青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京菜/牛すじ大根
【20091229】
【メニュー】 京菜風(まぐろ丼小+牛すじ大根小)
20091229115350.jpg
【お店】京菜
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年12月8日
【コメント】
本日は仕事納め。
朝の電車の空き具合からすると、
ランチ営業している店はほとんどないのでは?
と危惧。
しかし、
246沿いの店は普通に営業していた。

気分的には京菜。
京菜が開いていたら、
まぐろ湯葉カツを食べるつもりだった。
ところが、
ひとたび京菜風の文字を見てしまったら、
もう牛すじ大根でアタマがいっぱいになってしまい、
あっさりと方針変更。

やはり、
年の最後のランチは、
気に入ったメニューで締めたいのだ。
昨日はゆんたく、今日は京菜。
いい年末ランチであった。

今日の気分は☆4つ。
めずらしく牛すじ大根のスープにえぐ味が。
いつものやさしさよりも、
少しだけワイルドさが強かった。
それでも、
美味しいモノは、おいしい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。

12時過ぎには列ができる人気店。

☆☆ 今年も一年 ありがとう ☆☆
☆☆     よい年を     ☆☆
スポンサーサイト

ゆんたく/沖縄そば
【20091228】
【メニュー】沖縄そば
20091228115059.jpg
【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年12月7日
【コメント】
今日はゆんたくの最終営業日。
さらに週末にアルコールを摂取しすぎて、
胃腸が弱ってるカラダには、
ゆんたくのやさしさが必要なのだ。

ママと年末のあいさつを交わす。
話しているうちに、
やっと年末なのだ、という実感がわいてきた。

今日はこんな感じ。
沖縄そば(並盛り)、
ごぼうのジューシー(炊き込みご飯)、
ゴーヤチャンプル、
島豆腐 シークヮーサー付、
グレープフルーツ、
ぴーちゃん(ピーナツクラッカー)。

ジューシーも沖縄そばも、
いつもと変わらずにやさしく、
そしておいしい。

ゆんたくは来年で10周年だそうだ。
今年は今までの9年間で、
いちばんお客さんの数が少なくて、
大変だったとのこと。
でも、
これ以上に悪くはならないから、
来年はいい年になるわ、とママ。

そういう前向きな明るさが、
お店の雰囲気にも出るのだ。

今日の気分は☆5つ。
カラダもココロも温まった。
ありがとう。
来年もよろしくお願いします。

来年は、
久々に夜の部にも行こう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCEビルの裏手にある沖縄料理屋さん。

沖縄そばの大盛は1000円。

年末は12/28まで。
年始は1/7から営業。





豚富/ユッケジャン
【20091225】
【メニュー】ユッケジャン
20091225115836.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年12月9日
【コメント】
この記事で、ちょうど1000エントリ。
われながらよく書いた、と思う。

この記念すべき日には、
やはりアレ、を食べねば。
クリスマスでもあるし、
金曜日でもあるし。

ということで、
アタマの中はrocketのタコライスでいっぱいに。
しかし世の中、
何もかもが思い通りになるわけではない。
あの赤いワゴンは、
ホンダ本社横にはいなかった。

rocketで買って、自席で食べる、
という時間計算の元、
オフィスを出たので、
少し中途半端な時間になってしまった。
このまま、このよき日にランチ難民になってしまうのか、
と心配したが、
拾う紙はちゃんといるのだ。

いつもなら混んでるはずの豚富が、
まるでボクを待っていたかのように空いていた。
ウインの他の店は混んでいたにも関わらず。

座るなり発注するユッケジャン。
そうか、
今日はユッケジャンを食べる運命にあったのだ。

今日の気分は☆5つ。
野菜たっぷり、
さらに今日は肉も増量。
辛さの中に旨みがぎっしり。
ここのユッケジャンは、
ホントにおいしいと思う。
いいランチであった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。

☆blogの今後について、
 blogでのコメントやリアルコメントをいただき、
 ありがとうございました。
☆1000エントリで、
 自分なりに達成感があったりしますが、
 今やめる理由もないので、
 続けてみようかと思います。
Merry Christmass


 



麺場 花火/つけ麺
【20091224】
【メニュー】 つけ麺 中
20091224115509.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年12月10日
【コメント】
花火のらー麺を制覇しておくことに。
あまり意味はないが、
3つしかメニューがないので、
達成欲を満たすには、
かっこうの対象だ。

