出た結論がとろろそば。
ということで、
くろ麦に向かう。
くろ麦の冷たいとろろそばは「そばとろ」という名前だ。

注文すると、
とろろ汁の入った器と、
そばつゆが少しだけ入った器と、
うずらの卵、
そしてねぎ、わさびの薬味が出てくる。

少しだけのそばつゆの役割はなんだろう。
とろろ汁の味の調整のためか、
はたまたとろろに飽きた時のためか、
はたまたそば湯のためか。
修行が足りないので、
わからないことが多い。

それにしても、
そばとろは今日の体調と気分にベストマッチだった。
最後に、
残ったとろろ汁をそば湯で割って飲む。
なんてしあわせなんだ。

今日の気分は☆4つ。
イメージ通りの昼食となった。
満足。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお蕎麦屋さん。

2時までは禁煙。





JANOJA/夏色カルボ
【20090612】
【メニュー】 夏色カルボ
200906121156000.jpg
200906121153000.jpg
【お店】青山 JANOJA
【種別】eat in/ひとり
【お値段】 1150円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】2009年4月22日
【コメント】
104でかつおの刺身+とろろを食べよう。
店に向かう。
しかし・・・
遠目に見ても、
営業しているように思えない。
扉の前まで行くと、
一枚の貼り紙が。
「しばらくランチはお休みします」・・・

残念だ。
早期の再開を願う。

行くあてがなくなってしまったのだが、
とりあえずチェリー通りに入ればなんとかなるだろう。

ということで、
結局JANOJAへ。

基本メニューの他に、
サマーメニューがあったのだが、
そこに載っていた「夏色カルボ」が気になった。
スタッフに確認したところ、
ほうれん草のペーストのカルボナーラだそうだ。
注文してみた。

画像ではわかりづらいが、
真ん中にたまごの黄身がのっている。

緑色ではあるが、
味はまさしくカルボナーラ。
安心して食べられる味だ。

しかし、
具がベーコンだけ、
それに味がしっかりしているので、
後半の単調感は否めない。
思い切りオレンジジュースを呑みたい気分になった。

今日の気分は☆3つ。
食べ終わった後は、
口の中がパルミジャーノの味でいっぱいだった。
チーズ好きにはうれしい状態かもしれない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにあるイタリア料理屋さん。地下1階である。
13:30まで店内禁煙。

ガーリックの量や辛さなどの味の調整も一部可能。
大盛り+150円 。






雲雀や/しゃけ高菜Bowl
【20090611】
【メニュー】 しゃけ高菜Bowl
200906111201000.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】580円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年5月26日
【コメント】
オフィスを出たら、
嫌がらせのような霧雨が降っていたので、
チェリー通り方面に行く予定を変更して、
近場で調達。

口内炎が激しく痛いので、
優しさを求めて雲雀やへ。

選んだのはしゃけ高菜Bowl 。
玄米の上におぼろ昆布と海苔。
具はしゃけと高菜とふわふわの炒りたまご。
大根おろしがしゃけと高菜の塩気を丸くしてくれている。
そしてきゅうりが食感にアクセント。
あとはカイワレ大根プチトマト。

彩りといい、
食感といい、
味付けといい、
全てが計算されつくされているようだ。
すばらしい。

醤油を別につけてくれるが、
味がしっかりしているので、
これは不要だ。

今日の気分は☆4つ。
オフィスに戻って食べ始めたら、
とたんに空が明るくなった。
きっと、
ボクは何かに導かれてしゃけ高菜を食べることになったんだな。
と自分を納得させる。
もちろん、
しゃけ高菜Bowl はおいしく、
大満足であった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるお弁当屋さん。




京菜/まぐろ湯葉カツ
【20090610】
【メニュー】 まぐろ湯葉カツと胡麻めし
200906101154000.jpg
【お店】京菜
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1200円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年4月16日
【コメント】
テレビでの露出効果もそろそろ沈静化しているのではないか、
と期待しながら、
久々の京菜へ。

