青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


すし秀/ばらちらし
【20111130】
【メニュー】 ばらちらし
20111130121109.jpg
【お店】すし秀 きし
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1200円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年10月28日
【コメント】
オフィスを出るのが遅くなったが、
弁当ではなく、お店でしっかりと食べたい気分。
おそらくボクを迎えてくれるであろう「きし」に向かう。

いつも思うのだが、
ここのたまご焼きは絶品。
ばらちらしよりも、
たまごだけを何貫も続けて食べたい。
それが目下の夢だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ポーラビルの南側にある寿司屋。






スポンサーサイト

実之和/かれー麺
【20111129】
【メニュー】
かれー麺 (750円)
豚盛 (250円)
20111129120158.jpg
【お店】かれー麺 実之和
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年11月15日
【コメント】
今日の気分はかれー麺。
そして、なんとなくオプションをつけたい気分。
理由は不明。

候補は130円増しの辛口と豚盛。
結局、オナカが空いているような気がしてたので、
豚盛を選択。

これが、思ってた以上の盛りで驚く。
記憶では、以前に一度食したことがあったはずなのだが、
今回は、その時以上に盛られている、ということなのか。

何しろ、豚しゃぶが食べても食べてもなくならない。
麺を食べ終わっても豚しゃぶが居座っている。
10数枚、もしかすると20枚近くいたのではないか。

量の多さに途中からめまいがし始め、
結局味わえず、完食することだけに気力を振り絞ることとなってしまった。

おそらく、以前よりもボク自身の胃袋が小さくなっているのだと思う。
身の程を知ろう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

申請すれば、
かれースープよけ用の紙エプロンをくれる。

かれー麺のテイクアウトができる。







dindon/ハンバーグ&角切りビーフ
【20111125】
【メニュー】 ハンバーグ&角切りビーフ弁当
20111125121909.jpg
【お店】丸の内dindon
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年9月1日
【コメント】
バタバタしてたので、オフィスから出るのが遅くなった。
今日は弁当にする。

多少がっつりいきたかったこともあって、
dindonで調達。

がっつりといえば、この弁当が定番。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツィンタワービルの地下1階。
常時10種類以上の弁当が店頭に並ぶ。





奈加山/わらさ竜田揚げ+生たまご
【20111124】
【メニュー】
わらさ竜田揚げ (950円)
生たまご (100円)
20111124115800.jpg
【お店】奈加山
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年8月23日
【コメント】
今日は明太パスタが食べたい気分であったが、
あてにしていた店のメニューになく、断念。
奈加山の竜田揚げと生たまごがアタマに浮かんだので、
方針変更して和食へ。

いつも通り、
素朴な味噌汁がおいしい。
出汁と味噌が具であった豆腐とベストマッチであった。

それにしても、
たまごかけごはんは、なぜにこれほどまでにおいしいのであろうか。
たまごがごはん粒ひとつひとつをコーティングして、
それぞれの存在感を際立たせてくれる。
さらに、ごはんのもちもち感を引き出しているように感じる。

満足であった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りの一本南裏手、ポーラビルの裏にある家族経営の和食屋。
ランチタイム11:30-14:00は禁煙となる。

付箋にメニュー名を書いてスタッフに渡す独特の注文法。
会計時にも使われる。




くろもん/銀鮭
【20111122】
【メニュー】
銀鮭 (1000円) 
生たまご (100円)
20111122115922.jpg
【お店】くろもん
【種別】eat in/三人
【お値段】1100円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年11月7日
【コメント】
「鯖の文化干し」を求めてくろもんへ。
今日もメニューにはなかったが、
替わりに会社の同僚が店内にいて合流となった。

今日は銀鮭と生たまごを選択。
TKGは久々だ。
やはり、銀シャリと生たまご、しょう油の組み合わせは、
最高の食事。
魚はわき役に甘んじてしまう。

それにしても、
再び「鯖の文化干し」に巡り合える日はくるのだろうか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の青山通りをはさんで向かい、ヒグチ薬局の奥にある料理屋。

12時を過ぎると列ができる人気店。






ターリー屋/キーマカツカレー
【20111121】
【メニュー】キーマカツカレー定食
20111121120654.jpg
【お店】 ターリー屋
【種別】Eat in/二人
【お値段】 850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】  2011年10月26日
【コメント】
キーマカツカレー好きの青年とターリー屋へ。
もちろん注文はキーマカツカレー。

