青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Riso/オムライス、スープ
【20100630】
【メニュー】
オムライス
ジャーマンポテトクリームスープ
20100630120204.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年6月10日
【コメント】
なんとなく体調が悪いので、
カラダを中から温めることに。
ということで、
スープを求めてrisoへ。

今日のスープはジャーマンポテトクリームスープ。
この時期にしては重たそうなスープかとも思ったが、
どうしてもスープ系でいきたかったので、
選んでみた。

もう一品は、
たまに食べたくなる超B級なオムライス。
今日もチキンライスに焦げが。
なぜ毎回焦げるのかがわからない。
焦げ目ではない、真っ黒な焦げ、なのだ。
それでもなぜか定期的に食べたくなる、
不思議さ。

今日の気分は☆3つ。
ジャーマンポテト、というネーミングにしては、
ポテトの存在感があまり感じられなかったが、
スープ気分を満たすという意味では、満足。
カラダが中から温まった。

ホントは、
スープにフランスパン、
といった組み合わせの方がよかったのかも知れない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。

今日のメニュー。
20100630115628.jpg






スポンサーサイト

麺場 花火/青山ら~麺
【20100629】
【メニュー】 青山ら~麺 大盛
20100629115342.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年5月24日
【コメント】
大汗かいたり、
クーラーで凍えたり、
ボクのカラダは忙しい。
冷やすよりは温めた方がカラダにはいいはずなので、
ランチは花火のらーめん。

店に入ると、
なぜか蒸し暑い。
エアコンの調子が悪いそうだ。
この世界には、
適温という概念はないのか!
と心の中で叫びながら青山ら~麺の柚子抜きを待つ。

できあがる寸前、
スタッフに「今日はねぎは大丈夫ですか?」と聞かれた。
びっくり。
1カ月前に一度だけねぎ抜きで注文したことを覚えていたのだ。
さすがにプロ。
感心する。

今回はねぎ入りで。
やはり、らーめんにねぎが全くないのもさびしいのだ。

今日の気分は☆4つ。
今日のスープのバランスはボクの好みだった。
あっさりとしつつ、
味の底から魚介の香りがほのかに香ってくる感じ。
満足。

よほどカラダが冷えていたのか、
店内が蒸し暑く、
熱いラーメンをすすっていたにも関わらず、
汗はまったくかかず。
これでは体力がもたない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。






ゆんたく/沖縄そば
【20100625】
【メニュー】沖縄そば
20100625115157.jpg
【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年5月12日
【コメント】
今朝は、とても爽やかだった。
気分がいいので、
その気分を持続させるためにも「ゆんたく」へ。

やはりここの沖縄そばはおいしい。
作り手は変わったが、
おいしさの一貫性は失われていない。

ラインアップはこんな感じ。
沖縄そば、ごぼうジューシー、
ゴーヤチャンプル、もずくちゃん、
漬物、ぴーちゃん。
そして今日は果物ではなく、
手作りのゼリー。
ゼリーにはクコの実とシークヮーサーがのっていた。

今日の気分は☆5つ。
沖縄そばもおいしかったが、
ジューシーもしあわせな気持ちにさせてくれる味だ。

そんなしあわせ感を求めてか、
12時前には満席になっていた。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
SCEビルの裏手にある沖縄料理屋さん。

沖縄そばの大盛は1000円。




雲雀や/豚肉のオクラ巻き
【20100623】
【メニュー】豚肉のオクラ巻き、鶏そぼろ
20100623120245.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年5月20日
【コメント】
雨だけならまだしも、
時折吹く強風。
こういう日の移動可能な最大距離はツインまで。

オフィスで食べたい気分だったので、
雲雀やへ行ってみた。

選んだのは豚肉のオクラ巻き。
オクラのぬるぬる食感がおもしろい。

今日は大好きな炒りたまごが多く入っていて、
少し得した気分。
雲雀やの炒りたまごの絶妙なふんわり感がたまらないのだ。

今日の気分は☆4つ。
雲雀やの弁当は、
食べるとおいしくて、
あしたもこれにしよう、と思わせるのだが、
またしばらく間が空いてしまう。
人は優しさだけじゃ、生きられないのかも知れない・・・。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山の1階にあるお弁当屋さん。

