青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


桃太郎/モモタロウメン
【20100930】
【メニュー】 特製モモタロウメン
20100930115456.jpg
【お店】 中華 桃太郎
【種別】eat in/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年9月13日
【コメント】
今日も麺。
というより、今日も温かいモノ。

無性に食べたくなった桃太郎のモモタロウメン。
気がつくと、しばらくインターバルがあいていた。
やはり、今年の夏の暑さでは、
いくらおいしくても、さすがにモモタロウメンにはいきつかなかった、
ということだ。

そして、
やはりモモタロウメンはおいしかった。
れんげでスープをすくって一口。
うん、これこれ、っていう感じでうなずく。
その後は一気に最後まで。
麺もスープもなくなってくると、
だんだんとさびしささえ募ってきた。

これは相当おいしいか、
ボクが相当弱ってるか、
どっちかだ。

今日の気分は☆4つ。
人が食べているモノがいつも気になるのだが、
今日は特にレバー系が気になって仕方なかった。
今度注文してみるか。

食後には、
今日も心地よい汗をかけた。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側にある街の中華屋。

11:30~14:00まで禁煙。
安心できる。

※お店情報
ツインビルのグルメが8月まで閉店。
ルコントのレストランと喫茶のいずれもシャッターが降りていた。
こちらは定休なのか、閉店なのかは不明。

ツイン内のシャッター比率が、
また上がってしまった。







スポンサーサイト

実之和/かれー麺
【20100929】
【メニュー】 かれー麺
20100929114218.jpg
【お店】かれー麺 実之和
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年8月9日
【コメント】
今日もカラダを温め系。
実之和のかれー麺だ。

いつものように、
かれー麺の並盛り、
そしてサービスの半ライス。
なんだかかれーが飛び散りそうな気がしたので、
紙エプロンももらってみた。

かれー麺はいつもの味。
思惑通り、
途中からカラダがポカポカして心地よし。
やはり、
ポカポカが心地いいと感じるのは、
秋のおかげなのだ。
食欲の秋。

今日の気分は☆3つ。
食べ終わって紙エプロンを確認すると、
3つのかれー染み。
正解だった。
ヘンな満足感に満たされた。

カレー系を食べたので、
アイスが食べたくなるという、
いつもの展開。
今日はジャイアントコーンにしてみた。
20100929120257.jpg

このB級感が魅力だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

申請すれば、
かれースープよけ用の紙エプロンをくれる。

かれー麺のテイクアウトができる。





豚富/ユッケジャン
【20100928】
【メニュー】ユッケジャン
20100928115049.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年8月13日
【コメント】
カラダを温めたいのでユッケジャン。
いや、その前に雨だからウィン、というのもある。

メニューも見ずにユッケジャンを注文。
いろいろとうまい(らしい)が、
どうしてもユッケジャンになってしまう。
ボクの舌に合っているのだから、
これは仕方がない。

今日のユッケジャン。
スープを一口すすり、
そしてあまりのうまさに笑顔。
辛味と旨みがボクの舌の上で踊るのだ。
うまい。

今日の気分は☆5つ。
うまかった。
満足した。
温まった。
汗かいた。

ちなみに、最近つくようになったキャベツのサラダは、
いらないように思う。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。

※お店情報1
ミートソース専門店であったはずのR310が、
大変なことになっている。
今日は写メを撮ってきた。
20100928120651.jpg

よくわからないとは思うが、
この一つ一つが料理の種類なのだ。
いったい、何種類?
246沿いのパスタ屋とよく似てきた。





雲雀や/鶏つくね、鶏そぼろ
【20100927】
【メニュー】鶏つくね、鶏そぼろ弁当
20100927120202.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】580円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年7月29日
【コメント】
先週の体調不良から、
いまだに完治できず。
風邪だと思うのだが、
しつこい。
それにこの雨。
身も心も落ち気味だ。

とはいえ、
オナカはすく。
こういう日は「雲雀や」だ。
気がつくと、2カ月も間が開いてしまった。

選んだ弁当は鶏つくね。
これは初めて食べたように思う。
つくねのソースが、
甘すぎず、辛すぎず、
絶妙なバランスだ。
基本的に「テリヤキソース」と言われる甘ったるいソースはキライなのだが、
これはとてもよい。

今日の気分は☆4つ。
玄米をキチンと噛みしめ、
味わう。
ゆっくりと30分をかけて、
雲雀やのお弁当をいただいた。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山の1階にあるお弁当屋さん。

