青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やまと/カツ丼
【20100430】
【メニュー】 こだわり「カツ丼」
20100430115831.jpg
【お店】豚肉創作料理 やまと
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】 980円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年2月24日
【コメント】
久々に長寿庵の汁だくだくかつ丼を食べたくなった。
ところが行ってみると、
なんとお休み。
初めて連休を実感した。

かつ丼気分は消失してなかったので、
そのまま「やまと」へ。
もちろん注文は、こだわり「カツ丼」。

前回のレポートで書いた通り、
ここのかつ丼のたまねぎの扱いは変わっている。

以下、前回のコピペ。
=======
通常のカツ丼のたまねぎは大きめに切られていて、
それほど長い時間、出汁で煮ない。
ここのたまねぎは、
みじん切りで、
あめ色、トロトロ状態なのである。
=======

そのせいなのか、
汁はとても濃く感じる。
もう少し、
爽やかさがあると、よいのだが。
とはいえ、
爽やかなかつ丼、
というのも不可思議なものであるが。

今日の気分は☆2つ。
この店でいつも悩まされるのは、
「タバコ」の煙だ。
煙は上に流れず、
店の奥のほうに流れていく。
そのために、
下流に座ってしまうと、
その煙を吸い込むことになってしまうのだ。

今日も別の席の方の煙が流れてきて厳しかった。
食事中に煙に巻かれるのは哀しい。
おかげで、
早く食べ終わろうと急いでしまい、
最後はかきこみ状態。
食べた気がしなかったのが残念だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りの中ほど。
青山通りから墓地を見て左側にある豚肉メインのお店。




スポンサーサイト

奈加山/わらさ竜田揚
【20100428】
【メニュー】わらさ竜田揚
20100428115309.jpg
【お店】奈加山
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年1月27日
【コメント】
雨でスーツのパンツの折り目がなくなり、
かなりブルーな気分だ。
昼になっても雨は止まず、
朝コンビニで調達すべきだった、と後悔。

とはいえ、
ランチを食べないと午後も戦えないので、
しばし思案。
雨の日はツインというワンパターンに陥り気味なので、
今日は近場のもうひとつの選択肢、奈加山に行ってみた。

注文はいつも通り、
竜田揚げ。
今日の魚はわらさ、だった。
これもいつもの通り、
マヨネーズにしょう油をたらし、
さらに七味をまぶした即席ソースにつけて食べる。
考えてみると、
えいひれと同じ食べ方だ・・・。

奈加山の味噌汁は、
懐かしい味がする。
うちの実家の味に近いのかも知れない。
といっても、
実家の味噌汁には、
もう何十年も出会っていないが。
大根と大根の葉の具の味も、
懐かしさを後押ししているようだ。

今日の気分は☆3つ。
おかずの量とごはんの量のバランスが悪く、
どうしてもごはんが残ってしまう。
手作りのふりかけが卓上にあるのだが、
それにも限界があり。
ボクとしては、
残り気味のごはんに、
味噌汁をかけて、
ネコまんまして食べたい衝動に駆られるのだ。
これ、ダメですかね。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りの一本南裏手、ポーラビルの裏にある家族経営の和食屋。
ランチタイムは禁煙となる。

付箋にメニュー名を書いてスタッフに渡す独特の注文法。
会計時にも使われる。







豚富/ユッケジャン
【20100427】
【メニュー】ユッケジャン
20100427114845.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年3月19日
【コメント】
少し遠出をしようと思っていたのに、
昼前から雨降り。
残念ながら近場でのランチとなった。
雨ということで、向かったのはウイン。
ランチスランプに陥っているボクが選んだのは、
豚富のユッケジャン。
スランプ時は、安定志向になるのだ。

今日のユッケジャンは、
少しコクが不足していた、か。
誤差かも知れないが、
普段のおいしさと、
それに伴う期待値の高さで、
少しの変化も気になってしまう。
ボク自身の体調という要素も、
実は影響が大きいのは事実ではあるが。