ということで、
今日は花火で未食の最後のメニュー「つけ麺」を食してきた。

食券をスタッフに渡すと、
麺の量を確認される。
並(小だったか?)/中/大の3段階だ。
麺の量が100g/200g/300gとのこと。
なんと大雑把な設定だ。

グラムで言われてもなかなかピンとこないのだが、
無難に「中」にしておいた。

運ばれてきた麺の量を見ると、
づゅる麺の大盛りほどの量。
これで大にすると、どうなるのだろうか。

太目の麺をつけ汁につけて一口。
うーん、
すこし動物系の匂いが気になる。
つけ汁は濃い目で、とろりとしている。
麺は腰が強く、
濃い目のつけ汁にも負けていない。

総合的には、
ボクには味が濃くて、
すこし重かった。
途中で味にもあきたので、
テーブルにある「辛味」を入れて味に変化をつけながら食べる。

麺を食べ終えた後に、
スープ割をしてもらう。
薄め、濃い目と濃さを調整できるのがうれしい。
もちろん、薄めで。

するとどうだろう。
かなりもったりしていたスープが、
さわやかな魚介系の香りに変身。
足されたスープが温かかったので、
オナカの中がホッとしたのを感じた。

今日の気分は☆3つ。
最後のスープ割に救われた。
魚介の出汁がキレイだ。

ということは、
3つのメニューでは、
ボクには花火よりもつけ麺よりも、
青山が一番合っているようだ。

次回以降は、
その路線で。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

メニューは3つのらーめんが基本。
青山ら~麺と花火ら~麺とつけ麺。

ウインビルの内廊下が入り口になっているので、
外側からは入れないので注意。





Riso/ロールキャベツ&エビフライ
【20091221】
【メニュー】ロールキャベツ&エビフライ弁当
20091221120251.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年12月2日
【コメント】
今日もrisoのオムライスとスープの組み合わせにしよう。
スープはなんだろう。
などとワクワクしながらrisoに向かったのだが、
たどり着いて愕然・・・。
気に入ったスープではない可能性は想定したものの、
まさか「オムライスがない」とは。

しかし、
ここで立ち止まるわけにはいかない。
凍えそうな寒さだったからだ。
弁当のラインアップから、
一番心惹かれたロールキャベツ&エビフライ弁当を選択。

この季節になると、
risoのライスは保温されて温かい。
それに、
ボクの好きな固め炊きなのもうれしい。

今日の気分は☆3つ。
食事には満足したが、
やはり今日の気分は、
オムライスとスープの組み合わせだった。
青一の店のランチメニューが一覧できるシステムができないものだろうか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。

今日のメニュー。
20091221115552.jpg

<<近々このblogのエントリが1000を迎える>>
 今後の展開を思案中。
 これまで通り続けるか、きっぱり止めるか、
 しばらく休むか、
 あるいは不定期更新とするか。
 かなり悩んでます。








JANOJA/赤いカルボナーラ
【20091218】
【メニュー】 赤いカルボナーラ
20091218115526.jpg
20091218115156.jpg
【お店】青山 JANOJA
【種別】eat in/ひとり
【お値段】 1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】2009年10月13日
【コメント】
今日はパスタ。
新規開拓を含め、どこに行くか迷ったが、
オナカから冒険を躊躇する意思表明があったので、
行き慣れてるJANOJAへ。

注文は赤いカルボナーラ。
通常のタマゴやチーズがたっぷりのカルボナーラではなく、
トマトソースベースのメニューだ。
ベーコンと、
最後にのせられるたまごの黄身が塩加減と柔らかさのアクセントになる。
タカの爪も絶妙な辛味を醸し出している。
太目のパスタのゆで加減も申し分ない。

食べていて気がついてのだが、
このソースの考え方はインド料理のバターチキンのソースとよく似ている。
香辛料の使い方で、
別の国の料理に展開するのだ。

今日の気分は☆4つ。
赤いカルボナーラは注文する人が多い、
人気メニューだ。
この店のメニューはいろいろと試したが、
おいしいのはもちろん、
一番味が安定している、と思う。

この「安定」、というのがけっこう大事であり、
難しいと思うのだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにあるイタリア料理屋さん。地下1階である。
13:30まで店内禁煙。

