青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


桃太郎/特製モモタロウメン
【20101102】
【メニュー】 特製モモタロウメン
20101130115712.jpg
【お店】 中華 桃太郎
【種別】eat in/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年11月2日
【コメント】
今日は桃太郎。
といっても、
はじめから桃太郎を目指していったわけではなく、
途中5軒以上の店をのぞいた結果だ。

注文したのは特製モモタロウメン。
コクのあるスープが、
きちんと仕事のされた具材を引き立てる。

が、今日のスープは若干あっさり目。
もう少しメリハリが効いてもよかったように思う。

味をキリッとさせるために、
酢を足してはどうかと思案したが、
味が濃い時の効果は実証済みなれど、
その逆については未知数。
ということで、冒険は控えた。

もちろん、
今日の味で不満だったわけではなく、
いつもの味と少しだけ違う、という程度。

今日の気分は☆3つ。
カラダを温めるために、
生姜の飴を食べ、
そしてランチにはあんかけで熱々のスープを飲み干した。
食べ終わる頃には、うっすらと汗ばむほどに。
気持ちがいい。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側にある街の中華屋。

11:30~14:00まで禁煙。
安心できる。




スポンサーサイト

まそほ/秋刀魚一夜干し、生たまご
【20101129】
【メニュー】
秋刀魚一夜干し (950円)
有機 生たまご (50円)
20101129120336.jpg
見事にぶれた・・。
【お店】まそほ
【種別】eat in/ひとり
【お値段】 1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年10月13日
【コメント】
今日は和食気分だったので、
まそほへ。

注文は定番と化している、
秋刀魚一夜干しに生たまご、
ごはんを大盛りだ。
運ばれてくるお茶碗に盛られたごはんを見て、
この量を食べきることができる自分に驚く。
1年前では、考えられなかったことだ。
何が起きているのか。

それはさておき。
今日のごはんは「ひとめぼれ」。
ふっくらと、そしてしっかりとコシのある状態に炊き上がっていた。
ランチの内容が変わってから、
ごはんがおいしくなったように思う。
これはうれしいことだ。

秋刀魚もよし。
身はそれほど太っているわけではないのだが、
適度にアブラがのり、
パリパリに焼けた皮が香ばしい。

そしてメインはたまごかけごはんだ。
もう言葉がない。
おいしく炊けたごはんに、
完璧にマッチするたまご。
これが50円なのが、何よりもうれしい。

今日の気分は☆4つ。
最近のまそほはお気に入りのひとつになっている。
あとは、
カウンター席が禁煙になれば、
最高なのだが。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにある京都が本店のお店。
内装がおしゃれだ。

メニューの画像。
20101129115252.jpg

ランチタイムだけでも、
さらにカウンターだけでも禁煙になるとうれしい。
これは毎回書いておく。





京菜/牛すじ大根、まぐろ丼
【20101126】
【メニュー】 京菜風(まぐろ丼小+牛すじ大根小)
20101126115031.jpg
【お店】京菜
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年10月20日
【コメント】
今日は牛すじ大根気分。
絵画館前のいちょう並木がキレイに色づいてきている。
その前を通過して京菜へ。

今日の牛すじ大根も完璧だ。
桂むきした大根とごぼう、こんにゃく、
そして牛すじ。
いや、今日は牛すじではなく、
牛肉だった。
いい出汁で煮込まれた牛肉が、
口の中でほどけてゆく。

出汁まで全部飲み干し、
ボクの胃は笑顔になった。

今日の気分は☆5つ。
料理のおいしさとともに、
スタッフの方々のもてなしの雰囲気がとても好きだ。

実は、夜に訪れたことがないので、
ぜひとも行ってみたい。

壁に貼ってあった「日本酒ブッフェ」という告知。
1500円で日本酒が2時間呑み放題だそうだ。
心惹かれるが、
あとがたいへんそう・・・。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。

12時過ぎには列ができる人気店。





銀座ライオン/カキフライ
【20101125】
【メニュー】カキフライ
20101125141426.jpg
【お店】ブラッスリー 銀座ライオン 青山一丁目店
【種別】eat in/4人
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年7月4日
【コメント】
昨日の分の青山ランチ。
時間は2時過ぎ。
人数は4人。
思いつくのは銀座ライオン。
久々に入った。

カキフライは揚げたてでさくさく。
ただ、少し油っぽく感じたのは、
疲れていたせいか。

今日の気分は☆3つ。
男性のみの複数人の時に活躍してくれる。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルのB1Fにある。

