青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


龍府/肉団子チャーハン弁当
【20120629】
【メニュー】 肉団子チャーハン弁当
20120629120923.jpg
【お店】龍府(ロンフー)
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年6月7日
【コメント】
無性に龍府の肉団子が食べたくなった。
以前は定番でラインアップされていたが、
最近は金曜日にしか出ない、らしい。

幸いにして、今日は金曜日。
勇んで龍府に向かう。
そして、3年ぶりくらいに再会した肉団子。
残りひとつ。
ありがたい。

食べてみると、
変わらぬ味。
ごはんが進む、がっつり系御用達の味だ。

ちなみにチャーハンは相変わらずムラがあって、
白米部分が残っている。
これはご愛嬌。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り、銀杏並木入り口あたりの南側。
地下1階の中華料理屋。
弁当は1階の青山通り沿いで売られている。






スポンサーサイト

雲雀や/和風麻婆豆腐
【20120628】
【メニュー】 和風麻婆豆腐
20120628121016.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年5月22日
【コメント】
雲雀やの750円の弁当は初めてなように思う。
いつもはおかずの種類命であったので、
850円の豪華弁当を選択していたが、
ラインアップが変わってしまったために
今回の選択肢も加わった。

考えてみると、
おかずは850円弁当と比べて2種類ほど減っているだけであるし、
その分、メインのおかずの量が増えているので、
100円減以上のパフォーマンスはある。

メニュー名の通り、
和風麻婆豆腐の味付けであった。
食べる前はイメージがわかなかったが、
食べてみると、和風以外の表現が見つからない。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山の1階にあるお弁当屋さん。

ワンコイン500円から850円まで、
10種類以上の弁当がある。
マクロビオティック的な弁当だ。







花火/塩ら~麺
【20120627】
【メニュー】 塩ら~麺、中盛
20120627122139.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/四人
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年6月14日
【コメント】
今日は花火。
今月は何度もお世話になっているように思う。
4人でのランチだったので、
誰かの意向に店の選択は左右される。

前回はつけ麺を選んだと記憶していたので、
塩を選択。
食べてみると、
また味が進化していて、
かなりあっさりした雰囲気となった。

そのため、
細い麺がマッチしている。

食べている途中で店主から、
「細麺で作ってしまったので、
 すぐに作り直します。」と声をかけられた。
意味が理解できないでいると、
しばらくして太麺で作られた塩ら~麺がまるごと一杯出てきたではないか。

いやいや、
今食べているので十分満足しているし、
そもそも食べられない。

固辞したものの、
できあがって目の前に出されたモノを邪険には扱えない。

ここで4人であったことが幸いし、
少しずつ分けていただくことにした。

細麺と太麺を食べ比べてわかったこと。
以前の濃厚な塩スープは太麺がマッチしていたが、
今回のあっさりスープには細麺が合う、
ということ。

なかなかおもしろい体験をさせてもらった。
ありがとう。


そういえば、
卓上に胡椒が置かれるようになった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。







ボンヌ/パン & riso/スープ
【20120626】
【メニュー】
ボンヌ
 大辛カレーパン
 ホットサンド
 じゃがちー
riso
 ホタテのクリームチャウダー
20120626122259.jpg
【お店】ボンヌ & riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】390円+390円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年5月29日
【コメント】
ボンヌのパンと、
risoのスープの組み合わせ。
ボンヌでパンを買っていると、
急に温かいモノがほしくなったので、
いつもよりパンを一つ減らしてrisoに向かう。

今日のスープは、
ホタテのクリームチャウダー。

画像のように、
小さなホタテが大量に現れる。
とろみがないのが、
少し残念であった。
20120626122418.jpg

ボンヌのパンは、
いつも通りのクオリティ。
いつでも「ボンヌのパン」なのだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ボンヌはチェリー通りにある小さな街のパン屋さん。