今日の気分は☆3つ。
食べ終わる頃には、
ほんのりと汗ばみ、
体内が活性化されたように感じる。
やっぱり韓国料理は、
ボクに合っていると思うのだ。

今日の豚富は、
12時近くまで、店内にボクだけの状態だった。
雨のせいで出足が遅いのか。
そういえば、
アンカシェットが通勤時間にチラシを配布している。
(ほとんど行かないが)人気店であると思っていたが、
集客に苦労しているのだろうか。
商売はたいへんだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。





Riso/オムライスとスープ
【20100426】
【メニュー】
オムライス (480円)
ミネストローネ (370円)
20100426120429.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月12日
【コメント】
またriso。
考えるのが面倒になってると思われるのは悔しいが、
残念ながら、正解。
せっかくのいい天気、
新規開拓日和ではあるのだが、
気分がのらない。

こういう日には、
食べなれたモノにするのが無難。
最近では、
risoのオムライスだ。

ここのオムライスは、
正直言ってレベルは高くない。
いや、逆に低いのかもしれない。

ライスはビチャッとしているし、
具は見えないし、
何よりもケチャップライスが焦げているし。
それでも、この憎めない味を求めて、
リピートしてしまうのだ。

前回は味のバランスがイマひとつであったミネストローネ。
今日はおいしかった。
前回は、塩気が強いと感じたのと同時に、
具のかぼちゃが微妙なアクセントを全体に与えていたのが、
イマひとつと思ってしまった理由であると思う。
今回はズッキーニ。
自己主張よりも、
全体調和を考える、
いいヤツなのだ。

今日の気分は☆3つ。
食べたモノのことは以上。

今日はホンダ本社横の道に、
弁当販売のワゴン車が2台来ていた。
risoに行く時に確認して、
コンスタントに来てるなぁ、と感心。
今度試してみようと思っていた。

帰り道、
再びその道を見ると、
ミニパトがパトランプを回してながら停車していて、
2台のワゴン車に何やら指示している。
おそらく退去を命じられていると思われる。

たしかに違法行為なのであろうが、
制度としてもう少しなんとかならないのだろうか。
こういう光景を見るたびに、そう思う。

それにしても警官が3人。
投入人員としては、
適切なのか!?

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。





麺場 花火/青山ら~麺
【20100423】
【メニュー】 青山ら~麺 大盛
20100423115207.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月5日
【コメント】
こんな天気は、イヤだ。
何を食べるのかを考えるのも面倒で、
ツインで空いてそうな花火に入った。
スタッフが、
「まいどありがとうございます」とボクに向かって少し小さな声で言ってきたので、
そんなにしゅっちゅう来ているイメージがあるのか、
と意味もなくブルーに。
なんでもネガティヴに受け止めてしまう精神状態なのであった。

選んだら~麺は青山。
麺は大盛り。
大盛りのらーめんを食べるようなオトコではなかったはずなのに、
この店ではなぜか大盛りにしてしまう。

今日の大盛りは、
麺がスープからはみ出ていて、
放っておくと乾いてしまうような感じ。
つまりは、
スープが少ないということなのか。

味は、
可もなく不可もなく。
オナカは満たされた。

今日の気分は☆3つ。
どうして日によって味が変わるのだろう。
やはりらーめんの道は険しい、ということか。

あ、豚富にすればよかった・・・。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。





くろ麦/にしんそば
【20100422】
【メニュー】 にしんそば
20100422115646.jpg
【お店】くろ麦
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1400円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年3月4日
【コメント】
誕生日なので、
青山ランチで自分に何かお祝いをしようと考えてみたが、
お祝いランチを思いつかず、断念。
複数人で行く店は思いついたのだが、
今日の今日では・・・。

ということで、
いつものように一人ランチ。
にしんそばが食べたい気分だったので、
ツインのくろ麦へ。

前回、3月に食べた時には☆5つで大満足。
今回もおいしかった。
にしんの身がフワッとしていて、
適度な脂のノリがすばらしい。
にしんはこの時期が旬ということなのだろうか。

