青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


和飲亭/味噌煮込みうどん
【20110331】
【メニュー】味噌煮込みうどん
20110331120214.jpg
【お店】和飲亭 wine-tei
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年2月8日
【コメント】
3月も今日で最後。
あっという間だった。
3月という月さえあったのか、
と思えるほど。
そして、やっと春が来る。

和飲亭が味噌煮込みうどんを始めていたので、
行ってみた。
名古屋の山本屋で食してから、
味噌煮込みうどんの大ファンなのである。

しかし、はじめに山本屋で食してしまったばかりに、
その後、あれを超える味噌煮込みうどんに出会えない。
これは悲劇なのか、
それとも、最高のモノに出会えていたことに感謝すべきなのか。

それにしても、
店内は味噌煮込みうどんを求める年配の男性でいっぱい。
(ボクを含め)オヤジたちのキラーメニューなのかも知れない。

味については特にコメントはない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ユニマットの裏手の道にあるお店。

黒板にはガラスワインで提供できるワインのリストが書かれている。
店名の通り、
ワインをメインに展開している店であることがわかる。






スポンサーサイト

美しゃぶ 伊志川/豚生姜焼き
【20110330】
【メニュー】 相模豚 生姜焼き定食
20110330120345.jpg
【お店】 美しゃぶ 伊志川
【種別】 eat in/ひとり
【お値段】 1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年3月1日
【コメント】
今日は豚の生姜焼き気分。
青一で生姜焼きといえば、
「美しゃぶ 伊志川」だ。
いや、これまでことさら生姜焼きを食べたいと思ったことはなかったので、
逆に、この店の存在が、
ボクを生姜焼き気分に誘っているのかも知れない。

テーブルに運ばれてきた生姜焼きを見て、
その配列の美しさに歓喜。
ただ無造作に豚の生姜焼きを並べるのではなく、
愛をもって食を表現しているように感じる。

そして、
もちろん味にも歓喜。
生姜焼きのタレの濃さが絶妙。
豚肉(相模豚)に適度な厚みがあることと、
ごはんが雑穀であることで、
噛みしめる楽しみもある。
噛みしめれば噛みしめるほどに、
雑穀と豚肉の甘味が醸し出されてくるのだ。

ごちそうさま。
おいしかった。

あ、そして、
カズのゴールにも歓喜!!

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南ブロック方面にあるお店。

ランチタイムは全面禁煙。
すばらしい。




ボンヌ/パン
【20110328】
【メニュー】 パン いろいろ
20110328120326.jpg
【お店】ボンヌ
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】530円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年7月26日
【コメント】
ボンヌのパンが無性に食べたくなった。
そういえば、
最近ボンヌに行っていない。
調べると昨年の7月以来。
ボンヌは変わらずいつもの場所にたたずんでいた。
ホッとする。

お店に並んでいるパンたちも全く変わらず。
ボクも、
長いブランクがなかったかのように、
激辛カレーパンやホットサンドなどを購入。

乾燥気味なところが気になっていたサンドイッチのパン。
久々に食べてみると、
意外な(失礼・・)しっとり感が。
この変化はよろこばしい。

今日はすべてがおいしかった。
特に激辛カレーパンが秀逸。
もちっと揚がったパン生地に、
文字通り激辛なカレーがベストマッチ。
辛くて、脳天の毛穴が開いた。
この刺激、
心地よい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ボンヌはチェリー通りにある小さな街のパン屋さん。





Open Kitchen 104/肉豆腐
【20110325】
【メニュー】 肉豆腐(豚) 生玉子入り ・・「入り」?
20110325115114.jpg
【お店】Open Kitchen 104
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年12月10日
【コメント】
今日は104へ。
表の看板の灯りが消えていたので、
ランチ営業はナシか・・と思ったが、
節電中。