ワンコイン500円から850円まで、
10種類以上の弁当がある。
マクロビオティック的な弁当だ。





TacoDerio!/タコス、タコライス
【20100622】
【メニュー】ランチセットB
チキンタコス+タコライス
20100622120138.jpg
【お店】TacoDerio!
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】800円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年6月15日
【コメント】
イメージがわかずにうろうろ。
気がついたら、
チェリー通りを端から端まで歩いていた。
それでも決まらず、
雲雀やまで戻ることに。

すると途中で先週見つけたタコライスの店を再び発見。
迷わず列に加わる。

注文したのは前回と同じ、
チキンタコスとタコライスのセット。
他にナチョスもあるが、
間違いなくコロナビールが呑みたくなりそうなので、
ランチはこの組み合わせがボク的にはベスト。

今日はタコライスに、
引き出しに常に忍ばせている Smoked TABASCO をたっぷりとふりかける。
やはりこの TABASCO はタコライスとベストマッチだ。
2段階くらい風味とコクがアップ。

今日の気分は☆4つ。
前回聞き忘れた営業日を確認。
毎週、火曜日だそうだ。

週一限定ではあるが、
タコライスやタコスを気軽に食べられるのはうれしい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ポーラビルの裏の一角のワゴン販売。毎週火曜日営業。
タコスやタコライスを販売している。





実之和/豚ばら生姜焼き
【20100621】
【メニュー】
豚ばら肉の生姜焼き定食
かれースープに変更 +50円
20100621115635.jpg
【お店】かれー麺 実之和
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年6月1日
【コメント】
ツインの南側ブロックに行ってみる。
ここは中華、インド、イタリア、寿司、洋食などなど、
いろいろな気分に対応できる。

そう思っていたのだが、
今日はどれもピンとこなかった。
このままでは難民になるということで、
以前から気になっていた、
実之和の生姜焼きを試してみることに。

生姜焼きを注文し、
ごはんは大盛りにし、
わかめスープをかれースープに変えてもらう(+50円)。
準備万端。

出てきたごはんにまずビックリ。
小さな茶碗ではあるが、
しゃもじで固めたのではないかと思える形状と、
そして食べる前から貧血を起こしそうな量だ。

生姜焼きを食べ始める。
はっきりした味だ。
これはごはんがすすむというより、
ごはんが濃い味の逃げ道なのだ。
しかも、
レタスで上げ底かと思われた生姜焼きが、
実は底までびっしりということに気がつき、
再び貧血気味。
食べきれるのか!?

忘れてはならない。
さらにはかれースープまで控えている。

今日の気分は☆2つ。
結果、
豚の生姜焼きは完食しました。
ごはんは残してしまいました。
かれースープも残してしまいました。

ボクのような小食な人間にはこのメニューは相当につらいが、
濃い味が好きで、
ごはんを大量に食べたい人にはいいメニューであると思う。

味は濃いが、
味はいいのだ。

もし次回があるとすれば、
その時にはデフォルトのわかめスープにしておこう。

少しムリをしたので、
脳に行くはずの血液が、
胃腸に配分されてしまいそう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

申請すれば、
かれースープよけ用の紙エプロンをくれる。

かれー麺のテイクアウトができるようになっていた。





JANOJA/アボカドのミートソース
【20100618】
【メニュー】 アボカドのミートソース
20100618120213.jpg
20100618115236.jpg
【お店】青山 JANOJA
【種別】eat in/ひとり
【お値段】 990円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】2010年5月10日
【コメント】
暑くて汗をかいたり、
冷房でその汗が乾かされたりで、
なんだかカラダが重い。
ランチで外に出たら、
ボク的にはいい気温だったので、
そのままチェリー通りまで歩く。

今日入ったのは、JANOJA 。
いまだに読み方がわからない・・。

店に入って、
厨房やホールの人と制服がちょっと変わっていた。
いや、実際に変わっていたのはホールの女性のが私服になっていたことで、
その他は変わっていなかったのかも知れない。
でも、なんだか違和感があった。
それは自分の体調のせいもあったと思う。