【新規開拓】麺屋すみす/よくばり醤油らーめん
【20120625】
【メニュー】 よくばり醤油らーめん
20120625120631.jpg
【お店】麺屋すみす
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
雲雀やで弁当を調達しようと思いウィンに赴くと、
づゅる麺跡に新店舗が開店していた。
店名は「麺屋すみす」。
その名の通り、
らーめん屋である。

のぞいてみると、
カウンターが空いていたので入ってみることに。
店内は、完全に居ぬきだ。

注文した(食券であるが)のは「よくばり醤油らーめん」。
醤油らーめんに、
炙りチャーシューと塩煮たまごが追加トッピングされているという説明書きであった。

出てきたらーめんのスープを一口。
・・・
まったく予想していなかった味だ。
麺屋、という屋号から、
勝手に小滝橋通りのあの麺屋系の味を想像していたのだが、
ここのスープは強い鶏の出汁と生姜がアクセント。
一般的な醤油とは異なる系統である。

具は、鶏肉と炙りチャーシューと塩煮たまごと鶏つくねとほうれん草。
うまく自分の中で味の整理ができないうちに、
食べ終わっていた。
後味が、濃い。

麺が最近珍しいストレート麺で、
もさもさしている感じが好みであった。

次回は、塩らーめんに挑戦してみよう。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にらーめんの店。

メニューの看板。
20120625121456.jpg











Riso/まぐろカツ
【20120622】
【メニュー】まぐろカツ タルタルソース弁当
20120622121242_20120623224632.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年6月13日
【コメント】
またまたriso。
店で食べたくない時の選択肢が少ないように思う。
きっと、求めてるレベル設定が高すぎるのだろう。
最近そう思っているのだが、
こればっかりは変えようがない。

risoでまぐろカツを見かけたので、
今日のランチはコレに決まり。

risoのタルタルソースが気に入っていたのだが、
最近はマヨネーズ感が強まっていて、
正直言って、少し残念ではある。
具だくさんのタルタルは、
それだけでかなりのコストになるので、
仕方ない、とは思いつつも、
一度いい塩梅のモノを食べてしまうと、
どうしてもそれが基準になる。
ホント、わがままな客である。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。









【新規開拓】moto's kitchen/タコライス
【20120620】
【メニュー】やみつきタコライス
20120620121129.jpg
【お店】ゆんたく
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
何を食べるか決まらないまま、
青一を半周してしまった。
最終的には、以前から気になっていたワゴン販売のタコライスに。

一時は青一で隆盛を極めていたタコライス。
いつのまにか希少メニューと化してしまっている。

メニューはタコライスとグリーンカレーの2種。
季節によってであるのか、オムライスを提供することもあるようだ。
ボクはもちろん、タコライスを注文。
何しろネーミングが「やみつきタコライス」。
やみつきにしてもらおうではないか。

野菜の量や辛さの加減など、
要望を聞いてもらえるようだ。
どこまでかは、不明。
ボクは野菜多めと辛く、で注文。

久々のタコライスに心躍る。
たしかに、野菜が多い。
レタスやトマトがたっぷりだ。
ヘルシーなタコライス、という印象。

辛さ調整のチリソースが、
合っていないようなので、
次回は辛さ普通にすることにしよう。

野菜が多かったせいか、
タコライスとしてはもう少しパンチがほしいように思う。
rocketのタコライスが懐かしい。

12時を回ると、
あっという間に10人以上の列ができてしまった。
それもすべて女性。
野菜が多いタコライスは、
女性の受けがいいようだ。

またスタッフも以前に来たお客さんの嗜好を覚えているようで、
そのあたりもハートをつかむ要因なのではないか。

ありがたい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
旧SCEビルの裏手にあるワゴン販売。

メニュー。
20120620120209.jpg

20120620120238.jpg








ゆんたく/沖縄そば
【20120619】
【メニュー】沖縄そば、大盛り
20120619115910.jpg
【お店】ゆんたく
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年11月22日
【コメント】
今日はゆんたく。
ママさんにお久しぶり、と言われ、
思わず「ごめんなさい」と謝ってしまった。