店内も同様に節電中のため、照明は多少暗めに設定されていた。
しかし、まったく問題なし。
これからは、
節電のため、ではなく、
現状の明るさを標準としよう。

注文は、ボクが世界一であると思っている「肉豆腐」。
今日のバージョンは三つ葉が散らしてあり、
豪華レベルがアップ。

この出汁と、
豚肉とたまねぎとのバランスが絶妙。
その絶妙さを邪魔せず、
紅ショウガが自分の役割を全うしている。
これほどまでにおいしい肉豆腐はない、と断言。

この肉豆腐がごはんよく合う上、
とろろがあり、
生たまごがあり、
もううれしい悲鳴状態だ。

「青一ランチ殿堂入り」という勝手な称号を作っているが、
この104の肉豆腐は、
まさしく殿堂入りにふさわしい。
ありがとう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り沿い、外苑前駅近くのお店。

味噌汁とサラダ、そしてとろろが付く。
六穀米はお替り自由。

12時には満席になる人気店だ。

本日のランチのメニュー。
20110325120712.jpg







JANOJA/アボカドのミートソース
【20110324】
【メニュー】 アボカドのミートソース
20110324120116.jpg
20110324115249.jpg
【お店】青山 JANOJA
【種別】eat in/ひとり
【お値段】 990円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】2011年1月25日
【コメント】
今日はパスタ。
JANOJAに行ってみる。

作り手が元の方に戻っていた。
だから、というわけではないが、
久々に、アボカドのミートソースを注文。

麺はアルデンテ、
ガーリック多め。
以前のJANOJAに戻ったようだ。

午後はマスクで迷惑防止に努めよう。


【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにあるイタリア料理屋さん。地下1階である。
13:00まで店内禁煙。

ガーリックの量や辛さなどの味の調整も一部可能。






実之和/かれー麺
【20110323】
【メニュー】 かれー麺
20110323120320.jpg
【お店】かれー麺 実之和
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年2月18日
【コメント】
朝から実之和のかれー麺気分であった。
豚盛りにしよう、とか、
辛口にチャレンジしてみよう、とか、
いろいろと考える。

店に入って、まず驚いた。
12時のだいぶ前であるにも関わらず、
店内はすでに満席寸前。
これほどまでに出足が早いのは、初めてだ。

そんな驚きの中、
注文は結局いつものかれー麺、並盛り、半ライス付。
実は、これで十分なのである。

混み合っていることに比例して、
待ち時間も長くなる。
さらにその影響なのか、
麺のゆで具合がいつものよりも固めであった。
これはこれでモチっとしていておいしい。

食べたいと思った料理が食べたい時に食べることができるしあわせ。
今日も、
ありがとう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

申請すれば、
かれースープよけ用の紙エプロンをくれる。

かれー麺のテイクアウトができる。





豚富/ユッケジャン
【20110322】
【メニュー】ユッケジャン
20110322115042.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年3月7日
【コメント】
新しい一週間が始まった。
時は常に、前にしか進まない。

今日は雨なのでウィン。
そして寒いので豚富。

豚富ではいつもユッケジャンを食しているので、
たまには違うモノを頼んでみよう。
そのような定期的にやってくる「現状維持への反乱」は、
残念ながら本日も実らず。
またいつものユッケジャンを注文しているのであった。

スープを一口すすると、
いつもと様子がちがう。
とてもあっさりしているのだ。
具を食べてみると、
もやしの感じが違う。

食べているとママさんがやってきて、
「ごめんなさいね、
 今日は豆もやしが手に入らなくて。
 そのもやしも、やっと手に入ったのよ」

そうであった、
豆もやしだ。

いえいえ、
このもやしでも十分においしいです。
いつも、ありがとうございます。
作り手も苦労している。
おいしいモノを食べてもらいたいと思って、
一生懸命。
ホントにありがたい。

いつもよりもあっさり目のスープ。
辛さが抑えられている分、
元々の出汁スープを味わえてよかった。
これが旨さの元だったのか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。





奈加山/ぶり竜田揚げ+生たまご
【20110318】
【メニュー】
ぶり竜田揚げ (950円)
生たまご (100円)
20110318115135.jpg
【お店】奈加山
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年2月16日
【コメント】
やっと金曜日。
なのに、一日が過ぎるのはあっという間という、
矛盾した感覚。

