青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【新規開拓】Etna/パスタ
【20100531】
【メニュー】 パンチェッタと玉ねぎのトマトソーススパゲティ
20100531120534.jpg
20100531115420.jpg
【お店】すしRestaurant and Bar Etna
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
月曜の朝からついてないので、
気分を変えるために、新規開拓。

キーマ屋の跡にできた店、Etna。
エトナ、と読むのだろうか。
気にはなっていたが、
なかなか入る気になれず、
今日に至ってしまっていた。

というのも、
ランチメニューが3種類で、
パスタが2種類、
定番のドライカレーという構成。
パスタの具材が少し変わっていて、
なかなかピンとくるメニューに会わなくて、
入れなかったのだ。

それが今日は、
パンチェッタと玉ねぎのトマトソーススパゲティという、
なんともオーソドックスなメニューだったのだ。
この機を逃す手はない、と思い、
入ってみた。

ランチには、
サラダとスープがつく。
サラダはオーソドックスなグリーンサラダ。
ドレッシングがフレンチとシーザーから選べるのはうれしい。
ボクはシーザーを選択。
スープはビシソワーズ。
上品さよりも、
じゃがいもの味が全面に出てるスープであった。

パスタのキレイな盛り付けに感心。
色も鮮やかで、
食欲をそそる。

パスタはもう少しアルデンテの方が好み。
トマトソースがたっぷりで、
なかなかジューシー。

しかし、
パンチェッタの脂身の主張が強く、
苦戦した。
残念ながら、
途中からよけて食べることに。

今日の気分は☆3つ。
ソースがフレッシュで気に入ったのだが、
パンチェッタはとても残念だった。
でも、
他のソースも試してみたいと思う。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの南側。外苑東通り沿いのレストラン。

ランチのメニューはパスタ2種とドライカレー。
20100531114756.jpg





スポンサーサイト

Riso/カジキのオーブン焼き
【20100528】
【メニュー】カジキの生ハムのせ トマトバジル粉オーブン焼弁当
20100528120202.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年5月17日
【コメント】
何を食べるかは、
考えずに見て決めたかったのでrisoへ。
選択肢が多いことは、いいことだ。

選んだのは、
カジキのオーブン焼き。
生ハムのせ、というところに惹かれた。

香草パン粉焼きのようなイメージを持っていたのだが、
それほど香ばしさがあるわけではなかった。
焼いたカジキに、
トマトとバジルのソースがのってる、
そういうメニューであった。
生ハムが意外に大きく、
カジキに巻いてあり、切れ目がなかったので、
かじる羽目に。
オフィスはレストランではないので、問題なし。

なんだかイタメシで白米を食べているような感じで、
少し違和感があった。

今日の気分は☆3つ。
ランチスランプが長引いている。
こういう時には、
選択肢の多い店は重宝するのだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。

今日のメニュー。
20100528115524.jpg





桃太郎/あんかけやきそば 【番外編付】
【20100527】
【メニュー】 やきそば(あんかけ)
20100527115331.jpg
【お店】 中華 桃太郎
【種別】eat in/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年5月6日
【コメント】
何を食べるのかがなかなか決まらず、
徘徊してしまった。
いい陽気なので、
散歩をしたと思えば、それはそれでよし。

たどり着いたのが桃太郎。
やきそばでも食べるか、と思い、
あんかけやきそばを注文した。
今までソースやきそば、かたやきそばを食べていて、
あんかけやきそばは初めてだ。

やはり、うまい。
野菜たっぷりのあんかけの味付けが、
ボクの舌にフィットしているのだろう。
これに辛子とお酢を加えると、
さらに味わいが深くなる。

食べはじめてから思い出したのだが、
昨日のランチもやきそばだった。

昨日はランチ時に六本木ヒルズに行く用事があり、
そこに入っている梅蘭でランチをしたのだ。
やきそばで有名な梅蘭、だ。
もちろん、注文は梅蘭やきそば(900円)。
見た目はこんな感じ。
20100526120134.jpg