店内は分煙。






麺場 花火/塩ら~麺
【20101124】
【メニュー】 塩ら~麺 大盛
20101124115210.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/ひとり
【お値段】800円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年11月11日
【コメント】
最近、ウィンに行くと、
右側の店が呼び込みのスタッフを外に立たせていることが多い。
生パスタ→らーめん→韓国料理、だ。
気が弱いので、
断りながら先に進まなきゃいけないのが、
プチストレス。
遠くからあいさつされると、
手前の店に入りづらいなど、
気苦労がある。
できれば、立たないでほしい。

そんな中、
今日はらーめん。
つい最近も食べたような気もするが、
寒いのと、
他に思いつかなかったので、
この選択になった。

今日は塩ら~麺の大盛。
最初の一口で塩気が強い、と思い、
少し哀しい気持ちになったが、
結局、最後まで飽きずに食べることができた。

塩気が許される臨界点とは、
どのあたりなのだろう。
おそらく人によって異なるし、
またその日の体調によっても、
その日の天候によっても左右されるのだろう。
とても難しい。

今日の気分は☆3つ。
ひとまず、カラダを温めたい、という目的は達成できた。

できれば、ねぎをもっと丁寧に刻んでほしい。
大きさがバラバラなので、
口に入った時の食感とねぎ味が、
全体のバランスを崩すのだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。






PiADiNA/パスタとピアディーナ
【20101122】
【メニュー】 パスタセット
トマトソースパスタ:アンチョビとほうれんそう
クリームソースパスタ:サーモン
ピアディーナ ミラノサラミ
20101122120551.jpg
【お店】PiADiNA
【種別】eat in/ひとり
【お値段】800円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年9月15日
【コメント】
流れ流れてPiADiNAへ。
あまり気分ではなかったが、
他に思いつかなかった。

そのせいか、
今日のお店とボクの相性がイマひとつ。
何が、と問われてもうまく返せないが、
イマひとつだったのだ。

今日の気分は☆2つ。
こういう日もある。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

+100円でドリンクを追加できる。





実之和/かれー麺
【20101117】
【メニュー】 かれー麺
20101117115707.jpg
【お店】かれー麺 実之和
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年10月22日
【コメント】
月一でコンスタントにいっている実之和。
これくらいのサイクルがちょうどいい。

今日もいつものかれー麺、半ライス付き。
さらに飛沫防止用のエプロン。

食べ方もいつもと同じ。
まずはねぎと豚肉をあつあつのかれースープにひたし、
味を絡ませると同時に、
しなっとさせる。

麺とスープを楽しみながら、
合間にしなっとなったねぎを豚肉で巻き、
白いライスとともに食す。
最近は、ライスをかれースープに入れるのは止めた。
食べづらいのと、
なんとなく美しくないと思い始めたからだ。

今日の麺は、
固めに茹でられていて、
好みだった。
しかし、
スープに絡ませるという観点では、
もう少しやわらかい方がいいのかも知れない。

今日の気分は☆4つ。
とても気に入って食べているが、
備え付けのスプーンではスープが飲みづらい点が、
あいかわらず気になる。
それ以外は、
満足。
また来月。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

申請すれば、
かれースープよけ用のエプロンをくれる。

かれー麺のテイクアウトができる。

※お店メモ
くろ麦に「かきそば」が登場。





Riso/スープとパスタ
【20101116】
【メニュー】
スパゲッティ アマトリチャーナ (500円)
ポルチーニ茸とじゃが芋のクリームスープ (390円)
20101116120144.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 890円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年10月14日
【コメント】
なんでこんなにカラダが冷えるのだろう。
冬はまだまだこれからだというのに。

ということで、
スープを求めてrisoへ。
スープは1種類のため、
イメージがわかないと路頭に迷うリスクがある。
とはいえ、
今日はスープなのだ。

ポルチーニ茸とじゃがい芋のクリームスープ、か。
ぎりぎりの線だ。
スープとの組み合わせはオムライスにすることが多いが、
今日はパスタにしてみた。

スープとパスタをぶら下げてオフィスに戻ってくる途中、
この重みがカラダの中に入るのかと思うと、
少しばかりゾッとする。
明らかに、食べすぎ、だ。
でもいい、ランチはがっつり食べた方が、
精神的にもよいように思うのだ。

さて、スープの件。
フタを開けると、
漂ってくるポルチーニ茸の香り。
かなり強い香りだ。
中を見ると、
ポルチーニ自体は刻んで入っているようで、
大きな塊はなかった。
香りを楽しむものらしい。

今日の気分は☆3つ。
思惑通り、
オナカは温まったが、
肝心の下半身はそのままだ。
半身浴がしたい。

支払いの時に890円は高いように感じたが、
具だくさんのスープとパスタでこの値段は、
外の店で食べることを考えると、
そうでもないのか、とも思う。
味もそこそこであるし、
コストパフォーマンス的には優秀なのかも知れない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。

本日のメニュー。
20101116115647.jpg








豚富/ユッケジャン
【20101115】
【メニュー】ユッケジャン
20101115114937.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年9月28日
【コメント】
健康診断の結果が返ってきた。
その、あまりのショッキングな内容に、
気持ちが萎えた。
大丈夫か!?