店に入ると、
12時前にしてはお客さんが多く、
ちょっと驚く。

注文したのは、
まぐろ湯葉カツと胡麻めし。
いままで、
まぐろ丼か牛すじ大根だったのだが、
魚のフライ欲求が消えておらず、
メニューにも朱色で「オススメ」の文字が躍っていたので、
注文してみた。

メインのまぐろカツ。
まぐろの身が柔らかく、
そして衣がサクサク。
これにおろしポン酢をつけていただく。
おいしかった。

気になっていた胡麻めしだが、
麦交じりのごはんに、
かつお節をのせ、
そこに胡麻をふりかけたモノ。
いわゆる猫まんま。

猫まんま好きとしてはにやりとしたが、
かつお節が大きくて食べづらいのが少し難だった。

今日の気分は☆4つ。
タルタルソースをつけて食べるrisoのまぐろカツとは異なり、
和食のカツだ。
今後、揚げ物が食べたくなった時には、
真っ先に候補にあがりそう。

ただ、
1200円と多少高いのと、
この店には牛すじ大根というキラーメニューがあるので、
店に入ってから迷いそう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。

12時ごろには待ちの列が。
以前より人気店であったが、
さらに認知度が高まったようだ。
メディアの力は大きい。

あの店や、あの店が紹介されなくて、
よかった。





てんぷら石原/天丼
【20090609】
【メニュー】 えびやさい天丼
200906091158000.jpg
【お店】てんぷら石原(磯美家)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1260円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年2月5日
【コメント】
録画しておいたテレビ番組「裸の少年」を観ていたら、
白身魚のフライが食べたくなった。
しかし、
青一でおいしい魚のフライを食べさせてくれる店が思いつかず、
揚げ物系ということで、てんぷら屋へ。

いつも注文するのはよくばり天丼なのであるが、
1628円という値段に今日は腰が引け、
えびやさい天丼にしてみた。
椎茸はお願いしてれんこんに変更。

入ってるネタは、
えび1本、茄子、芋、南瓜、インゲン、ししとう、
それに替えてもらったレンコン。
やさい天丼にえびが追加されたという感じだ。

一口食べると、
汁がいつもよりも甘いのが気になった。
これは淡白なやさいがネタだからなのか、
それとも、
全体的にそうなったのか。
この店のサラッとした、
そしてすっきりとした天つゆがスキなのだが、
変わってしまったとすると残念だ。

食べ終わって、
やはり天丼のメインはえびやキスなのだ、
ということをあらためて感じた。
野菜のてんぷらは大好きだ。
しかし、
こと天丼では、
魚介系の味に対して果たす役割は重要。

今日の気分は☆3つ。
キスのてんぷらの入った天丼を選ばなかったことを後悔した。
それでも、
えびやれんこんがおいしく、
満足している。

隣の方がえびの尻尾を残していたが、
てんぷらといえばえびの尻尾。
そこが一番おいしいのである。
いただきたいくらいだった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の入り口近くにある。

通常の天丼は840円。
ごはんの中盛までは無料。
味噌汁は別料金となる。

12時過ぎには満席。




豚富/冷やしうどん
【20090608】
【メニュー】冷やしうどん定食
200906081152000.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年5月18日
【コメント】
豚富の冷やしうどんが気になっていた。
テレビに出たことで、
さらに混んでいるにちがいないと、
行くのを避けていたが、
そろそろほとぼりも冷めた頃だろうと行ってみた。

オフィスを出たら、
意外に涼しかったので、
今日もやはりユッケジャンか、
と思ったが、初志貫徹、
冷やしうどん定食を注文。

店内を見回すと、
このメニューが「今月オススメ サービスメニュー」であることがわかった。
6月の期間限定ということか。

構成は、
冷やしうどんと塩豚の丼、
それに基本のキムチ系小鉢。

冷やしうどんは、
揚げ玉やかまぼこが入った、
見た目も味も和風な感じ。
汁は冷麺の汁だと思われるが、
コリアンテイストが希薄なうどんだった。
新たな世界を期待していたので、
すこしばかり肩透かし。