調べてみると、
3月からが旬のようだ。
「春を告げる魚」とも呼ばれているとのこと。
勉強になった。
旬のうちに、
もう一回くらい食べておかないと。

今日の気分は☆4つ。
以前は、
このにしんそばに入っているわかめの自己主張が気になっていたのだが、
最近は逆に、
わかめの潮の香りが好きになってきた。
嗜好は年とともに変化していくのだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお蕎麦屋さん。

2時までは禁煙。




実之和/かれー麺
【20100420】
【メニュー】 かれー麺 並盛 (半ライスサービス)
20100420115444.jpg
【お店】かれー麺 実之和
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月1日
【コメント】
桃太郎のあんかけ焼きそばか、
実之和のかれー麺か、
最後まで迷った。
特にこれといった決め手があったわけではないのだが、
かれー麺を選択。
なんだか今日は、
カラダもアタマも、重い。

今日の麺はいつもよりも固め。
ごはんでも麺でも、
固めが好きなボクとしてはよろこばしい。
いつもよりももちもち感が増している。
と思っていたのだが、
途中からいつもほど麺がかれーと絡んでいない気がしてきた。
やはり、
ある程度の柔らかさは必要なのだ。

逆に、
いつもはもちもちのごはんが、
やけに柔らかい部分があって、
こちらは少し残念。

今日の気分は☆3つ。
そういえば、
次回は豚のしょうが焼きを食べようと思っていたことを、
今、思い出した。
次回こそは。

ちなみに、
今日はかれーがスーツにはねる予感がして、
紙の前かけをもらった。
食べ終わってみると、
結局、はねはなし。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

申請すれば、
かれースープよけ用の紙エプロンをくれる。

風邪のひきかけのようだ・・・。





かとう清正/牛肉とごぼうの卵とじ
【20100419】
【メニュー】 週替定食
 牛肉とごぼうの卵とじと海老豆富あんかけ
20100419115227.jpg
【お店】かとう清正
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年2月23日
【コメント】
4月らしい陽気だ。
うちのチームにも新入社員が入って、
ちょっと初々しい空気感。

今日は、かとう清正を確認経由で桃太郎という展開を想定。
そのかとう清正で、これでいいかな気分になったので、
そこで散歩は終了。

週替りによく登場する牛肉とごぼうのたまごとじ。
無難なメニューだ。
こういう系統のメニューを食べていると、
どうしても104の肉豆腐を思い出してしまう。
かとう清正には失礼な話ではあるが、
ここのメニューがどうこうではなく、
ボクは104の肉豆腐がスキなのだ。

今日の気分は☆3つ。
食べ慣れたいつもの味。
サプライズはない変わりに、
安定感がある。
安定感という要素は、
ランチには重要なのである。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインビルの南側ブロックにあるさくら肉料理の店。
ミキータあるビルの2階だ。
店内はゆったりとしたつくり。

外のメニュー看板。
わかりづらいので、まずはこの看板を目印に。
20100419114751.jpg






ゆんたく/沖縄そば
【20100416】
【メニュー】沖縄そば
20100416115049.jpg
【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年3月9日
【コメント】
言いたくないが、
「寒い」。
温まる汁系をカラダが欲していて、
さらにココロも温まれば、なおよし。

ということで、
今日のランチはゆんたく。
実は、昨日は仕事で昼休みがなく、
ランチタイムをちゃんと取れなかったこともあって、
今日はゆったりと過ごすことも目標。
大切な時間なのだ。

ゆんたくの今日のラインアップはこんな感じ。
沖縄そば、
ジューシー、
ゴーヤチャンプルー、
島豆腐、
たくあん、
グレープフルーツ、
ピーちゃん。

いつも沖縄そばを作ってくれるおばさまが不在で、
厨房には若い女性が入っていた。
若いから、というわけではないとは思うが、
味がしっかりしていた。
もう少しあっさり目が好みではある。
とはいえ、誤差の範囲。
優しく温めてくれたのだ。