たしかに久々ではある、とは思いながらも、
blogを見返して驚く。
今年に入ってから、
一度も沖縄そばを食べていない!?
blogをあげ忘れていることも考えられるが、
それにしても、久々であることはたしかだ。

そんな久々でも、
ママさんはしっかりとボクの好き嫌いを覚えてくれる。
ありがたい。

今回は、なんとなく大盛りにしてみた。
オナカがすいていたので、
普通盛りでは足りないのでは、と思ったからだ。

しかし、食べ進めていくうちに、
大盛りにしたことを後悔し始める。

麺の量が多いのと同時に、
ポークやかまぼこが2倍になる。
特にかまぼこが大きく、
それが満腹感に貢献していたのだ。

それにしても、
ジーマミー豆腐がおいしかった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
旧SCEビルの裏手にある沖縄料理屋さん。

沖縄そばの大盛は1000円。









豚富/ユッケジャン
【20120618】
【メニュー】ユッケジャン
20120618120439.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】eat in/ひとり
【お値段】880円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年4月26日
【コメント】
朝から腹痛。
そして、オフィスでは周りが暑い暑いと言っているのに、
ボクだけ寒くて震えていた。

そんな状態であったので、
ランチは何にするか、大いに迷う。
アタマに浮かんだのは豚富のクッパ。
カラダにやさしそうであるし、
何よりも温まる。
そうだ、豚富に行こう。

そこまではよかったが、
結局、注文したのはいつものユッケジャン。
どうも、この店ではこの料理から逃れられないようだ。

おかげでカラダは温まった。
今日は、味があっさり気味であったので、
刺激も弱かったように思う。
いちおう、結果オーライということか。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。







奈加山/平目竜田揚げ+生たまご
【20120615】
【メニュー】
平目竜田揚げ (950円)
生たまご (100円)
20120615120026.jpg
【お店】奈加山
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年3月9日
【コメント】
和食気分。
とはいえ、遠くに行く気分ではない。
となると、奈加山だ。

ほぼ定番と化している竜田揚げの今日の素材は、
平目。
たんぱくな白身魚を竜田揚げにするのはもったいない。
と思いながらも、
やっぱり、いつものように竜田揚げを注文。
もちろん、生たまご付き。

たんぱくかと思っていた平目の竜田揚げの味は、
下味がしっかりついていて、
ごはんがたくさん食べられそうなくらい濃い目であった。
正直、もう少し薄めの方がうれしいのだけれど、
きっと、何か事情があったのだろう。

それにしても、
奈加山の味噌汁は、
ボクの舌に合う。
ホントに懐かしい味だ。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りの一本南裏手、ポーラビルの裏にある家族経営の和食屋。
ランチタイム11:30-14:00は禁煙となる。

付箋にメニュー名を書いてスタッフに渡す独特の注文法。
会計時にも使われる。







花火/つけ麺
【20120614】
【メニュー】 つけ麺、中盛
20120614120219.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/二人
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年6月12日
【コメント】
前々日にも食べたばかりであったが、
花火に行きたいというリクエストにつき合う。
前回は塩であったので、
今日はつけ麺。

おいしいのだけれど、
中盛りは食べている後半になってくると、
味を変えたくなる。
つまりは、
単調な味にあきてくる、
ということだ。

卓上の酢や辛味や魚粉で工夫をする必要があるのか!?
そもそも、麺の量が多いのかも知れない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。






Riso/野菜ミートソースリングイネ
【20120613】
【メニュー】野菜ミートソースリングイネ
20120613121548.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 520円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年5月31日
【コメント】
今日はrisoのパスタ。
といっても、
狙い定めて向かったわけではなく、
当てもなく歩いて、
risoの前を通ったから、
という消極的な選択。