ガーリックの量や辛さなどの味の調整も一部可能。
大盛り+150円 。




かとう清正/牛すき玉子とじ
【20091217】
【メニュー】 週替定食
 牛すき玉子とじと白身魚の生姜あんかけ
20091217115300.jpg
【お店】かとう清正
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年10月28日
【コメント】
そうだ!
と思ったらもう遅かった。
閉店前にキーマ屋の豚ばらキーマカレーを食べようと思っていのだが、
営業は昨日まで。
残念。
結局、一度も50円券を使わずじまい。
こちらも残念。

ただ、なんとなく足はそちらの方向に向かってしまったので、
今日のランチはかとう清正で。
昨日食べ損ねた肉豆腐からの流れなのか、
週替定食が牛すきであったので、
躊躇なく注文。

ここの味付けは基本的に濃い。
そのため、
牛すきも濃い目の味付けを想像していたのだが、
たまごでとじられていたせいか、
意外にあっさり。
豆腐が熱々で、
引き続き温かさとやさしさを求めているボクのオナカには、
いい選択だった。

白身魚は揚げ出しになっている。
身がフワフワと柔らかい。
驚くほど肉厚だ。

今日の気分は☆3つ。
店内に差し込み日差しが、
ちょうど背中に当たって気持ちがよい。
やはり、
カラダが内側と外側から温まると、
心地よいのだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインビルの南側ブロックにあるさくら肉料理の店。
ミキータあるビルの2階だ。
店内はゆったりとしたつくり。

外のメニュー看板。
わかりづらいので、まずはこの看板を目印に。
20091217120804.jpg





Open Kitchen 104/カキと鰯のミックスフライ
【20091216】
【メニュー】 カキと鰯のミックスフライ
20091216115333.jpg
【お店】Open Kitchen 104
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年10月23日
【コメント】
ここしばらく胃の調子が悪いせいで、
カラダが温かくてやさしい食べ物を求めている。
今日は何を食べようか思案していたら、
104の肉豆腐がアタマに浮かんだ。
ボクが食べた時には半熟だった付け合せのたまごが、
その後は生に変わったという情報もあり。
つまり、「たまごかけごはん」ができるわけである。

ということで、
寒い中、一路104へ。
しかし、
世の中、うまくいかないものだ。
今日のメニューに肉豆腐の姿はナシ。
引き返すにもあてもナシ。

結局注文したのはカキフライと鰯フライの盛り合わせ。
メニューに「鰯フライ 自信あり!」と書いてあったからだ。
たしかに、
思ったよりも大きく、
しかも注文を受けてから揚げてくれるので、
外はサクサク、
中はホクホクであった。

ただ、
鰯特有のクセがあるので、
できれば次回はあじフライになるとさらにうれしい。

なめこの味噌汁が温かくてやさしくて、
これが一番今のボクに合っていたように思う。

今日の気分は☆3つ。
気がついたら揚げ物。
少しばかり後悔しているが、
何も起きてないのに後悔するというのもヘンな話、
ではある。

ちなみに、
あじフライや鰯フライにはしょう油をかける派、だ。
ホントは何もかけないのが理想ではあるが。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り沿い、外苑前駅近くのお店。

本日のメニュー。
20091216121222.jpg

味噌汁とサラダ、そしてとろろが付く。
六穀米はお替り自由。




ナタラジ/カレー
【20091215】
【メニュー】
本日のスペシャルカレー(中辛)
 アル ベイガン マカンワラ
20091215115359.jpg
【お店】ナタラジ 南青山店
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年7月3日
【コメント】
今日は久々のナタラジ。
メニューがベジタブルカレーのみなので、
メニューによってはコクが足りない、
と感じることもあるのは事実。

しかし、本日のスペシャルカレーだったアル ベイガン マカンワラに、
そんな心配は不要だ。
ナスとじゃがいもがゴロゴロと入ったトマト系のカレー。
バターチキンのナス/じゃがいも版といった味だろうか。
トマトの酸味と野菜の甘みがなんともいえない絶妙なバランスを醸し出している。
ナンをつけて食すると、
うまさにうなずく。

このすばらしいカレーに、
ナンとサラダとドリンク(コーヒー/紅茶)がついて1000円。
量が足りない人は、
半ライスもサービス。
納得できる値段設定だ。

今日の気分は☆4つ。
オナカが温まって気持ちがよい。
大満足だ。
アル ベイガン マカンワラの日は、
ナタラジに行きたい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
伊藤忠の目の前、地下1階にあるベジタブルインドカレーの店。

