青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


奈加山/ぶり竜田揚
【20070827】
【メニュー】ぶり竜田揚
20070827121003.jpg

※画像が悪い...
【お店】奈加山
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2007年5月14日
【コメント】
会議が長引きそうだったので、雲雀やの弁当だな、と決めていたら、意外に早く終了。
となると、お店で食すという選択肢も加わり、しばし思案。
最近、奈加山に行っていないことを思い出し、決定。

奈加山を思い出す、といえば竜田揚げを思い出すと同義。
今日は何の魚が立田揚げになっているのかを考えながらメニューを見ると、さんまの刺身が目に入る。
さんまの刺身は大好物だが、週の初めということもあり(?)、ここは冒険を避けた。
竜田揚げを注文することに。

ちなみに、今日の魚はぶり。
ボクが行く日はここ何回か連続してぶりだ。
タイミングなのか、それともぶりが基本なのかは不明。

ぶりの竜田揚げの他、ししとうとじゃがいもの揚げ物も付いてきた。
過去にもじゃがいも、という日はあったが、さらにししとうまでというのは初めて。
だんだん見た目が豪華になってきた。

今日の秀逸は茄子の味噌汁。
なんとも絶妙な茄子の煮具合で、形は完全に残っているのに、口に入れると溶けてしまう。
これなら茄子も本望であろう。
ちらっと先週のCrazyTacosのスープを思い出した。
茄子の調理が対照的だ。

評価は☆3つ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通りの一本南裏手、ポーラビルの裏にある。

付箋にメニュー名を書いてスタッフに渡す独特の注文法。
会計時にも使われる。


この記事に対するコメント
秋刀魚の刺身!私大好物なんですよ!光り物の中でも一線を画す濃厚な油がたまらないですよね!ギトギトだと途中で飽きてしまうんですけど・・・土曜日に早速買ってビールで一杯やりました。
やっぱり鮮度ですよね・・・
【2007/08/27 12:43】 URL | ジェームス #- [ 編集]

ジェームスさん、こんにちは。

そうですよね、さんまの刺身ですよね。
最近は、けっこういろいろなところで食べることができるようになりましたが、それにつれてハズレ率が高まってきたように思います。
間違いなく「鮮度」。
それ以上でも、それ以下でもないです。
【2007/08/27 19:52】 URL | robin☆ #pn.FNN1k [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://osamuzlunch.blog24.fc2.com/tb.php/476-631e534f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。