選んだのはいつものアボカドのミートソース。
やっぱり、いつもと味が違う。
いや、この店は作り手が固定ではないので、
来るたびに味が異なるのは想定内、ではある。

今日の気分は☆3つ。
カウンターで待っている間、
厨房の中を見ていた。
アボカドの皮むきにてこずっている様子を見て、
今日のアボカドは熟れてなさそう、
と思う。
案の定、少し固めのアボカド。
しかし、考えてみるとこの店で熟れたアボカドが出てきたことがないので、
この固さが標準、基準なのかも知れない、
とも思う。

それにしても、
アタマが痛い・・・。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにあるイタリア料理屋さん。地下1階である。
13:30まで店内禁煙。
 ↑ 「13:00まで禁煙その後分煙」に変わっているかも知れない。

ガーリックの量や辛さなどの味の調整も一部可能。





松屋/牛めし
【20100617】
【メニュー】牛めしお新香セット並
牛めし並
お新香
生たまご
味噌汁
20100617115218.jpg
【お店】松屋 南青山店
【種別】eat in/ひとり
【お値段】440円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年3月18日
【コメント】
朝、どこかのサイトでTKGという文字が目に飛び込んできた。
たしか、セブンの記事だったような。
その瞬間から、
ボクのアタマの中から、
TKGが離れなくなってしまった。

愛しの「たまごかけごはん」。

思いを遂げるためのいくつか選択肢はあったが、
選んだのは松屋。
牛丼にたまごという線でいくことに。

しかし、
これは失敗だった。
松屋はなぜに日によって味が違うのだろう。
味付けも、肉の質も、
ごはんも、
日によってコンディションがまったく違う。

今日は、ボク的には、ハズレの日だった。
TKG欲求満たされず。
残念。

今日の気分は☆2つ。
となりの方が、
どんぶりいっぱいに七味唐辛子をふりかけていた。
表面が真っ赤。
しかも浮遊してきた唐辛子で、
ハナがむずむず。
相当の辛い物好きか、
あるいは、味に期待していないか、
どちらかだろう。

次回の松屋がおいしくなかったら・・・。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
伊藤忠の目の前の交差点角にある牛めし屋。

suicaで精算ができるので、
モバイルsuica派のボクには便利。





かとう清正/豚ヒレカツ卵とじ
【20100616】
【メニュー】 週替定食
 豚ヒレカツ卵とじ と 鶏つくねと冬瓜煮物
20100616115420.jpg
【お店】かとう清正
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月19日
【コメント】
今日はかとう清正。
馬肉料理の店であるが、
ここで馬肉系を食したのは、
最初に行った時の一度きりだ。
馬肉は好きなのだが、
なんとなく、
なんとなくではあるが、
ランチというよりも、
夜に焼酎を呑みながら、
というイメージがボクの中では強い。

だから、ランチでもいつも注文するのは、
週替り。
今週は「豚ヒレカツ卵とじ と 鶏つくねと冬瓜煮物」。

卵とじは、味がはっきりしていて、
ごはんがすすむ。
ランチには上品さよりも、明快さが合う。

鶏つくねは、
それ自体の味付け、出汁ともにおいしかった。
こちらは九州的な上品さ。
わかりづらい表現だが、そう感じたのだ。

漬物のからし高菜がうんまい。

今日の気分は☆3つ。
前回も思ったのだが、
ランチタイムとは思えないような曲がかかっている。
前回は何であったのかは忘れてしまったが、
今日は日本のインディーズ(と思われる)の女性歌手の曲。
違和感があるので聴き入ってしまって、
さらに違和感が募る、そんな循環。

スタッフの彼女に違いない、と勝手に妄想。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインビルの南側ブロックにあるさくら肉料理の店。
ミキータあるビルの2階だ。
店内はゆったりとしたつくり。

外のメニュー看板。
わかりづらいので、まずはこの看板を目印に。
20100616114843.jpg





【新規開拓】TacoDerio!/タコス、タコライス
【20100615】
【メニュー】ランチセットB
チキンタコス+タコライス
20100615120614.jpg
【お店】TacoDerio!
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】800円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
あまりにもいい陽気だったのでブラブラ歩いていたら、
新しいワゴン販売を発見。
タコライスやタコスやナチョスなどを販売している。
ボクの大好きなメニューばかりではないか。