今日の気分は☆4つ。
食べていると、
毎日、沖縄そばでもいいなぁ、
と思う。
唯一無二の、ステキな食べ物だ。
今日も満足した。

ゆんたくの横手で弁当を売っているベッカッチャ。
この寒い雨の中、
傘もささずに今日も営業していた。
寒そうだ。
そこに自転車に乗ったおまわりさんが近づき、
横付け。
まさか、営業行為を咎められるのか!?
がんばってるのに!
って思ったら、
ただ弁当を会に来ただけだった。
ホッ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCEビルの裏手にある沖縄料理屋さん。

沖縄そばの大盛は1000円。





龍府/チャーハン弁当
【20100414】
【メニュー】 チャーハン弁当
20100414121014.jpg
【お店】龍府(ロンフー)
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年8月18日
【コメント】
受付に飾ってある百合の花の香りが強烈だ。

それに惑わされたから、というわけではないが、
何を食べたいのかイメージがわかず、
歩き回ってしまった。
結局立ち止まったのが龍府の前。
久々にここの弁当にしてみよう。

龍府といえば、
いつも肉団子を定番にしていたが、
最近は見かけず。
今日もなかった。

今日選んだチャーハン弁当のおかずは、
ホイコーロー、
炒りたまごのチリソースがけ、
春雨のピリ辛炒め、
揚げしゅうまい。
文字面だけ見ると豪華そうだが、
どれも味が中途半端で、
かなりのがっかり感を味わうことになった。

それでも、
量がとても多いので、
満腹感を得られることは、間違いない。

今日の気分は☆2つ。
食べきれず。
そのわりに、
デザートでビスコを食す。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り、銀杏並木入り口あたりの南側。
地下1階の中華料理屋。
弁当は1階の青山通り沿いで売られている。




【新規開拓】ベッカッチャ/パスタ弁当
【20100413】
【メニュー】ランチボックス
ストリゴッツィ 春キャベツのオイルソース
シエナ風 鶏のロースト
20100413121506.jpg
【お店】ベッカッチャ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】800円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
オフィスを出る時にいっしょになった女子が、
パスタの弁当を売っている気になる店があるというので行ってみた。
場所はゆんたくの横。
最近、外で弁当を売り始めていたことは知っていたのだが、
素通りしていたのだ。

売っていたのは、
ストリゴッツィという生パスタを使った料理と、
鶏の香草パン粉焼きのランチボックス。
メニューを見ると、
このパスタが基本で、
ソースが日替わりになるようだ。
今日はオイルソースかクリームソース。
ボクはオイルを選択。

パスタは短いうどんのようで、
もちもちしていた。
太いので、
濃い目のソースが合いそうだ。

鶏の香草パン粉焼きは、
香ばしいパン粉と柔らかい鶏肉がよいバランス。

ただ、
香草パン粉のガーリックと、
パスタのオイルソースのガーリックで、
後半は少し食傷気味。
オナカに乳酸菌を送り込むべく、
ビスコを摂取した。

今日の気分は☆3つ。
800円は少し高いようにも思うが、
違うソースでまた食べてみたいと思う。
今度はガーリック抑え目で。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCEビルの裏手にあるイタリア料理屋。
ランチは、店外でのランチボックス販売のみ。

メニュー。
20100413120850.jpg






Riso/オムライスとスープ
【20100412】
【メニュー】
オムライス (480円)
ミネストローネ (370円)
20100412120229.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 850円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月8日
【コメント】
寒いし、
雨だし、
風が強いし、
朝、コンビニでランチを調達してこなかった自分を呪った。
さらに月曜日だし。

そんな気分であったので、
ランチイメージがわかず、
さりとて空腹感は容赦ない。
オムライスとスープでいいや。

risoの本日のスープはミネストローネ。
好みのスープだ。
これで気分は持ち直せるかも知れない。

ところが今日のミネストローネ。
味が濃くてつらかった。
塩の分量を間違えたのか、
煮詰まっているの、
何しろ、つらかった。

今日の気分は☆2つ。
負の要素がスパイラル的に襲っている感じ。
これはいけない。
どこかで断ち切らないと。

午後はのどが乾きそうだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。








Open Kitchen 104/煮込みハンバーグ
【20100409】
【メニュー】 煮込みハンバーグ 半熟玉子付
20100409115912.jpg
【お店】Open Kitchen 104
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年2月2日
【コメント】
十中八九「肉豆腐」はない、
と確信めいたものがあったのだが、
行ってみた、104へ。
やはり、愛しのメニューはなかった。