パスタメニューに「野菜のミートソース」というのがあり、
これが気になった。
パスタはスパゲッティが使われることが多いのだが、
今回はリングイネ。
リングイネの方が、
茹で加減や温度加減の許容範囲が広いように思う。
持ち帰りパスタには、
リングイネが向いている。

ミートソースがたっぷりのっていた。
たっぷり過ぎて、
最後はソースのみの状態。
ソースが足りないよりはいい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。




花火/塩ら~麺
【20120612】
【メニュー】 特製塩ら~麺、中盛
20120612115913.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/一人
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年5月30日
【コメント】
ひんやりした陽気。
オフィス内はクールビス仕様のはずであるのに、
クーラーが効いていて寒い。
ひざ掛けを手放せない。

こういう日は「温かい汁物」という、
とても安直な発想に陥る。
雨も降り始めたので、
今日は「花火」。

注文したのは、特製塩ら~麺の中盛。
それほど空腹ではなかったにもかかわらず、
中盛にし、
さらに特製でチャーシュー増量とたまごを追加する選択は、
自分でも理解できない。
今日のような日は、
麺は普通にして、
その代りにスープを増量してほしい。

それはともかく、
今日も塩ら~麺はおいしかった。
とてもおいしかった。
麺の茹で加減も完璧。

あまりにも満足してしまったので、
帰りにサムアップ。
らーめん屋さんでサムアップはないだろう、
そう自分に突っ込みを入れつつ、
小雨の降る中、オフィスに戻ったのであった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。







【新規開拓】まる山/刺身定食
【20120611】
【メニュー】 刺身定食
20120611121327.jpg
【お店】てしごと料理 まる山
【種別】eat in/二人
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
チェリー通りの和食屋さんを新規開拓。

一度入ろうとして満席だったことがあり、
今日はリベンジ。
運良く座れてラッキーだった。
後から後からお客さんがやってくる人気店であった。

メニューはこんな感じ。
20120611120303.jpg

さらに左にメニューは続くが、
数千円のコース。
ボクのような庶民は、このページから選ぶ。

画像のように、
小鉢がいくつかとデザートがあって、
お盆の上は見た目が楽しい。
ごはんは、
白米と五穀米、高菜の炊き込みごはんから選べ、
1回だけお替わりが可能だ。

ボクは五穀米のあとに、
お替わりで高菜ごはんを食した。

950円の価格設定はなかなかよい。
人気があるのもうなづける。

ただ、厨房の活気あるやりとりが、
店内に丸聞こえなのは笑えた。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにある和食屋。








すし秀/ばらちらし
【20120608】
【メニュー】 ばらちらし
20120608120947.jpg
【お店】すし秀 きし
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1200円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年5月9日
【コメント】
今日はばらちらし。
最近は、そこそこお客さんが増えている。

みんな、ばらちらし目当てかというと、
そんなこともなく、
感覚的にはにぎり60:40ちらし、といったところか。

ボクは、ばらちらしがオススメであると思うのだが。
と言いながら、
横の方のにぎりに、どんなネタがでてくるのか、
興味津々のボクなのであった。

チラ見して、
申し訳ありません。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ポーラビルの南側にある寿司屋。






龍府/中華弁当
【20120607】
【メニュー】 中華弁当
20120607121520.jpg
【お店】龍府(ロンフー)
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月14日
【コメント】
今日もがっつり系。
2年以上も間があいた「龍府」の弁当だ。

雨の日も風の日も、
暑い日も寒い日も、
ずっと外で弁当を売っていたおばさまがいなくなってから、
ボクの足も遠のいていた。

数種類の弁当からチョイスしたのが画像の弁当である。

ごはんに豚肉の焼き物がしいてあり、
あとは八宝菜もどきと、
豚肉とたまご炒めと、
そして春巻き。
これでもか、というくらいのがっつり感。
これに味噌汁がついて600円。

