青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


龍府/肉団子チャーハン弁当
【20120727】
【メニュー】 肉団子チャーハン弁当
20120727121230.jpg
【お店】龍府(ロンフー)
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】600円
【満足度(5段階)】 ☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年6月29日
【コメント】
食べながら、疲れてしまった。

店のせいではない、
ボクのメニュー選択の失敗だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り、銀杏並木入り口あたりの南側。
地下1階の中華料理屋。
弁当は1階の青山通り沿いで売られている。





スポンサーサイト

Senor Doichan/ハンバーグ
【20120726】
【メニュー】トマトソースハンバーグ
20120726121957.jpg

20120726120901.jpg
【お店】Senor Doichan
【種別】eat in/二人
【お値段】900円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年6月1日
【コメント】
ランチのイメージがあまりにもわかないので、
人についていくことにした。

一人だと足が向かないような店に行くことができたりするので、
ノーアイディアの時のこの戦法は、
なかなか有効だ。

そんな中で行くことになったのは「どいちゃん」。
スパニッシュな居酒屋だ。

注文したのはハンバーグ。
注文してから、ハンバーグであれば専門店に行けばよかった、
と少しばかり思ってみたが、
食べてみると、おいしかったので、満足。

量はかなり多いので、
満腹感を得たい人にもよい。

注文してから出てくるまでに時間がかかるのが難点。
その間は、セルフのスープとドリンクで待つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ツインビル地下のスペイン風居酒屋。







花火/冷やしつけ麺
【20120725】
【メニュー】 冷やしつけ麺(あっさり)、中盛
20120725114921.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/二人
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年7月20日
【コメント】
花火に行きたい、とのリクエスト。
同じ店に何度も行くことは、あまり好きでないのだが、
仕方がない。

今日も、何か変化を、
と思って店に着くと、
看板に「冷やし」の文字が。

冷たいスープのつけ麺を始めた、とのこと。
今日はこれに出会うためにここに導かれたのだ。
そう悟った。

選べるつけ汁は、あっさりと辛味。
ボクは、あっさりを選択した。

つけ汁は、冷たい、という感じではなく、
ぬるい、程度。
角氷がひとつ浮かんでいる。

酸味の強い、濃いめの味付け。
温かい汁以上に、麺に負けない味が必要なのだろう。

きざみ海苔をトッピングするなど、
もっと和風にしてもおもしろいかな、と思う。

今年の夏は暑い。
そんな中での「冷やしつけ麺」の登場は、ありがたい。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。







まるや/メンチかつ
【20120724】
【メニュー】 メンチかつ定食

画像取り忘れ・・。

【お店】とんかつ まるや
【種別】eat in/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年6月4日
【コメント】
ターリー屋でタンドリーチキンのカツカレーを持ち帰るつもりで、
ツインビルへ。

ただ、外の暑さのせいか、
気分が変わってしまった。

というわりには、
結局、まるやでメンチかつ。
前を通ったら空いていたので、
思わず入ってしまったのだ。

揚げたて、熱々のメンチかつが700円というのは、うれしい。
ロースかつも気に入っているが、
何よりも、お替りができるしじみの赤出汁がありがたい。

2杯いただき、
いい汗をかいた。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ツインビルの地下1階にあるとんかつ屋。







松屋/牛めし
【20120723】
【メニュー】牛めしお新香セット並
牛めし並
お新香
生たまご
味噌汁
20120723120141.jpg
【お店】松屋 南青山店
【種別】eat in/ひとり
【お値段】420円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年7月8日
【コメント】
ランチで外に出ようと、
財布をバッグから取り出そうとしたら、見つからない。
家に置いてきてしまったようだ。
小銭入れもないので、無一文。

借りようかとも思ったが、
松屋でsuicaが使えることを思い出し、
今日のランチは牛めしに大決定。

松屋の券売機でオペミスにより2食分の券を購入。
とことん、どんくさい日なのだ。

結局、店員に1食分を払い戻してもらったので、
無一文だったはずなのに、
帰りにはなぜか手もとに420円。

ある意味、錬金術。

そんな日の牛めしは、
牛がとても多かった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
伊藤忠の目の前の交差点角にある牛めし屋。

suicaで精算ができるので、
モバイルsuica派のボクには便利。








花火/つけ麺(味噌)
【20120720】
【メニュー】 つけ麺(味噌)、中盛
20120720120528.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/二人
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年7月11日
【コメント】
今日はつけ麺。
というよりも、
かなりの回数来ているので、
味に変化をつけたかった。

