青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


奈加山/ぶり竜田揚げ+生たまご
【20110131】
【メニュー】
ぶり竜田揚げ (950円)
生たまご (100円)
20110131115321.jpg
【お店】奈加山
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年1月13日
【コメント】
TwitterのTLに、
「ぶりの竜田揚げ」という文字が流れてきた。
もう頭の中はそれでいっぱい。

ということで、
今日は奈加山。
店に入ってメニューを見ると。
今日の竜田揚げは「ぶり」ではないか。
なんだか、ピースがぴったりはまった感じだ。

今日もオプションで生たまごを注文。
月末の月曜日にTKGだ。
(勢いで書いたので、意味はない)

ぶりの竜田揚げは、
少し火を通しすぎた感はあるものの、
揚げ物にしても負けない力強さがあって好感。
たまごかけごはんとの組み合わせに満足。

今まで卓上には自家製のふりかけが置いてあったのだが、
今日は「辛子味噌」であった。
これも自家製、とのこと。
甘辛でおいしい。
が、何に合わせるのかがイメージできなかった。

今日の気分は☆3つ。
それにしても、
ここの味噌汁はボクの好みだ。
懐かしい以外の言葉は見つからない。
もしかしたら、
親戚か!?

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りの一本南裏手、ポーラビルの裏にある家族経営の和食屋。
ランチタイムは禁煙となる。

付箋にメニュー名を書いてスタッフに渡す独特の注文法。
会計時にも使われる。





スポンサーサイト

シャングリーラ/インドカレー
【20110128】
【メニュー】
マトン
本日のカレー:ゆでたまごのカレー
20110128115357.jpg
【お店】SHANGRI-LA シャングリーラ 青山店
【種別】eat in/ひとり
【お値段】 990円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】2010年12月16日
【コメント】
今夜は普通に夕食が摂れるタイミングがなさそうなので、
ランチはしっかりと食べることに。
思いついたのが、
まそほでごはん大盛りのたまごかけごはん、
やまとのかつ丼、
そしてシャングリーラのインドカレー(ナン食べ放題)。

気分的には、たまごかけごはんが一番近かったのだが、
「まそほ」も「やまと」も、
タバコが気になるので今回はスルー。
やはり、食事中にタバコの煙を気にしなければいけないのは、
かなりのストレスだからだ。

ということで、
今日のランチはシャングリーラ。
注文したのはマトンカレーの辛口、
そして食後のホットチャイ。

前回、激辛にして失敗したので、
辛口に戻してみた。
しかし、今回も塩気の多さを感じてしまった。
味を変えたのだろうか。
マトンはいい具合に柔らかく、
こちらは満足。

今日の気分は☆3つ。
わけあって、左手に包帯を巻いている。
なので、インドの方のように、
右手だけで食べてみようと試みたが、
これが難しい。
途中から少しだけ感触をつかんできたが、
それでも左手の助けは必須だ。
それに、右手の指が筋肉痛になりそうな感じ。

カレーがなくなってもお替りしたナンが残っていたが、
しっかり完食。
ここのナンは甘味があるので、
単体でも食べることができる。
もちろん、ホットチャイのお伴として。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにあるネパール・インドレストラン。地下1階である。

本日のカレーと、
10種類のカレーから選んだ2種類のカレーがセット。
カレーは6段階から選ぶ。
普通の辛さは下から2番目。

それにライスと食べ放題のナン、サラダ。
ドリンクはラッシー、チャイ、コーヒーなどから選べる。
値段は千円以下なので、
コストパフォーマンスもよい。

12時を過ぎると、
列ができる人気店だ。

※お店情報
チェリー通りにある寿司屋「りょう華」が閉店していた。
おそらくこのBlogを始めてからは、
一度も行っていないと思うが、
以前は1週間に一度は利用していた店だ。
主人がかなりクセのある人で、
それがイヤで行くのを止めたのだが。