今日はパワーをつけるために、
たまごかけごはんを食べてきた。
パワーアップの会場は「奈加山」。
おかずは、ぶりの竜田揚げ。

大根の味噌汁で温まる。
ありがとう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りの一本南裏手、ポーラビルの裏にある家族経営の和食屋。
ランチタイム11:30-14:00は禁煙となる。

付箋にメニュー名を書いてスタッフに渡す独特の注文法。
会計時にも使われる。






ゆんたく/沖縄そば
【20110317】
【メニュー】沖縄そば
20110317115228.jpg
【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年2月29日
【コメント】
今日はゆんたく。
ランチでボクを癒してくれるお店だ。

おいしい沖縄そばもさることながら、
ママさんをはじめ、
お店の雰囲気がボクをやさしく包んでくれる。
精神的にも肉体的にも疲れていたが、
なんだかホッとした。

ママさんは、
自宅が地震の被害にあったようだ。
それでも、いつもの笑顔で迎えてくれたママさんに感謝。


それにしても、
今日のジーマミー豆腐はおいしかった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
旧SCEビルの裏手にある沖縄料理屋さん。

沖縄そばの大盛は1000円。





京菜/牛すじ大根、まぐろ丼
【20110316】
【メニュー】 京菜風(まぐろ丼小+牛すじ大根小)
20110316115903.jpg
【お店】京菜
【種別】eat in/二人
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年3月3日
【コメント】
今日は愛すべき女子がランチをしに来てくれた。
連れて行ったのは「京菜」。
もちろん牛すじ大根だ。

気に入ってくれたみたいでうれしい。
お店のスタッフになった気分だ。

近々「宴」を催すことに。
「自粛」はしない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。

12時過ぎには列ができる人気店。







雲雀や/鮭塩焼き
【20110315】
【メニュー】鮭塩焼き弁当
20110315120147.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年10月18日
【コメント】
カラダが雲雀やを欲した。

雲雀やに行くのは昨年の10月以来。
その間の自分自身の心境は、
今となっては覚えていないが、
こういう弱っている時にどういう店を選ぶべきかは、
カラダがよく知っている。

久々に鮭を食べたが、
あまりのうまさに、笑顔になった。
この鮭でおにぎりを作りたい。
史上最高においしいはず。

お弁当を食べ終わって、
思わず「あ~、おいしかった」と大きな独り言。
玄米を噛みしめ噛みしめ、
30分かけて食べた雲雀やのお弁当に、大満足。


昨日のBlogにいただいたコメント、
ホントうれしかった。
ありがとうございます。

これからどうなるかはわかりませんが、
細々とBlogを続けてみます。
よろしくお願いします。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山の1階にあるお弁当屋さん。

ワンコイン500円から850円まで、
10種類以上の弁当がある。
マクロビオティック的な弁当だ。





Riso/まぐろカツ タルタルソース
【20110314】
【メニュー】まぐろカツ タルタルソース弁当
20110314120500.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年2月14日
【コメント】
食べるものに困っている方もいる中、
ランチBlogなどをアップしていていいのかと自問。
しばらくやめようと思っていたのだが、
でも、こういう時だからこそ、
普段通りの生活を続けることも大切なのでは、
と思いなおす。

気分を害される方がいらしたら、
大変申し訳ない。

こうやって普通に食事をさせていただいていることに感謝。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。





豆の家/坦々麺
【20110311】
【メニュー】坦々麺
20110311115659.jpg
【お店】創作料理 豆の家
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円 (850円から100円割引)
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年2月17日
【コメント】
天気がよい。
なので、遠出してもいいかなという気分。
向かうは104。
お目当ては絶品の肉豆腐と、
たまごかけごはん。

