青山一丁目 lunch diary
 osamuz diary番外編 毎日のランチを綴る日記
このblogって

robin☆

Author:robin☆
青山一丁目に会社があります。
青山といっても青山のハズレです。
ランチ事情も中途半端。
いっそ電車に乗って、とも思うけど、まずは地元を制覇しよう。
ということで、日々のランチを紹介。
きっと情報が蓄積されれば、それなりのナレッジになることを期待して。
お勧め、リクエストがあればコメントやメールをください。
たまに青山ランチ以外のネタも番外編としてアップします。



殿堂入りメニュー

■rocketのタコライス/600円
  >> 紹介はこちらをclick
taco2.jpg
taco1.jpg

■ゆんたくの沖縄そば/850円
200606091211000.jpg
yuntaku1.jpg

■805のマトンカレー/950円
805_1.jpg
805_2.jpg

■Crazy Tacosのタコス/350円
200603301205000cr2.jpg
200603301154001cr1.jpg

■京菜のまぐろ丼/1000円
200701161158000.jpg

■北海屋の海鮮ばらちらし/1000円
■雲雀やの弁当全般/500-850円
■豚富のユッケジャン/880円



ランチ最近食べた順



5☆評価検索



メニューや店名で検索



いただいたコメント



感想を送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:



月別レポート



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


焼はまぐり青山八番too/煮込みハンバーグ
【20111216】
【メニュー】煮込みハンバーグ
20111216120257.jpg

20111216120855.jpg
後から焼きたての蛤が奥の皿の上に供される。
【お店】焼はまぐり 青山八番 too
【種別】eat in/二人
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年10月27日
【コメント】
友人が青一までランチに来てくれたので、
「焼はまぐり 青山八番 too」に連れて行ってみた。
メニューにはまぐりのクリームコロッケがあった記憶があり、
クリームコロッケ好きの彼女に食べさせようと思ったからだ。

久々に入ったお店。
かなりの活況で、
12時過ぎには、すぐに満席。
人気店になっていた。

ボクが注文したのは「煮込みハンバーグ」。
ソースが少し甘めで、かわいい味がした。
なかなか好みだ。

彼女は、予定通りメニューにあったはまぐりのクリームコロッケ。
20111216120231.jpg

楽しい会話も相まって、
よいランチタイムであった。
ランチが楽しいと、
午後の仕事の効率もアップする。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの2ブロック南にあるお店。

「styalo」と「かとう清正」も同系列。






花火/特製塩ら~麺
【20111209】
【メニュー】 特製塩ら~麺、中盛
20111209115636.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/ひとり
【お値段】950円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年11月8日
【コメント】
塩ら~麺が変わった、との情報を得たので、
それを確かめるために、
今日のランチは「花火」。

たしかに、見た目から今までと違う。
まず目に入るのが「バラ干し海苔」だ。
板海苔と違ってスープに溶け込んでいくので、
味への影響が大きい。

これまでも、花火の塩ら~麺は進化を続けている。
最近は、トロリ感を醸し出し、
こってり方向に舵を切っていた。
それが今回は、
魚介の香り引き立つあっさり目のスープ。
さりとて、太めの麺に負けていないコク。
溶けた海苔とあいまって、
とても豊かな味に感じられた。

この味、好みだ。
そして、こうやって進化していく様を体感できるのは楽しい。
ごちそうさま。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。




美しゃぶ 伊志川/豚生姜焼き
【20110825】
【メニュー】 相模豚 生姜焼き定食
20110825113417 (1)
【お店】 美しゃぶ 伊志川
【種別】 eat in/ひとり
【お値段】 1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年3月30日
【コメント】
久々に豚の生姜焼き。
この店の生姜焼きは、完璧だと思う。

豚肉の甘味、
生姜焼きのたれ、
そして雑穀米。

噛めば噛むほどに、
味わい深い。


これでもっとオフィスから近ければ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南ブロック方面にあるお店。

ランチタイムは全面禁煙。
すばらしい。



くろもん/鯖文化干し焼き、生たまご
【20110727】
【メニュー】
焼き魚定食 鯖文化干し焼き
生たまご
20110727115848.jpg
【お店】くろもん
【種別】eat in/二人
【お値段】1100円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年7月14日
【コメント】
やっぱり、
鯖の文化干しと生たまごのセットは最強だ。

今日は、いつもよりごはんを少なめの状態で生たまごを投入。
これがよかった。

ランチのクオリティがけっこう高いので、
とても満足だ。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の青山通りをはさんで向かい、ヒグチ薬局の奥にある料理屋。

12時を過ぎると列ができる人気店。






すし秀/ばらちらし
【20110629】
【メニュー】 ばらちらし
20110629115649.jpg
【お店】すし秀 きし
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1200円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年6月14日
【コメント】
今日のばらちらしは特にすばらしかった。
中トロレベルのまぐろがごろごろ。

単体での中トロよりも、
ばらちらしでの中トロの方が、
いい仕事をするように思う。

大満足。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ポーラビルの南側にある寿司屋。






桃太郎/ソース焼きそば
【20110616】
【メニュー】 ソース焼きそば
20110616120058.jpg
【お店】 中華 桃太郎
【種別】eat in/ひとり
【お値段】700円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年5月26日
【コメント】
今日は朝から桃太郎のソース焼きそば気分。
昼になってもその気分は変わらなかったので、
一路、桃太郎へ。