ということで、
こういう時には、
おいしいモノを食べて、元気を取り戻す。
いざ豚富へ。
(こういう考え方がいけないのか?)

メニューが少し変わっていた。
牛丼?
韓国料理にも牛丼というメニューはあるのだろうか。
しばしメニューを見つめていたが、
結局注文したのはユッケジャン。
どれもおいしいのだろうが、
おいしさのレベルでいうと、
ユッケジャンが飛びぬけている。
そのため、他の料理を頼めない、
そういう構図だ。

そして、今日もユッケジャンはボクの期待を裏切らなかった。
辛味と韓国唐辛子特有の甘み。
これでもか、というくらいに入っている具材たちの醸し出す旨みがたまらない。
何よりも、ごはんに合う。
スプーンでごはんをユッケジャンにひたして食べるしあわせ。
食べているうちに、気分が上向いてきた。

今日の気分は☆4つ。
冷え切っていたオナカも温まり、
気分がマッタリしてきた。
このまま冬眠したい。

今日のデザートはコレ。
20101115121050.jpg

あ、こういうモノを食べてるから、
検査の結果が・・・。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。




Open Kitchen 104/肉豆腐
【20101112】
【メニュー】 肉豆腐(豚) 生玉子付
20101112115035.jpg
【お店】Open Kitchen 104
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月9日
【コメント】
そろそろ104に肉豆腐がでているのではないのか!
と、突然ひらめき、
そのひらめきを信じて104に向った。

あった!
20101112120851.jpg

ここの肉豆腐は最高においしいと思う。
過度に甘くなく、
過度に辛くなく、
最適な味付けなのだ。

ありがちなのは、
ごはんのおかずであることを意識しすぎて味を濃くしてしまうケース。
逆に、おかずであるという立ち位置を忘れて、
味が薄くなってしまうケース。
104の肉豆腐には、
そんな心配は全くない。

さらに、
とろろがつき、
生玉子がつき、
お替り自由でもあり、
もう何杯でもごはんを食べられるのでは、
と思ってしまう。

今日の気分は☆5つ。
もう大満足だ。
もっと胃袋が大きければ、
ごはんをお替りしたいところであった。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り沿い、外苑前駅近くのお店。

味噌汁とサラダ、そしてとろろが付く。
六穀米はお替り自由。

12時には満席になる人気店だ。





麺場 花火/青山ら~麺
【20101111】
【メニュー】 青山ら~麺 大盛
20101111115104.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年10月21日
【コメント】
長い時間こもっていた部屋が寒く、
腰周りが冷え切った。
解凍が必要だ。

ということで、
大きく移動したくない、という気持ちもあり、
近場の花火でら~麺を食することに。
今日は青山ら~麺を選択。
最近は、つけ麺や塩ら~麺が多かったので、
久々の青山。

これが不思議な味わいだった。
いや、不思議というよりは、
すこぶるオーソドックスと言った方が正確だと思う。
実に東京らーめん、
まさに中華そば、といった趣だったのだ。

最近の(凝った)らーめんには少し飽き気味で、
シンプルな中華料理屋のらーめんや、
昔ながらの中華そばに気持ちがいってる。
まさにそこを突かれた感じである。
おいしかった。

今日の気分は☆4つ。
思うに、
この昔ながらの感は、
狙いではない、と思われる。
でも、次回もこの味がほしい。

今日11月11日はポッキーの日だそうだ。
なのにデザートは黒いキットカットだ・・。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。





てんぷら石原/天丼
【20101110】
【メニュー】 上天丼
20101110115708.jpg
【お店】てんぷら石原(磯美家)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1313円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年6月9日
【コメント】
今日も揚げ物だ。
最近は甘いお菓子もひっきりなしに食べているせいか、
顔ににきび(!)が。
冬に向けて、
カラダが栄養を貯め込もうとしているのかも知れない。
本気で冬眠したい今日この頃だ。