しかし、近くまでたどり着くと、
店の灯りがついていないことに気づく。
なんと、お休み・・。

アタマの中がTKGでいっぱいだったボクには、
ひどくショックな光景であった。

結局、少しだけ戻って、
豆の家に入ることに。
注文したのは坦々麺。

今日も坦々麺はおいしかった。
辛みとほのかな酸味が特徴。
芝麻醤で甘みを感じる系の坦々麺とは異なる、
エスニックな香辛料が香る。
麺もスープに合っていて、
アラを探しようがない。

今日の気分は☆4つ。
今日もスタンプカードで割引。
そのせいもあるのか、
店はほぼ満席となる。

食後はお土産でいただいたキルフェボンの焼き菓子。
おいしい。
20110311121444.jpg

タルトとアールグレーの紅茶で優雅な午後を過ごしたい。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ORACLEビルの前の中華料理屋さん。

店外で弁当も販売している。
ランチタイムは11:30-15:30まで。





麺場 花火/青山ら~麺
【20110310】
【メニュー】 青山ら~麺 大盛 チャーシュートッピング
20110310115334.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年2月21日
【コメント】
今日はカレーからーめんの気分。
第一希望はカレーであったが、
行こうと思っていたシャングリーラもボクが苦手なブッフェになってしまったことを思い出し、
らーめんにすることに。
ブッフェは・・・。

行ったのは花火。
以前に抽選で当たったトッピング無料券を今日こそは使ってみよう、
そういう目的もあった。

注文したのは青山ら~麺の大盛。
それにチャーシューを追加してもらった。

今日のスープは、
今日のボクの体調によく合っていた。
少し濃いめで、
少し脂が多め。
こういう風に料理とカラダがピタッとくるとうれしい。

今日の気分は☆4つ。
Twitterをやっている旨の貼り紙があったので、
その場でフォローしてみた。
とはいえ、
Twitterでの相互コミュニケーションは、
ないと思われるが・・。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。




【新規開拓】葡萄屋/ロールキャベツ
【20110309】
【メニュー】 ドイツ風ロールキャベツ
20110309120325.jpg
20110309121547.jpg
【お店】創作ドイツ料理 葡萄屋
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
空が明るくて気分がよかったので、
今日は大遠征してみることに。
目標は、前からランチで行ってみようと思っていたドイツ料理の店だ。
場所は草月会館の裏手にあるドイツ文化会館の中。
会社から行くと、
そこそこの距離があるが、
お日さまがボクを後押ししてくれる。

2つの大きな信号を越えてたどり着いた店は、
12時前にも関わらず、テーブル席がほぼ埋まっている状態。
ひとりのボクはカウンターに通された。

ランチメニューが豊富。
迷うのがイヤなので、
メイン料理の一番上にあった「ドイツ風ロールキャベツ」を注文することに。
響きがいいではないか。

食べてみると、
これがあっさりしていておいしい。
工場一括生産の店では出ない、
やさしい味だ。
ライスに合わせるにはもう少し味が濃い方がいいのかも知れないが、
ライスを食べるためにおかずを食べているわけではない。
それをあらためて思い出させてくれた。
満足。

今日の気分は☆4つ。
お店の方が気さくで、楽しい。
いろいろと話をしていただいた。
特に食後の紅茶に自信あり、とのこと。
たしかにどっしりした、深い味わいの紅茶であった。

少し遠いが、
天気のいい日にまた行きたいと思う。
今度はゆっくりとメニューを見させてもらおう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
高橋是清公園と草月会館の間の道を南下。ドイツ文化会館内のドイツ料理店。






かとう清正/豚ヒレかつたまごとじ
【20110308】
【メニュー】
週替わり定食
 豚ヒレかつ卵とじ と 冷しゃぶのゴマだれかけ
20110308115330.jpg
【お店】かとう清正
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年1月18日
【コメント】
まそほで魚の一夜干しとたまごかけごはんを食べようと思ったが、
先週のやまとでのタバコのことを思い出し、
やめることに。
少しトラウマだ。
しばらく喫煙可の店には行きたくない。

