青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゆんたく/沖縄そば
【20090930】
【メニュー】沖縄そば
20090930115129.jpg
【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年6月22日
【コメント】
食べるたびに思う。
ホントにゆんたくは最高だ。

沖縄そばも、
ごぼうの炊き込みご飯も、
もずくも、
ジーマミー豆腐も、
何もかもがおいしい。

特に今日の沖縄そばは、
味もさることながら、
かまぼことスパムが超厚切りで、
心の中で尻尾を振ってしまった。

おば様方もやさしくて、
それがお店の雰囲気や味ににじみ出ている。
ボクのしいたけ嫌いを覚えてくれていて、
小鉢を変えてくれる。
ありがとう。

それにしても、
間が3カ月も開いてしまった。
夏のせいか?
それでも人の顔を覚えているのは、スゴイ。

今日の気分は☆5つ。
スープの最後の一滴まで飲み干して、
大満足。
笑顔になれた。

夜の部も、
久々に行きたいな。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCEビルの裏手にあるお店。

沖縄そばの大盛は1000円。




スポンサーサイト

スパゲティ小麦家(DEN改め)/パスタ
【20090929】
【メニュー】 たらことうにといかのパスタ
20090929115403.jpg
【お店】スパゲティ小麦家
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】1300円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年8月3日
【コメント】
昨日に続いてDENに行ってみる。
いや、
店名は「スパゲティ小麦家」であった。

昨日と同じ時間であったにも関わらず、
店内の入りは半分くらい。
拍子抜けするほど簡単に座れた。

見回すと、
スタッフが多少変わり、
そしてメニューも変わっていた。
品数が減ったのか。
20090929114820.jpg

注文したのは、
以前から気になっていた「たらことうにといか」のパスタ。
ひらがなで続けて書くと、
どこが切れ目なのかがわからない。
このメニューは、
開店当初にあったのだが、
その後長いことうにの欠品で欠番となっていたのだ。
それが限定10食で復活。

一口食べると、
なるほど、うにの香りが。
伝えたい味はわかった。
わかったのだが、
味に変化が訪れないため、
途中から冗長になる。

今日の気分は☆3つ。
たらこかうにか、
味はどちらかでよいようにも思う。
いずれにしても1300円だ。
安くはない。
とりあえず、
目的は達成した、という感じか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木のふもと、青山通り沿いの地下にある生パスタ専門店。
人気店で、12時前から長い列ができる。

大盛は150円増しでパスタが1.5倍。







やまと/メンチカツ
【20090928】
【メニュー】
日替わり定食
 やまと豚特製メンチカツ
20090928115431.jpg
【お店】豚肉創作料理 やまと
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】 950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年7月10日
【コメント】
DENで限定のうにパスタを食べようと行ってみたのだが、
11:45頃で、すでに階段の途中まで列ができていた。
あきらめる。
ちなみに店名が変わっているのだが、
どうしても覚えられない。

そのままチェリー通りを南下し、
やまとに入った。
日替わりのメンチカツに惹かれたのだ。

ボクの理想とするメンチカツとは異なっていたが、
サクサク、ふわふわで、これはこれでひとつのメンチカツの形なのだ。
特に、たまねぎがフワッと感を醸し出していて、
いい役割を演じていた。

豚肉だけなので、
味はあっさり。
これに牛肉のコクが加われば、
ボクの理想に・・・
というのは妄想気味。

今日の気分は☆3つ。
青一にとんかつ専門店が復活しないかと、
かねてから思っている。
それまではやまとで代替なのか。

ここは、
お客さんに喫煙者が多いのがボクにはつらいのだ。
禁煙とは言わないまでも、
せめて分煙してくれると、
うれしい。
単なるわがままではあるが。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りの中ほど。
青山通りから墓地を見て左側にある豚肉メインのお店。






もっつあれら7/アボカドまぐろ丼
【20090925】
【メニュー】 アボカドまぐろ丼(大盛)
20090925120858.jpg
【お店】もっつあれら7
【種別】eat in/ひとり
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年5月1日
【コメント】
オフィスを出たのがほぼ12時。
残念ながら今週も赤いワゴン車はいなかったので、
12時スタートのもっつあれら7に行くことに。