あらためて、
ライスの量の多さに驚かされる。
カツもそこそこの大きさ。

さくさくのカツを食べつつ、
軽快に食事は進んだが、
やはり途中で力尽きる。

今日はがっつり食べたい気分であったのだが、
そのがっつり気分を超えた量にライスを大量に残してしまった。
それでも満腹で、脳内が貧血気味だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ツインビルのインドカレー屋。

ランチは前払い制。





豚富/ユッケジャン
【20111118】
【メニュー】ユッケジャン
20111118115914.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年11月2日
【コメント】
今日はオフィスの中ですら寒い。
カラダを芯から温めてくれるランチに。
もちろん、店までの移動距離も選ぶ上では大切な要素。

ということで、
ウィン青山ビルに入っている豚富でユッケジャンを食べることにした。

今日のユッケジャンはコクがあって、
ごはんとの相性が抜群によかった。
辛みも適度で、
カラダを温めるには最適なメニュー。

付け合せがカクテキの時には、
まずはカクテキを食べ、
残った辛みのタレをユッケジャンに投入する。
すると、さらに味に深みが増すのだ。

温まって、満足。
カラダが冷えると、ロクなことがない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。







豆の家/坦々麺と餃子
【20111117】
【メニュー】 坦々麺Bセット(坦々麺+餃子)
20111117115655.jpg

20111117120015.jpg
【お店】創作料理 豆の家
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年10月13日
【コメント】
今日は風は強いものの、
昨日のような冷たさはなく、
ちょっとだけ遠出できた。

選んだのは坦々麺。
隠し味のように入っている辛子高菜がいいアクセントになっている。
最後まで飽きさせない味だ。

餃子も付けてみた。
ここの餃子は業務用のようで、
正直、B級的な感じは否めないが、
こういう餃子が食べたい日もあるのだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ORACLEビルの前の中華料理屋さん。

店外で弁当も販売している。
ランチタイムは11:30-15:30まで。

ランチメニューのごはんの部と麺の部。
20111117115502.jpg







炭だるま/アイリッシュポークカレー
【20111116】
【メニュー】 アイリッシュポークカレーセット
20111116115527.jpg
【お店】炭だるま
【種別】eat in/ひとり
【お値段】 900円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】2011年8月12日
【コメント】
寒いので、温かいものを食べようと歩き始めたが、
思っていた店にたどり着く前に寒さに負けてしまった。

入ったのは炭だるま。
ギネスで煮込んだカレーがメインだ。

前回は牛タンがおいしかったので、
今日はポークにしてみた。
食べてから思い出しのだが、
前々回、初めてこの店に入った時にポークを食していたのであった。
その時の細かい味のニュアンスは思い出せないが、
ボクとの相性があまりよくなかったことは同じであったようだ。

カレー自体の味も、
今日は普通だった。

となると、
前回は何であったのだろう。
どれがこの店の味なのだろう。
よくわからなくなった。

ランチではワンドリンク付く。
ただし、ほとんどが冷たいドリンク。
ボクは消去法でジンジャエールを注文したのだが、
せっかくカレーで温まった内臓も、
すっかり冷えてしまった。
さすがのジンジャーも、
氷には勝てない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の付け根、246をはさんで向かい側にある居酒屋。








実之和/かれー麺
【20111115】
【メニュー】 かれー麺
20111115120825.jpg
【お店】かれー麺 実之和
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年10月21日
【コメント】
今日はかれー麺と決めていた。
12時前であるにも関わらず、
ほぼ満席。
カウンターで空いているのは、
厨房に近い一番奥の席だけという状態。
人気の高さがうかがえる。

今日のかれー麺は、
麺、かれースープ、豚しゃぶともに秀逸。
全体的にもいいバランスで、
とても満足した。

麺が伸びづらいので、
もちもちとした食感を最後まで楽しめるのもうれしい。


ただ、厨房の近くだったせいか、
スーツにかれーのかぐわしい香りがたっぷりとしみ込んだ。
しばらく、かれー臭だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