店内は結構広く、ゆったりとできる。
テイクアウトも可能。
カレーを2種類選べるダブルカレーセット(1300円)や、
3種類選べるトリプルカレーセット(1600円)もある。







ボンヌ/パン
【20091214】
【メニュー】 画像左上から時計回りに
コロッケサンドイッチ
ハムエッグロール
ホットサンド
 +
クノールのクラムチャウダー
20091214120848.jpg
【お店】ボンヌ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】470円+189円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年11月10日
【コメント】
オナカの調子がイマイチ。
こういう時には、
温かいモノがほしくなる。
しかもやさしいモノ。

一生懸命に考えたにも関わらず、
結果的にはボンヌのパンと、
コンビニで調達したカップスープになった。

今日の気分は☆3つ。
それでも、
ボンヌのパンがまだ温かくて、
これはこれで内臓に優しかったと思う。

さすがにカレーパンはパス。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ボンヌはチェリー通りにある小さな街のパン屋さん。

ボンヌの袋が、
再び今までの渋い茶の紙袋に戻った。





雲雀や/長葱の豚肉巻き
【20091211】
【メニュー】 長葱の豚肉巻き、鶏そぼろ
20091211120138.jpg

【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年11月20日
【コメント】
雨、しかも寒い。
食べたいモノがあったのだが、
これでは移動する気になれない。
ということで、
ウインビルへ。

やはり雨の日のウインは、
人出が少ない。
ただし、
花火だけは列あり。

温かいものを食べたかったが、
今日は雲雀やにした。
やはりこういう気分が落ち込みそうになりがちな天気の日には、
しあわせな気分にしてくれる弁当が最適だ。

メインは、
長葱の豚肉巻き。
外の豚肉は柔らかく、
中の長葱はトロリ。
少し濃い目の味付けで、
ごはんが進むおかずだ。

今日の気分は☆4つ。
メインを入れて7種類のおかずたち。
さらに玄米ごはんには鶏そぼろと炒りたまご。
どれもが工夫を凝らされていて、
食べていて、ホントあきない。
ちゃんとしあわせになれました。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるお弁当屋さん。




麺場 花火/特製青山ら~麺
【20091210】
【メニュー】 特製青山ら~麺 並
20091210115112.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/ひとり
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年11月30日
【コメント】
今日も汁物。
今日よりは過ごしやすいが、
カラダの冷えは解消していない。

花火に行って列ができていたら、
次は・・・
と、シナリオを考えていたにも関わらず、
あっけなく花火に入ることができた。

前回は、
花火ら~麺のこってり影響が、
食べた数時間後に突然やってきて苦しかったので、
今日はあっさり目という青山ら~麺を選択。

特製とそうではないら~麺の金額の違いが150円。
券売機の前でしばし考え、
特製をポチッと。

麺の量が大盛りでも金額は同じ。
しかし、自分の胃の大きさを考えると、
普通盛りにせざるを得ない。
ゆで加減は固めで。

青山ら~麺。
これはおいしい。
武蔵のら~麺の系統ではあるが、
ボクはこちらの方が好みだ。

あっさり目の中にも、
魚介系のキレイな風味が活きている。
麺の太さもスープとベストマッチ。
武蔵のスープは、
後半にいくにつれて濃い、と思わせたのだが、
こちらは最後まで同じペース。
武蔵のチャーシューの濃い煮汁が原因だったのではないか、
と想像。

今日の気分は☆4つ。
食べ終わると、
昔ながらの中華そばを食べた後のような香りが口の中に残った。
懐かしい感じだ。
しかし、
洗練されている。

ちなみに「特製」は、
チャーシューが1枚、
煮たまごハーフが追加されたバージョン。

次回はつけ麺にしてみよう。
つけ麺は、
大盛りでも大丈夫、だと思う。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

メニューは3つのらーめんが基本。
青山ら~麺と花火ら~麺とつけ麺。

ウインビルの内廊下が入り口になっているので、
外側からは入れないので注意。





豚富/ユッケジャン
【20091209】
【メニュー】ユッケジャン
20091209114904.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年11月13日
【コメント】
あまりにもオフィスが寒くて、
カラダが芯まで冷えてしまった。
ということで、
今日のランチは温かい汁物に決定。