注文したのはもちろんアボカドまぐろ丼。
ボクの中では定番メニューだ。
ピリ辛のタレが食欲をそそる。

これまではもつ鍋屋らしく、
キャベツをごま油で合えた小鉢が付いていたが、
今日はポテトサラダ。

そして豚汁。
ここの豚汁はおいしい。
これでこんにゃくと揚げと里芋が入っていれば、
もう完璧。
味噌がいいのか、
甘みで深みを感じる。

今日の気分は☆3つ。
このメニューは安心して食べられる。
満足した。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の入り口近く、青山通り沿いにある九州料理ともつ鍋の店。

お昼のメニュー。
20090925120353.jpg

大盛は無料。
普通盛では少ない。
しかし、大盛りは少し多い、という感じだ。






づゅる麺/つけ麺
【20090924】
【メニュー】 つけ麺
20090924120114.jpg

【お店】南青山 つけ麺専門店 づゅる麺AOYAMA
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年8月13日
【コメント】
麺系が食べたい、
ということで、今日はつけ麺。

武蔵なき後、
頼るはづゅる麺しかない。
どうもボクの中では評価がいまひとつ低い店なのだが、
今度こそ、今度こそ、と思い、
数カ月に一度は行っている。

注文は、つけ麺。
醤油らーめんや、
限定の塩らーめん、
味噌つけ麺があるが、
ここはシンプルにつけ麺で。

ここの店は待ち時間が長いように思う。
手持ち豚さんで待ち、
運ばれてきたつけ麺。

一口すすると、
なんてつけ汁が濃いんだ。
プリプリの太麺に負けないためには、
たしかにスープの味を濃くするのがセオリーかも知れないが、
それでも、濃い。

今日の気分は☆2つ。
やはりこの店とは相性がよくないようだ。
今日も食後に生臭さが口の中に残った。

それに、
つけ汁をパンツにこぼしてしまい、
これが気分を低下させた最も大きな要因だ・・・

それでも、
きっと数カ月後にはまた食べている気がする。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるつけ麺、中華そばの店。

大盛りは+50円。




雲雀や/豚肉ときゅうりの辛し味噌炒め
【20090918】
【メニュー】 豚肉ときゅうりの辛し味噌炒め、鶏そぼろ
20090918120210.jpg

【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年8月21日
【コメント】
今週もrocketの赤いワゴン車は来ていない。
独特なタコライスが無性に食べたくなっているのだ。
また違う街で営業しているのだろうか。

ということで、
今日は雲雀やへ。
弁当の種類の多さに目移りがしてしまうのだが、
その中で選んだのが「豚肉ときゅうりの辛し味噌炒め」。

きゅうりを炒めることを発想した中国人は偉大だ。
味噌によくマッチしていた。
この味噌が秀逸。
テンメンジャンのような感じで、
甘みが味の深みとなって心地よい。

今日の気分は☆4つ。
雲雀やの弁当は、
食べていてホントに楽しい。
それにやさしい。

ここ最近は胃腸の調子がよくないのであるが、
雲雀やの弁当を食べ進めるにつれ、
どんどん空腹感が増していくような、
胃腸の状態が改善されていくような、
そんな気がした。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるお弁当屋さん。



Riso/オムライス
【20090917】
【メニュー】 
オムライス(480円)
アジの南蛮漬(300円)
20090917120344.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 780円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年8月24日
【コメント】
今日はオムライス気分。
たまごがフワフワで、
デミグラスソースがかかっているようなオムライスももちろん好きではあるが、
べちゃべちゃのケチャップライスに、
固めのたまごがのっていて、
さらにケチャップがかかっているオムライスが大好きだったりもする。
むしろ、そちらの方が好み。

そういう意味では、
risoのオムライスは理想的である。
プロが作ったとは思えないベチャッとしたケチャップライス。
さらに今日は焦げていたりする。
ケチャップライスが焦げるとは、
よほど長い時間、放置してしまったのだろう。
焦げ目の苦味が許容範囲なので事なきを得ているが、
危ないところだ。

オムライスだけではさびしいので、
副食としてアジの南蛮漬けをつけてみた。
300円は少し高いように思う。

今日の気分は☆3つ。
一応、ほめているつもり。
事実、オムライスには満足した。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。




