青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はら八/カレーうどん、コロッケ
【20120131】
【メニュー】
カレーうどん 580円
コロッケ 100円
20120131120428.jpg
【お店】蕎麦ダイニング 魚菜庵 青山 はら八
【種別】eat in/二人
【お値段】680円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年12月5日
【コメント】
今日はカレーうどん。

いつものように、
カレーうどんとコロッケを注文する。
この組み合わせが、
ボクにとっては最強のように思える。

最近このお店で気になること。
それはタバコの匂いだ。
吸っている人の吐き出すタバコの匂いではない。
壁や天井にしみついている匂いだ。

夜は呑み屋のため、
これは仕方ないのかも知れないが、
オフィスに戻ってスーツに匂いしみついていることで、
少しテンションが下がる。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。





スポンサーサイト

dindon/ハンバーグ
【20120130】
【メニュー】 洋食屋さんハンバーグ弁当
20120130122847.jpg
【お店】丸の内dindon
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年1月5日
【コメント】
乃木坂方面に用事があったのでランチ時に行ったのだが、
マフラーだけでオフィスを出たことに、
大いに後悔した。
耳が痛くなるほど寒い。

外でゆっくりと食事をする時間がなかったので、
ツインで弁当を調達して帰ることに。
dindonで残っていた「洋食屋さんハンバーグ」をゲットしてきた。

せめて冷たいだけの弁当は避けたいと、
備え付けの電子レンジで30秒ほどチンをする。
さわってみて、ほんのりと温まっていたので、
それでよしとしてオフィスに戻る。

しかし、外の冷気が勝っていたのか、
30秒ではチンの時間が足りなかったのか、
致命的に冷たくはない、という温度感。

ホントは、ハンバーグ&角切りビーフが食べたかったのだが、
遅い時間であったので、
すでに売り切れていたのだ。
50円増しで角切りビーフとソーセージが付いているそれは、
コストパフォーマンスもよい。
そうあらためて思ったのであった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツィンタワービルの地下1階。
常時10種類以上の弁当が店頭に並ぶ。







奈加山/あじ竜田揚げ+生たまご
【20120127】
【メニュー】
あじ竜田揚げ (950円)
生たまご (100円)
20120127120533.jpg
【お店】奈加山
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年11月24日
【コメント】
今日は奈加山。
寒さで遠くまで行く意欲がわかなかったのと、
TKGが食べたかったから、というのが理由だ。

竜田揚げのネタは「あじ」。
なかなか肉厚でおいしかった。

ごはんがいくぶん柔らかかったので、
TKGには適さないかな、と心配していたが、
いざたまごを絡めると、
ごはんの一粒一粒をコーティングしてくれるからか、
柔らかさが解消された。
不思議、そして偉大なる生たまごに感謝。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りの一本南裏手、ポーラビルの裏にある家族経営の和食屋。
ランチタイム11:30-14:00は禁煙となる。

付箋にメニュー名を書いてスタッフに渡す独特の注文法。
会計時にも使われる。







豚富/ユッケジャン
【20120126】
【メニュー】ユッケジャン
20120126120815.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/二人
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年1月20日
【コメント】
ユッケジャンが食べたいとのリクエスト。

先週食べたばかりなので、
ボクはたまには違うにチャレンジしようと、
店に向かう。

オフィスを出たのが遅かったために、
しばし並ぶことに。
この店で並ぶのは初めてだ。

並んでいる間にメニューを見ながら、
ユッケジャンに代わるものを選ぶ。

が、結局ユッケジャンを選んでしまうことに。
仕方がない。
やはり豚富はユッケジャンなのだ。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。







花火/特製青山ら~麺
【20120125】
【メニュー】 特製青山ら~麺、中盛
20120125121606.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/ひとり
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年12月21日
【コメント】
今年になって初めての花火。
年末はボクの中で「花火の塩ら~麺」ブームになっていたので、
そればかりを食していたが、
年も改まったので(・・)、
久々に青山ら~麺にしてみた。

塩があれほど進化していたので、
しょう油系の青山ら~麺もたいへんなことになっているに違いない。
そう思ったのだ。

実際のところ、
「たいへんなこと」とはどういうことなのか、
自分でもよくわからないが、
食してみると、
たいへんどころか、
しっかりと「旨味」を醸し出すらーめんになっていた。
魚介の風味が上品で美しい。

とてもオーソドックス。
でも、それが難しいのがらーめんだったりする。
とても、おいしうございました。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。






まるや/ロースかつ
【20120124】
【メニュー】 ロースかつ定食
20120124124442.jpg
【お店】とんかつ まるや
【種別】eat in/二人
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年12月13日
【コメント】
「かつを食べに行こう」と言われ、
オフィスをでる。
最近は、かつと言えば「まるや」だ。

