青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


豚富/ユッケジャン
【20120229】
【メニュー】ユッケジャン
20120229115935.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/二人
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年2月14日
【コメント】
今日もオフィスで弁当を食べようと思い、
雲雀屋に向かう。
近くまで来て思い出した。
雲雀屋は今、改装中なのであった。

それでもウィンを突き進むと、
さすがにこの天気、
12時直前にはいっぱいになる店も、
今日はガラガラ。

この寒さもあって、
豚富でユッケジャンを食べることにした。
今日もおいしくいただいた。

それにしてもこの雪。
雪かきをしていない場所はぐしょぐしょ状態。
帰りが心配だ。
(と、たまにはランチに関係ないことも書いてみる)

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。







スポンサーサイト

dindon/ハンバーグ&角切りビーフ
【20120228】
【メニュー】 ハンバーグ&角切りビーフ弁当
20120228122353.jpg
【お店】丸の内dindon
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年1月30 日
【コメント】
仕事でバタバタしていたので、
弁当を買ってきてもらった。

こういう時には、
説明しやすい弁当を頼むことになる。
好きキライが激しいので、
何でもいい、というのはリスキーであるし、
頼んだ相手にも負荷がかかってしまう。

今日頼んだのは、dindonのがっつり系弁当。
「ハンバーグと角切りビーフとソーセージが乗ったヤツ」。
これで相手には伝わるのだ。

冷え冷えの弁当ではあったが、
味は◎。
650円はすばらしいコストパフォーマンスであると思う。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツィンタワービルの地下1階。
常時10種類以上の弁当が店頭に並ぶ。






花火/味噌ら~麺
【20120227】
【メニュー】 味噌ら~麺、中盛
20120227115802.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/二人
【お値段】800円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年2月16日
【コメント】
先週は、1週間のお休みをもらっていた。
自分が育った香港に数十年ぶりの里帰り。
もちろん、中華三昧だ。

休み明けの初日、
香港帰りで中華は食べられないでしょ、と言われたが、
らーめんはもはや和食。
まったく問題はない。

ということで、花火へ。
最近はほぼ「塩」だったので、
気分を変えて「味噌」を選択してみた。

「塩」の進化を目の当たりにして、
これなら「味噌」も、という期待感もあり。

結論からいうと、以前の味噌ら~麺とは大違い。
濃厚嗜好の味噌スープになり、
クセになる味であった。

ただ、塩の進化のスピードと比べると、
まだまだのりしろがあるように思える。
そういう意味では、これからが楽しみだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。







雲雀や/挽肉のたまご焼き
【20120217】
【メニュー】 挽肉のたまご焼き
20120217121237.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年1月23日
【コメント】
微妙にオナカの調子が悪いので、
弁当を調達して、オフィスで食べることに。

もちろん、優しさも必須要件なので、
カラダは自然に雲雀やに向かう。

最近は、透明プラ容器の弁当が増えてきていて、
いつも選んでいる850円弁当のバリエーションが減ってきている。
雑然とおかずが詰め込まれた弁当も好きであるが、
おかずごとに小部屋に仕切られた弁当こそが雲雀やらしいと思っていて、
どうしてもそちらに思いがいってしまう。

いつもの鶏そぼろ/炒りたまご系の弁当がなく、
鮭と明太子が乗ったバージョンを初めて選んでみた。
このバージョンも、悪くない。

珍しく、全体的に味が濃い目に感じた。
これは、ボクの体調のせいなんだろう。

ゆっくりと玄米を噛みしめ、
30分かけて弁当を味わう。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山の1階にあるお弁当屋さん。

ワンコイン500円から850円まで、
10種類以上の弁当がある。
マクロビオティック的な弁当だ。





花火/特製塩ら~麺
【20120216】
【メニュー】 特製塩ら~麺、中盛
20120216120416.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年2月6日
【コメント】
雲雀やで弁当を調達しようと思っていたのだが、
花火が空いてたのを見て、
そのまま入ってしまった。
今日は寒いので、
冷たい弁当よりも、らーめんの方が望ましいことは確かだ。

今回も特製塩ら~麺。
寒いせいか、味噌ら~麺の注文率が高いように感じ、
しかも、そのスープの香りに惹かれたが、
やはり「塩」だ。

そして、塩を選んだ特典が最後に待っていた。

食べている終盤、
目の前にレンゲに乗ったゆず胡椒が差し出される。
「これ、合いますよ」と店主のコメント。

さっそく適量をスープに溶いてみると、
なんと、
スープに辛みは当然ながら、
深みも加わり、さらに美味に。
これはベストマッチ。

今日は、「塩」にしてよかった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。



黒門燈(旧くろもん)/銀鮭、生たまご
【20120216】
【メニュー】
焼き魚定食 銀鮭 (1000円) 
生たまご (100円)
20120215121420.jpg
【お店】黒門燈(旧くろもん)
【種別】eat in/6人
【お値段】1100円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年2月1日
【コメント】
当チームにインターンの学生が来たので、
ランチを供にすることになった。
総勢6人でのランチ。
久々の大人数だ。