麺場 花火/味噌ら~麺
【20110127】
【メニュー】 味噌ら~麺 大盛
20110127115932.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/ひとり
【お値段】800円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年12月27日
【コメント】
めずらしく味噌らーめん。
今まで、おいしいどころか、
ちゃんとコクのある味噌らーめんというのものをほとんど食べたことがないので、
花火のそれはどんなものかと。
あまり期待せずに食べてみた。

運ばれて気になったのが具材だ。
もやし、たまねぎなどの野菜炒めがのっているのだが、
たまねぎがほとんど生の状態。
これはキビシイ。

スープは想像した通りの味。
可もなく不可もなく、
といったところか。
ただ、食べ進むうちに、
もう少しコクとインパクトがほしくなった。
そこで、卓上の魚粉と辛味をプラス。
わかりづらい味にはなったが、
なかなか好みに。

今日の気分は☆3つ。
とはいえ、
やはり味噌らーめんは花火のメインではない。
次回以降は、
これまで通り、しょう油か塩でいくことにする。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。





【新規レポート】元気/ほっけ
【20110126】
【メニュー】 羅臼産ほっけ定食
20110126114857.jpg
【お店】元気
【種別】eat in/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規レポート
【コメント】
最近ランチを再開した元気に行ってみた。
このBlogを始めるだいぶ前になるが、
元気ではランチにカレーを出していたことがあった。
それ以来。

なかなか魅惑的な低価格の設定。
なので、味に対する期待と不安の両方がよぎる。

注文したのは、ほっけ。
メニューには「羅臼産」ほっけと書いてるし、
さらに「脂乗り抜群!」「特大サイズ!」の文字も。
まだ現物も見ていないのに、
600円で大丈夫なのか!?と早くも店の心配をしてしまう。

しかし、運ばれてきたほっけは・・。
600円では、期待する方が間違っていた。
でも、せめて、せめて、焼き加減だけは見てほしい。

ごはんの量が少ないので、
若干足りないように思う。
ただし、焼き過ぎで食べるところがあまりないほっけでは、
ちょうどいい量なのかも知れない。

ちなみに、ごはんの大盛とおかわりは、
それぞれ100円となる。

今日の気分は☆2つ。
あまりにもさびしいランチだったので、
買い置きしてあったスープを飲んでみた。
コンビニでおいしそうなネーミングだったので、
衝動買いしたのだ。

「フィンランド サーモンスープ」。
20110126120352.jpg
世界をめぐるスープの旅、という企画らしい。
これ、クノールに作らせたい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの3階。

ランチメニュー。
20110126114810.jpg





JANOJA/赤いカルボナーラ
【20110125】
【メニュー】 赤いカルボナーラ
20110125120031.jpg
20110125114922.jpg
【お店】青山 JANOJA
【種別】eat in/ひとり
【お値段】 990円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】2010年12月2日
【コメント】
寒かったが、
食べたいメニューが見つからなかったので、
結局チェリー通りまで行ってしまった。

入ったのはJANOJA。
今日はパスタにしよう。
注文したのは「赤いカルボナーラ」。

最近、調理人が代わったためか、
以前と味が変わったように思う。
今回もそう感じた。
パスタのゆで加減も、
ソースの味付けも。
とても普通なのだ。

今日の気分は☆3つ。
それにしても、
厨房に一人、ホールに一人、
二人きりで混むランチタイムを切り盛りしているのはすごい。
最盛期には4人のスタッフがいたように思う。
味よりも、
そちらに感心してしまった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにあるイタリア料理屋さん。地下1階である。
13:00まで店内禁煙。

ガーリックの量や辛さなどの味の調整も一部可能。





実之和/かれー麺
【20110124】
【メニュー】 かれー麺
20110124115604.jpg
【お店】かれー麺 実之和
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年12月29日
【コメント】
無性にかれー麺が食べたくなったので、
自分の食欲に逆らわず、
実之和まで遠征。
あまりの寒さにミキータに入りそうになるが、
我慢ガマン。