ワンコイン500円から850円まで、
10種類以上の弁当がある。
マクロビオティック的な弁当だ。

新パッケージの弁当あり。





dindon/ハンバーグ、角切りビーフ
【20100924】
【メニュー】 ハンバーグ&角切りビーフ弁当
20100924120414.jpg
【お店】丸の内dindon
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年8月25日
【コメント】
連休のはざまであるにも関わらず、
体調不良で火曜日、水曜日と二日も会社を休んでしまった。

幸いにして、
オナカは被害を免れたので、
体力回復を祈念し、
「肉」を喰らうことにした。
安直・・・か!?

向った先はdindon。
肉と炭水化物のオンパレードである、
ハンバーグ&角切りビーフ弁当がお目当てだ。

思い通りに肉をガッツリいけたので、
とりあえず満足はした。

今日の気分は☆3つ。
この弁当だけではいかにもビタミンC不足。
ということで、
こんなものを栄養補助として買ってみた。
20100924120501.jpg

ちなみにこれは炭酸飲料で、
肉系の食事を炭酸飲料で流し込む図は、
なんだか欧米っぽいなぁ、
と根拠のない妄想をしてしまった、
病み上がりの午後なのであった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツィンタワービルの地下1階。
常時10種類以上の弁当が店頭に並ぶ。





シャングリーラ/インドカレー
【20100917】
【メニュー】
マトンのカレー
本日のカレー:チキンとオクラのカレー
20100917115408.jpg
【お店】SHANGRI-LA シャングリーラ 青山店
【種別】eat in/ひとり
【お値段】 990円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】2010年8月3日
【コメント】
お日様があたると暑いが、
日陰はとても気持ちがいい。
その日陰を伝ってチェリー通りまで。
今日はインドカレー。

本日のカレーはチキンとオクラ、とのことなので、
選ぶカレーはマトンにした。
辛さは辛口。
6段階で上から3番目だ。
ボクにはこの辛さがちょうどいいように思う。
何しろ、その上が「激辛」なので、
名前でたじろいでしまう。

マトンカレーもチキンとオクラのカレーも絶品。
辛さ、甘さ、
香り、食感。
いずれもすばらしく、
とても満足。

今日の気分は☆4つ。
マトンがホロホロで、
最高の状態。
お替りしたいくらいの気分だった。
ホントにおいしい。
ナンのお替りをもらって、
器をキレイになるまで食べつくした。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにあるネパール・インドレストラン。地下1階である。

本日のカレーと、
10種類のカレーから選んだ2種類のカレーがセット。
カレーは6段階から選ぶ。
普通の辛さは下から2番目。

それにライスと食べ放題のナン、サラダ。
ドリンクはラッシー、チャイ、コーヒーなどから選べる。
値段は千円以下なので、
コストパフォーマンスもよい。

12時を過ぎると、
列ができる人気店だ。






まそほ/秋刀魚一夜干し、生たまご
【20100916】
【メニュー】
秋刀魚一夜干し (950円)
生たまご (50円)
20100916115810.jpg
【お店】まそほ
【種別】eat in/ひとり
【お値段】 1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年7月1日
【コメント】
朝の激しい雨を見て、
今日のランチは近場だな、
夕べは韓国料理だったけど、
今日もウィンの豚富にしようかな。
などと考えていた。

ところが、
昼時には雨はパラパラ程度に。
となると、夢は広がる。
いや、行動範囲は広がる。

気分的には焼き魚とたまごかけごはん。
久々に「まそほ」に行ってみるか。

過去のblogを調べたら、
一年以上間が開いていた。
理由は二つ。
靴を脱ぐのが面倒だから、と、
カウンター席が禁煙ではないから。
特に後者は重要。

一人なのでカウンターに通される。
灰皿は以前と同じように置いてあった。
となりに喫煙者が来ないといいなぁ。

注文したのは、秋刀魚の一夜干し。
それに生たまご。
ここの生たまごは50円と破格。
この価格設定はすばらしい。

以前はごはんがおかわり自由だったが、
今は注文時に普通、大盛、特盛を選ぶ方式になっていた。
ボクはたまごかけごはんを想定し、
大盛りに。

出てきたお膳を見て、
あまりに大盛りなごはんにたじろいだが、
ここは突き進むしかない。

秋刀魚の一夜干しは、
ハラ身の部分の脂ののりが秀逸。
これは銀シャリとベストマッチである。

今日の気分は☆4つ。
キレイな脂の乗った魚と、
たまごかけごはんの組み合わせ。
なんてしあわせなのだろう。

幸いにして店内に喫煙者がいなかったので、
快適なランチであった。
またローテーションに入れよう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにある京都が本店のお店。
内装がおしゃれだ。