700円のロースかつは、
コストパフォーマンス抜群。

ただ、同行の氏が食べるのが早くて、
ボクは彼のスピードに大きく遅れないようにするのがやっと。
味わうどころの騒ぎではなかった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ツインビルの地下1階にあるとんかつ屋。






雲雀や/豚肉しゃぶ
【20120123】
【メニュー】 豚肉しゃぶ、ちりめん山椒
20120123122816.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年12月19日
【コメント】
雲雀やの850円弁当は、
いつもかならず鶏そぼろバージョンを選ぶ。
鶏そぼろはともかく、
いっしょにのっている炒りたまごが大好きだからだ。

今回は弁当たちを見ているうちに、なぜか、
「ちりめん山椒にしてみよう!」という想いが急にわいてきた。
自分の内面から沸き立つ想いは大切にしよう。

ということで、
ちりめん山椒バージョンをチョイス。

うーん、どうなんだろうか。
やはり、鶏そぼろ/炒りたまごバージョンの方が好きだなあ。

こういうことは、
試してみないとわからない。
人の意見は、あくまで人の意見。
やはり、炒りたまごの方が好きとわかったことも、
大きな収穫だった。

それでも、
おかずたちのクオリティは、
さすがに雲雀や。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山の1階にあるお弁当屋さん。

ワンコイン500円から850円まで、
10種類以上の弁当がある。
マクロビオティック的な弁当だ。






豚富/ユッケジャン
【20120120】
【メニュー】ユッケジャン
20120120120359.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/二人
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年12月8日
【コメント】
ユッケジャンを求めて、
友人が訪ねてきてくれた。
会話を交わしながらの食事は、楽しい。
それが、おいしいモノを食べながらなら、
なおさらだ。

気に入ってもらえたようで、
店の人でもないのに、
ボクもとてもうれしい。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。






桃太郎/ソース焼きそば
【20120119】
【メニュー】 ソース焼きそば
20120119115609.jpg
【お店】 中華 桃太郎
【種別】eat in/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年11月27日
【コメント】
なんだか食欲がない、
なのにオナカはものスゴく空いている。
そんな二律背反の状態に陥ってしまった。

「満腹は敵」だが、
「ハラが減っては戦えない」ので、
この状態を解消するには何が最適なのかを思案。
富徳でお粥、とも考えたが、
結論として出したのが、桃太郎の「ソース焼きそば」。

中華料理屋さん特有の「ソース」の味が、
食欲を戻してくれるとにらんだのだ。
絶妙の酸味を思い出すだけでも唾液があふれてきて、
そして内臓を刺激してくれる。

はたして、
ボクの予想通り、食べているうちに、
どんどんと食欲が回復してきた。
途中から、大盛りにしなかったことを後悔し始めたくらいだ。
(実際には大盛りは食べられないと思うが・・)

今日のソース焼きそばは、
いつも以上にボクの五感に響いた。
特に、豚肉の下準備が完璧。
大満足。

帰りに、図書館の1階にあるスーパーマーケットに寄ってみた。
「まいばすけっと」だ。
ランチをターゲットにした弁当がたくさん並んでいる。
しかも、安い。
弁当にしよう、と思った日には選択肢に入れてもいいかも知れない。

ちなみに、毎日ボクが飲んでいる紀文の豆乳が安かった。
今朝も飲んだにもかかわらず、
またワンパック購入。
オフィスでチョコレートといっしょに一杯。
うまい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側にある街の中華屋。

11:30~14:00まで禁煙。
安心できる。






すし秀/ばらちらし
【20120118】
【メニュー】 ばらちらし
20120118115435.jpg
【お店】すし秀 きし
【種別】eat in/二人
【お値段】1200円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年12月28日
【コメント】
気分的には、ユッケジャンでカラダを温めたかったのだが、
今宵は「韓国風中華料理」を食べるというイベントがあるので、
自粛。
中華とはいえ、いちおう「韓国風」を冠しているので、
昼夜とジャンルがダブるのを回避してみたのだ。

ということで、
ランチは純和風のばらちらしを選択。

今日のばらちらしは、今までで一番味付けが濃かった。
薄いともう少し、と思い、
濃いともう少しさっぱりと思われてしまうばらちらしという料理は、
バランスが難しいのかも知れない、とあらためて思った。

今日のネタとしては、
久々に遭遇した穴子がよいアクセントになっていたと思う。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ポーラビルの南側にある寿司屋。








京菜/牛すじ大根、まぐろ丼
【20120117】
【メニュー】 牛すじ大根、まぐろ丼
※牛すじ大盛り+100円
20120117115229.jpg
【お店】京菜
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1100円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年10月4日
【コメント】
カラダ温めメニューを求めて、
今日は「京菜」。
お目当てはもちろん、
「牛すじ大根」。