遠くにも行きたくなかったので、
とりあえずウインビルへ。
花火か豚富か。

花火の前には、
12時のかなり前の時間であったにも関わらず、
すでに列が。
並ぶつもりはないので、素通りして豚富へ。

注文したのは、もちろんユッケジャン。
この辛うまには脱帽する。
牛肉と野菜の出汁が、
韓国の辛子と最高のコラボとなっている。

お店の道路側の扉が開くたびに、
冷たい空気が流れ込んできて、
その冷たさに震え上がっていたが、
ユッケジャンを食べ進むにつれて、
まったく気にならなくなった。
カラダが内側から温まったのだ。

今日の気分は☆5つ。
ライスと辛いスープのタッグも最強だ。
ホントにおいしい。

この店のお客さんのユッケジャン注文比率は、
相当に高いと思う。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。

厨房の女性スタッフのTシャツは、
今日もHow to Dismantle an Atomic Bombだった。
制服か!?

12時少し過ぎた頃に花火の前を通ったのだが、
列はなく、
並ばずに入れる状態であった。




京菜/牛すじ大根
【20091208】
【メニュー】 京菜風(まぐろ丼小+牛すじ大根小)
20091208115313.jpg
【お店】京菜
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年10月27日
【コメント】
今日は京菜の牛すじ大根。
もう考えるだけでわくわくする。
最高の牛すじ大根だ。

今日は牛すじ肉がたっぷり。
いや、牛すじというよりも、
肉そのものが多く、
なんとなくお得感があった。
しかも柔らかい。

桂むきされた大根に、
出し汁がよく絡んで、
味といい、
食感といい、
完璧としかいいようがない。

今日の気分は☆5つ。
もちろんゴマだれのまぐろ丼もおいしい。

連日、おいしい食事ができて、
ホントしあわせだ。

珍しく画像もおいしそうに撮れたので、
こちらも満足。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。

12時過ぎには列ができる人気店。

※お店情報
もっつあれら7の後にできた「田」。
魚と地酒の店のようだ。
今日から始まったランチのメニューはこんな感じ。
20091208121055.jpg





ゆんたく/沖縄そば
【20091207】
【メニュー】沖縄そば
20091207115222.jpg
【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年9月30日
【コメント】
天気がいいので遠出ができそうだ、
と思ってオフィスを出たものの、
冷たい風にめげる。

ということで、ゆんたくへ。
近くていつでもいけるという安心感からか、
前回からずいぶんと間が開いてしまった。

それでもお店のおばさまは、
ちゃんとボクのことを覚えていてくれる。
ありがとう。

今日はこんな感じ。
沖縄そば(並盛り)、
ごぼうのジューシー(炊き込みご飯)、
ゴーヤチャンプル、
もずくちゃん、
グレープフルーツ、
ぴーちゃん(ピーナツクラッカー)。

もちろん、
スープは最後の一滴まで飲み干して、
笑顔になる。

今日の気分は、もちろん☆5つ。
おいしいとしかいいようがない。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCEビルの裏手にある沖縄料理屋さん。

沖縄そばの大盛は1000円。

年末は12/28まで。
年始は1/7から営業。




キーマ屋(旧:Qunoogies)/豚ばらキーマカレー
【20091204】
【メニュー】 豚ばらキーマカレー ・ライス
20091204115809.jpg
20091204115243.jpg
【お店】キーマ屋(旧:Curry Diner Qunoogies)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年10月29日
【コメント】
天気がよかったので遠征をしたかったのだが、
意外に風が冷たくて、断念。
カレーにした。

キーマ屋では豚ばらキーマが定番化。
週替りのカレーも一応はチェックするものの、
やはり豚ばらに勝るメニューは登場していない。

日によって味の変わるキーマカレーだが、
今日はさらり感が強く、
そして味は濃厚であった。
野菜の旨みを感じる濃厚さ。

ライスの炊き加減は、
まさにカレー向きの固さ。
噛んだ時に押し返すくらいの弾力が残っているのが好みだ。
カレーによく合う。

今日の気分は☆3つ。
ホントに胃が小さいと実感。
最初に出てきたサラダとヨーグルトドリンクで、
満腹感を覚えそうになった。

今日のカレーは味がしっかりしていたので、
カイエンペッパーは不要。
この味であれば、
ライスの替わりにベジでもよかったかも知れない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルのの南側ブロック、外苑東通り沿いの2階。