パリパリに焼かれた麺の中に、
あんが詰まっている。

このやきそばは好きなのだが、
量が多く、味が濃いこともあって、
途中からあきてくるのが難点。
インパクトの強さは梅蘭に軍配があがるが、
味は桃太郎の方が好み。

今日の気分は☆4つ。
桃太郎は期待を裏切らない。
他の炒め物の定食も食べてみたいと思う。

それにしても、
ランチ時の六本木に行って、
あらためて青一のランチ選択肢の少なさを実感した。
あの街と比較する方が、無謀か。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側にある街の中華屋。

11:30~14:00まで禁煙。
安心できる。





美松/寿司
【20100525】
【メニュー】 にぎり1.5人前
20100525115520.jpg
【お店】すし 美松
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年3月31日
【コメント】
消去法で、寿司かな。
ホントはポーラビル裏の高級店に行こうと思ったのだが、
今日のボクには敷居が高すぎる。
自分でもよくわからないが、そんな気分だったのだ。
青一で1,2を争う庶民的な寿司屋、「美松」に行ってきた。

注文したのはいつも通りの「てんごの海老抜き」。
にぎり1.5人前で、海老を別のネタに変えてもらうのだ。

今日のえびの替わりのネタは、
まぐろの赤身。
ということで、
赤身だらけの皿になってしまった。

全体的に平板な味だな、と思って、
原因を考えてみると、
どうも酢メシらしい。

酢が微妙に足りないのと、
ごはんが柔らかいので、
ネタが活かされていないように感じた。

あら汁は、
いつものようにお替り。

今日の気分は☆3つ。
店構えはキレイになったが、
中は以前と変わらず、
とても庶民的な寿司屋だ。

日によってネタにバラつきはあるが、
安心してゆったりと、
そして安く寿司を食べることができるので、
重宝する。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの南側。外苑東通り沿いの寿司屋。

ランチのメニューは、
にぎりの1人前(800円)と1.5人前(1000円)、
ちらしの1人前(800円)と1.5人前(1000円)の4種類。





麺場 花火/青山ら~麺
【20100524】
【メニュー】 青山ら~麺 大盛
20100524115554.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月23日
【コメント】
あいかわらずランチスランプだ。
何を食べたいのかが自分でもわからないし、
もうなんでもいいや、っていう感じもする。

今日も、なんでもいいやのプチ延長で、
ウインビルへ。
目についた花火へ。

券売機の前に立って、
しばらく自分自答。
ホントにらーめんでいいのか。
なんて考えるんのも面倒になったので、
青山らーめんのボタンをポチッと。

今日はねぎと柚子抜きにしてもらった。
ここのねぎはあら切りのため、
口に入った時に味が一定していない。
柚子は香りはいいのだが、
突然に口に入ってきて自己主張する。
だから、ねぎと柚子抜き。

しかし、
柚子はともかく、
ねぎがないのはさびしいということが、
よーくわかった。
やはり、
らーめんにねぎは必要だ。

今日の気分は☆3つ。
スープの味が濃くて、
ラーメン屋ではめったに飲まない水に手を出した。
らーめんは難しい。

それにしてもウイン青山はキレイになった。
おどろくばかりだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。






雲雀や/なすと豚肉の味噌炒め
【20100520】
【メニュー】なすと豚肉の味噌炒め、鶏そぼろ
20100520120120.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月7日
【コメント】
大好きな雲雀やなのに、
なぜか1カ月半も間があいてしまった。
理由は不明だが、
久々に食べると、
やっぱりここの弁当はうまいのだ、
と再認識する。

今日選んだメインは、
なすと豚肉の味噌炒め。
味噌炒めといっても、
中華料理のように濃い味噌味ではなく、
あっさりとした、サラッとした味付け。
豚肉やなすの素材の味がうまく引き出されている。
見事。
特になすが秀逸だった。

