青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日比谷園/坦々麺
【20060209】
【メニュー】 坦々麺
200602091209000hi2.jpg

【お店】日比谷園
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1050円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【コメント】
一時は味が落ちたという評を聞いて足が遠のいていた。
同じ方から持ち直したとの情報を得て久々に訪れる。
ここの坦々麺はやはりおいしい。満足した。
非常に柔らかい味の坦々麺。
以前はかなり辛みが強調されていたので、そのあたりは変化がみられる。
具は基本の肉味噌とちんげん菜。
肉味噌は、まず八角の香りが口から鼻に抜け、食べ進むうちに山椒の辛みが舌に絡みつく。
辛い坦々麺も好きだが、柔らかい味で、香辛料がきちんと香る坦々麺も好きだ。
あまり辛いとランチには不向き。
麺が少し柔らかいかなと感じたが、後半にはスープと絡むには丁度いいゆで加減であると思い始める。
麺以外に、たまごチャーハンと食後に杏仁豆腐がつく。
ポットのウーロン茶も、口をさっぱりさせる効果あり。
評価は☆4つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ビルの地下1階。
200602091151000hi1.jpg

12時前には満席。
店を出た12時10分頃には表に10人以上並んでいた。
ランチメニューはそこそこ揃えている。
200602091215000hi3.jpg

以前は「やってらんねぇよ~」と叫びながら厨房から料理人が飛び出してきたり、感じの悪い店主がいたり、お店自体にあまりいい印象がなかったが、久しぶりに行ってみたら、普通の雰囲気のお店になっていた。
料理以外の要素で客が躊躇するのは料理店にとって致命的であるので、その点は改善されているようだ。
MEMBER'S CARDのシステムがあって、1050円につきスタンプひとつ。
いくつか貯まると(数は忘れた)1050円分の金券になるらしい。
貯まるペースで行くとは思えないが、とりあえずスタンプを押してもらった。

この記事に対するコメント
坦々麺おいしそうですね~。
食後に杏仁豆腐がつくのはウレシイですね。
ポットのウーロン茶は別料金ですよね?
【2006/02/09 21:15】 URL | チリトマト #- [ 編集]

いえいえ、ウーロン茶は各テーブルにおいてあります。
別料金ではありませんよ。
さすがに別料金でお茶を注文するほど優雅なランチは,,,
ひとりですし,,,
【2006/02/09 22:46】 URL | robin☆ #pn.FNN1k [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://osamuzlunch.blog24.fc2.com/tb.php/105-911a7d61



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。