14:00まで禁煙。

受け取った50円券を見たら、
50円券は12/12で配布終了、
さらに12/16をもって閉店!
カレー気分の時には真っ先に候補にあがる店なだけに、
残念だ。

閉店の事情がわからないだけに、
たまった50円券を一気に使っていいものかどうか・・・




ドトール/サンドイッチ
【20091203】
【メニュー】
ミラノサンド コーンドビーフ(390円)
ミックスサンド ボックス(240円)
(ampmで調達した)ピザまん(90円)
20091203120407.jpg
【お店】ドトールコーヒー 北青山店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】720円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年8月2日
【コメント】
何を食べるかのイメージがわかず。
しかも外は雨。
パン系のような気がしたので、
サンマルク、ドトール方面へ。

結局はドトールで一押しになっていたミラノサンドのコーンドビーフを試してみることに。
それだけでは明らかに足りなさそうなので、
ミックスサンドを確保。
それでもまだ足りないのでは、思い、
ampmでピザまんをゲット。
はらぺこだったのだ。

コーンドビーフのサンドには、
ザワークラウトが挟まっていて、
これがいい働きをしていた。
酸味で爽やかさを醸し出す働きと、
全体にジューシーさを加える働きだ。
気に入った。

コーンドビーフの注文率が高かったように思う。
人気商品なのかもしれない。

今日の気分は☆3つ。
しかし、
さすがに食べすぎた。
足りなくて欲求不満になるよりはいいか、
と自己弁護。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
北青山ビルヂング1階にあるコーヒー屋。



Riso/オムライス
【20091202】
【メニュー】 
オムライス (480円)
野菜トマトクリームスープ (370円)
20091202120217.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年11月2日
【コメント】
昨日行こうと思って取りやめにしたrisoのオムライス。
今日も同じ気分だったので、
あらためて。

選んだのはお目当てのオムライスと本日のスープ。
スープは野菜トマトクリーム。
ボクの好みの予感。

オムライスはいつも通り、
普通な感じだ。
ベチャッとしたケチャップライスをたまごが包み、
最後にケチャップ。
この、ホントに家庭的なオムライスがいいのだ。
ただ、
最近はケチャップライスが焦げていることが多く、
それは気になる。

さて、スープ。
これはステキだ。

かぼちゃ、じゃがいも、たまねぎ、トマト、
にんじん、ベーコンなどの具がたっぷりと、
トマトクリームのスープで泳いでいる。
クルトンがガーリックトーストになっていて、
いいアクセントになっている。
大満足。

今日の気分は☆4つ。
やはり、スープにつきるだろう。
このスープとパンがあれば、
とびきり贅沢なランチだ。

スープは人の心まで温かくする。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。

今日のメニュー。
20091202115707.jpg







rocket/タコライス
【20091201】
【メニュー】タコライス(大盛り)
20091201120123.jpg
【お店】rocket
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年7月24日
【コメント】
オフィスを出て、思わず二度見。
赤いワゴン!?
なんと、rocketではないか!
うれしさのあまり、
心臓がバクバクてしまった。

たまたま昨日、このblogを見返していて、
ずいぶんと気に入ったお店がなくなった、
と嘆いていたのだ。
rocketもその中の一つ。
もう、大好きなタコライスを食べることができないのかも知れない、
と思うと、哀しくなっていた。

そのrocketが今目の前に。
全ての予定を変更して、
今日のランチはrocketに捧げることに。

「お久しぶりで~す」のあいさつとともに、
注文も聞かずにタコライスの大盛りを作り始める。
スゴイ記憶力だ。

rocketのタコライス。
他の何ものでもない、
rocketのタコライスなのだ。
会社に置きっぱなしにしていたスモークドのタバスコをたっぷりとかけていただく。

久々に食べて、
しあわせ感でいっぱいになった。

今日の気分は、もちろん☆5つ。
いつもの通りに大盛りにしたのだが、
過去最高の量だったと思う。
超満腹。
量よりも質を重視したいと思っているのだが、
好きなモノは、
いつまでも減らないでほしいので、
この超大盛はうれしい。

このまましあわせ感に包まれて眠りたい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビル横に来る赤いワゴン車のお店。

メニューはタコライスとスリランカカレーが定番で、
日によってもう1種類のカレーが出る。
いずれも大盛無料だ。

少し話をしたら、
来てもすぐに通報されてしまうのだそうだ。
赤いワゴン車なので目立つのだろうか。

ぜひとも定期的に来てほしい。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。