小さなおかずたちも、
いつも通りボクを楽しませてくれた。

今日の気分は☆4つ。
もっと雲雀や比率を高めよう。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるお弁当屋さん。

ワンコイン500円から850円まで、
10種類以上の弁当がある。
マクロビオテック的な弁当だ。





【新規開拓】もつ兵衛/ミックスフライ
【20100518】
【メニュー】 ミックスフライ
20100518120022.jpg
【お店】もつ兵衛
【種別】eat in/ひとり
【お値段】780円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
あじフライが食べたくなった。
定期的にそういう気分になる。
いつもならあきらめるのだが、
最近開店した店のメニューにあじフライがあったことを思い出した。

もつ兵衛。
この店のある場所は、
ここ数年で店がくるくる変わっている。
ボクの記憶だけでも、5軒目だ。
ちょっと尋常ではない回数だと思う。

ランチメニューは7種類。
高いメニューでも780円。
味がはまれば、
人気がでるかも知れない。
事実、12時過ぎには列ができていた。

注文したのは、
お目当てであったミックスフライ。
メニューを確認すると、
あじフライにエビフライ、
それにころっけという、
(胃の調子がいい日には)なんとも魅力的なラインアップだ。

しばし待ち、
でてきた料理を見ると、
あじフライはそこそこ大きいし、
エビフライは2本も。
それにどれも揚げたて。

料理は780円にしては満足。
やはり揚げたてというのはよい。
ただ、ライスが柔らかいのがとても残念だった。
ホントに、残念。

今日の気分は☆3つ。
あじフライにはしょう油をかける派だ。
エビフライにはタルタルソース。
コロッケは何もかけないのが、基本。

またあじフライが食べたくなった時には使わせてもらおう。

オープンしたてだからなのか、
混んできた時のホールのスタッフが、
感情を抑えつつも、
思わずイラダチの言葉を口に出してしまっていたのがおもしろい。
あれは、気をつけないといけません。

それにしても、
この場所は、なぜ店が長く続かないのだろうか。


【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の入り口近く、青山通り沿いにあるもつ鍋の店。

カウンターに灰皿あり。
喫煙可なのか。
要注意。

お昼のメニュー。
20100518115017.jpg




Riso/まぐろカツ タルタルソース
【20100517】
【メニュー】まぐろカツ タルタルソース弁当
20100517120201.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月26日
【コメント】
人生初の朝バナナ。
そのせいか、
10時くらいには超の付くくらいの空腹感に襲われて、
まいった。
胃腸が早く目覚めてしまったようだ。

タルタルソース気分だったので、
その欲求を満たすためにrisoへ。
さいわい、まぐろカツを発見。
即決。

今日の気分は☆3つ。
時間がないので、
今日は以上。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。

今日のメニュー。
20100517115647.jpg






ボンヌ/パン
【20100514】
【メニュー】 画像左上から時計回りに
コロッケサンド
カレーパン
スイートポテト
ホットサンド
20100514120545.jpg
【お店】ボンヌ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】580円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月6日
【コメント】
オフィスで食べたかったので、
risoへ。
しかし、選択肢が多いはずなのにどれもイメージがわかず。
難民になるのはイヤだったので、
そのままボンヌへ。

そういえば、
昨日もパン系だったなぁ、と思いつつ。
いくつか選ぶ。

今日のトピックはスイートポテト。
一口目は、
バニラエッセンスの味が強いかな、と思ったが、
食べ進むうちにこなれた。
ちびちび食べるのが正解だ。

今日の気分は☆3つ。
イマひとつテンションのあがらないランチであった。
こういう日もある。

そういえば、
持ち帰り袋がビニールだった。
茶色の紙袋と、
どう使い分けてるのか、
またわからなくなった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ボンヌはチェリー通りにある小さな街のパン屋さん。