しかし、
そこに小鉢のキムチを入れると、
あら不思議、
あっという間にコリアンだ。

塩豚焼きは、
単独のメニューにもなっているもの。
けっこう注文している人が多く、
人気メニューの一つ。
その塩焼きがミニ丼としてついている。
これがなかなかおいしい。

全体的には、
冷やしうどんと豚丼のセット。
まるで居酒屋のランチメニューのようだ。

今日の気分は☆3つ。
おいしかった。
おいしかったのだが、
やはりユッケジャンと比べてしまうと見劣りするのは事実。

ボクにとってのユッケジャンはキラーメニューなので、
よほどのインパクトがないと、
食後に「やっぱりユッケジャンにしておけば」みたいな気持ちになるのだろう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。




ボンヌ/パン
【20090605】
【メニュー】 画像左上から時計回りに
コロッケサンドイッチ
手作りプリン
じゃがチー
大辛カレーパン
200906051204000.jpg
【お店】ボンヌ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】570円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年4月14日
【コメント】
今日も何を食べたいのかがイメージできず。
しかも雨が微妙に降っていてブルーだ。
行き着いたのがボンヌ。
今日はここで。

選んだラインアップはほぼいつも通り。
ひとつだけ初チャレンジあり。
それはプリン。
わざわざ手作りと書いてあって、
期待値が高まる。

カレーパンを大辛にしたのだが、
今日の大辛は、
本気で辛かった。
ちょっぴりアタマの毛穴が開いた。

さてプリンだ。
ボクはトロリとしたプリンよりも、
ドシッとしたプリンの方が好きだ。
まさに、
家庭で作るような感じ。
ボンヌのプリンは、
そちらに近かった。
ただ、ボクが好きなプリンのもうひとつのポイントにしているカラメルが、
かなりゆるかったのが残念だ。

今日の気分は☆3つ。
デザートがあると、
食後の満足度は高まる。
今日はプリンに加え、
ゆんたくのピーちゃん(ピーナツクラッカー)をいただく。
あとはアールグレーがあれば。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ボンヌはチェリー通りにある小さな街のパン屋さん。



桃太郎/かたやきそば
【20090604】
【メニュー】 かたやきそば
200906041200000.jpg
【お店】 中華 桃太郎
【種別】eat in/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年5月14日
【コメント】
何を食べたいのかがまったく思いつかず。
フラフラと246Cafeに行ってみるもイメージがわかず。
その後、八十番、Styloと連敗。

とそこで、
桃太郎のかた焼きそばがオススメだというメールをいただいたことを思い出した。
ということで、
今日は桃太郎。

かた焼きそばを注文すると、
まず練からしが出てくる。
たしかに、
やきそばにからしは必須である。

運ばれてきたかた焼きそばを見て驚いた。
画像ではうまく雰囲気が伝え切れていないが、
何しろ山盛りなのだ。
揚げ麺の上に、
これでもかと野菜のあんかけがのっている。

そのままで一口食べた後は、
上から酢を回しかけ、
からしを付けながら口に運ぶ。

700円という値段設定。
コストパフォーマンス的には上々だろう。

今日の気分は☆3つ。
それにしても野菜の量が多かった。
野菜を多く摂取できるメニューはうれしい。
あとは揚げ麺が好みかどうか。

なんとか完食。
満腹だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

11:30~14:00まで禁煙。





美松/寿司
【20090603】
【メニュー】 にぎり1.5人前
200906031202000.jpg
【お店】すし 美松
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年3月24日
【コメント】
今日は寿司だ。
ランチの行動範囲の中には7軒の寿司屋がある。
どこにするか迷いながらも、
最近は美松に行ってしまうのだ。