ということで、渋谷方面とは反対方向へ。
豚ヒレかつと冷しゃぶという、
悪くないメニューだった「かとう清正」に入ることに。

ここの料理はいつも味が濃い。
今日もいつも通り、
ごはんがすすむ味付けだ。
しかし、キライではない。
むしろ、味が濃いことはあらかじめわかっているわけで、
それでも入るのは、
その日の自分が濃い味付けを求めているから、でもある。

豚のヒレかつは、
箸でも切れるほどの柔らかさ。
どこぞのとんかつ屋のコピーのようだ。

今日の気分は☆3つ。
先週からとんかつ比率が高いように思う。
カラダが脂を欲しているのだろうか。
その欲求に従った方がいいと思う一方で、
白い天使が眉をひそめているような気もする。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインビルの南側ブロックにあるさくら肉料理の店。
ミキータあるビルの2階だ。
店内はゆったりとしたつくり。

ランチタイムは禁煙(のはず)。

ランチのメニュー。
20110308114833.jpg






豚富/ユッケジャン
【20110307】
【メニュー】ユッケジャン
20110307115030.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年1月5日
【コメント】
それにしてもひどい雪だった。
道に積もって、
歩きづらい。
こういう日はウィンだ。

そういえば、
今年の仕事始めの日以来、
豚富に行っていなかった。
別に理由があるわけではなく、
近くていつでも行けるから、
なんとなく足が遠のいていた、という感じだ。

久々の豚富は、
もちろんユッケジャン。
いつも通り、
ボクを満足させてくれた。

今日の気分は☆4つ。
豚富には多くのランチメニューがあるにも関わらず、
ここ最近はユッケジャンばかり。
店の新規開拓もいいが、
メニューの新規開拓というのもやっていかないと。

などと思ってはみるが、
次回、またユッケジャンを注文している気がする。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。





【ネガティヴなので注意】やまと/カツ丼
【20110304】
【メニュー】 こだわり「カツ丼」
20110304115719.jpg
【お店】豚肉創作料理 やまと
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】 980円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年10月25日
【コメント】
イメージがわかないまま、
寒い中を下を向いて歩いていたら、
チェリー通りまで到達。
どうするか。

浮かんだ候補が、「まそほ」と「やまと」。
ただ、どちらも全面喫煙であるところがボクにはハンデ。
なんなく、カツ丼でいいかな、と思い、
やまとを選択。

しかし、店に入った瞬間に大きく後悔した。
店自体がタバコの臭い。
安っぽいカラオケボックスの、あの臭いだ。
とはいえ、
引き返すのもめんどう。
席についた。

そしてカツ丼を食している横に喫煙者が。
煙漂う中での食事となった。
まったく食べた気がしないランチだ。

今日の気分は☆2つ。
12時になると満席。
人気店だ。
みんながみんな、
タバコがイヤというわけでもない、
ということか。

そういえば、
昨日もとんかつであった。
気分はまさ★2つ・・。

味のことではなく、
申し訳ない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りの中ほど。
青山通りから墓地を見て左側にある豚肉メインのお店。





京菜/牛すじ大根、黒豚ゆばかつ
【20110303】
【メニュー】
黒豚ゆばかつ サラダ添へ
牛すじ大根
じゃこめし
20110303115443.jpg
【お店】京菜
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1200円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年1月7日
【コメント】
冷たい風。
それでもどこかでランチしないといけないので、
その風に乗って246を渋谷方面に向けて漂ってみた。

着地点は京菜。
寒い日には、牛すじ大根が最適だ。

がっつり食べたい気分でもあったので、
いつもの京菜風ではなく、
黒豚のゆばかつとのセットにしてみた。

何度食べても、
ここの牛すじ大根のおいしさは不変。
あまりにもおいしすぎて、
他のメニューを試せない罪なヤツなのである。

今日の気分は☆4つ。
注文をホールから厨房に伝える時に聞こえた言葉が、
「ゆばぎゅう」ひとつ!だった。
「ゆばぎゅう」。
たしかに、黒豚の「ゆば」かつと「牛」すじ大根を短縮すると、
「ゆば牛」になる。
おもしろい。