フレッシュネスバーガー/ベジタブルバーガー
【20100513】
【メニュー】
ベジタブルバーガー ビーンズ (420円)
フライドポテトR (200円)
20100513120157.jpg
【お店】FRESHNESS BURGER フレッシュネスバーガー 南青山店
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】620円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規レポート
【コメント】
最近気になっていたフレッシュネスバーガーの新作。
今日はそれをランチにすることに。
フレッシュネスはほとんど行かないのだが、
豆で作ったハンバーグが気になったのだ。
豆好きには要チェックだろう。

ということでカウンターで注文。
ボク「ベジタブルバーガーください」
スタッフ「3種類ありますが、どれになさいますか?」
ん?3種類?
横にあったポスターをみると、
「3種の豆で作った」と書いている。
豆を指定するのか!?
なんてグルメなオーダーなんだ!
じゃー、ひよこ豆で、と言いかけたら、
「ビーンズと豆腐とマッシュルームの3種類があります」
「・・・」
そういうことか。
もちろん注文は「ビーンズで」。

これがおいしかった。
ひよこ豆と青えんどう豆と赤いんげん豆でできているパティは、
かなりの好み。
どうかな、と思っていたマンゴソースもよくマッチしている。
それにレタスとトマトとオニオンがジューシーさを担当。

ここの普通のハンバーガーに使われているバンズは甘さが強いので、
あまり好きではなかったのだが、
ベジタブルバーガーのごまつきバンズは、
味、食感ともに具材との一体感があった。

ここにサルサソースが加わると、
さらにおいしさが増すようにも思うのだが、
どうだろう。

今日の気分は☆4つ。
420円は少し値段が高いようにも思うが、
味に関しては、
(それほど期待していなかったので、失礼・・・)
満足。

あらためて店のメニューを見ると、
ハンバーガーやドリンクの種類が多く、
ランチに使えそうな気がしてきた。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
伊藤忠の目の前のハンバーガー屋。






ゆんたく/沖縄そば
【20100512】
【メニュー】沖縄そば
20100512114905.jpg
【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月16日
【コメント】
オフィスを出たらちょうど薄日がさし始め、
道ゆく人たちがいっせいに傘を閉じた。
すてきなタイミングだった。

ちょっとしあわせな気分になったので、
この気分を維持するためにゆんたくへ。

ゆんたくの今日のラインアップはこんな感じ。
沖縄そば、
ジューシー、
ポテトサラダ、
もずくちゃん、
漬け物、
グレープフルーツ、
ピーちゃん。

今日も沖縄そばは、
若い女性が作ってくれた。
笑顔で人をしあわせな気分にさせてくれる、
そんな女性だ。
いつも沖縄そばを作っているおばさまは、
病気になられたそうで、
こちらは残念。
早い回復をお祈りします。

その他に、
もうひとり厨房に女性が入っていた。
修行中のようだ。

今日の気分は☆4つ。
いっぱい笑顔をもらったので、
いっぱい笑顔を返していたら、
お店を出ても笑顔のままだった。
ゆんたくマジック。
おいしかった。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCEビルの裏手にある沖縄料理屋さん。

沖縄そばの大盛は1000円。





dindon/ハンバーグ、生姜焼き
【2010511】
【メニュー】 ハンバーグ&生姜焼き弁当
20100511120139.jpg
【お店】丸の内dindon
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年3月25日
【コメント】
なんだかすっきりしないので、
ガッツリしたモノを食べて、
気合を入れることに。
それにしても、なんと短絡的な思考・・・。

ボクの中でのガッツリといえば、
dindonの「ハンバーグ&生姜焼き弁当」だ。
何しろ、
ハンバーグと生姜焼きはもちろんのこと、
ウィンナー、ケチャップパスタ、
フライドポテトと、
わかりやすいおかず。
なんだかお子様ランチ的な様相でもある。

