青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


New England Cafe/オムライス
【20060801】
【メニュー】とろとろ卵のオムライス
200608011215000ne4.jpg

【お店】New England Cafe
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】新規開拓
【コメント】
気になってたお店。
久々の新規開拓。
ここのランチメニューは「とろとろ卵のオムライス」のみ。
とても潔い。
表の看板には「これが一番 自信があるから・・・!」というコピー。
これは試さないわけにはいかない。

おしゃれな皿にオムライスとサラダがワンプレートで運ばれてきた。
オムライスのソースはデミグラス。
ライスはケチャップ系のチキンライスのようだ。
一口頬張る。
・・・普通だ。
チキンのプリプリした食感がアクセントになっているが、全体的に味にパンチがない。
ソースをもっとかけるか、いっそのことトマトケチャップをかけてくれた方が好みかも知れない。
ただ、たまごを味わいたい人には、コレくらいの味付けがいいのかも知れない。
ボク的には、オムライスは思い切りおしゃれに食べるか、思い切りB級路線を進むか、どちらかというイメージがあるので、このオムライスは中途半端に思えた。

この他、アイスコーヒーかアイスティーがついて1000円。
高いか妥当かは意見が分かれるところであろう。
評価は☆3つ。
【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り沿い、いちょう並木の端あたり。地下1階である。
表に看板を出している。
200608011212000ne1.jpg


入り口の画像。
200608011213000ne2.jpg


店内の画像。
200608011213001ne3.jpg


表の看板には野菜系の画像が多かったイメージがあって、オーガニックな食事、白いCAFE風の店内を勝手に頭の中で作り上げていたが、実際は全然違っていた。
店内の様子は、上の画像の通り、とても落ち着いた雰囲気。
流れる音楽はレゲェ。
そしてディスプレーが3台設置されていて、レアルとバイエルンの試合が流れていた。
どういう層をターゲットに展開しているのか、よく理解できなかったが、帰りにもらったネームカードに「ONE CION DINNING & SPORTS BAR」とあって、少し理解した。

最近ランチを再開したためなのか、まだまだお客さんの入りがよくないようだ。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://osamuzlunch.blog24.fc2.com/tb.php/218-24582463



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。