その替わりに注文したのは、煮込みハンバーグ。
過去を振り返ってみると、
1年半ぶり。
1年半経つと、
味の記憶は薄れてしまうらしい。
一口食べて、
トマト系のソースであることが新鮮だった。
新鮮さを感じたものの、
blogを確認すると、
実は1年半前に食した時もトマト系のソースであった。
こんなものである。

ソースは煮詰められているせいか、
かなり味が濃くなっていた。
ごはんにはよく合う。
最後にふりかけた青いモノはパセリだと思っていたのだが、
食べてみるとオレガノ。
このオレガノがトマト系のソースにいいアクセントになって、
味に華やかさを加えていた。

今日の気分は☆3つ。
半熟たまごの食べ方がいまひとつよくわからない。
崩すと拡散するし、
そのまま食べるのも違うような気がするし。
一般的にはどうしているのだろう。

来週あたり、
肉豆腐が出る予感。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り沿い、外苑前駅近くのお店。

本日のメニュー。
20100409121231.jpg

味噌汁とサラダ、そしてとろろが付く。
六穀米はお替り自由。

12時には満席になる人気店だ。




Riso/カジキのオーブン焼き
【20100408】
【メニュー】カジキのオーブン焼き タルタルソース弁当
20100408120425.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年3月26日
【コメント】
和食系の魚料理か、
縁日屋台風のソース焼きそばか、
まぐろかつにたっぷりのタルタルソースの気分。
お気に入りの和食系も屋台風もないので、
まぐろかつを求めてrisoへ行くことに。

残念ながら今日もまぐろかつは見当たらず。
その代わりにあったのが、
カジキのオーブン焼き。
しかもタルタルソース。
そういえば、
まぐろかつのまぐろは、
何まぐろだったのだろう、と思いながら、
カジキを買ってみた。

これがなかなかのヒット。
カジキにトマトソース、
香草パン粉をのせてオーブンで焼いてある。
それにたっぷりのタルタルソースをつけて食す。
まぐろかつとは違った爽やかな味わいで、
気に入った。

risoの弁当は雲雀やとは向かう方向性は異なるが、
弁当に入っているおかずの種類の多さという点では共通している。
しかし、弁当にたこ焼きとは・・・。
方向性は明らかに違う。

今日の気分は☆4つ。
日向は気持ちがよい。
キジトラの猫がニャーニャー鳴きながら散歩。
20100408115554.jpg
カジキをあげたら、
がっついて食べそうな子だった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。

本日のメニュー。
20100408115854.jpg






雲雀や/豚肉とセロリの豆板醤炒め
【20100407】
【メニュー】豚肉とセロリの豆板醤炒め、鶏そぼろ
20100407120355.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年3月23日
【コメント】
risoのまぐろかつタルタルソースが食べたい気分だったので、
雨の中、
risoに行ってみた。
しかし、
まぐろかつはおろか、
食べたいメニューが見当たらず、
やむなく引き返して、
雲雀やに。

選んだのは豚肉とセロリの豆板醤炒め。
初めてのメニューであったが、
期待を裏切らない。
いつも通り、
サイドのおかずたちもどれも美しく、かつおいしい。
さらに食べていて楽しい。

今日の気分は☆4つ。
ホンダ本社横でのワゴン車による弁当販売が増えてきた。
rocketが来なくなったこともあって、
スルー気味ではあったが、
そろそろチェックする必要があるかも知れない。
何しろ、
今日は3台もいたので。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるお弁当屋さん。





ボンヌ/パン
【20100406】
【メニュー】 画像左上から時計回りに
大辛カレーパン
じゃがちー
焼きそばパン
ホットサンド
20100406120341.jpg
【お店】ボンヌ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】530円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年1月14日
【コメント】
無性にソース焼きそばが食べたかった。
ソースというのがポイント。
桃太郎に行けばメニューにあることはわかっているが、
ボクが求めているのは中華屋さんのそれではないのだ。
で、思いついたのがボンヌ。
焼きそばパンがあったはず。
ちょっと主旨が違うかな、
と疑問はありつつ、向かってみる。