昨夜の本田のゴールにはおよばないものの、
すこしばかり興奮気味に、
すでに6,7人が並んでいた列に参加。
選んだのは、
チキンタコスとタコライスのセット。

料理は作り置きしてあるので、
列の回転は早い。

オフィスに戻り、
ワクワクしながら袋を開ける。
タコライスは思ったよりも小ぶり。
単品では足りないかも知れない。

タコライスの味は、
思ったほどインパクトはなかった。
別にくれる辛いソースを足して、
タコライスとして完成、
といった感じ。

チキンタコスは爽やか。
チキンというよりも、ツナのような食感と味だ。
アボカドがつまっているのはうれしい。
作り置きなので、
トルティーヤが冷めているのが少し残念。

今日の気分は☆4つ。
タコスとタコライスを一度に食べられただけでしあわせだ。

何曜日にいるのかを聞き忘れた・・・。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ポーラビルの裏の一角のワゴン販売。
タコスやタコライスを販売している。

20100615115935.jpg

メニュー。
20100615120151.jpg




豚富/ユッケジャン
【20100614】
【メニュー】ユッケジャン
20100614114832.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月27日
【コメント】
・・・雨。
だから迷わず、ウイン。
それにしても、ウインはキレイになった。
まるで、魔法だ。
夜中には元に戻ってたりして。

入った店は豚富。
そして選んだのはユッケジャン。
どうしてもユッケジャンから離れられない。
一度、豚富強化週間というのを作って、
毎日、メニューを端からクリアしていく企画をやってみるか。

今日のユッケジャンは二重丸。
スープを飲みながら、
うなづく。

野菜もたっぷり摂れて、
大満足。

今日の気分は☆4つ。
いつも厨房に入っている女性の方に、
あら、お久しぶりですねぇ、と声をかけられる。
厨房の中にいるはずなので、
ほとんど直接に顔をあわせたことがない。
だから声をかけられて、
ちょっと戸惑った。
こういう時に、
ステキな返しができるオトナになりたかった。
ボクが返せたのは、
笑顔だけ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。





くろ麦/にしんそば
【20100611】
【メニュー】 にしんそば20100611115338.jpg
【お店】くろ麦
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1400円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月22日
【コメント】
今宵はサムギョプサルの食べ放題という、
ボクとしては超チャレンジャブルな企画に参戦するため、
ランチは軽めのそばで。

そばといえばくろ麦。
くろ麦といえばにしんそば。
すでににしんの旬は過ぎているとは思うが、
関係なく注文。

そして、
きょうのにしんも美味であった。
日によって当たりハズレがある素材のように思っていたが、
ここ数回は大当たり。
アブラがのって、
フワッとした炊かれたにしんは、
見事にそばと合うのだ。

今日の気分は☆4つ。
にしんの出来がいい時のにしんそばは、
最高だ。
常にこのフワッと感が維持されるとうれしい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお蕎麦屋さん。

2時までは禁煙。




Riso/メンチカツ&エビフライ
【20100610】
【メニュー】キャベツチーズメンチカツ&エビフライ弁当
20100610120234.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年5月28日
【コメント】
弁当を買って、
オフィスに戻って気がついた。
二日連続で揚げ物だ。

人間は、ストレスがたまるとハイカロリーな食べ物をほしがるのかも知れない。

今日の揚げ物は、
メンチカツとエビフライ。
メンチカツ好きからすると、
これはなかなかの高評価。
味付け、
肉の粗挽き加減、
キャベツの食感などなどが、
ボクの好み。
連続で揚げ物にして、よかった。

今日の気分は☆3つ。
とはいえ、
アゴの痛みと、
噛み合わせのズレで、
食事が楽しくない。
噛むことの大切さを痛感している。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。

今日のメニュー。
20100610115500.jpg





もつ兵衛/ミックスフライ
【20100609】
【メニュー】 ミックスフライ
20100609115943.jpg
【お店】もつ兵衛
【種別】eat in/ひとり
【お値段】780円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年5月18日
【コメント】
何軒かメニューを確認した末に選んだのがミックスフライ。
気圧のせいか、
どうもスッキリしない。