味が濃い目なので、
ライスも足りなくなるくらいだ。

今日の気分は☆3つ。
これで気合が入ったかというと、
そうでもないところに課題は残る。
めざましテレビの星占いで最下位だったので、
仕方ないか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツィンタワービルの地下1階。
常時10種類以上の弁当が店頭に並ぶ。





JANOJA/アボカドのミートソース
【20100510】
【メニュー】 アボカドのミートソース
20100510120053.jpg
F1010745.jpg
【お店】青山 JANOJA
【種別】eat in/ひとり
【お値段】 990円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】2010年3月29日
【コメント】
今日はパスタ気分。
この青一界隈、
パスタの選択肢は多い。
だから考え始めるとはまりそうなので、
結局は行き慣れている店に入ってしまう。

選んだのはJANOJA。
そして注文したのはいつものアボカドのミートソース。

たまに作り手が変わり、
それに伴って味も変わる。
見た目も変わる。
前回の画像と比較すると明らかだ。
それぞれの作り手が、
それぞれのポリシーを持って調理をしているのだろう。

今日はどんな味だろう、って思いながら食べるのも、
意外におろしろい。
(たまに腹立たしいこともあるが・・・)

今日の気分は☆3つ。
なんだか空腹なのか、
そうではないのかがよくわからない自分のオナカ。
ところが食べ始めるとパスタがどんどんと胃袋に収まっていき、
結局は足りないことが判明。
オフィスに戻って、
ビスコと午後の紅茶のパイを食べてなんとか帳尻が合った。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにあるイタリア料理屋さん。地下1階である。
13:30まで店内禁煙。
 ↑ 「13:00まで禁煙その後分煙」に変わっているかも知れない。

ガーリックの量や辛さなどの味の調整も一部可能。





京菜/まぐろ湯葉カツ
【20100507】
【メニュー】 まぐろ湯葉カツと胡麻めし
20100507115408.jpg
【お店】京菜
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1200円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月2日
【コメント】
相変わらずランチスランプなわけであるが、
とりあえずノーアイディアなまま、
246を渋谷方面に歩きだす。
さりとて、
遠くまで行く気力もなく。

ということで、
どこまでも歩き続けるわけには行かないので、
京菜に入った。

愛する牛すじ大根と迷ったが、
今日はまぐろ湯葉カツを選択。

まぐろ湯葉カツは普通だった。
いつもなら「うまい」となるのだが、
今日は普通だった。
珍しく、まぐろに少しクセがあって、
それが気になったのだ。
でも、
普通でも充分だ。

今日の気分は☆3つ。
食べてから思ったのだが、
今日は揚げ物気分ではなかった。
となりのテーブルの女性が、
牛すじ大根をおいしい、おいしいと言って食べていて、
そちらにすればよかった、と少しだけ後悔。

ん?今日はなんか気持ちが閉じてる??

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。

12時過ぎには列ができる人気店。





桃太郎/モモタロウメン
【20100506】
【メニュー】 モモタロウメン
20100506115430.jpg
【お店】 中華 桃太郎
【種別】eat in/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年3月16日
【コメント】
休日出勤の疲れからか、
なんだかだるい。
さらにあちこちで冷房が効き過ぎていて、
カラダが冷え切った。
かなりつらい。
風邪のようだ。

ということで、
内側からカラダを温めるために、
桃太郎でモモタロウメンを食べることに。

いつもながら、
いい仕事をしていると思う。
あんかけの具材にちゃんと下処理がされていて、
イヤミがまったくない。
食べているうちに汗がでてきて、
予定通り内側から温まった。

今日の気分は☆4つ。
大満足。
しかし、
オフィスに戻っても汗が引かず、
それがオフィスの冷房で冷やされる結果に。
戻るのが早かったかも知れない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側にある街の中華屋。
お店のおねぇさま方がとても感じがよい。

11:30~14:00まで禁煙。
すばらしい。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。