メニューの画像。
20100916115045.jpg

ランチタイムだけでも、
さらにカウンターだけでも禁煙になるとうれしい。
これは毎回書いておく。




PiADiNA/パスタとピアディーナ
【20100915】
【メニュー】 パスタセット
トマトソースパスタ:アマトリチャーナ
クリームソースパスタ:ゴルゴンゾーラチーズ
ピアディーナ マルゲリータ
20100915115935.jpg
【お店】PiADiNA
【種別】eat in/ひとり
【お値段】800円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年8月12日
【コメント】
今宵は韓国料理。
となると、ランチは何?
などと考えながら歩いていたら、
ピアディーナのあたりまで来てしまった。
そのままチェックイン。

今日のパスタは、
アマトリチャーナとゴルゴンゾーラチーズ。
どちらも好みなので、
今日も2種類ともと、ピアディーナはマルゲリータを選択。

今日のソースはちょっとボケッとした味であった。
特にゴルゴンゾーラのソースには、
濃厚なブルーチーズの厚かましさを期待していただけに、
ちょっと残念。

ここのピアディーナを制覇しようと思っているのだが、
どうもボクの記憶力に難があるようで、
今日も以前注文したモノとダブってしまった。
全制覇はいつになるのやら。

今日の気分は☆3つ。
この店でこれまで数度パスタを食べてきたが、
一度だけジャストのアルデンテの時があった。
一度だけだ。
あれは、なんだったのだろう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

+100円でドリンクを追加できる。





Riso/オムライス、スープ
【20100914】
【メニュー】
オムライス
ジャーマンポテトクリームスープ
20100914120209.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年9月6日
【コメント】
今日は激しい胸焼けに襲われていて、
なんだかきびしい。
特に食道がやられているみたいだ。
こういう時には何を食べるといいのか。
というより、
食道にやさしい食べ物は何か、ということだ。

富徳のお粥、とも思ったが、
大汗をかきそうなので却下。
あとはrisoのスープくらいしか思いつかない。
温かくて、やさしいスープはあるのか。
とりあえず向ってみた。

結局、今日のランチはオムライスとスープ。
そのスープもジャーマンポテトクリームスープという、
胸焼けにやさしいかどうか、
はなはだ疑問なメニュー。
ではあるが、
これ以上考える気力がないので、これでいい。

今日の気分は☆3つ。
内臓が弱っているわりには、
味の濃いものを食べてしまったように思う。
ただ、内臓が温まったのも事実。
相殺ということで。

体調が悪いと、
食事がおいしくない。
これは、さびしいことだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。

本日のメニュー。
20100914115414.jpg

さ、クスリ薬っと。






桃太郎/ソースやきそば
【20100913】
【メニュー】 ソースやきそば
20100913115709.jpg
【お店】 中華 桃太郎
【種別】eat in/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年8月5日
【コメント】
何を食べるのかいろいろと迷ったが、
結局入ったのは桃太郎。
突如としてアタマの中にソースやきそばが浮かんだからだ。

中華料理屋のソースやきそばは不思議だ。
屋台のそれとは全く違う。
この後を引くソースの味はなんなのだろうか。
とても濃い味なのだが、
また食べたくなる、
そういう味なのだ。

出来立てのソースやきそばを、
ふぅふぅしながら食べる。
素材が食べやすいようにカットされているので、
食べやすいし、
何よりも、均等にソースが絡むのがすばらしい。

今日の気分は☆4つ。
桃太郎のメニューは、どれもおいしく、
もっといろいろと試したいと思ってる。

思っているのだが、
気に入ったメニューがあると続けて食べてしまうので、
なかなか先に進めないジレンマ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側にある街の中華屋。

11:30~14:00まで禁煙。
安心できる。





【新規開拓】Bar Frau/キーマカレー
【20100909】
【メニュー】自家製キーマカレー
20100909115430.jpg
20100909115111.jpg
【お店】Bar Frau
【種別】eat in/ひとり
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
涼しくなったので、
今日も新規開拓。
やはり、気温によって行動範囲が大きく変わる。