久々に入ったてんぷら石原。
確認すると、
昨年の6月以来だ。
何があったわけでもないが、
足が遠のいていた。

久々にメニューを見ると、
あまりの高さにあらためて驚く。
ボクが食べたい穴子がのっているメニューは、
1600円越え。
さすがにランチに1600円は躊躇する。
(以前はよく食べていたが・・・)

ということで、
今日は上天丼を選択。
芝えびのかき揚げ、えび二本、キスという、
王道のネタの丼だ。

今日のえびはぷりぷり、
キスはふわり。
とてもおいしかった。
しかし、
ごはんが微妙に柔らかったのが残念。

今日の気分は☆3つ。
周りで食べている方々を見ると、
えびの尻尾を残しているではないか。
えびのてんぷらは尻尾が一番おいしい!
と、声を大にして言いたかった。

上天丼が1313円。
これでも十分に高価なランチだ。
以前の上天丼は1207円だった。
てんぷらは庶民の食べ物ではない、ということか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の入り口近くにある。

通常の天丼は840円。
ごはんの中盛までは無料。
味噌汁は別料金となる。

12時過ぎには満席。




奈加山/さんま竜田揚
【20101109】
【メニュー】
さんま竜田揚 (950円)
生たまご (100円)
20101109115219.jpg
【お店】奈加山
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月28日
【コメント】
久しく白いごはんを食べてないことに気がついた。
おかずに漬物に味噌汁に真っ白なごはん。
ということで、
今日は和食だ。

行ったのは奈加山。
そして選んだのはいつもの「竜田揚げ」。
メニューを見ると、
さんまの塩焼き、
さんまの刺身、
そしてさんまの竜田揚げと、
さんまのオンパレード。

一瞬刺身に心が動いたが、
きっと刺身にするくらいの鮮度のいいさんまを竜田揚げにするに違いない。
なんて贅沢なんだ、
と、ひとり妄想し、
いつもの竜田揚げを選んだのだ。

奈加山では、
いつもごはんが残りがち。
なので今日は生たまごをつけてみた。
愛しのたまごかけごはんTKG。
100円に値下がったことで、
一般庶民のボクにも手が届くようになったのはありがたい。

さんまはとても肉厚だった。
竜田揚げにしているので、
さんま特有のアブラの甘さを感じることができないのは残念だったが、
揚げ物にも負けない力強さを感じて、
満足した。

今日の気分は☆3つ。
今日の逸品は、
ナスと揚げの味噌汁。
トロトロのなすに揚げのアブラ分が絡んで、
旨みを引き出していた。
ナスは、なんてすばらしい素材なんだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りの一本南裏手、ポーラビルの裏にある家族経営の和食屋。
ランチタイムは禁煙となる。

付箋にメニュー名を書いてスタッフに渡す独特の注文法。
会計時にも使われる。






くろ麦/にしんそば
【20101108】
【メニュー】 にしんそば
20101108115605.jpg
【お店】くろ麦
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1400円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年6月11日
【コメント】
今週もランチスランプが続きそうな予感。
食べたいモノが決まらず、
青一を徘徊してしまった。

何が食べたいのかイメージができない上に、
なんでもいいわけでもなく
なんともいただけない状態なのだ。

結局、かきそばを食べようと思い立ち、
くろ麦へ。

しかし、
かきそばはまだメニューに載っておらず、
出会うことはかなわなかった。
「まだ早い」そうだ。
もう11月も中旬になろうかというのに・・・。

と、ひとりもやもやしても仕方ないので、
にしんそばを注文。
そう、今日はにしんそばを食べる運命だったのだ、
と自分を納得させた。

今日の気分は☆3つ。
そばも出汁も、
いつも通りのおいしさだったので、
にしんが固かったのが残念。

運ばれてきた時に、
いつもと何かが違う、
と思ったのだが、その時には、その「何」がわからず。
オフィスに戻って、
前回のレポートを読み返して気がついた。
木の芽がのっていなかったのであった。

今日のデザートは、コレ。
20101108121310.jpg
紅茶に最適。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお蕎麦屋さん。

2時までは禁煙。




ユーマート/明太のり弁、豚汁
【20101105】
【メニュー】
明太のり弁 (450円)
豚汁 (150円)
20101105120726.jpg
【お店】ユーマート
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年8月26日
【コメント】
体調が悪い。
午後に外せない予定がなければ、
帰ってる。

とにかく寒いので、
カラダを温めようと思い、
スープを求めてrisoへ。

今日のスープはチキンのクリームスープ。
苦手な部類だ。
購入はあきらめる。
ということで、方針転換して、
通ってきた道の途中にいたワゴン販売のエスニックカレーにしょうと思い、
来た道を戻る。
ところが、
さっきまで営業していたはずなのに、
完全に店を閉じてしまっているではないか。