結論からいうと、
たしかに焼きそばパンはあって、
中に入っているのはソース焼きそば、ではあった。
あったが、
ボクのソース焼きそば欲求は満たされず、
持ち越し。

今日の大辛カレーパンは辛かった。
大辛なので辛いのは当たり前ではあるのだが、
頭皮の毛穴が開くほどであった。

今日の気分は☆3つ。
帰りに青山墓地を少しのぞいたら、
さくらが散り始める、
お花見にはちょうどいい状態。

陽気もポカポカで、
スーツを脱いで肉体を開放したい気分だ。
でも、気をつけないと・・・
20100403154840.jpg

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ボンヌはチェリー通りにある小さな街のパン屋さん。





麺場 花火/青山ら~麺
【20100405】
【メニュー】 青山ら~麺 大盛
20100405115423.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年3月15日
【コメント】
寒い。
というか、カラダが冷えてつらい。
外は冷たい雨なので遠くには行けず。
結局、近場で温かいモノ、ということで、
花火に行くことに。
らーめん気分ではなかったが、
仕方がない。

選んだのはオーソドックスな青山ら~麺。
他のメニューは、
あまりボクとの相性がよくないようなので、
花火では、基本的には青山ら~麺を選ぶことにした。

今日のスープはとても普通であった。
日によって味が変わるので、
一口すすってみるまではどんな味なのかわからないため、
まずはひと安心。

麺はつるっと、そしてモチッとしていて、
よいデキ。
大盛りでも、
つるっと食べきれる。

今日の気分は☆3つ。
4月に入ってもこんな陽気では、
カラダがきつい。
温かい食事が常に恋しい。

あ、豚富のスンドゥブにすればよかった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。




京菜/牛すじ大根とまぐろ丼
【20100402】
【メニュー】 京菜風(まぐろ丼小+牛すじ大根小)
20100402115102.jpg
【お店】京菜
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年3月5日
【コメント】
電車の遅延で、
通勤に2時間近くもかかってしまい、
すでに体力が消耗。
金曜日で、まだよかった。

朝から気温が下がったのか、
外は微妙に寒い。
ということで、
今日のランチは京菜の牛すじ大根に決定。

今日の牛すじ大根は、
いつもよりもこってり。
しかし、こってりでも、
イヤなこってり感ではなく、
体力の落ち気味な今日のボクにはベストな味付けだったと思う。

まぐろの胡麻しょう油漬け丼も、
たれのかかり具合がちょうどよく、
いつも以上に満足度が高かった。

今日の気分は☆4つ。
今日の体力と精神状態にベストな選択だったと思う。
あとは天気がよくなれば、
さらによい気分になれるのだが。

店内でお香を焚いていて、
少し煙く、
むせてしまった。
お香は難しい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。

12時過ぎには列ができる人気店。





実之和/かれー麺
【20100401】
【メニュー】 かれー麺 並盛 (半ライスサービス)
20100401115829.jpg
【お店】かれー麺 実之和
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年3月11日
【コメント】
チェリー通り方面はランチ花見の人で混んでいそうな予感がしたので、
逆方向に向かう。
今日はごはんとおかずという、
定食ライクな食事がアタマに浮かんだ。

いくつか店のメニューをのぞいたのだが、
どこも示し合わせたかのように鶏肉ばかり。
鶏肉の気分ではないのだ。

手詰まりになって入ったのは、
実之和。
暖かい陽気であるにも関わらず、
かれー麺を食べることに。
ちょっと想定外。

今日の気分は☆3つ。
いつも通りかれー麺はおいしかったのだが、
やはりちょっと今日の気分とは違う。
考えてみたら、
豚の生姜焼きを試すチャンスだった。

食べ終わると、
うっすらと汗ばむ感じに。
カラダにはよかったのかも知れない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

申請すれば、
かれースープよけ用の紙エプロンをくれる。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。