それにしても実之和は大人気だ。
12時前には満席。
寒空の下、
待ち列ができる。

注文したのはいつものかれー麺並みと半ライス。
年末に豚盛りを試したが、
今日はオーソドックスに。

飛沫防止用に紙エプロンを頼む。
この紙エプロンの装着タイミングは難しい。
麺が出てきてから装着すると、
麺が伸びてしまうような気がするし、
あまり早くつけてると、
なんだか食べ物待ちの卑しい人のように見られる気がするし。
考えすぎ、ではあるが・・・。

今日のかれー麺は、
なんだかいつもと違うような、違わないような。
豚肉の感じが初期のころに戻っていたのと、
ネギが根元部分も使っていた。
シンプルなだけに、
細かい違いが気になる。

今日の気分は☆3つ。
あれだけかれー麺気分であったにも関わらず、
食べ終わった今は、
ちょっと違ったかな、
などと、自分でも戸惑うようなカラダの反応。
実は、
体調があまりよくない、という気がしてきた。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

申請すれば、
かれースープよけ用の紙エプロンをくれる。

かれー麺のテイクアウトができる。




くろ麦/かきそば
【20110121】
【メニュー】 かきそば
20110121120136.jpg
【お店】くろ麦
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1500円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年11月8日
【コメント】
無性に紅鮭が食べたい気分であったのだが、
残念ながら、店を思いつけず、
流れ流れてくろ麦へ。

しかし、これは正解であった。
時期が到来すると容赦なくメニューから消えるかきそば。
食べられるうちに食べておかないと、
絶対に後悔する。

ということで、
注文したのはかきそば。
ぷりぷりのかきが4つ、
そばに敷いた海苔の上に鎮座している。
かきを口に含むと、
潮の香りがさわやかだ。

そばつゆのバランスもよく、
最後の一滴まで飲み干した。
長寿庵ではありえない行為だ。

今日の気分は☆4つ。
後から来店された年配の女性もかきそばを注文。
おいしいですよね、と心の中で声をかけてみた・・。

今シーズンは、あと1回は食べたい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお蕎麦屋さん。

2時までは禁煙。





Riso/帆立フライ&ポーク生姜焼き
【20110120】
【メニュー】帆立フライ&ポーク生姜焼き弁当
20110120120140.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年12月3日
【コメント】
オナカが空いているのかいないのか、
よくわからない状態。
ランチタイムにこれは哀しい。
ということで、オフィスで食べる弁当を調達しにrisoへ。

正直、どの弁当もしっくりこなかったが、
その中で無理やり選んだのが今日の弁当。

帆立フライを持ち上げると、
思った以上の大きさに驚く。
食べてみると、その理由がわかった。
貝柱のみではなく、
周りのひも(?)付であったのだ。
歯にはさまる感じが少し面倒。

豚の生姜焼きは、
ごはんによく合う、
甘めで濃い味付け。
これは「焼き」、というより、
「煮」かも知れない。

この季節、risoの弁当のごはんは、
別容器で保存してあって温かいのがうれしい。

今日の気分は☆3つ。
揚げ物にタルタルソース、
それに煮玉子。
やけにカロリーが高そう、と食べながら思ってしまった。
今日はちょっとネガティヴ気分のようだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。

本日のメニュー。
20110120115449.jpg






かとう清正/煮込みハンバーグ
【20110118】
【メニュー】 週替わり定食:トマト煮込みハンバーグと南瓜の煮物
20110118115106.jpg
【お店】かとう清正
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年10月1日
【コメント】
昨日と同じビルでランチだ。
今日は「かとう清正」。
週替わり定食が「トマト煮込みハンバーグ」という、
ボクにとっては魅力的なメニューであったので、
横断歩道を越えてやってきた。

トマト煮込みハンバーグ。
いい響きではないか。

そのメインの料理は、
トマトソースもハンバーグも、
手作り然としているところが非常に好感を持てた。
ランチでありがちな工場大量生産のソースとハンバーグは苦手だ。

ハンバーグは固くなく、
さりとて柔でもなく、
粗挽き感満載なところも好み。
満足した。

それにしても南瓜でオナカがかなりふくれてしまった。

今日の気分は☆4つ。
店内はゆったりしているし、
お日さまでポカポカであるし、
週替わりのメニューが好みと合えば、
積極的に利用したい店だ。

ホントは馬肉が、
特にランチでは馬肉のユッケ丼がおススメのようであるが、
ボクはいつも週替わりを頼んでしまう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインビルの南側ブロックにあるさくら肉料理の店。
ミキータあるビルの2階だ。
店内はゆったりとしたつくり。