途方に暮れつつも、
その後はウィンの各店をのぞき、
コンビニに行き、
それでもイメージがわかず、
結局ユーマートで明太のり弁と豚汁を購入。
豚汁で温まれば、
所期の目的は達せられる、そういうことだ。

しかし、
今日はついてないらしい。
豚汁には盛りだくさんのしいたけが混入し、
さらに箸を忘れられていた。

今日の気分は☆3つ。
あ、ビタミンが足りない・・・。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの裏手、ウィン青山ビルの1階にあるお弁当屋さん。
メニューの豊富さと、値段設定のバラエティーさがウリだ。





松屋/豚めし
【20101104】
【メニュー】豚めしお新香セット並
豚めし並
お新香
生たまご
味噌汁
20101104115035.jpg
【お店】松屋 南青山店
【種別】eat in/ひとり
【お値段】410円
【満足度(5段階)】 ☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年7月14日
【コメント】
何を食べるか、
まったくイメージがわかず。
結局、CIの前の松屋に入ることに。

しかし、入ると決めてから、
前回のとても残念だった牛めしのことを思い出した。
とはいえ、
ここで進路変更しようにも、
どこに向えばいいのか、
まったくアイデアがない。

牛めしがダメなのではないか。
豚めしならどうだろう。
ということで、
今日は豚めしにしてみた。

豚めしお新香セット。
豚めしに味噌汁、お新香、生たまごがついて410円。
すばらしい価格設定だ。

生たまごを溶き、
七味唐辛子をたっぷりとふりかけ、
大量の紅生姜を添え、
準備完了。
さて、一口。

◎だ。
ということは、
牛めしではなく、
豚めしにすれば、
これからも松屋を利用することができる。
そういうことかも知れない。

と、410円の割りに力が入ってしまったが、
そういうことだ。

今日の気分は☆3つ。
七味唐辛子のカプサイシンと、
生姜でカラダも温まった。
見晴らしのいい2階でゆったりと食べる丼モノも、
なかなか気に入っている。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
伊藤忠の目の前の交差点角にある牛めし屋。

suicaで精算ができるので、
モバイルsuica派のボクには便利。





桃太郎/ソースやきそば
【20101102】
【メニュー】 ソースやきそば
20101102115427.jpg
【お店】 中華 桃太郎
【種別】eat in/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年10月26日
【コメント】
昼になっても、あまり空腹を感じず。
なので、何を食べるのかが決まらず、
しばらくさまよってしまった。

と、突然にソースやきそばがアタマに浮かび、
ソースの香りの記憶が食欲を刺激してくれた。
ということで、
ポリシーに反して2週連続の桃太郎。
(大したポリシーではないが・・・)

運ばれてきたソースやきそばを一口。
この独特の濃厚さがたまらない。
食べ始めは味の濃さに、
途中であきてしまうのではないか、
と思うのだが、
調味料の絶妙のバランス感が、
ボクの舌をとりこにしてしまうのだ。

今日の気分は☆4つ。
クセになる味。
食後も口の中に残るソースの味と香りの余韻を楽しむのであった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側にある街の中華屋。

11:30~14:00まで禁煙。
安心できる。





ゆんたく/沖縄そば
【20101101】
【メニュー】沖縄そば (大盛)
20101101114855.jpg
【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年8月27日
【コメント】
いつでも行ける、と思うと、
つい足が遠のいてしまう「ゆんたく」。
でも今日は、
カラダが疲れていることもあり、
癒されたかった。
「ゆんたく」に頼ったのだ。

カラダは疲れていながらも、
オナカは超ぺこぺこ状態。
なので、ゆんたく初の「大盛」にしてみた。

カウンターで、
一式がのったお膳を受け取った時の重み。
さすがに大盛り。
食べ切れるのか。

しかし、おいしいモノはいつまでも食べ続けていたい、
そう思う気持ちを体現できた感があった。
やはり、おいしいのだ、
ゆんたくの沖縄そばは。
スープもほぼ飲み干し、完食。

ちなみに、
大盛りは麺が1.5倍で、
かまぼことポークが2枚になる。
今日のポークはかなりの厚切り。
ポーク好きのボクとってはうれしいかぎりだ。

今日の気分は☆5つ。
カラダの中から温まり、
うっすらと汗もかいた。
カウンターの中の笑顔と沖縄そばのやさしさは、
ボクを癒してくれた。
ありがとう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
旧SCEビルの裏手にある沖縄料理屋さん。

沖縄そばの大盛は1000円。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。