行く店は、ボクに決めてもらいたいモード全開だったので、
無難に黒門燈を選択。
満足してもらえたようだ。

男子学生は空腹だったようで、
途中でごはんのお代わりができる旨を伝えるなり、
突然にスパートをかけてお代わりを要求。
伝えるまで、足りないとあきらめていたそうだ。
もっと早く教えてあげればよかった。

何はともあれ、若者には満腹が似合う。

銀鮭はフワッと焼かれていて、
とてもおいしかった。
そして、いつものTKGにも満足。
やはり「焼き魚+TKG」のランチは最高だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の青山通りをはさんで向かい、ヒグチ薬局の奥にある料理屋。

12時を過ぎると列ができる人気店。



豚富/ユッケジャン
【20120214】
【メニュー】ユッケジャン
20120214120411.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/二人
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年1月26日
【コメント】
今日はユッケジャン。

雨模様の日であるにも関わらず、
ウィン青山ビルの中の店は混んでいた。
「雨の日のジンクス」は消え去ったのか。

今回もユッケジャン。
もう長いこと、他のメニューを食べていない。
ユッケジャンを食べに行っているので、
仕方ないといえば仕方ない。

寒い日には、
辛くて温かいユッケジャンはベストマッチ。
さらにおいしいときているので、
言うことなし。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。




あおしま/ハンバーグ
【20120213】
【メニュー】 極旨ハンバーグ
20120213120404.jpg
【お店】あおしま 青山店
【種別】eat in/二人
【お値段】1100円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年5月2日
【コメント】
久々のあおしま。
メニューの「極旨」という言葉に惹かれ、
ハンバーグを注文。

悪くはないが、
1100円は高すぎる。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
北青山ビルヂング地下1階のステーキ屋。





Riso/オムライス、スープ
【20120210】
【メニュー】 
オムライス (480円)
チキンクリームシチュー (400円)
20120210120348.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 880円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年10月18日
【コメント】
突然にrisoのオムライスが食べたくなった。
超が付くほどB級な(失礼・・)、
あのオムライスだ。

それにスープをつけるパターン。
そういえば最近やっていなかった。

オムライスは変わらず定番メニューとして鎮座していたが、
今日のスープはチキンクリーム。
ボクの好みではなかったのでかなり迷う。
しかし、迷っても代替案がない以上、
「オムライス+スープ」の初志貫徹だ。

オムライスは、相変わらずの超B級。
チキンライスの具と思しきモノが以前よりも多く入っていたが、
チキンライス自体がリゾットの水分が少しだけ少なくなったかのような状態。
さすが、risoのオムライスだ。
個性的である。

スープは、
やはりボクの好みではなく、飲み切れず。

正直言って、
少しばかり、さびしいランチとなった。
これでおいしいデザートがあれば!
(・・・ない)

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。





実之和/かれー麺
【20120209】
【メニュー】 かれー麺
20120209120458.jpg
【お店】かれー麺 実之和
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年1月16日
【コメント】
今日は実之和のかれー麺。
店に行きつくまでは寒かったが、
いったん食べ始めれば、
カラダは芯から温まる。

いつも辛口を食べてみるかどうか迷うのだが、
どうなのだろう。
こういう時に情報収集できる術がないというのも、
なんだかさびしい気分だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側。

申請すれば、
かれースープよけ用の紙エプロンをくれる。

かれー麺のテイクアウトができる。







すし秀/ばらちらし
【20120208】
【メニュー】 ばらちらし
20120208120423.jpg
【お店】すし秀 きし
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1200円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年1月18日
【コメント】
今日はばらちらし。

このばらちらしの醍醐味は、
ネタとして何が使われるか、
その時々によって異なるところだろう。
もちろんまぐろ赤身やたまご焼きなどの基本セットはあるのだが、
ネタの構成によって、味も食感も変わってくる。

今日のネタのポイントは、
小肌と貝系。
いつもと違うばらちらしを堪能できた。

画像の右側は、
いつも追加でお願いしているわさび。
今日は逆に「わさびは?」と確認された。
飲食業のプロの方々の、
客を個別に認識できる能力には脱帽する。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ポーラビルの南側にある寿司屋。








【新規開拓】チャコールグリル58/牛筋玉子とじ
【20120207】
【メニュー】筋玉(牛筋玉子とじ定食)
20120207120221.jpg
【お店】チャコールグリル58 Charcoal Grill 58
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
久々の新規開拓。
雨であったが、
寒さも和らいだので、
少し遠くに行ってみた。