申請すれば、
かれースープよけ用の紙エプロンをくれる。

かれー麺のテイクアウトができる。






雲雀や/照り焼き鶏つくね、鶏そぼろ
【20111114】
【メニュー】 照り焼き鶏つくね、鶏そぼろ
20111114121043.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年10月5日
【コメント】
最近は、時間に追われるように、
食事のスピードもあがっているように思える。
ゆっくりと食材を噛みしめて食べることが少なくなってしまった。

とうことで、今日は雲雀や。
玄米をじっくりと噛みしめて食べることに。
そして、一品一品を味わって食べる。

そんなことを、
当たり前のようにやりたい。

雲雀やの弁当は、
噛みしめるほどに味わい深い。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山の1階にあるお弁当屋さん。

ワンコイン500円から850円まで、
10種類以上の弁当がある。
マクロビオティック的な弁当だ。







美しゃぶ 伊志川/豚生姜焼き
【20111111】
【メニュー】 相模豚 生姜焼き定食
20111111120457.jpg
【お店】 美しゃぶ 伊志川
【種別】 eat in/二人
【お値段】 1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年8月25日
【コメント】
友人といっしょにランチをすることになり、
何を食べるか、考えた。
寒いので「牛すじ大根」か、とも思ったが、
なぜか、無性に豚の生姜焼きが食べたかったので「伊志川」に行くことに。

ここの生姜焼きは、最高なのだ。
食べながら、
あらためてそう思った。

友人は週替わりの豚のもやし炒めをチョイス。
20111111120515.jpg

塩だれ、というメニュー表記だけで食欲がそそられる。
そして、間違いなくおいしかったのでありがたい。
豚肉ともやしと、
それを融合させる塩だれが、
自分はいくらでもごはんが食べられるのでは、
と錯覚させられてしまうほどの相性。

会話も楽しく、
味もよく、
久々の☆5つだ。

そして、ここの生姜焼きを「青一ランチ殿堂入り」にする。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南ブロック方面にあるお店。

ランチタイムは全面禁煙。
すばらしい。


やまと/カツ丼
【20111110】
【メニュー】 こだわり「カツ丼」
20111110120539.jpg
【お店】豚肉創作料理 やまと
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】 980円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年3月4日
【コメント】
がっつり食べたい気分。
どうしようかを考えながら歩いていたら、
チェリー通りのはずれまで来てしまった。

ということで、久々にやまとで「カツ丼」を食べることに。

席について、
なぜ間があいたのかを思い出した。
タバコだ。
そうなると、自分の左右に喫煙者が来たらイヤだなあ、
などと、ネガティヴな思いが渦巻いてしまう。

幸いなことに、
今日は周りに喫煙者がいなかったため、
物理的にイヤな思いはしなかったが、
ネガティヴ妄想だけで疲れてしまった。

カツ丼の味は以前と変わらず。
メリハリをつけようと、
練りからしをもらって使ってみる。
悪くはないが、
あまりメリハリにはならなかった。

いつもはごはんが食べきれず残すのだが、
ごはん粒がやけにうまく炊けていたので、
思わず完食。
オナカがはち切れそうだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りの中ほど。
青山通りから墓地を見て左側にある豚肉メインのお店。








はら八/カレーうどん、コロッケ
【20111109】
【メニュー】
カレーうどん 580円
コロッケ 100円
20111109120359.jpg
【お店】蕎麦ダイニング 魚菜庵 青山 はら八
【種別】eat in/ひとり
【お値段】680円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年11月1日
【コメント】
今日はカレー気分。
ギネスで煮込んだカレーを食べようと店に向かう。
入ろうとした直前、
ギネスカレーよりもカレーうどんが食べたくなり、
予定を変更。
同じカレーには変わりはない。

注文は最近の定番になっている「カレーうどん+コロッケ」。
食べる前の儀式はこんな感じ。
まずはテーブルに置いてある天かすをたっぷり投入。
次に、ネギを適度に投入。
最後は一味をまぶして終了。

コロッケをカレーにひたして食べると、
普通のコロッケもカレーコロッケに変身。

ところで、
この店は、お客さんの喫煙率が高いように思う。
最近は禁煙/分煙の店が増えているので、
ランチで喫煙できる場所は便利なのだろう。

ただし、
うどんをすすっている時に煙をいっしょに吸い込むと、
最悪である。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。