ランチのメニュー。
20110118114937.jpg






ミキータ/カレー
【20051228】
【メニュー】ミキータ特製カレー
20110117120244.jpg
20110117115050.jpg
20110117121803.jpg
【お店】トラットリア・ミキータ
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2005年12月28日
【コメント】
外は寒そうなので今日は近場だな、
と思ってオフィスを出たら、
意外に温かい。
ということで、
歩道橋を渡ってみた。

するとミキータに「特製カレー」の文字が。
以前から気になっていたミキータのカレー。
しかも、一日限定6食。
この温かさは、ミキータのカレーへのお導きであったのだ。

注文したのは、もちろんカレー。
店内のメニューにはチキンカレーと記載されていた。

まずはミニサラダ、
フランスパン。
そしていよいよメインのカレー。

カレーなので、
単にライスの上に煮込んであったカレーをのせるだけ、
と思っていたのだが、
少しばかり待ち時間あり。

カレーを見て、少しばかり驚く。
これはカレーというよりも、
チキンのカレー煮込み、といった感じだ。
画像のカレーに見える部分のほとんどが、
実はチキン。
なんと贅沢なカレー。

味はさっぱりしていて、
辛さはほとんどない。
それにしてもこのチキン、
いい具合に煮込まれていて、
最後まで飽きさせない。

サラダ、ドリンクもついて、
この贅沢なカレーが1000円。
満足。

今日の気分は☆4つ。
ミキータでカレー、というのは、
ちょっと違和感ありだが、
これは食べる価値ありだ。

しかし、店内でカレーを食べているのはボクだけ。
周りにカレー臭を振りまいてしまって、
ちょっと恐縮。

欲をいえば、
カレーなのであれば、
もっとカレールーがあった方がうれしい。
チキンのカレー煮込みであれば、
これでいいのだが。

過去のレポートを読むと、
ミキータに入ったのは5年前だった。
パスタのメニューも以前と様変わりしていて、
次回はパスタもいただこうと思う。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックにあるイタリア料理屋さん。
シェフの北見さんは神宮前「バスタ・パスタ」で腕を振るっていた方。

表のメニュー。
20110117122144.jpg





てんぷら石原/天丼
【20110114】
【メニュー】 よくばり天丼
20110114120132.jpg
【お店】てんぷら石原(磯美家)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1628円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年11月10日
【コメント】
今宵は韓国料理。
なのでランチはあっさり系。
と思ったのだが、
246のいちょう並木側に渡る信号が青になったので、
そのまま渡ってしまった。

目に入ったのがてんぷら石原の看板。
久々に天丼にするか。
ぜんぜんあっさりではないが。

注文したのは「よくばり天丼」。
なんと1628円だ。
メニューを見ていたら、
どうしても穴子が食べたくなったのだ。

ネタは、
えび、穴子、キス、茄子、そしてししとう。
丼からネタがこぼれおちんばかりの状態。
テンションが上がる。

穴子もキスも、
中がふわっとしていて、
とてもおいしかった。
ここの天丼は、
天つゆがあっさりしているので、
全体的に軽く感じるところが好みなのだ。
食後に口の中で軽く香るごまが心地よい。

今日の気分は☆4つ。
たまごかけごはんに続き、
日本の食文化の豊かさを感じる昼食であった。

それにしても、
ランチに1628円・・・。
別料金の味噌汁はつけられない・・・。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の入り口近くにある。