ボンヌ/パン
【20090916】
【メニュー】 画像左上から時計回りに
コロッケサンドイッチ
ホットサンド
大辛カレーパン
20090916120748.jpg
【お店】ボンヌ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】460円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年7月30日
【コメント】
今日はボンヌかな。
確証はなかったが、
そんな気分・・・のような気がした。

Walkin'もrisoもさくらさくらも気になったが、
素通りし、
ボンヌに向かった。

今日はパン3個。
いつもよりひとつ減らしてみた。
ボクの胃腸が抑え目に、と警告を発していたからだ。
しかし、
前回も辛かった「大辛カレーパン」は今日も激辛で、
期せずして胃腸に喝が入ってしまう結果に。
辛くて頭皮の毛穴が開く。

今日の気分は☆3つ。
ホットサンドには2種類ある。
定番のキャベツが入ったバージョンと、
ポテトグラタンバージョンだ。
今日はポテグラバージョンにしてみた。
ポテト好きにはおいしい。

しかし、
食事の終盤にグラタン上のポテトがYシャツに落ち、
しかもしばらくそれに気がつかず、
充分にエキスをしみ込ませてしまった。
ブルーだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ボンヌはチェリー通りにある小さな街のパン屋さん。




奈加山/いわし竜田揚
【20090915】
【メニュー】いわし竜田揚
20090915115213.jpg
【お店】奈加山
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年5月7日
【コメント】
今日は寿司の新規開拓をしようと思っていたのだが、
思った以上に香水をつけすぎてしまい、
自分でもつらい。
濡れたハンカチでぬぐってはみたものの、
いかんともし難い。
これでは寿司に申し訳ないと「自粛」。

それでも魚系が食べたかったので、
奈加山へ。
定番となっている竜田揚げを注文。
今日の魚はいわしだった。

店内はなぜか客がボクだけ。
そのため、
ボクの注文した竜田揚げの調理につきっきりで、
揚げが完璧だった。

マヨネーズに少し醤油をたらし、
さらに七味を混ぜたソースで竜田揚げを食べる。
おいしい。

今日の気分は☆4つ。
やはり揚げ物は揚げたてにかぎる。
外のカリッと感と、
いわしのフワッと感が絶妙であった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りの一本南裏手、ポーラビルの裏にある家族経営の和食屋。
ランチタイムは禁煙となる。

付箋にメニュー名を書いてスタッフに渡す独特の注文法。
会計時にも使われる。





実之和/冷やしかれー麺
【20090914】
【メニュー】 冷やしかれー麺 並盛 (半ライスサービス)
F1010023.jpg
【お店】かれー麺 実之和
【種別】eat in/ひとり
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年8月17日
【コメント】
秋も深まってくると、
夏限定メニューが姿を消し始める。

ということで、
以前より気になっていた、
実之和の冷やしかれー麺を食べてきた。

一見、
スープがほとんどないように見える。
麺の上には細切れの冷しゃぶとねぎ。
それに半熟たまご。
下からかき回すようにしてスープと混ぜ合わせ、
食べる。

味が濃い。
かれーの辛さやコクではなく、
味が濃いのだ。
半ライスをつけてもらっていたが、
それで中和しながら食べる感じ。

麺はとてもしこしこしていて、
おいしかった。
それだけに、
スープが突出してしまって、
全体のバランスが悪くなってしまっているのが残念だ。

メニューに書かれていた、
オススメの食べ方。
最後にライスを残ったスープに入れて、
冷やしかれー雑炊にしてみた。
印象は変わらず。

今日の気分は☆2つ。
とはいえ、
一度は食べてみないと味はわからない。
次回以降は定番のかれー麺に戻ろう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。





cafe lax/タコライス
【20090911】
【メニュー】タコライス
20090911120508.jpg
【お店】 cafe lax
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】500円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
タコライスが食べたいのに、
rocketのワゴン車が今日も来ていない。

しかし、
別のワゴン車が弁当を販売していたので近づいてみると、
メニューにタコライスあり。
しかもワンコインの500円。
すっかりタコライス気分になっていたので、
今日はここで。

見た目はなかなかおいしそう。
わくわくしながらスプーンですくって一口食べると、
ん・・・これはタコライスではない。
ミートソースライスだ。

味は悪くないのだが、
ボクの求めるタコライスとは違う。

今日の気分は☆2つ。
かかっているソースが少ないのか、
ボクの食べる配分の問題なのか、
ライスが大量に残ってしまった。
こちらも残念だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビル横に来るワゴン車のお店。