それにしても、
このセットの量、
ボクには少し多い。

風に乗って移動したので、
その分、帰りは向かい風での帰還。
でも、牛すじ大根で温まったカラダには、
なんてことない・・・・わけにはいかない。
やはり、寒い。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。

12時過ぎには列ができる人気店。

ランチメニュー。
20110303121306.jpg






ドギーズダイナー/ハンバーガー
【20110302】
【メニュー】 ロコモコ
20110302115727.jpg
20110302115103.jpg
【お店】ドギーズダイナー
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年10月12日
【コメント】
いくつか食べたい候補があって迷ったのだが、
信号の変わり具合で店を決めてみることに。
246を歩いていたら、
ちょうどいちょう並木側に渡る信号が青になったので、
今日のランチはドギーズダイナーに決まり。

初回はハンバーグ、2回目はロコモコと、
おススメのハンバーガーを試してなかったので、
今日こそは、と注文。
ハンバーガーのソースが3種類。
デミグラスソースと、
ポテトサラダと、
ピクルスなんとか。
ポテトサラダのソース、というが気になったが、
ここは店のウリである、
デミグラスソースをチョイス。

ドリンクはもちろん、
コーラだ。

テーブルの上には、
ボクが注文したDDバーガーの説明書きが。
20110302120833.jpg
期待が高まる。

バンズをパティにのせ、
上からギュッと押しつぶす。
まずは一口。

たしかに、説明書きに書いてあったように、
バンズが、外側がカリカリ、
中がモチモチ。
とてもうまい。

次に野菜を入れ、
紙袋に収めて頬張る。
なるほど、デミグラスソースのバーガーだ。
しかし、ボク的にはデミソースよりも、
普通のケチャップの方が好み。

ということで、
卓上にあったハインツのケチャップを投入してしまった。
デミソースが台無し。
お店の方、ごめんなさい。
でも、やはりこの方いい。

今日の気分は☆3つ。
飲み物付きで1000円であれば、
コストパフォーマンスとしてはいいのかも知れない。
とはいえ、
せっかくバンズがおいしいのだから、
具材をもう少し凝ってくれると、
さらに食べがいがある。

たとえば、アボカドやベーコン、
チリコンカンなどなど。

スタッフの方々がずっと笑顔。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木のたもと。すこし裏手にあるお店。

精算はキャッシュオンデリバリー。
1階が禁煙席、2階が喫煙席。

ランチはスープとドリンク付き。
ライスの大盛りは無料。

ランチのメニュー。
20110302121022.jpg






美しゃぶ 伊志川/豚生姜焼き
【20110301】
【メニュー】 相模豚 生姜焼き定食
20110301115517.jpg
【お店】 美しゃぶ 伊志川
【種別】 eat in/ひとり
【お値段】 1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年2月2日
【コメント】
少し遠征して豚の生姜焼き。
2度目の伊志川だ。

ランチタイムは全面禁煙なのと、
店内がゆったりしているところが落ち着く。
もちろん、料理もおいしい。

生姜焼きのタレは、
濃くなく、さりとて薄くもなく、
豚の甘さを引き出し、
かつ、ごはんを食べるのに最適な味付けだ。

雑穀米も相性がいい。
生姜焼きといっしょに噛みしめれば噛みしめるほどに、
味が出てくる。

今日の気分は☆4つ。
オフィスから少し遠いが、
生姜焼きを食べたくなったらこの店だ。

それにしても、
テーブル席の効率がよくない。
4人掛けのテーブルが8つ。
ランチタイムには一人の客が多く、
その大きな空間を占拠してしまう。
客が増えると相席になるようではあるが。

でも、こちらとしては、
ゆったりと座れるのは、
とてもありがたい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南ブロック方面にあるお店。

ランチタイムは全面禁煙。
すばらしい。

※お店情報
もう既知ではあると思うが、
サンマルクの跡はスタバになるようだ。
これで青一も都会の仲間入り。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。