花火/特製塩ら~麺
【2011108】
【メニュー】 特製塩ら~麺、中盛
20111108120358.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/二人
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年10月31日
【コメント】
今週の花火は特製塩ら~麺。

前回から、ネギを別盛りで出してくれるようになった。
ボクのどんぶりにはネギなしで出てくるのだ。

実は、ネギは好きなのだが、
あまり大量にはいらない。
さりとて、ネギなしはさびしい。
スープを飲む時にはネギをよけながら。
いつも食べ終わると、
どんぶりの底にはネギが残っているという状態なのだ。

おそらく、この状態を見かねて別盛りにしてくれているのでは、
と推測。
だとしたら、すごいサービスであると思う。
客が食べ終わったどんぶりまできちんとチェックする。
味がどんどん進化する秘訣は、
このあたりにあるのかも知れない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。







くろもん/煮込みハンバーグ
【20111107】
【メニュー】煮込みハンバーグ定食(味噌デミ) 
20111107120010.jpg
【お店】くろもん
【種別】eat in/二人
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年10月24日
【コメント】
今日も「鯖の文化干し」はメニューに登場せず。
たまには違うものを、
ということで「煮込みハンバーグ」を注文してみた。
お店と頼むメニューが固定化してする傾向にあるのだが、
今日は少しだけ「冒険」を。

メニューに記載されていた「味噌デミ」が気になっていた。
味噌なのか、デミグラスなのか。
答えは、両方のいいとこ取り、
まさにジャストな味付けであった。

洋風でもあり、
和風でもあり、
そのため、付け合せはナスやにんじん、大根、みず菜。
これらが違和感なく、
世界を作っていた。

ごちそうさま。
たまには「冒険」も必要だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の青山通りをはさんで向かい、ヒグチ薬局の奥にある料理屋。

12時を過ぎると列ができる人気店。






てんぷら石原/天丼
【20111104】
【メニュー】 上天丼
20111104120506.jpg
【お店】てんぷら石原(磯美家)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1313円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年1月14日
【コメント】
かなり久々の「てんぷら石原」。
今日はどんぶり物が食べたい気分であったので、
数少ない持ちネタからひねり出した。

注文したのは上天丼。
ホントは穴子の天ぷらが食べたかったのだが、
1600円超の出費に躊躇してしまったのだ。

しかし、今日は上天丼で正解であったと思う。
えびのぷりぷりさがすばらしい。
キスも、脂はのっていないものの、
肉厚でホクホクしていた。

ちなみに上天丼は、
えびが2本、キス、芝えびのかき揚げというネタ構成。
野菜系がないので、
彩り的には単調であるが、
ネタ構成は悪くない。

ここのどんぶりは、
ごはん粒がおいしいのがうれしい。
天丼に最適化されてるのだ。

ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の入り口近くにある。

通常の天丼は840円。
ごはんの中盛までは無料。
味噌汁は別料金となる。

12時過ぎには満席。
禁煙。







豚富/ユッケジャン
【20111102】
【メニュー】ユッケジャン
20111102120012.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/二人
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年8月18日
【コメント】
ユッケジャンかハンバーグか、
ジュージュー焼きかカルボナーラか。
めずらしく、食べたいモノが次から次へとアタマの中を駆け巡った。

第三者の判断は「韓国」。
ということで、豚富に行ってきた。
注文はもちろん、ユッケジャン。

最近は、味に以前のような荒々しさがなくなって、
やけにすっきりとしてきたように思う。
「荒々しい味」という表現では伝わりづらいと思うが、
そうとしか表せない。

付け合せのカクテキのソースをユッケジャンに投入して味にコクを追加するのがおススメだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。





はら八/カレーうどん、コロッケ
【20111101】
【メニュー】
カレーうどん 480円
コロッケ 100円

※画像なし

【お店】蕎麦ダイニング 魚菜庵 青山 はら八
【種別】eat in/二人
【お値段】580円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年10月25日
【コメント】
何も思いつかなかったので、
カレーうどん。

今日はコロッケをサイドオーダー。
カレーとコロッケが合わないわけがない。

カレーうどんにてんかすと一味をたっぷりとまぶしいれ、
スーツに飛ばないように配慮しつつ、食す。

気に入っている。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。