以前は700円であったと記憶しており、
さらにコストパフォーマンスは向上している。
600円で大満腹。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り、銀杏並木入り口あたりの南側。
地下1階の中華料理屋。
弁当は1階の青山通り沿いで売られている。








dindon/ハンバーグ&角切りビーフ
【20120606】
【メニュー】 ハンバーグ&角切りビーフ弁当
20120606121557.jpg
【お店】丸の内dindon
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年4月11日
【コメント】
出遅れたので弁当を調達。
ガッツリ食べたいので、
dindonでの定番「ハンバーグ&角切りビーフ弁当」を選択。

角切りビーフとハンバーグとウィンナー、
そしてケチャップのみのナポリタン。
子供が喜びそうな組み合わせだ。

650円であることを考えると、
コストパフォーマンスはかなり高い。

今日は、店外の電子レンジを活用してみた。
時間は60秒。
電子レンジの前での60秒は、かなり長く感じるものであることを知る。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツィンタワービルの地下1階。
常時10種類以上の弁当が店頭に並ぶ。









日比谷園/坦々麺
【20120605】
【メニュー】 高菜入り坦々麺
20120605120104.jpg
【お店】日比谷園
【種別】eat in/二人
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年4月12日
【コメント】
今日は日比谷園。
注文は定番の坦々麺を。
初めて「高菜入り」にしてみた。
イメージとしては、
とんこつラーメンに入れる、
辛子高菜入り。
きっと、坦々麺の辛みに深みが加わるのだろう、
そういう推測と期待。

実際には、辛子高菜ではなく、
さらに通常の坦々麺には入らないメンマが入っていた。
すこし想定外の構成だ。

結論としては、
高菜入りよりも、シンプルな坦々麺の方が好みに合っている。

今日のデザートはコレ。
20120605122434.jpg

カラメルが香ばしくておいしい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ビルヂングの地下1階。

店頭で弁当も販売している。

ランチタイムも喫煙可のため、
円卓で相席の場合は要注意。







まるや/メンチかつ
【20120604】
【メニュー】 メンチかつ定食
20120604121322.jpg
【お店】とんかつ まるや
【種別】eat in/三人
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年5月23日
【コメント】
ランチはなるべくがっつり食べるようにしている。

ということで、
今日は三人でのランチだったのだが、
まるやでのとんかつを提案。

ボクは、メンチを選択した。
そう、メンチ好きだからだ。

ただ、あとの二人の食べるスピードが早いので、
会話をしているヒマはない。
そんな中でも赤出汁をおかわりして、
自己の存在をアピール。
そんなランチだった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ツインビルの地下1階にあるとんかつ屋。








まそほ/秋刀魚一夜干し
【20120601】
【メニュー】 秋刀魚一夜干し
20120601120741.jpg
【お店】まそほ
【種別】eat in/二人
【お値段】 950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年10月6日
【コメント】
まそほに行ってみたい、との声があったので、
同僚を連れて行ってきた。

ここは、料理は結構好きなのだが、
カウンターもタバコOKという環境のため、
敬遠気味。
前回訪問から、半年以上も間があいた。

その間に、少しシステムが変わっていた。
以前は、おばんざいがあらかじめセットされていたのだが、
卓上の皿に置いてあって、
取り放題。
この日は、
高野豆腐とみず菜のサラダとポテトサラダの3種類。
20120601115948.jpg

魚にも銀シャリにも満足ではあったが、
やはり未だに喫煙可。
途中から隣の席の方が吸い始め、
食べるピッチをあげる羽目に。

最近は禁煙の店が増えているので、
この店のように完全にOKの店は、
タバコを吸いに来るようなものなのだろう。
だから、タバコがイヤなら、
自分から避ける必要がある、というのが実情。

気が付くと、
カウンター席に座ったほとんどのお客さんが喫煙者であった。

食後のデザートは、
最近はまっているアイスモナカ。
味の向上がすさまじい。
20120601123301.jpg

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
チェリー通りにある京都が本店のお店。
内装がおしゃれだ。

ランチタイムだけでも、
さらにカウンターだけでも禁煙になるとうれしい。
これは毎回書いておく。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。