青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


直久/冷やし中華
【20100727】
【メニュー】 黒酢入り 冷やし中華(細麺)
20100727115933.jpg
【お店】直久
【種別】Eat in/ひとり
【お値段】650円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2009年10月30日
【コメント】
今日は冷やし中華の気分。
実は、外で冷やし中華をほとんど食べない。
作り手としては手間がかかっている、ということなのであろうが、
どうもコストパフォーマンスがいいように思えないのだ。
シンプルな作りであっても、
800円、ヘタをすると1000円を超えることも。
かなりケチクサイ理由ではずかし限りだが。

しかし、今日は冷やし中華以外の食べ物が浮かばなかったので、
強行することに。
行ったのは直久。
多少は安いのでは、
と思ったので。

そういえば、桃太郎に行くようになってから、
直久への足がずいぶん遠のいた。
去年の10月以来だ。

さて、直久には冷やし中華が2種類。
普通の酢系とゴマだれ系だ。
前者が750円、後者が800円。
基本的にゴマだれが好きなのだが、
「黒酢入り」という文字に惹かれて、
750円コースを選んだ。

なんてことない、
とてもシンプルな冷やし中華であった。

今日の気分は☆3つ。
そういえば、桃太郎の冷やし中華はいくらなのだろう。
あまり値段が変わらなかったりして。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの地下1階にあるラーメン屋。
午後2時まで禁煙。






この記事に対するコメント
冷やし中華は夏の食べ物。
でも確かに外食メニューっていうよりはおうち御飯のイメージがあるかもしれませんね。

その昔、冷やし中華を外でたべたときに思いっきりぬるくて、思わず皿を投げそうな思いに駆られた事があり、それがトラウマになっているのかも・・・

味に多くは求めないけれど、せめてキンキンに冷えていてほしい。それが冷やし中華。

今日こそ滋養のあるランチを食すぞーー

【2010/07/29 11:29】 URL | ちょび #- [ 編集]

ちょびさん
こんにちは♪

たくさんコメントをいただき、
ありがとうございます。
ぜんぜんお返事が追いつかず、
申し訳ないです。

その後、滋養ランチはとれてますか?
まだまだ暑そうなので、
おいしいものを食べて、
乗り切りましょう!!


【2010/08/05 12:56】 URL | robin☆ #pn.FNN1k [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://osamuzlunch.blog24.fc2.com/tb.php/1129-2b6a8a63



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。