やはりここのソース焼きそばはおいしい。
いや、そもそも中華料理屋のソース焼きそばがおいしいのだ。
味付けはもちろん、
全体のジューシーさは、
一般的な日本のソース焼きそばにはない特徴だ。

今日は気分と味が完全にシンクロし、
大満足。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山ツインタワービルの南側ブロックの東側にある街の中華屋。

11:30~14:00まで禁煙。
安心できる。





黒門燈/鯖文化干し焼き+生たまご
【20110607】
【メニュー】
焼き魚定食 鯖文化干し
生たまご
20110607121258.jpg
【お店】ふぐ 海鮮料理 黒門燈
【種別】eat in/二人
【お値段】1100円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年5月19日
【コメント】
サバ焼きとたまごかけごはん。
これ以上、何を望もうか。
満足。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
いちょう並木の青山通りをはさんで向かい、ヒグチ薬局の奥にある料理屋。




麺場 花火/青山ら~麺
【20110602】
【メニュー】 青山ら~麺 大盛
20110602120455.jpg
【お店】麺場 花火
【種別】eat in/ひとり
【お値段】750円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年4月25日
【コメント】
今回も書いてしまうが、
花火の女性ホールスタッフは、ホントにすばらしい。
(詳細略)

今日の青山ら~麺は、完璧。
毎回スープの味が変わっていて、
微妙な当たり外れはあるのだが、
今回みたいに完璧な日に出会うために、
また通うのだ。

ん、これは新手法のプロモーションなのかも知れない。


会社内で献血をやっていて、
飛び入りで参戦するか思案中。
しかし、思案するだけで緊張してきた。
ペットボトル1本分に近い400mlも血を抜かれて、
ホントに大丈夫なのだろうか・・・。


【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウィン青山の1階にあるらーめん屋。

入り口はウインビルの内廊下側。
外側からは入れないので注意。
券売機もそちらにある。
一万円札は使えないので、
スタッフに両替をしてもらう必要あり。





雲雀や/ポークの梅おろしサラダ
【20110404】
【メニュー】やわらかポークの梅おろしサラダ弁当
20110404121331.jpg
【お店】雲雀や HIBARIYA
【種別】持ち帰り/ひとり
【お値段】850円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2011年3月15日
【コメント】
焼き鮭にしようと雲雀やに赴いたのだが、
「やわらかポークの梅おろしサラダ」という響きと見た目に惹かれ、
浮気。

メインのおかずがサラダで、
わきを固めるのも、ほとんどが野菜たち。
なんとも健康的な弁当だ。

それぞれが甘味、酸味、辛味をまとっていて、
舌を楽しませてくれると同時に、
オナカの中を温めてくれる。

それにしても、
雲雀やの弁当は食べ終わるのに30分近くかかる。
たくさんのおかずを少しずつ、ついばみ、
玄米をしっかりと噛みしめるからだ。
それだけ楽しい時間が続くことは、
しあわせなことでもある。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
ウイン青山の1階にあるお弁当屋さん。

ワンコイン500円から850円まで、
10種類以上の弁当がある。
マクロビオティック的な弁当だ。





Open Kitchen 104/肉豆腐
【20101210】
【メニュー】 肉豆腐(豚) 生玉子付
20101210115144.jpg
【お店】Open Kitchen 104
【種別】eat in/ひとり
【お値段】1000円
【満足度(5段階)】 ☆☆☆☆☆
【前回レポート(日付をクリック)】 2010年11月12日
【コメント】
夕べの呑み会で、
唐揚げをひとつと鍋の〆の雑炊ぐらいしか口に入れてなかったので、
なんだか空腹。
しかし、アブラっぽいモノは避けたい。

ということで、
今日は絶品の肉豆腐を求めて246を西へ西へ。
たどり着いたOpen Kitchen 104のメニューには、
ボクの期待に応えて肉豆腐の文字が燦然と輝いていた。

やはり何度食べても104の肉豆腐の完成度にスキはない。
味は薄すぎず、濃すぎず、
まさにコレしかない、というポイントで着地しているのだ。

それにとろろと生たまごがついて、
いったい何杯ごはんを食べさせる気なのだ!
と叫んでしまいそう。

今日の気分は☆5つ。
考え事をしながら西に向って歩いていたら、
ベビーカーに乗った小さな子が、
ボクに向かって「きゃ」って言いながら笑いかけてきた。
あまりにもかわいくて、
ボクは思わず吹き出し気味の笑顔。
しあわせな気分にさせてくれた。

そこに肉豆腐、たまごかけごはん。
最高のランチとなった。
ありがとう。

ただし、ちょっと食べ過ぎた・・。

【お店紹介(初登場および新ネタありの場合のみ)】
青山通り沿い、外苑前駅近くのお店。

味噌汁とサラダ、そしてとろろが付く。
六穀米はお替り自由。

12時には満席になる人気店だ。

本日のランチのメニュー。
20101210121157.jpg







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。