通常の天丼は840円。
ごはんの中盛までは無料。
味噌汁は別料金となる。

12時過ぎには満席。

※お店情報
サンマルクカフェが1/10で閉店。
ショックだ。
チョコクロ・・・。





奈加山/さんま竜田揚げ+生たまご
【20110113】
【メニュー】
さんま竜田揚げ (950円)
生たまご (100円)
20110113115238.jpg
【お店】奈加山
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年12月15日
【コメント】
夜は「ふぐ」。
なのでランチは肉系でがっつり。
と思ったのだが、
外があまりにも寒くて、
長距離移動は断念。
結局近場の奈加山に行くことにした。

注文したのはさんまの竜田揚げと生たまご。
この店では、
季節ごとにいろいろな種類の魚を竜田揚げにしてくれる。
その中でも、さんまは竜田揚げに適した素材だと思う。
とはいえ、さんまの醍醐味は塩焼きではあるが。

今日もたまごかけごはんを堪能。
食べながら考えていたのだが、
たまごかけごはんというのは、他の国でもあるのだろうか。
こんなにもシンプルで、
こんなにも滋味深い食べ物を思いついた日本人は、スゴイ。
と感心しきり。

奈加山で一番好きなのは、
実は味噌汁だ。
とても懐かしい味がする。
実家の味に近いのかもしれない。
今日の具材は白菜とお揚げ。
白菜がくたくたになっているところが好み。
実家でもそうであった。

今日の気分は☆4つ。
揚げたての竜田揚げに、
くたくた白菜の味噌汁、
極めつけは、たまごかけごはん。
いい昼食だった。
やはり日本食は素晴らしい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りの一本南裏手、ポーラビルの裏にある家族経営の和食屋。
ランチタイムは禁煙となる。

付箋にメニュー名を書いてスタッフに渡す独特の注文法。
会計時にも使われる。







桃太郎/あんかけやきそば
【20110112】
【メニュー】 あんかけやきそば
20110112115541.jpg
【お店】 中華 桃太郎
【種別】eat in/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年12月21日
【コメント】
今日は桃太郎。
ソースやきそばにするか、
モモタロウ麺にするか、迷った。
迷った結果、
選んだのはあんかけやきそば。
最近食べてなかったことを思い出し。
急に食べたくなったのだ。

桃太郎の全メニューを制覇したわけではないが、
どれを食べてもおいしい。
ボクの舌によく合っているのと、
それ以前にひとつひとつの素材の前さばきがしっかりとできているので、
食べていて気持ちがいいのだ。

それにしてもここのあんかけの量。
麺とのバランスが崩れているように思う。
野菜をたくさん摂りたい時には最適である。

今日の気分は☆4つ。
全メニューを制覇するつもりはないが、
いくつか主要なメニューはぜひとも食べてみたい。
とりあえず、らーめん+半チャーハンから。
え!それ!?

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側にある街の中華屋。

11:30~14:00まで禁煙。
安心できる。






【新規開拓】TACO BOWL/アボカドタコライス
【20110111】
【メニュー】アボカドタコライス
20110111120140.jpg
【お店】TACO BOWL
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
risoに行く途中、
新しいワゴン販売を見つけた。
タコライス専門店だ。

さっそくチェック。
タコライスは4種類。
タコライス、
シカゴライス(チリビーンズ)、
アボカドタコライス、
そして今月のタコライス。

アボカドLOVEのボクは、
迷いなくアボカドタコライスを選択。
これは通常のタコライスに、
アボカドスライスとワカモレ(アボカドディップ)がトッピングされたバージョンだ。

ライスは白米と玄米から選べる。
女性スタッフが、玄米がオススメということなので、
言われるがままに。

久々のタコライスに心躍る。
この料理、
このB級感、
たまらない。

味は王道系である。
そこにアボカドとマヨネーズの味がアクセントになっている。
別添えの辛味を何も考えずに全部投入したら、
辛味の他に苦味も感じてしまい、
その点が少し残念であった。

今日の気分は☆3つ。
食べ終わった時に発した言葉が、
「はらへった」だった。
味には満足したのだが、
量が足りず。
(あるのかも知れないが)できれば大盛りがあるとうれしい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ポーラビルの裏の一角のワゴン販売。毎週火曜日営業。