ということで、
つけ麺の味噌スープを初注文。

なかなかしっかりとした味付け。
少し塩気が強いが、
夏にはこれくらいの方がいいのかも知れない。


味の濃いモノを食べた後は、
どうしてもアイスクリームが食べたくなる。

今日のデザートはコレ。
20120720121932.jpg

ハイカロリーなランチであった。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。






Riso/夏野菜ミートソース リングイネ
【20120719】
【メニュー】夏野菜ミートソース リングイネ
20120719121219.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 530円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年7月4日
【コメント】
最近は、近場の弁当屋さんをぐるぐるローテーションしているような気がする。
この暑さでは、仕方がない。
そう自分には言い訳。

ということで今日はrisoなのだが、
裏路地に日影がなく、
店との往復で、
黒いスーツが思い切り太陽光を吸収して、
かなり熱をまとってしまった。

risoのメニューを確認すると、
夏野菜のミートソースという魅惑的な文字を発見。
まさにミートソースが食べたかったのだ。
ありたがい。

いつものサラダとフォカッチャのセットはやめ、
単品で購入した。

出来立てであったみたいで、
パスタもソースも熱々。
ミートソースのミートは、
ミートボールを崩した様相で、
かなりのボリューム感。

530円ということを考えると、
とてもコストパフォーマンスが高い。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。







雲雀や/豚肉高菜
【20120719】
【メニュー】 豚肉高菜
20120718121013.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年6月28日
【コメント】
暑さのせいで、
ランチの行動範囲が極端に狭まっている。
すべての時間を楽しもうと思っているのに、
自分が少し情けない。

ということで、
今日は近場の雲雀やへ。

玄米のおいしさには、
いつもながら感嘆するが、
ガッツリ感、なのか、
B級感、なのか、
はたまた、カラダに悪そう感、なのか、
そういった時には、
雲雀やの弁当は不似合なのだ。

そして、そういう時が意外に多い、
ということに最近気がついた。

人間はわがままだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山の1階にあるお弁当屋さん。

ワンコイン500円から850円まで、
10種類以上の弁当がある。
マクロビオティック的な弁当だ。







【初TakeOut】豚富/豚塩焼
【20120717】
【メニュー】豚塩焼き
20120717121843.jpg
【お店】韓国家庭料理専門店 豚富(TON-FU)
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年4月26日
【コメント】
暑い中、risoに行ったものの、
まったくイメージがわかず。
戻って雲雀やに行くも、
長蛇の列。

ふと、豚富でTakeOutができることを思い出し、
チャレンジしてみることにした。

持ち帰りには何が適しているだろうか。
汁物は避けたい。
となると、以前から気になっていた「豚塩焼き」だ。

注文してから作り始めるので、
しばし店内で待ち。
ごはんは熱々、
おかずは作り立て。
冬にはいいかも知れない。
そんなことを考えているうちに弁当ができるあがる。

画像の通りの内容。
韓国海苔とスープが目立つ。
特にスープは、画像で見るよりも、
もっと存在感がある。

店内だと880円。
これがTakeOutで750円。
かなりお得かも知れない。

ユッケジャンを食べるときには店内で、
豚塩焼きは持ち帰りで。
そんな使い方ができそうだ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ウィンの1階にある韓国料理屋さん。
持ち帰りも可能。
汁物もOK。

12時前には満席になり、
すぐに列ができる人気店。







花火/塩ら~麺
【20120711】
【メニュー】 塩ら~麺、中盛
20120711115315.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/二人
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年7月5日
【コメント】
(後日)



【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。








奈加山/竜田揚げ+生たまご
【20120710】
【メニュー】
竜田揚げ (950円)
生たまご (100円)
20120710120527_20120718123232.jpg
【お店】奈加山
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年6月15日
【コメント】
(後日)





【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りの一本南裏手、ポーラビルの裏にある家族経営の和食屋。
ランチタイム11:30-14:00は禁煙となる。

付箋にメニュー名を書いてスタッフに渡す独特の注文法。
会計時にも使われる。







【新規開拓】ミートカレーズDELI/カレー
【20120709】
【メニュー】スペシャルカレーBOX(3品)
20120709121028.jpg
【お店】ミートカレーズDELI
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】680円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 新規開拓
【コメント】
何日分か、アップをサボっているが、
それは後日にさかのぼって対応するとして、
今日は新規開拓のレポートを。

日替わりでワゴン車がやってくる、
旧SCEビルの裏手。
今日、月曜日はカレーの日。
看板にはいろいろなメニューが掲げられているが、
とりわけ前面に打ち出されているのが「スペシャルカレーBOX」だ。