構成は前回と同じ。
あじフライにコロッケにエビフライが2本。
780円ということを考えると、
なかなか豪華だ。
それに、
揚げたてが出てくるのがうれしい。
ハフハフ言いながら食べる。

ただ、
今日の体調には、
少し重かった。
おかずは全部食したが、
ごはんをかなり残してしまった。
申し訳ない。

前回、味がかなり薄いと感じた味噌汁が、
今日は好みの味に。
遠くで豚汁を感じる、
少し不思議な感じであった。

今日の気分は☆3つ。
12時過ぎには満席。
価格設定もあるのか、
人気店になっている。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の入り口近く、青山通り沿いにあるもつ鍋の店。

カウンターに灰皿あり。
喫煙可。
要注意。

お昼のメニュー。
20100609115303.jpg




スパゲティ小麦家(DEN改め)/パスタ
【20100608】
【メニュー】 さけとほうれん草のクリームパスタ
20100608115201.jpg
【お店】スパゲティ小麦家
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年3月3日
【コメント】
夕べから、
アゴのつけ根の痛みが再発。
モノを噛むと痛いので、
とても気分がブルーだ。

ということで、
何かやわらかい食べ物を。
とりあえず、
生パスタの小麦家に行ってみることに。
生パスタならアルデンテではないので、
アゴへの負担も小さいだろう、と思ったのだ。

注文したのはさけのクリームソースパスタ。
たっぷりの鮭。
そしてたっぷりのクリームソース。

このクリームソース、
もう少し塩気を控えると、
もっとおいしくなると思う。
鮭の塩気、旨みがあるので、
塩はホンの少しでいいと思うのだ。

今日の気分は☆3つ。
思惑通り、
生パスタはそれほどアゴに負担がかからなかった。
ランチ選択は、正解。

塩気が強い、と言いながらも、
いつもこのメニューを選んでいるということは、
この味が好きなのだろう。
数カ月に一度、食べたくなるのだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木のふもと、青山通り沿いの地下にある生パスタ専門店。
人気店で、12時前から長い列ができる。

大盛は150円増しでパスタが1.5倍。

ランチメニュー。
20100608114929.jpg





【新規開拓】PiADiNA/パスタとピアディーナ
【20100607】
【メニュー】 パスタセット
20100607115824.jpg
【お店】PiADiNA
【種別】eat in/ひとり
【お値段】800円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
かとう清正でイメージがわかず、
V-ダックに入る勇気がわかず、
結果的に、新規開拓。

入ったのはPiADiNA。
ピアディーナという料理が売りのイタメシ屋。

まずはカウンターで注文し、
お金を払う。

選んだのは、パスタセット。
2種類あるパスタから1種類を選ぶか、
半分ずつにするかを選べる。
そしてピアディーナ。
こちらは8種類。
初めてなので、
目移りしてしまい、
フリーズしかけた。

パスタはトマトソースを選択。
なすとトマトとチーズのパスタで、
名前はノルマ風。
ピアディーナはシチリア風を選択。
カポナータやチーズ、ツナがぎっしりと挟まっている。

ピアディーナは、
トルティーアにイタリア系の食材、料理をはさんだ感じ、
といえばイメージがわくだろうか。
具沢山で、
なかなか好みであった。

今日の気分は☆4つ。
トマトソース、パスタのゆで具合とも、
特に大きな特徴はなかった。
売りのピアディーナは、
他のパターンも試してみたいと思わせる。
ランチにはピッタリの料理だ。

画像は量が少なそうに見えるが、
実際は充分。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

+100円でドリンクを追加できる。

見にくいが、メニューはこんな感じ。
20100607120803.jpg





シャングリーラ/インドカレー
【20100604】
【メニュー】
マトンカレー
本日のカレー:たまごのカレー
20100604115534.jpg
【お店】SHANGRI-LA シャングリーラ 青山店
【種別】eat in/ひとり
【お値段】 990円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】2010年3月30日
【コメント】
104をのぞいたら、
メニューがピンとこなかったので、
引き返してシャングリーラへ。