今日はBar Frauのランチ。
メニューは自家製のキーマカレー一本という潔さ。
選ぶのはサラダのドレッシングのみ。
ドレッシングは和風とフレンチとシーザー。

キーマカレーは、少しインパクトが足りないかな、
という印象。
でも、とてもあっさりしているので、
もたれないキーマカレーだ。

今日の気分は☆3つ。
話好きのスタッフで、
短い時間ながらも、
いろいろと話をしていた。

イスがゆったりしているので、
飲み物も注文して、
ゆっくりとできそうだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側のブロック、路地裏にあるお店。

表のメニュー看板。
20100909120613.jpg







麺場 花火/塩ら~麺
【20100908】
【メニュー】 塩ら~麺 大盛
20100908115130.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年8月20日
【コメント】
久々の雨。
壮大な打ち水だ。
ホントは雨は大キライだが、
あまりにも久々なので、
傘をささず、
スキップしながら歩きたい気分。

というのはイメージだけで、
そこそこ降ってたので、
逃げるようにウィンまで。

何を食べるかを決めていなかったが、
花火の看板に「塩ら~麺復活」という文字を発見し、
そのまま入店。

今日も大盛りにしてしまった。
それほど空腹でもないのに、
なぜ大盛りにしてしまうのか、
自分の精神状態を分析したい。

スープを一口飲んで、
風味に驚いた。
干し海老の香りだ。
とても味わい深い。
これはいい日にきた。

と思ったのもはじめのうちだけ。
途中から何故か、スープと麺の味のバランスが崩れ、
スープの風味が失われていってしまった。
なぜなのだろう。

今日の気分は☆3つ。
麺もおいしく、
スープもおいしく、
チャーシューもよい。
でも、全体のバランスが取れていない。
なんだか惜しい感じがした。

でも、塩ら~麺があれば、
また頼みたい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。





【新規開拓】R310/ミートソース
【20100907】
【メニュー】ハーフ&ハーフ
20100907115538.jpg
【お店】「ミートソース専門店」R310
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
週末にオープンしたばかりの「ミートソース専門店」R310に行ってみた。
ウィンビル、牛丸の後である。

メニューは、
デミグラスソースベースのミートソース(黒310)、
トマトソースベースのミートソース(赤310)、
そしてたらこパスタが中心。
それにトッピングによってバリエーションがある。

店名の310とは、
「ミート」のもじりだったのか、
と、今気がついた。

店外に券売機があり、
食券を買う方式。
迷っていたら、ハーフ&ハーフの文字が目に入る。
黒310と赤310のハーフ&ハーフとのこと。
一度に両パターンを味わえる、ということで、
これに決定。

どちらのミートソースも濃すぎず、薄すぎず、
目だったクセもなく、
とても食べやすかった。

パスタの量が並盛180g、大盛240gで、
同一料金。
ハーフ&ハーフにしたこともあって、
大盛りにしてみた。
夜に240gはきついけど、
ランチなのでOK。

今日の気分は☆3つ。
味も作り方も、
どこかの店に似てる。
気のせいか。

これで700円程度だと、
人気店になるように思うが、
それでは利益がでない、か。

始めはそれぞれの味を確かめるようにして食べていたが、
後半は思い切って赤と黒を混ぜてみた。
違和感なく融合。
こういう食べ方も楽しい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの裏手、ウィン青山ビルの1階にあるパスタ屋。

紙の前掛けあり。





Riso/まぐろカツ
【20100906】
【メニュー】まぐろカツ タルタルソース弁当
20100906120152.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年8月17日
【コメント】
1週間の夏休み。
その休み明けの社会復帰、初ランチ。
何を食べるのか、思案。
しかし、考えすぎてわけがわからなくなり、
結局、risoに行くことに。
これも暑さのせいか。

久々にrisoの家庭的なカレーを食べようと思っていたのだが、
まぐろカツを発見して、方針を変更。
どうもタルタルソースに弱い。

しかし、今日のタルタルソースは、
いつもと感じが違い、
限りなく普通のマヨネーズに近かった。
これは残念。

今日の気分は☆3つ。
あらためてメニューを見ると、
なすのキーマカレーという文字がやけに気になる。
やはり今日はカレーだったか・・・。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。

本日のメニュー。
20100906115633.jpg









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。