Charcoal Grill 58。
以前からあった店だが、
ランチを始めたのは最近。
特に、豚テキと呼ばれる豚のバター焼きがメインのようだ。

初めての店ではメインのメニューを試したいところであるが、
料理の写真に写っている大量のにんにくにしり込みしてしまう。
間違いなく、午後のパフォーマンスに影響が出そうな様相だ。

ということで、3種類のメニューの中で唯一にんにくが存在しなさそうな筋玉という料理を選んできた。
「すじたま」と読むらしい。

出てきたのは、
画像のような状態。
ライスは平皿、
味噌汁はスープカップ。
おしゃれ感が足りない、というのが第一印象。

メインの牛筋玉子とじは、
とても明解な味付けだった。
コンビーフのような状態になった柔らかい牛筋と、
たまねぎ、こんにゃく、
そしてたまごとじ。
このままライスにのせたい衝動に駆られた。

あとはここに、
サラダや漬け物など、
味の逃げ道になるような一品があると、
全体のバランスが取れるのに、
と思う。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの2ブロック南にあるお店。

店外のランチメニュー。
20120207121422.jpg








花火/特製塩ら~麺
【20120206】
【メニュー】 特製塩ら~麺、中盛
20120206115517.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年1月25日
【コメント】
今日の花火は塩で。
最近の塩は、
行くたびに味が変わっていて、
そこが楽しい。

今日は以前よりもあっさり目なのだが、
味に深みがある、という、
まさに塩らしい一杯となっていた。

ただ、小口切りになって入っていた唐辛子が思いのほか辛く、
3分の1ほど間引かせてもらった。
アクセント程度がいいかと。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。






銀座ライオン/トルコライス
【20120203】
【メニュー】トルコライス
20120203115933.jpg
【お店】ブラッスリー 銀座ライオン 青山一丁目店
【種別】eat in/ふたり
【お値段】980円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年8月3日
【コメント】
久々のライオン。
何を注文していいのか、
よくわからない、というのが正直なところだ。

ということで、
目に付いたトルコライスを選んでみた。
たしか、だいぶ以前にも一度試したことがあったような。
その時と、少し様子が異なるような。
その場で過去のBlogを見返せればいいのだが、
一人ではないのでそうもいかず、
「ような」という表現になってしまう。

トルコライスのラインアップは、
ドライカレー、海老フライ、ナポリタン。
ナポリタンには、
まったく具というモノが入っておらず、
ビックリさせられた。
なるほど、トルコライスのナポリタンには、
具がないのか・・。

これが600円ならばよいと思うが、
千円近い値付けは、どうなのだろうか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルのB1Fにある。

店内は分煙。


くろ麦/かきそば
【20120202】
【メニュー】かきそば
20120202120025.jpg
【お店】くろ麦
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1500円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年8月9日
【コメント】
何を食べるか、完全にノーアイデア。
あまりの寒さに追われるようにツインビルに入る。
地下のレストラン街を半周して決めたのが「くろ麦」。
そういえば、
ずいぶんとご無沙汰であった。

この季節、
マストで食せねばならないのが「かきそば」。
かきと海苔の潮の香りが、
そばやつゆによくマッチしている。

特につゆ。
関東風で色は濃厚であるのに、
味はやさしい。
最後の一滴まで飲み干してしまう。
おいしかった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービル地下1階にあるお蕎麦屋さん。

2時までは禁煙。







黒門燈(旧くろもん)/キングサーモン、生たまご
【20120201】
【メニュー】
焼き魚定食 キングサーモン幽庵焼き (1000円) 
生たまご (100円)
20120201115948.jpg
【お店】黒門燈(旧くろもん)
【種別】eat in/二人
【お値段】1100円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年1月6日
【コメント】
鯖を求めてくろもんへ。
いや、今はランチタイムも黒門燈になっているので、
今後はこの表記に統一する。

店に入って、2月1日からメニューが刷新されたことを知る。
ふぐなどが入った、
ランチタイムでは注文できないような価格設定のメニューが登場。
本格的に高級志向に切り替えてきたようだ。

注文したのは、
キングサーモンの幽庵焼き。
メニューには載っていないが、
さわらのカマ焼きもあるとのことだった.

キングサーモンを選択すると、
カマかハラスか身が選べるとのこと。
ハラスは身の部分もセットになっているという説明。
以前と変わって、
いろいろと選択肢が増えたのだな、という感想。
気持ち的には、
メニューを指差して「これ!」というだけで注文が終わるのがありがたい。

ちなみに、ハラスを注文した。
オプションとしての生たまごはマスト。

今後、焼き魚の種類が減ることになると、
ランチローテーションから外れてしまう。
以前のテイストの維持もお願いしたい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の青山通りをはさんで向かい、ヒグチ薬局の奥にある料理屋。

12時を過ぎると列ができる人気店。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。