TacoDerio!に雰囲気が似ていると思って確認すると、
その系列のタコライス専門店がTACO BOWLとのこと。

メニューのチラシの画像。
20110111120830.jpg





京菜/牛すじ大根、まぐろ丼
【20110107】
【メニュー】 京菜風(まぐろ丼小+牛すじ大根小)
20110107114948.jpg
【お店】京菜
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年11月26日
【コメント】
オフィスを出た瞬間に、
マフラーもコートもない無防備な自分が恨めしくなった。
さりとて、戻るのもめんどう。
ということで、ノーアイディアで出たわりには、
京菜の牛すじ大根という言葉がすぐにアタマに浮かんだ。

いつもの牛すじ大根に、
新たな趣向が加わった。
つけ合わせの生海苔に、
生七味が混ぜてあるのだ。
これを牛すじ大根といっしょに食べるとおいしいですよ、とのこと。

こうやって、
いつものメニューに少しずつ工夫、進化が加わるのは楽しい。
事実、生七味の風味が料理によく合っていた。

今日の気分は☆4つ。
今日みたいな寒い日には、
京菜の牛すじ大根は最適だ。
いや、寒くなくてもこの料理はおいしいのだ。

今年は他の料理も食べてみたいのだが、
ランチに明日はない、
結局大好きなメニューを選んでしまう気がする。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。

12時過ぎには列ができる人気店。





まそほ/秋刀魚一夜干し、生たまご
【20110106】
【メニュー】
秋刀魚一夜干し (950円)
有機 生たまご (50円)
20110106115902.jpg
【お店】まそほ
【種別】eat in/ひとり
【お値段】 1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年11月29日
【コメント】
クスリ屋に行きたかったので、
246を渋谷方面へ。
かつ、気分はたまごかけごはん。
となると選択肢は・・。

思いついたのは「松屋」と「まそほ」だった。
まだ新年ということもあり、
ハズレくじを引きたくないので、
まそほを選択。
これが見事にフィットした。

注文したのは秋刀魚の一夜干しと生たまご。
秋刀魚はアブラこそのってないものの、
塩気がごはんとベストマッチ。
口の中の塩気が勝ると、
鬼おろしした大根を口に含んでさっぱりさせる。
すばらしい調和だ。

たまごかけごはんも完璧。
ごはんの量とたまごの量としょう油の加減がジャストだった。
自分もほめたい。

今日のごはんは「ひとめぼれ」。
少し水分が多いかな、と思ったが、
生たまごに包まれると、
とたんにふっくら感が生まれてきた。
相性がいいみたいだ。

今日の気分は☆4つ。
焼き魚に味噌汁に生たまごに白いごはん。
しあわせだ。

今年はまそほ比率が高くなる予感。
ただし、カウンターの喫煙問題は未解決。
この店がランチタイム禁煙であったら。
そこだけが残念だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにある京都が本店のお店。
内装がおしゃれだ。

メニューの画像。
20110106115119.jpg

ランチタイムだけでも、
さらにカウンターだけでも禁煙になるとうれしい。
これは毎回書いておく。





豚富/ユッケジャン
【20110105】
【メニュー】ユッケジャン
20110105114918.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年12月13日
【コメント】
2011年の年頭を飾る青一ランチは、
豚富のユッケジャン。
ホントは少し遠征しようと思ったのだが、
外に出たらあまりの寒さに気持ちがめげた。

まずはカラダを温めることを最優先に。
ということでユッケジャンを選んだ。
ホントに寒い。
コートを着たり、
マフラーをすればいいのかも知れないが、
食べる時に邪魔なのがイヤなのだ。

今日のユッケジャンは画像の通り、
肉が増量となっていた。
今後は、コレが基準となるのか、
あるいはたまたまなのか。
この柔らかく煮込まれた牛肉がおいしい。

今日の気分は☆4つ。
寒くて震えていたカラダが、
芯からポカポカに。
ユッケジャン効果はてきめんだ。

今年も豚富にはたくさんお世話になる予定。
たまにはユッケジャン以外のメニューも食べないと。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。


☆本年もよろしくお願いします☆







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。