本日のカレーはたまごカレー。
そして選んだカレーはマトン。
辛さの指定は、
6段階で辛くない方から3番目の中辛。
どちらのカレーもおいしかった。

ここのナンは少し甘口で、
ボクの好み。
食べ放題なのもうれしい。
といっても、それほど食べられないが。

今日の気分は☆4つ。
マトンがとても柔らかく、
香辛料がたっぷりのインドカレーの海で、
しあわせそうだった。

外は気温が上がってきたが、
カラッとしているので気持ちがいい。
インドカレーを食べた後の散歩としては、
最適な気候だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにあるネパール・インドレストラン。地下1階である。

本日のカレーと、
10種類のカレーから選んだ2種類のカレーがセット。
カレーは6段階から選ぶ。
普通の辛さは下から2番目。

それにライスと食べ放題のナン、サラダ。
ドリンクはラッシー、チャイ、コーヒーなどから選べる。
値段は千円以下なので、
コストパフォーマンスもよい。






豆の家/牛肉麺
【20100603】
【メニュー】牛肉麺
20100603115449.jpg
【お店】創作料理 豆の家
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年3月8日
【コメント】
エスニックな料理が食べたい気分。
青一には、
タイやベトナム、インドネシア辺りの料理を出す店がほとんどないので、
こういう気分の時には選択肢が少なく、
困る。

どうするか、しばし思案し、
思い出したのが豆の家の牛肉麺。

メニューの画像では、
どんぶりいっぱいにパクチーがのっているように写っているが、
実際にはそれほどでもない。
そこが唯一の不満。

ただ、
その他は文句なし。
麺といい、
スープといい、
そしてメニュー名にもなっている牛肉といい、
どれもがしっかりと自分を主張し、
かつ全体のバランスもよい。

エスニカンなピリ辛スープで、
カラダの細胞が活性化されるようだ。
最後まで飲み干した。

今日の気分は☆4つ。
牛肉麺が気に入ったので、
この店ではしばらく同じ注文が続きそうだが、
他の料理も、
とてもおいしそうだった。
試す必要がありそうだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ORACLEビルの前の中華料理屋さん。

店外で弁当も販売している。
ランチタイムは11:30-15:30まで。








ユーマート/明太のり弁
【20100602】
【メニュー】明太のり弁
20100602120816.jpg
【お店】ユーマート
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】450円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年5月21日
【コメント】
仕事でバタバタしていたので、
弁当を買ってきてもらった。
こういう時は、
のり弁にかぎる。
少しだけ贅沢をして、
明太のり弁にしてみた。

このシンプルな弁当が好きだ。
その割に、前回食べたのが去年の5月なのだが。

今日の気分は☆3つ。
次に食べるのは、
来年なのだろうか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの裏手、ウィン青山ビルの1階にあるお弁当屋さん。
メニューの豊富さと、値段設定のバラエティーさがウリだ。





実之和/かれー麺
【20100601】
【メニュー】 かれー麺 並盛 (半ライスサービス)
20100601115805.jpg
【お店】かれー麺 実之和
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月20日
【コメント】
もう6月。
世間ではクールビズが始まっているところもあるというのに、
うちのオフィスは超クール。
外に出ても肌寒い。

ということで、
温めてくれそうなかれー麺を食べに、
一路、実之和へ。

今日のかれー麺は絶品だった。
たまに全体のバランスがよく、
おいしい、と思うことがあるのだが、
今日の最大のポイントは、
「豚肉」。

初めて実之和のかれー麺を食した時から、
この「豚肉」にだけは違和感を感じていた。
独特のクセ、を感じていたのだ。
だから、
食べる時は常にねぎを巻いて口に入れる。

ところが今日の豚肉は、
甘みさえも感じさせてくれ、
いつもと違って、
噛みしめ、味わってしまった。

麺もかれースープも申し分なく、
とてもおいしい一杯であった。

今日の気分は☆4つ。
かれースープを最後まで飲み干し、
カラダも中から温まった。
これで午後も戦える。
(ナニと?)

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

申請すれば、
かれースープよけ用の紙エプロンをくれる。

かれー麺のテイクアウトができるようになっていた。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。