並びながら注文のシステムを確認していると、
このBOXはベースとなるカレーの上に、
自分の好きな具材を選んでトッピングするようだ。
トッピングは10種類くらいあったか。
トッピングの数によって値段が変わってくる。

3品注文が一般的のようで、
初回のボクもそれに倣ってみた。
680円。
いちトッピングが50円。

選んだのは、
タンドリーチキン、
グリスなす、
ポテトの3品。

オフィスに戻ってあらためて見ると、
色合い的にはイマイチだったように感じた。
ほうれん草やトマトといった彩り野菜がほしい。

ベースとなるカレーは、
ひき肉。
これが屋号である「ミートカレーズ」につながっているのだろう。

選んだトッピングのせいもあるだろうが、
食べていてもう少しジューシーさがあればな、と思う。
次回は、トマトはマストかも知れない。


【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
旧SCEビルの裏手にあるワゴン販売。

メニューの看板。
20120709120627.jpg







dindon/ハンバーグ
【20120706】
【メニュー】 トマトチーズハンバーグ
20120706121103.jpg
【お店】丸の内dindon
【種別】eat in/二人
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年6月6日
【コメント】
dindonが新装になってからだいぶ経つが、
初めて中でランチを食した。

なかなかゆったりとしていて落ち着ける。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツィンタワービルの地下1階。
常時10種類以上の弁当が店頭に並ぶ。







花火/つけ麺
【20120705】
【メニュー】 つけ麺、中盛
20120705120942.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/二人
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年6月27日
【コメント】
(後日)



【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。







Riso/まぐろカツ
【20120704】
【メニュー】まぐろカツ タルタルソース弁当
20120704121438_20120710122829.jpg
【お店】Riso
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】 750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年6月22日
【コメント】
あまり店で食べたくない気分。
さりとて、気分的に合う弁当屋さんも思いつかない。
重症だ。

とりあえずrisoに行き、
まぐろカツ弁当を調達。

新しい展開を求めているのかも知れない。
ただ、これからは暑さも敵になる。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りから一本南の路にある、持ち帰り専門店。

パスタが2種類、
ピザ、
弁当が数種類、
オムライス、
カレー、
サラダ、
デザートなどなど、
選ぶのが楽しい店だ。







えぞっ子/もやしそば
【20120703】
【メニュー】 もやしそば
20120703115735.jpg
【お店】えぞっ子
【種別】eat in/二人
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 初レポート
【コメント】
何年ぶりだろうか。
えぞっ子に行くことになった。

注文したのはもやしそば。
通常900円のところが、
サービス価格として700円という設定になっていたのでチョイス。

席に着くと、
おひつが供される。
サービスのチャーハンとのこと。
20120703115148.jpg

ふたを開けてみると、
美しいたまごチャーハンが収まっている。

これがおいしかった。
ごはんがぱらぱら、かつもちもち。
これだけでランチを完結させてもいいような、
そんなクオリティだ。

メインのもやしそば。
コクが足りなく、
少しばかり不満が残った。
ただ、900円という価格ではいかがであるかと思うが、
700円+おいしいたまごチャーハンであれば、
トータルのパフォーマンスはよいのかも知れない。

この系統のらーめんを食べたければ、
青一では桃太郎の特性モモタロウメンを協力推薦する。

温かい汁麺でカラダが温まり、
そして口の中がコクを求めていたので、
コンビニでアイスを購入。
20120703121727.jpg

甘さとパリパリ感がたまらない。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ビルヂングの地下1階。

店頭で弁当も販売している。

ランチタイムも喫煙可のため、
円卓で相席の場合は要注意。









すし秀/ばらちらし
【20120702】
【メニュー】 ばらちらし
20120702120831.jpg
【お店】すし秀 きし
【種別】eat in/三人
【お値段】1200円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2012年6月8日
【コメント】
今日は、三人でばらちらし。
たまにはにぎり、って思いながらも、
店に入るとばらちらしを注文してしまう。

ばらちらし、というだけあって、
どんなネタが入っているのか、お楽しみ。
それともうひとつ、
日によってシャリにのるネタの量が変わるのもワクワクさせてくれる。

今日は三人。
うちのひとりが大盛りを注文したために、
ネタがその大盛りのどんぶりに集中してしまった感があり。

なんだか貧乏くさいことを書いているような気がするが、
やはり、シャリとネタの量のバランスは重要だ。
そういう意味では、
今日は残念。

次回は、大盛りにして、
シャリを普通、っていう注文にしてみるか。
もちろん、お支払いは大盛り価格で。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ポーラビルの南側にある寿司屋。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。