メニューをよく見てみると(いつもは、ほとんど見てない)、
大盛り100円の文字が。
聞くと、牛すじ大根も100円増しで大盛りになるとのこと。
あの、世界一の牛すじ大根の大盛りが独り占めできる。
しかも、たった100円で。
アタマの中であれこれ考えていたら、
少しばかり興奮してきた。

大盛りの牛すじ大根は、
画像のように、大きな器で供されてきた。
これでもか、というくらいの桂むきの大根たちだ。
しあわせ。

年明けイベントなのか、
福引を引かせてくれた。
一枚引くと、このような結果が。
20120117121823.jpg

バッテンだったので、「ハズレました」、っていうと、
「いえいえ、4等です」とのこと。
これはどう見ても×だ。

めでたく4等のランチ100円割引券をいただく。
20120117121904.jpg

ちなみに1等は、1年間ランチ無料券。
そんなのが当たったら、
逆に行けなくなる!

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りのいちょう並木の南側あたり。 ビルの2階。

12時過ぎには列ができる人気店。






実之和/かれー麺
【20120116】
【メニュー】 かれー麺
20120116121911.jpg
【お店】かれー麺 実之和
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年11月29日
【コメント】
ここ数日間のランチ記録を飛ばしてしまったが、
気にしない。

今日は、乃木坂方面のクリニックに通院。
コートは邪魔なので、マフラーのみで出かけたら、
あまりの寒さに意識が飛びそうになった。
危ない寒さだ。

帰りに温かいものを食べようと、
実之和をのぞいてみると、
ピークの時間帯のはずなのに、
意外に空席が目立っていた。
温まるよりも、
寒くて行動範囲が抑制されてしまっている、
ということなのだろうか。

今日のかれー麺は、
麺もかれースープも完璧。
いいタイミングの日に来た。
それに、思った以上にカラダが温まり、
気分も上向き。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

申請すれば、
かれースープよけ用の紙エプロンをくれる。

かれー麺のテイクアウトができる。





ユーマート/豚キムチ丼
【20120110】
【メニュー】豚キムチ丼
20120110122807.jpg
【お店】ユーマート
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】530円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年12月12日
【コメント】
不覚にも風邪をひいてしまった。
ただし、食欲はある。
ランチの時間が12時半以降にずれ込む。
タイミング的には弁当調達か。

なんだかんだといろいろな要素が組み合わさって、
ユーマートで弁当を調達することに。
店頭のワゴンに残っていたのは「豚キムチ丼」。

豚肉のビタミンB。
キムチの辛味のカプサイシン。
半熟たまごのカロリー。
ジッと眺めていたら、
風邪に最適な食べ物のような気がしてきた。

食べ始めると、
冷えたごはんと量にはまいる。
ただし、選択ミスは認めたくない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ホンダ本社ビルの裏手、ウィン青山ビルの1階にあるお弁当屋さん。
メニューの豊富さと、値段設定のバラエティーさがウリだ。








くろもん/銀鮭、生たまご
【20120106】
【メニュー】
銀鮭 (1000円) 
生たまご (100円)
20120106115904.jpg
【お店】くろもん
【種別】eat in/二人
【お値段】1100円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年11月22日
【コメント】
2012年、2回目の青一ランチは、
くろもん。

最近は「鯖の文化干し」にまったく出会わず。
すでにあきらめの境地に達している。
そこそこおいしい焼き魚に、
愛すべき生たまごがあれば、
もうそれで充分である。

ということで、
期待していないと言いながらも、
こころのどこかでひょっとして、と思っているボクの気持ちは、
あっさりと現実に引き戻された。
ないものはない。

注文したのは銀鮭。
銀シャリと鮭。
銀シャリと生たまご。
いずれもすばらしいタッグだ。
満足。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の青山通りをはさんで向かい、ヒグチ薬局の奥にある料理屋。

12時を過ぎると列ができる人気店。








dindon/ハンバーグ&角切りビーフ
【20120105】
【メニュー】 ハンバーグ&角切りビーフ弁当
20120105121700.jpg
【お店】丸の内dindon
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年11月25日
【コメント】
新年の第一営業日のランチからやる気のないことに、
弁当を買ってきてもらうという体たらく。
寒かったし、バタバタしてたので。

それでも食欲だけはあって、
雲雀やに行くという相手の意思を無視して、
dindonでのがっつり弁当購入を要請してしまった。

わがままで申し訳ない。
ただ、行動力は皆無だったが、
食べたいモノだけは明確であったのだ。

ということで、
青一ランチでの2012年、一発目のランチは、
dindonの「ハンバーグ&角切りビーフ」。

この弁当を食べるたびに思う、
これが温かければ。
それが、少しだけ叶っていた。
というのは、dindonの店頭にある電子レンジでチンをしてきてくれたからだ。
感謝。
そして、今年はいい年にしよう!

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツィンタワービルの地下1階。
常時10種類以上の弁当が店頭に並ぶ。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。