注文はいつも通り、「てんごの海老抜き」。
抜いた海老の替わりは、
今日はまぐろ。
いつも、
何が替わりにのってくるのか楽しみなのだが、
今日は普通だった。

新人の握る寿司は、
大きさや形が一定ではなくて、
なんだか微笑ましい。

今日のネタでは、
鯵とかつおが秀逸だった。

今日の気分は☆3つ。
アラ汁をおかわりできて満足。

隣のお客さんが、
「大ちらしのしゃり小」という注文の仕方をしていた。
なるほど。
ネタはたくさん食べたいが、
しゃりは少なくてよいというニーズを満たしているのだ。
機会があれば、
やってみよう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの南側。外苑東通り沿いの寿司屋。

ランチのメニューは、
にぎりの1人前と1.5人前、
ちらしの1人前と1.5人前の4種類。

※お店情報
というほどの情報ではないが、
最近、紫金が呼び込みをはじめている。
その分のコストも回収をしなければいけないので、
大変だと思うのだが。
客足が遠のいているのだろうか。

その横のカレー専門店は5月下旬開店予定から、
6月開店予定に変わっていた。








Riso/まぐろカツ
【20090602】
【メニュー】 まぐろカツ タルタルソース弁当
200906021201000.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年5月11日
【コメント】
オフィスで食べたい気分。
最近は持ち帰り系の選択肢がとても多く、迷う。
あまり冒険をする気分でもなかったので、
無難にrisoへ。

幸いにも好物のまぐろかつタルタルソースが出ていたので、
ここでは迷わう必要はなかった。
大ぶりのまぐろカツに、
たっぷりとタルタルソースをつけて食べるのは楽しい。

その他にも、
おからが入っていたり、
ラビオリが入っていたり、
トマトやブロッコリー、
たまごなどなど、
色も味もさまざま。
目にも舌にも飽きさせないところが、
risoの弁当の魅力だ。

今日の気分は☆4つ。
いつもよりタルタルソースが少ない、
と思ったら、
カツの下にたっぷり。
ステキだ。

ごはんが固めに炊いてあって、
そのためにしっかりと味わうことができた。
ごはんは固めにかぎる。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

メニューの一部。
200906021156000.jpg






やまと/煮込みハンバーグ
【20090601】
【メニュー】 やまと豚のあら挽き煮込みハンバーグ 温泉たまご添え
200906011158000.jpg
【お店】豚肉創作料理 やまと
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】 1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2008年11月12日
【コメント】
爽やかな陽気だったので、
少しばかり遠出気分。
颯爽と歩いて104にたどり着いたら、
なんとお休み。
せっかくよい気分だったのに・・・

気を取り直して、
チェリー通りを南下してやまとへ。

注文したのは限定10食の「やまと豚のあら挽き煮込みハンバーグ
温泉たまご添え」。
超長い名前なので覚えられず、
携帯でメモってきた。

構成はこんな感じ。
メインの煮込みハンバーグにごはんと味噌汁。
サラダ、たまご豆腐、それに漬物。
1050円。

名前からして、
豚肉100%のハンバーグということなのだろう。
それが理由なのか、
それとも煮込みのソースの味付けなのか、
限定するほどのインパクトは感じられず。

ふと周りを見回してみると、
限定メニューを食しているのはボクだけのようだ。

今日の気分は☆3つ。
毎回、
ちょっとだけ肩透かしをくらっているような気がするやまとの料理。
おそらくボクの味覚との相性の問題なのだろう。

その証拠に、
12時前には満席。
その後は階段に列ができるほどの人気店なのだ。
ボクの舌はこの程度・・・

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りの中ほど。
青山通りから墓地を見て左側にある豚肉メインのお店。

となりの方が食していた豚しゃぶサラダがおいしそうだった。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。