中途半端な画像となったが、
こんな感じのメニュー。
F1010002.jpg

メニューは全部で6種類。
その場での調理、盛り付けではなく、
すでに容器にパッケージされている。

12時前にも関わらず、
すでにドライカレーは売り切れ。
これが人気商品、ということなのか。
次回、食べてみようと思う。








くろ麦/にしんそば
【20090910】
【メニュー】 にしんそば
20090910115405.jpg
【お店】くろ麦
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1400円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年6月15日
【コメント】
朝から無性ににしんそばが食べたかった。
理由は不明。
ということで、
向かうはくろ麦。

にしんにそっとかかっている風情のそば。
盛り付けも気にいっている。

今日のにしんは固めだったが、
それでも、
にしんにしか出せない味を、
しっかりと自己主張しているところがスキなのだ。

にしん自体の味がしっかりしているので、
出汁が濃いとそれだけでイヤになってしまいがちなのだが、
くろ麦の出汁は色の濃さに似合わず上品なため、
バランスがよい。

今日の気分は☆4つ。
これでにしんにアブラがのっていたら、
ベストだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお蕎麦屋さん。

2時までは禁煙。

ツインでもう1軒、にしんそばを食べることができた店、
堂島が7月末で閉店。
堂島のにしんそばは辛かった。





豚富/ユッケジャン
【20090909】
【メニュー】ユッケジャン
20090909114937.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年7月31日
【コメント】
今日はユッケジャン、
ではなく、豚富へ。
店の名前がユッケジャンになりそうなくらい、
ここのユッケジャンがスキなのだ。

もちろん今日もユッケジャンを注文。
少しメニューの記載が変わったような、変わらないような・・・

辛かった。
相席になった隣の方も今日は辛い!との評価。
しかし、
この辛さの中にも、
野菜や肉の甘みが隠れていて、
とても奥深い味だ。
うまいのだ。

今日の気分は☆5つ。
いつ食べても期待を裏切らないユッケジャン。
冷えていたカラダも温まり、
大満足だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。




京菜/まぐろ湯葉カツ
【20090908】
【メニュー】 まぐろ湯葉カツと胡麻めし
20090908115523.jpg
【お店】京菜
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1200円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年7月17日
【コメント】
やけに食べたいモノがあれこれアタマに浮かぶ日だ。
だから迷ってしまって。
そんな中で選んだのは京菜。

最近はまぐろ湯葉カツが続いている。
ということで、
今日もリピート。
揚げたてのサクサク感が、
なんともたまらない。
それに、
おろしポン酢との相性が抜群だ。

今日の気分は☆4つ。
チーズのようにとろける湯葉がいいアクセントになっている。
お気に入りのメニューだ。

青山一丁目でランチをしたいという人がいたら、
京菜は連れて行きたいお店の一つなのである。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。

12時過ぎには列ができる人気店。





キーマ屋(旧:Qunoogies)/チーズキーマカレー
【20090907】
【メニュー】 チーズキーマカレー ・ライス
20090907115407.jpg
20090907115027.jpg
【お店】キーマ屋(旧:Curry Diner Qunoogies)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年8月6日
【コメント】
夏休み明けは何が食べたくなるんだろうと、
自分でも楽しみだった。
いくつかアタマに浮かんだが、
選んだのはキーマ屋のカレー。

豚ばらキーマが完全に定番化しているが、
今日は心機一転(?)、
別メニューにチャレンジしてみた。
それはチーズキーマカレー。

メニューの説明書きによれば、
グリュイエールチーズとパルミジャーノが織り込んであるらしい。
どんな感じなのか。


チーズが全体をまろやかにしているのだが、
どうもチーズのありがた味を感じなかった。
チーズが溶けて、
全体的にドロッとなってしまって、
ライスと混ぜ合わせるのも少し重い。

今日の気分は☆3つ。
これで値段が安ければいいのだが、
豚ばらよりも50円高い。
だとすると、
次回からまた豚ばらに戻ることになるのだろう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルのの南側ブロック、外苑東通り沿いの2階。

14:00まで禁煙。

Qunoogiesの50円割引券は引き続き使用可能。
一度も使ったことがないので、
手許にたまってきた。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。